人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『勝手にしやがれ』

『勝手にしやがれ』_f0030155_09483618.jpg

# by tiaokumura | 2022-12-03 09:48 | 映画 | Comments(0)

『輝数遇数』

『輝数遇数』_f0030155_07561346.jpg

数学者訪問 輝数遇数 PARTⅡ』

[写真]河野裕昭

[]内村直之・亀井哲治郎・里田明美・冨永星・長谷川聖治・吉田宇一

現代数学社

2022年11月21日 第1版第1刷

2300円+税


*東京教育大学(今は廃校)以来のわが友・亀井哲治郎君から、本書(アップした写真、上)、送られてきた。『PARTⅡ』。『数学者訪問 輝数遇数 PART』(アップした写真、下)も、2年前になるか、もらってます。

本書タイトル、「輝数遇数(きすうぐうすう)」。奇数偶数をもじっているんでしょうね。タイトルでは、安野光雅本のタイトル(連載時を援用?)にも『算私語録』(朝日出版 1980年)『起笑転結』(青土社 1983年)『散語拾語』(朝日新聞社 1996年)『語前語後」(朝日新聞出版 2008年)など、おしゃれなタイトルがある。本書のタイトル「輝数遇数」については『PARTⅠ』に以下の説明。

この本のタイトルである『輝数遇数』という言葉は辞書に載っているものではありません。白川静さんの『常用字解』による解説でその漢字を一つ一つ解釈すると、「光り輝く数学や数学者という神秘的で不思議な存在に出会う」ということになりそうです。(内村直之「まえがき」pⅲ)。

こないだBSの番組「ヒューマニエンス「数字世界の秘密を読み解く<チカラ>」っての録画してて、それを見てたら、中島さち子さん(本書ではp121~)、ご出演。音楽と数学、12、チューリングのことなど話されていました。

本書表紙カヴァーに、「多重ゼータ値」「リジッド幾何学」「圏論」「幾何学的不変式論」「概均質ベクトル空間」「ラプラシアン△」「微分作用素」「非可換調和振動子」「量子ラビ模型」「葉層構造論」「接触・シンプレクティック幾何」などのジャンル?名。これ見るとめまいしそう^^。もちろんどれも全くチンプンカンプン。本書を読むのためらわせそうで、これ、逆効果かも^^。「学問」の世界、専門化・細分化で「タコつぼ」とか言いますが、「数学」はどうなんでしょうね。「専門家」同士、話が通じるんでしょうかね。「タコつぼ」じゃないのですが、望月新一さんの「ABC予想」の証明(宇宙際タイヒミューラー理論)、わかる・判定できる学者って、ほとんどいないとか。


# by tiaokumura | 2022-12-01 07:55 | | Comments(0)

チェンバロによる J.S.バッハ インヴェンション シンフォニア 全曲演奏会

チェンバロによる J.S.バッハ インヴェンション シンフォニア 全曲演奏会_f0030155_18032668.jpg

11月23日(水・祝)午後、富山市民プラザ2F「ふれんどる」でのチェンバロ演奏会に。市電利用。大和デパートBFドンクでバゲット購入。昼食を「末広軒」本店でと思ったが、あいにくの休み。大和デパート6Fの同店に。ところが祝日のせいもあるんでしょうね、ずいぶんな行列。断念。コンビニでおでん3品を買って、昼食にしました^^。

演奏会。2時前に会場に入ったら、ほぼ満席。演奏者の家族やセミナー(富山古楽協会チェンバロセミナー)仲間、知人友人が参加なんでしょうが、それにしてもこんなに混んでるとは、意外。


J.S.BACH Inventionen Sinfonien

J.S.バッハ チェンバロによる インヴェンション&シンフォニア 全曲演奏会

インヴェンション:第1番~第15番 シンフォニア:第1番~第15番

演奏者:水口良子 坂本知子 大場恵美 齋藤功子 筧田泉


演奏前、途中、終わりに、演奏者の一人なんでしょうか、お話。インヴェンション、「発明」とも。インベンション、ネットで調べると。「クラビーアのための小即興曲風楽曲の一形式。特に、J=S=バッハの「二声のインベンション」をさすことが多い」(精選版 日本国語大辞典)。シンフォニアのほうは、「多声部を含むポリフォニー」(ウィキペディア)。なんか、ようわからんけど^^。インヴェンションは二声部で、シンフォニアは三声部みたい。それでもようわからんけんど^^。

