人気ブログランキング |

寺本益英先生(関西学院大学教授)を囲んで@えび三郎

f0030155_19361434.jpg
(1月18日夜・記)
1月16日(金)、申請取次者講習会大阪出張。B組の授業は岸井さんが代行。
午前6時12分のサンダーバードで富山発。例の如く富山駅で讀賣・日経を購い車中読み耽る。小松あたりで2紙読み終え、今回の旅の友『内村剛介ロングインタビュー』(恵雅堂出版)を取り出し京都あたりまで読み耽る。
JR大阪9時半過ぎ到着。で、既にこのブログで何度もカミングアウト^^してるように「方向音痴」なボク、地下鉄四つ橋線を見つけるまでに30分近くかかってしまった(恥)。JRと私鉄って、大阪、仲が悪いんじゃないだろうか。自社線の案内はしっかりしてるけど、他社線はほとんど案内なし。東京はそうじゃないような気がする。JR池袋駅の場合、西武池袋線も東武東上線も地下鉄丸の内線も、ほとんど迷わずに行けるように案内表示多数。JR大阪駅って構内が複雑過ぎるんでしょうね、きっと。JR大阪と梅田駅だってわかりにくいし。3回くらい人に聞いてようやく四つ橋線にたどり着く。始発駅が西梅田(東梅田?)、なんかややこしい路線。こう書いてくると僕が四つ橋線初体験に思われるかもしれませんが、実は2度目。昨年、吉兆で昼食のあとモディリアーニ展行きでこの路線利用してるのです。ま、要するにボクが方向音痴なだけなんでしょうね、四つ橋線なかなか見つからなんだんは。
肥後橋下車。事前にネットで調べておいたので講習会場の「大阪YMCA国際文化センター」は迷わずにたどり着けた。
10時半から16時半まで講習。この講習を受講すると「申請取次者」って資格が得られる。富山国際学院ではその資格、高木さんしか持っておらず、僕が有資格者になっておけば、高木さんの事務量が軽減できるってのが受講の理由です。
昼食をはさんで約5時間の座学、早起きもしたので途中でお眠になっちゃいました(爆)。

今回の出張の一番の楽しみは寺本益英先生・実弟との夕食会。JR大阪駅中央改札口で5時半待ち合わせ。
寺本益英先生は関西学院大学経済学部教授。このブログに何度もご登場いただいている方。実弟は、これまたこのブログで「のぶ」のHNでしばしばコメントをもらっている。寺本先生は、実弟を通じてお近づきになりました。
「のぶ」さんのセッティングで夕食は伊勢海老料理専門店「えび三郎」。JR大阪駅から近いんでしょうが、なかなか見つからず、あちこち歩いて食事前のいい運動になりました^^。HEPナビオってぇビルの6階。
えび三郎」は、沖縄産の伊勢海老を食べさせるお店のようです。まずは生ビール。お料理はコースになってるんでしょうね、まずは付出し、そして伊勢海老活造り舟盛りが運ばれて来ていささか度肝を抜かれた。伊勢海老なんてこれまでの人生で数えるほどしか食してませんもんね、ボク。それが舟盛りでご登場^^。おいしいってぇより、餓鬼状態で(恥)パクつきました(爆)。そのあとは順不同で(記憶アホなんで間違いもあるかもしれませんが、もらって来たお店のパンフに拠る)、サラダ・伊勢海老甲羅揚げ・伊勢海ウニ焼・伊勢海老茶碗蒸し・伊勢海老赤出し・和風小鉢・海老寿司・メロン。まだ何かあったかもしれない。強いて一番おいしかったものを挙げるとすると、やはり伊勢海老活造りになるでしょうね。
もちろん食ってばかりじゃなく(汗)、食べるよりもっと楽しい寺本先生とのおしゃべり。寺本先生に昨年はお会いしていないので、一昨年夏以来でこれが3回目。昨今の経済危機・関西学院大学のこと・先生のプライベートなことなどをお聞きしました。僕も尋ねられるままにいろいろなことを話す。
食後、お店の前で撮った写真が上の写真です。
「えび三郎」の次に関学OBがオーナーの「英國屋」で、コーヒー・シフォンケーキ、そしておしゃべり。寺本先生は翌日飛行機で宮崎入りされ講演会をご予定。ブログを拝見してても超ご多忙な寺本先生にこうしてお付き合いいただき、楽しく有意義な大阪の夜を過ごすことができました。
寺本先生、ありがとうございました。のぶさんもありがとう。

20時56分大阪始発サンダーバード49号に乗り、富山0時過ぎ着。富山駅北口から歩いて富山国際学院に。学院に停めておいた車に乗り帰宅。
by tiaokumura | 2009-01-16 19:36 | 美味録09年 | Comments(0)


<< 野田尚史先生(大阪府立大学教授... ドキュメンタリー映画「花はどこ... >>