人気ブログランキング |

日本語サロン研修会@富山

奥村:10月20日まで、この記事をトップに置いておきます。

日本語サロン研修会@富山
日時:2019年10月26日(土)14:00~16:30 (受付開始 13:30)
場所:富山県教育文化会館501号室
定員:40名(先着順、定員になり次第締め切ります)
対象:主に日本語教師、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方
参加費:無料*要予約
テーマ:これからの地域日本語学習は何を目指すか
      ~日本語教育から民主的シチズンシップへ~

講師:名嶋義直さん(琉球大学国際教育センター留学生ユニット)
日本では今後ますます外国人が増えるでしょう。その変化を待つまでもなく、すでに「地域」では外国人と「共に生きる」ことが必要不可欠になってきています。日本語教育の理論や実践的テクニックはもちろん重要ですが、それらにだけ焦点を当てた支援では外国人と「共に生きる」ことにはつながりません。多文化共生の最前線に立つ日本語学校、地域日本語ボランティア教室、学習支援者は何を目指すべきでしょうか。
私たちの役割はそのコミュニティで暮らす人々が「共に生きる」ことができるように支援することだと考えられます。あまり聞きなれないかもしれませんが、ドイツでは「民主的シティズンシップ教育」が学校教育で重要な教科になっていて、子どもたちはそこで繰り返し繰り返し「民主的な方法でいかに主体的に社会と関わるか」を学んで大人になっていきます。
「民主的シティズンシップ」とは、あるコミュニティで共に生きる人が持つ特性やモデルのようなものです。そこに、「共に生きる」ためになにが必要か、という問いに対するヒントがあるように思います。今回の日本語サロン研修会@富山では、ドイツの小学校訪問の報告、ワークショップも交え、他者と共に生きるということを改めて皆さまと考えたいと思います。
主催:凡人社  
協力:富山国際学院
お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)
E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jpTel:03-3263-3959 Fax:03-6733-7887
*ご参加申込の際はタイトルに「日本語サロン研修会@富山(10/26)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)
# by tiaokumura | 2019-10-20 14:54 | 日本語教育 | Comments(0)

ワンス アポン ア タイム

f0030155_09491530.jpg

(未編集)
# by tiaokumura | 2019-09-16 09:49 | Comments(0)

ディオニュソス@シアター·オリンピックス

f0030155_19223272.jpg(9月15日午後・記)
ディオニュソス
原作:エウリピデス「バッコスの信女」
構成・演出:鈴木忠志
日本・インドネシア共同制作
音楽:高田みどり
演出助手:竹森陽一 Bambang Prihadi
通訳:Hanggardha Priyahita
出演:田沖 内藤千恵子 Jamaluddin Latif 他

これ、白石加代子もかつて演じてたんでしょうね。アガウエ役でしょうか。舞台、前方に椅子。前沢ガーデン野外ステージならでしょうね、信女達、ステージ背後の小高い丘から赤と白の衣装で降りてくる。なんか、平安衣装、思った^^。この鈴木劇も多言語で、インドネシア語・中国語・日本語。アガウエがペンテウスを殺めたのは、その宗教心ゆえ、なんでしょうか。アメリカで上演した折、911の後だったんでしょうね、鈴木さん、観客から質問も。アジア、宗教。
この劇、プレイベントでも上演。
上演後、吉田忠裕さん(YKK)がステージに出てご挨拶。
# by tiaokumura | 2019-09-12 19:22 | 富山 | Comments(0)