インヴェンション・シンフォニア、BWVは772~801。バッハがアンハルト・ケーテン公爵家楽長時代に作ったんでしょうね。


ここのブログ記事、wordで作ってコピペしてアップしてるのですが、なぜか、ここんところ、ブログ上での改行箇所、余計なスペースが生じてる。変だけど、しかたがない。


# by tiaokumura | 2022-11-23 18:02 | 音楽 | Comments(0)

ほとり座で、ゴダール5作品、上映

ほとり座で、ゴダール5作品、上映_f0030155_08421421.jpg
皆さんの映画No1は何でしょうね。僕は『気狂いピエロ』(原題PIERROT LE FOU)です。

「ゴダール追悼上映」と銘打って、ほとり座でゴダール5作品上映。内1作はオムニバス。

ジャン=リュック・ゴダール Jean-Luc Godard 1930-2022)。先日の訃報、いささかショック。「自殺幇助」。

富山市のミニシアター・ほとり座で、ゴダール追悼上映。全国で上映なんでしょうね。ほとり座では以下の5作品。順は僕が今回ほとり座で観る順。全部、予約しました。

 『勝手にしやがれ』(A BOUT DE SOUFFLE)

1960年。出演、ジャン=ポール・ベルモンド、ジーン・セバーグ他。

今回は4Kレストア決定版だそうです。どんなフィルムか全然わからんのだけど^^。

『女と男のいる舗道』(VIVRE SA VIE. FILM EN DOUZE TABLEAUX)

1962年。出演、アンナ・カリーナ他。音楽は、ミシェル・ルグラン。

『気狂いピエロ』(PIERROT LE FOU)

1965年。出演、ジャン=ポール・ベルモンド、アンナ・カリーナ他。

こちらは2Kレストア版。↑同じくどんなフィルムかわからんのだけど^^。

『女は女である』(UNE FEMME EST UNE FEMME)

1961年。出演、ジャン=ポール・ベルモンド、アンナ・カリーナ、ジャン=クロード・ブリアリ他

『パリところどころ』

1965年。オムニバス映画。ゴダールは第5話『モンパルナスとルヴァロワ』。


僕は『ゴダール全集』(竹内書店)の2・3巻、持ってます。シナリオ集。他の巻(全5巻だったような)は散逸。

僕のゴダールは10年間くらいだけ。70年代以降は、何か1作品くらいは観たかなあ。『映画史』、観てない。富山じゃ観られなかったかも。

ブログ、検索したら、ゴダール作品、上京して東京でも観てる。


# by tiaokumura | 2022-11-21 08:41 | 映画 | Comments(0)

神川康子先生

神川康子先生_f0030155_13545888.jpg

2年前だったか、富山国際学院に入学予定の中国人女性(以下、Aさん)がいて、でも例のコロナで入学できず。WeChat(中国はzoomが使えない)で日本語授業、やった。で、2021年春、Aさんは入国でき、富山国際学院に入学。1年生なんだけど、彼女、もう、そのレベルから上級。江尻康代さんと二人で1人だけのクラス、設置しました。彼女、日本で大学院進学希望。希望先いくつかの中の一つが目白にある日本女子大学。僕、以前、椿山荘で朝食?したことあるんですが、日本女子大、その近く。Aさん、日本女子大の先生とコンタクト取って、試験についてあれこれアドバイスもらった。話が長くなりますが^^、Aさん、日本女子大のその先生から、住居学の百科事典(だったと思う)も推薦された。お盆の頃だったか、富山市立図書館に行って検索。ありました。しかもお盆の休館間近。図書館で何ページか(けっこうな分量だった)コピー。Aさん、その後日本女子大学大学院の試験にみごと合格、7月の日本語能力試験N1も合格。すごいですよね。今は、日本女子大学修士1年。将来が楽しみです。

話が長くなりますが(汗)、上述の住居学の百科事典の中に、神川康子先生の項目も。神川先生は、名前は存じ上げていましたが、活字は初めて。先生のご専門は睡眠学。

↑長くなりましたが、11月19日()CiC3階で神川康子先生(富山大学名誉教授)のセミナー、受講。

「睡眠とこころの健康セミナー」

睡眠満足度世界ワーストの富山の人を元気にするために

アップした写真は受講前。神川先生、PPTでいろんな資料を見せながらの1時間半のセミナーでした。先生「睡眠は命の総合メンテナンス」。富山県民、「睡眠で十分休養がとれていないと感じる者の割合」、男女とも全国最下位

セミナーでは質問もできて、自分、2人目、勇気をふるって^^挙手。質問、自分、寝る時にアイマスク(質問時、サングラスって間違えて言ってしまった^^)かけて寝てる。そのことについて神川先生に質問。神川先生とは以前、別のところで出会ってて、先生から夕方散歩する(ウォ―キング)と夜の睡眠にいいって聞いたことがあります。


# by tiaokumura | 2022-11-19 13:54 | 富山 | Comments(0)