『外国人労働者受け入れと日本語教育』『外国人労働者をどう受け入れるか』

f0030155_1443476.jpg田尻英三編
外国人労働者受け入れと日本語教育
2017年8月4日 初版1刷
ひつじ書房
1700円+税

NHK取材班
外国人労働者をどう受け入れるか 「安い労働力」から「戦力」へ
2017年8月10日 第1刷
NHK出版・NHK出版新書
780円+税

両書、同じころに出版され、タイトルがかぶっていますが、切り口は異なる。
前書には
丸山茂樹(I.C.NAGOYA校長)「日本語教育における日本語学校の位置づけ」
神吉宇一(武蔵野大学大学院言語研究科准教授)「留学生・高度人材に対する政策の変遷とビジネス日本語教育」
野田尚史(国立国語研究所教授)「特化型の日本語教育とユニバーサルな国語教育」
が所収。他に技能実習生、子どもの日本語教育、看護・介護なども。
後書、NHKスペシャル「ワーキングプア」取材班による。執筆者の板垣淑子はNHK名古屋、小林竜夫はNHK青森。暗い内容も多いが、成功例・光も見られる。でも、自分勝手な日本(いつまで外国人が労働力として来てくれるんでしょうね)、グランドデザインのない日本(その場しのぎの政策、対応)、成長著しいアジア諸国の中にあって見通しが暗い日本(人材獲得競争に勝てるのか)。日本って、「自国に魅力がある」って思い込んでいるんでしょうね。

今朝の「ボクらの時代」、おもしろかった。『ナラタージュ』の3人。行定勲、松本潤、野田洋次郎。来週は有村架純、坂口健太郎、森川葵ですって。観たいもんです。日曜午前7時から。
先日、「いま、この国で制作される最高水準のテレビドラマ」(小峰健二)ってことでNHK「眩(くらら)~北斎の娘」、観た。宮崎あおい、長塚京三、松田龍平ら。前評判程でなかったような気がするが、ご覧になりましたか。北斎の娘のことは知ってたような。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-10-01 14:04 | 日本語教育 | Comments(0)

中根千枝:語る-人生の贈りもの-

朝日新聞の連載記事「語る-人生の贈りもの-」、当ブログではこれまでに仲代達矢中村吉右衛門を紹介していると思う。今回は、社会人類学者の中根千枝(なかね・ちえ1926-)。2017年9月4日~15日の全9回。中根は僕より20歳年上。皆さんもそうでしょうが、『タテ社会の人間関係』(講談社現代新書)ですよね。「新書ブーム」もあの頃か。仲代もそうですが、文化勲章受章。

1 外から見つめ「タテ社会」発見
2 刊行50年 タテの封鎖性、より深刻
3 小学生で中央アジアのとりこ
4 夢のチベット すぐ手前の村へ
5 猛獣避け インド奥地で聞き取り
6 必ず、支えてくれる人がいる
7 女性初の東大教授 タテの効用も
8 還暦前に 念願のチベット入り
9 論文が書けなくなったら終わり
「タテ社会」執筆は、当時東大助教授だった中根が雑誌「中央公論」の編集者から「なんでもいいから書いてくれ」と言われたのがきっかけ。新書版が講談社なのはなんでなんでしょうね^^。中公新書はまだなかった時代でしょうか。1967年刊行、累計117万部、外国語版が10数か国。
タテ社会は今も続く。「・・・外部に助けを求められなくなる。・・・ヨコにつながる回路もない。下の者は尊厳の危機にさらされる」。電通の高橋まつりさんの自死、官僚の天下り、原子力ムラ。
小学生で憧れた「中央アジアのサマルカンド」、そしてチベット。チベット入りできたのは1985年、還暦目前。
88歳の時10時間ぶっ通しで論文を書いて首を痛める。医者は「手術を」と勧めるが、「私は・・・首の手術なんてとんでもないって断ったの。万一ダメージで論文が書けなくなっちゃうでしょ。そうなったら、生きてても一巻の終わりだから。」。

緒方貞子さんもそうでしょうが、中根千枝さんも「女性初の」ってしょっちゅうあったんでしょうね。
この間、讀賣新聞で南こうせつ(みなみ・こうせつ1949-)、日本経済新聞で湯川れい子(ゆかわ・れいこ1936-)が、類似連載記事、書いてた。こういうの僕には好読み物。
[PR]
# by tiaokumura | 2017-10-01 10:47 | このブログのこと | Comments(0)