癌日記:2019年9月5日、予約診療

f0030155_12351131.jpg(9月8日夜・記)
2005年の12月、富山国際学院のホームページを作ろうということで、能登さんのところにスタッフ3人で習いに行った。その時、能登さんから「今、ブログっての流行ってる。3人も始めてみたら」と勧められ、ここを開設した。ブログweblog、一時期はほぼ毎日のように記事をアップしてた。ハマってた^^。今では1か月に10本前後ですが。ブログご訪問者、1日100人くらいの時期も長かったんですが、今は50人前後と半減^^。
このブログ、僕が出会った人・モノ・ことが中心ですが、「癌」「日本語教育」あたりも記事多し。癌・日本語教育でブログランキングがあれば、どちらも10万番以内に入るかも(笑)。
癌サバイバーな自分、9月5日(木)が予約診療日。家から病院、車で15分くらい。この日は駐車場、すごい混みようで、いつもとは違うスペースに。いつも通りに総合受付、外科受付。中央処置室で、採血・B12注射、そして検尿。そのあと外科で待つ。前回は早かったが、今回はなかなか順番が来ない。やがて名前を呼ばれる。測定。血圧138-93、体重51.1kg。ここのところ、食欲不振。体重、前回より1kgほど減。僕の体重、ボクシングのスーパーフライ級かも^^。
Tドク。いろんな指標、LもHもあるけど、まあ心配するほどのことではない、と。自分、保険に入りたくても「癌」が癌で(笑)入れないと言ったら、Tドク、手術してから5年以上経ってもう治ったも同様なんだから、何か入れる保険あるはず、と。死亡保険あたりに入って、せめて葬式代くらい残したいので、僕が入れる保険、見つけたい。
会計。4060円。いつもより高かった。採血があったからだろうか。
病院の食堂で昼食。初めてのエビカレー。ご飯少な目で注文。でも、やっぱうまく食べられず。味噌汁は全部飲んだが、エビカレー、3割がやっと。サラダもほとんど食べられなかった。ラッキョウ・福神漬けもかなり残した。
薬局。4610円。いつも領収書は捨ててるが、病院も薬局も取っておいたら、年末にでも申告したら、なんらかの戻るお金、あるのかも。来年からそうしよう。
次回、診療予約は11月21日(木)。僕の主治医のTドク(偶然ですが、僕の中学・高校同級生)、副院長でしたが、今は嘱託のようで1週間に木曜のみの勤務。それで僕も木曜に。Tドク、来年3月で退職とか。
2時ころ、勤務先の富山国際学院へ。あれこれ仕事。僕、水曜日と木曜日は日本語授業、担当なしの日。10月からは木曜・金曜C組担当予定。
# by tiaokumura | 2019-09-05 12:35 | 癌日記 | Comments(0)

トロイアの女@シアター・オリンピックス

f0030155_21152659.jpg(8月25日午後・記)
トロイアの女The Trojan Women
作:エウリピデス
演出:テオドロス・テルゾプロス
出演:
アナスタシア・パパドプロウ ソフィア・ヒル ニョヴィ・カララブス アントニオス・ミリアゴス サヴァス・ストロボス 他
翻訳:コスティス・コロタス

テオドロ・テルゾプロス(Theodoros Terzopoulos1945-)。「アティス・シアター主宰。・・・1994年に創設されたシアター・オリンピックスの国際委員長。・・・ギリシア古典劇の解釈で新しい視点を提示し、その演技メソッドは世界中の演劇学校や大学の古典学科で教えられている。第1回シアター・オリンピックスの芸術監督。」(パンフレットより)。Director’s noteによると、この劇ではGreek, Turkish, Croatian, Bosnian, Hbrew and Arabicの6言語が使用。言語名でもお分かりのように、テルゾプロス版では、ギリシア、シリア、エルサレムなどの「分断された都市から参加した俳優を使って」(パンフレット)の上演。「テルゾプロスは・・・これら俳優たちの、生身の身体の奥深くに潜む、傷つけられた歴史の記憶を光源としながら、「和解」への道を探求している。」(パンフレットより)。
入場。石井知事や吉田委員長も。野外劇場、前から2列目中央に座る。眼前のステージで1人の男優がモノローグ中。前座だと思ってたら^^、これがそのまま「トロイアの女」(原題だと「トロイアの女たち」ですけど^^)につながる。ステージ前左右に翻訳表示。英語、日本語。日本語の台詞が全くない多言語劇を観るのはこれが初めて。
# by tiaokumura | 2019-08-24 21:15 | 富山 | Comments(0)

利賀で夕食

f0030155_18145786.jpg(9月15日午後・記)
8月24日(土)利賀シアター・オリンピックス、この日「リア王」「トロイアの女」。
夕食、アップした写真。清流そうめん、かっちり(ポテト。Ume&Soy Sauce)、それにドイツの白ビール、エッティンガ・ヴァイス。このビール、初めてです。黒ビールってよく聞きますが、白ビールってのもあるんですね。メルケルさん、呑んでるんだろうか^^。1731年創業のビールメーカー・エッティンガー。「かっちり」は少し残しました。地元のじゃがいも料理なんでしょうかねえ。
# by tiaokumura | 2019-08-24 18:14 | 美味録2019 | Comments(0)

リア王@シアター・オリンピックス

f0030155_18090380.jpg(未編集)
# by tiaokumura | 2019-08-24 18:09 | 富山 | Comments(0)

Passive Kitchen@利賀

f0030155_15542123.jpg(未編集)
# by tiaokumura | 2019-08-24 15:54 | 美味録2019 | Comments(0)

