人気ブログランキング |

フランス語、参議院議員選挙、お花見

f0030155_1642383.jpg
(4月10日夜・記)
昨日午前10時頃、カメルーン男性が日本人奥様とご来校。3月上旬だったか、奥様がカメルーンで富山国際学院のホームページをご覧になって、問い合わせのメールをいただいた。メールやり取りの後、ご夫婦が来日後学院に来ていただくことにしていて、昨日それが実現。カメルーンは公用語がフランス語(と英語)なので、ボク、2000年夏のパリ旅行以来ネイティブとフランス語が話せると待ち構えていた^^。でもやっぱまるっきしフランス語はあかんかった(恥)。それでも、ご夫婦のフランス語会話を聞きながらうっとり。音の響きが世界一はフランス語、文字の美しさ世界一はアラビア文字と、僕は勝手に思っています。これまでに僕がアフリカ出身者に日本語を教えた経験は、90年代前半に富山商船高専(現在は富山工専と統合)でケニア出身男性を教えたのが唯一。僕にとっては2人目になるアフリカ出身者、授業が楽しみです。

ご夫婦と入れ替わりに7月11日?の参議院議員選挙立候補者がご来校。せっかくの機会だから「3つのお願い」^^をしました。①日本語学校学生には学割がない。幸いこの春にライトレールは学割可能になったがJRはない。かつて日本語学校で署名活動もしたが実現に至らなかった。本校の場合これまでに東は新潟県糸魚川市、南は岐阜県高山市、西は金沢市からの通学があり、今現在も富山市以外の居住地から通学する学生が何人かいる。学割があれば学院生の生活事情が改善できる。②富山県内の外国人子どもの高校進学は困難を極めている。心ある多くの人々が高校進学実現のために努力され、本校も少しずつ取り組んでいる。外国人子どもたちが高校に行けず将来の展望が開けず日本に失望せぬように、可能な限りの政治力の支援が賜りたい。③日本語教育学会も日本語教育振興協会も、助成金・補助金がカットされ苦しい台所事情にある。日本語教育を最優先課題にしてほしいとは申さぬが、日本語教育を蔑ろにしていては日本の将来は危ういのではないだろうか。
富山は一人区で4人立候補のようです。
僕は国政選挙では、消費税15%にアップ・国債償還の見通しが立てられる・率直に国民に負担を訴える、この3つの条件を満たす候補・政党に投票します。でもそんな勇気ある政治家なんておらんでしょうね(激爆)。

午後の3クラスがお花見に行くということで僕も同行。3時限終了後学院を出発し近くの環水公園(大岡信が命名)へ。4月5日から通学している日本語初級クラスなので、道中はカタコト日本語・中国語・英語・ネパール語・ロシア語が飛び交う。母語が異なる同士がなんとか日本語でコミュニケートしようとしているのを傍らで聞いていると、日本語教師冥利。学院生全員の共通語は日本語しかない。早く日本語上手になろうね。
環水公園の大ぶりの桜(ソメイヨシノでしょうね)の木の下で集合写真。新入生中10人は現地で僕が試験をしてきた学生で、今年度は学生の名前と顔、去年よりは早く一致できそうです。
夜桜見物をしようってぇんでしょうか、サラリーマンやOLがビニールシートを並べて場所取りしてました。
by tiaokumura | 2010-04-09 16:04 | 日本語教育 | Comments(2)
Commented by けんけん at 2010-04-10 01:15 x
日本の桜はやはり美しいですね。学生たち皆、喜んでいました。
Commented by tiaokumura at 2010-04-11 10:50
けんけん様、桜を見て日本留学が実感できた学院生も多いことでしょうね。今年度、しんどいクラスにあたった^^かもしれませんが、持ち前のパワーで乗り切っていってください。ナニのほうも、ガンバ!っす。
いつかまた酒飲んでバカやってみたいですね。無理かな。


<< 緑川アコ『カスバの女』(You... 春や春~、春の楽しみあれこれ >>