アジア子どもの夢:Dream Aid Concert シリアの子どもたちのために

f0030155_14285428.jpgシリア難民救済チャリティコンサート
Dream Aid Concert
シリアの子どもたちのために

2017年11月4日(土)
 昼の部 11:30~16:00
 夜の部 18:00~20:30
会場:北日本新聞ホール
入場料2000円 学生1500円 小学生以下無料
出演アーティスト:
PRIME 丸山みゆき MISAKI 小師一樹 渡良垣さやか 清貴 Fru2
主催:NGOアジア子どもの夢
後援:北日本新聞社

この間、NHK富山のニュースでシリアの学校が紹介されてた。サリム・マゼンさん(富山ムスリムセンター)がその学校について話してた。2016年12月、マゼンさんや川渕映子さん(アジア子どもの夢 東北AID)がシリアの難民キャンプを訪問。そこの惨状を見、学校の建設を決意。帰国後、資金を集め、この度開校に。この小学校、名前に「富山」が入っている。現地語ではyaはないんでしょうか、画面の看板「TOAMA」でした。ニュースの中で泣いてる女の子も。お兄ちゃんは入学できたが、定員の関係で入れなかった子。お金がもっとあれば、彼女も学校教育が受けられるんでしょうね。先生も足りない。
今回のこのコンサート、「シリアの子どもたちのため」のチャリティコンサート。「収益金は、小学校の維持・運営(教員の給与)に充て」られる。「100人が学校に通うと年間の教育運営費は180万円にな」るそうです。
僕は当日ボランティア参加。皆さんもぜひコンサート会場へ足をお運びください。寄付などの支援もお願いします。
出演アーティスト、きっとイマドキの音楽で、自分なんかにはようわからんかも(大汗)。まあ、それはそれで愉しみかも。

ひよっこ」、終わりましたね。記憶喪失、自分、批判的でしたが、最後に「重箱」につながったんでしょうね。「あさイチ」にさおり&三男も出演。僕、「あまちゃん」ほどはハマりませんでしたが、でも来週からちょっと寂しい^^。最終日は視聴率25%近かったかも。前にも書きましたが、みね子、自分と同学年です。スピンオフドラマとか、またいつかできるんでしょうね。シシド・カフカや宮本信子の孫娘だといいかも。
[PR]
# by tiaokumura | 2017-09-30 14:28 | 富山 | Comments(0)

『ドリーム』

f0030155_8551355.jpgドリーム』(原題Hidden Figures)
2016年 アメリカ 英語 127分
監督:セオドア・メルフィ
原作:マーゴット・リー・シェッタリー
脚本:アリソン・シュローダー セオドア・メルフィ
キャスト:
タラジ・P・ヘンソン オクタヴィア・スペンサー ジャネール・モネイ ケビン・コスナー キルスティン・ダンスト ジム・パーソンズ 他

久しぶりにおもしろい映画を観た。笑いあり涙あり。原題にあるようにHidden Figures。1960年代のNASA、アメリカでこういう物語があったんですね。3人の天才的な数学者たち。「黒人」「女性」という二重の(まだ他にもあったかも)のハンディを背負い、NASAで働く。偏見、差別、壁。「1回40分もトイレに行っている」と上司に叱責され、「非白人用のトイレがないからです!」と訴えるキャサリン。coloured用はオフィスから800mも離れている。この抗議に応えて白人男性上司(ケビン・コスナーが好演)が取った行動は・・・。←映画でご確認ください^^。白人専用の高校に入学しなければ道が開けないメアリーは裁判で「肌の色は変えられない。だから私が前例になるしかないの」と訴える。これに対する白人男性裁判官は・・・。←これも映画でご確認を^^。ドロシーはIBMコンピューター導入に・・・。←彼女の選んだ道は、映画でご確認を^^。

モデルとなった天才数学者たちは、メアリー・ジャクソン(1921-2005)、キャサリン・G・ジョンソン(1918-)、ドロシー・ヴォーン(1910-2008)。こういう人がいたって、全く知らなかった。でも、さすがNASA、さすがアメリカ、なんかも。あの頃のアメリカにはこういう女性が活躍する場がありえた。彼女たちが切り開いた道は現在に続いていることでしょうね。
本映画、数式もどんどん出てきますが、全くチンプンカンプン。でも、そんなことは気にならず、映画に没入できます。
総曲輪の映画館(シニア料金1100円)で、9月30日(土)に観た。前日、封切りか。あまりにもおもしろかったんで、「数学」専攻だった畏友・哲ちゃんに、この映画のこと、メールしました。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-09-30 08:55 | 映画 | Comments(0)

