人気ブログランキング |

瀋陽(2)

f0030155_834799.jpg
(11月11日夜・記)
11月7日の関空ー瀋陽便のことをもう少し。搭乗券を買うとき「通路側か窓側か」と聞かれて「通路側」にしました。ジジイ化まっしぐらだからでしょうね、最近おしっこが近いんです(照)。
機内に入って19Cに座席を取る。A・Bは空席。出発時に乗客を見渡していささか驚いた。僕の席の前後・通路を挟んだ左右全部で18席になるんですが(僕はもちろんエコノミークラスっす^^)、5人しか座っていない。前の方を見渡すともう少し座席は埋まっているのですが、全体では4割弱みたいな乗客率。僕はまだこれで30回くらいしか飛行機に乗ったことがありませんが、こんなにガラガラなのは初めてです。同便の機内アナウンスは中国語と英語。日本発なんだから日本語がほしかった^^。中国語はチンプンカンプンだし、英語のリスニング力1割前後ですもんね,自分(恥)。
瀋陽桃仙空港に着いて、哈尔滨(ハルピン)乗り継ぎ客が先に飛行機を出る。乗客の8割以上がそうだったみたく、僕たち瀋陽で降りる客はわずか数名でした。

今回で3回目の瀋陽。前2回に泊めていただいている延哲豪さん富山国際学院2期生。富山大学の学部・院を経て富山で就職。その後帰郷)のご両親のマンションに今回もお世話になった。「民泊」とか言うみたいで、民間のマンションで泊まりをやっている。
ハングル文字の看板・ネオンが多い一画(瀋陽は朝鮮族が多い)にあるマンションの11Fの部屋に入る。ご両親にお土産(富山のお菓子)・ご挨拶の後、荷物を置いて夕食のため外出。
延さんが「先生、何が食べたいですか」と聞くので、「今回の2回の夕食、1回は羊のしゃぶしゃぶ、1回は餃子が食べたい」と言った。
当夜延さんに案内されたお店が「天意肥牛」。「火鍋」(中国の「火鍋」が日本で言う「しゃぶしゃぶ」にほぼ相当する)、羊・牡蛎・春雨・海老・エノキ・牛センマイなどの具。火鍋のタレはしょうゆ・ゴマ・腐乳など。タレ、僕には何がいいか・どう組み合わせればいいのか分からないので、延さんのご指導に従う。別メニューで、木クラゲの炒め物、乾豆腐(麺にしてヤキソバ風の調理)、金マンジュウなど。金マンジュウは銀マンジュウってぇのもあり、製粉の違いでしょうか。ハチミツみたいな面乳をつけて食べます。ホットケーキみたいなもんですネ。
延さんが連れてきた女性も食事を共にしたのですが、写真はいやだとかで^^、アップした写真には写っていません。
by tiaokumura | 2009-11-08 08:34 | 海外出張09余録 | Comments(0)


<< 瀋陽(3) 瀋陽(1) >>