岩魚とビール@利賀

f0030155_15242890.jpg(9月15日午後・記)
8月24日(土)シアター・オリンピックス利賀。アップした写真、グルメ館の前で。岩魚、利賀、うまい。ただ今回は焼きすぎか焼いてから時間が経ってたか、あまりうまくなかった。こういうの、難しいんかも。付け合わせ^^はASAHI。写真の向こうには山々。前には川が流れてます。
利賀はこの後、「マクベス」「世界の果てからこんにちは」で、9月22日(日)に。富山からバス。ただ、帰りは利賀から深夜に富山なんで、タクシーで帰宅になる。お金、貯めとかなきゃ^^。
# by tiaokumura | 2019-08-24 15:24 | 美味録2019 | Comments(0)

越中宮崎・たから温泉で入浴&たら汁

f0030155_17370059.jpg(9月15日午後・記)
8月23日(金)黒部第9回シアター・オリンピックス、高田みどりセレネで帰りのバスを待ってたら取材を受けた。富山は民放TV局、確か3局だが、その内の一つのTV局のアナウンサー、TVでみたことのある毛田千代丸さんが取材。彼、苗字が珍しいので顔も覚えてた。自分、父親を7月13日に亡くしたので、高田さんのパフォーマンス、父のことも思った、とかってコメントを。毛田さんのあと、人生、こういうことってあるもんなんですね、地元の北日本新聞の女性記者からも取材。自分、よっぽど取材しやすい顔してたんかも(嘘爆)。新聞には翌日に載りませんでしたが、TV、当夜のニュースで、一瞬でしたが^^、自分、出ました。後日、黒部の「ディオニュソス」観に行ったとき、僕はチケット013でしたが、001・002が井端博之さんご夫妻(住まい小矢部なんで、チケット発売当日、利賀にいらっしてゲットとか。すっごい)、僕のTV出演、見られたそうです。へ~、ですよね。
あいの風鉄道で黒部から生地、えちごトキめき何とかで越中宮崎。駅から徒歩15分ほどと思ったんですが、とんでもなかった。途中ヒッチハイクも試みたが^^あかんかった。たから温泉で入浴&たら汁。ここ、中国人のご夫婦が応対。本土か台湾か。アップした写真、頭にタオル、ずいぶん危ないスタイルです^^。ここ、露天風呂もあって、地元の方でしょうね、シニア2人、入浴。
たら汁街道」、また来たい。今度は秋かなあ。
# by tiaokumura | 2019-08-23 17:37 | 美味録2019 | Comments(0)

高田みどり@シアター・オリンピックス

f0030155_12525021.jpg(9月15日午後・記)
羯諦羯諦(ぎゃてい ぎゃてい)
高田みどり(作曲家・打楽器奏者)
聲明 井川崇高 加波祐正 岡田真実 小柴光慈 古賀一弘 岩木芳範
2019年8月23日 13:00
宇奈月国際会館「セレネ」

音は記憶によって知覚される。
(中略)
・・・「般若波羅蜜多心経」では三世諸仏-過去・現在・未来の人々と三世の仏とは、同時にして永遠に存在し続けると説いている。
(中略)
時間と空間を縦横に疾走して、「音の意味」と「音の響き」を構成する。
生きとし生けるものは,何処へ向かうのか、この人間の永遠の問いに、大いなる知慧をもって答える精神の深き伝統こそ、聲明という響きの源であり、彼岸を見据えて生きた多くの人々の身体の記憶なのである。
(高田みどり「公演にあたって」)
仏説・摩訶般若波羅蜜多心経観自在菩薩・行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識・亦復如是。舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。無無明・亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智、亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離・一切・顛倒夢想、究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。 即説呪曰、羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。般若心経

第9回シアター・オリンピックスのオープニング公演。「羯諦羯諦」は般若心経の「往(ゆ)ける者よ、往ける者よ、」に由来。聲明は「真言聲明の会」の僧侶6人。僕、「羯諦羯諦」は2回目です。
始まる前、「カフェ・セレネ」で待つ。カフェなんでダメかと思ったが、言ってみるもんですね^^、地ビール、頼めた。アップした写真、それです。十字峡。ここ、運がよけりゃカモシカが見られるそうです。
僕は車を運転中FMを聴くことが多いが、こないだ、高田みどりさん、パーカッショニストって紹介でアフリカだったかのグループとセッションって言ってた。
# by tiaokumura | 2019-08-23 12:52 | 富山 | Comments(0)