癌日記:2017年9月28日(木)

f0030155_1232289.jpg9月28日(木)午前、途中コンビニに寄って、9時半過ぎ、病院に到着。駐車場、2台分スペース見っけ。雨風が強く、涼しい(と言うか、車、暖房も^^)この朝、車、入れられなんだら往生したかも。この日持参本は
麿赤兒『麿赤兒自伝 憂き世 戯れて候ふ』(中公文庫)
江戸川乱歩『怪人二十面相・青銅の魔人』(岩波文庫)
の2冊。高齢社会な今、この病院、1時間以上は待ち時間、ありそうですもんね。
麿、父親の関係で三上卓と会ってるんですね。三上が父の軍法会議で弁護してくれた。本書、「昭和維新の歌」(青年日本の歌、とも)の歌詞が載ってる(p192)。これ、土井晩翠や大川周明のパクリと言われますが、曲はどうなんしょうね。詞は
治乱興亡夢に似て 世は一局の碁なりけり
とか
胸裡百万 兵足りて 散るや万朶の桜花
など。若松孝二の映画でも描かれていましたが、三島由紀夫の「唐獅子牡丹」のエピソードも出てきます。この間、四谷シモン、読みましたが、親本は知りませんが、こういう本、文庫で出てたんですね。土方巽のことももちろん出てきます。
岩波文庫に乱歩なんですね。佐野史郎が解説を書いています。僕はどこの本で読んだんでしょうね、明智小五郎VS怪人二十面相。貸本屋、だったんかなあ。11月の岩波文庫では「江戸川乱歩作品集Ⅰ」も出る。

受付。外科受付。中央処置室。少し待って、採血、B12注射、検尿。条件反射、なんでしょうか^^、朝顔の前に立つとおしっこが出てきた、ちゃんと。迸る、ってぇわけにはいかなんだけど(激爆)。頻尿な自分かも。
本を読んでいるうちに名前を呼ばれる。血圧、体重。138-85、脈拍70。体重53.6kg。死ぬまでに55kgになりたいけど、無理かも。
11時半過ぎ、主治医Tドク。予約が10時だったんで、遅れたことを詫びられる。そういうの織り込み済みなんですけどね、自分。ビール飲みすぎなんでしょうね、尿酸が89Hで危険との指摘。プリンタ体ゼロ、ってビールがあるそうです。切り替えたほうがいいんかも。ビール以外ならいいかと思ったけど、アルコールはみな同じなんですってね。あと、赤血球の数が少なく、1つずつが大きい、とご指摘。赤血球数3.80L、MCV105.3H、MCH35,5H。こないだから気になってる、のどのつっかえ&両足のしびれ、を訴えたのですが、癌とはまた違うとのご指摘。のどは胃全摘から来てるとかも。腫瘍マーカーは無難。

会計、3620円。いつもより高かった。昼食、病院内の食堂で、初めての定食。アップした写真。サンマ、ご飯(ごく少量にしてもらった)、味噌汁、野菜(レンコン・ゴボウ・タケノコ・ニンジンなど)、ミニサラダ(キャベツなど)、水ようかん。ラッキョウと福神漬けは自分で勝手にとった(汗)。ラッキョウが食べたかった。やっぱ、量、自分には多すぎたんでしょうね。全体の7割くらいしか食べきれなかった。もちろんサンマは完食。サンマ、中国・台湾などの関係で、漁獲量、減ってるとか。ウナギみたいに食べられなくなっていくんでしょうかねえ。
薬局。薬5種、3200円。
次回は9週間後の11月30日(木)。今年最後になるでしょうね。

病院から富山国際学院へ。仕事。4時過ぎ、退勤。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-09-28 12:03 | 癌日記 | Comments(0)

林忠正と19世紀末パリ・日本

f0030155_13443965.jpg高志の国文学館
文学講座「巨人の物語をひもとく」
ってのがあって、9月24日(日)午後、
高頭麻子 林忠正と19世紀末パリ・日本
を受講。会場に本木英子先生も。席、ほぼ埋まってて最前列に座る。
高頭麻子(たかとう・まこ)さんは、僕は初めてな方ですが、日本女子大学文学部教授。林の孫娘が木々康子でその娘。林忠正の直系の子孫。林忠正(はやし・ただまさ1853-1906)は、いとこに大逆事件弁護団団長の磯部四郎(いそべ・しろう1851-1923)も。
レジュメがすごい。
本講演のねらい 林忠正の渡仏まで 当時のフランスと日本の文化状況 この乖離の橋渡しとしての林忠正の活動 日本美術発展のための林忠正の努力、日本美術界との闘い 浮世絵ブームと日本美術の高騰 林の活動の集大成としての1900年万博の日本館事務官長 林が生きた19世紀後半のパリ(町そのものがスペクタクル)→その頂点が1900年万博 万博後
他に「林忠正と19世紀末のパリ・日本:年表」「林家・吉川家・萩原家(のち長崎家) 系図」も。忠正は長崎志芸二だったんですね。パワポ画像もプリントに。
忠正は、浮世絵を海外に、なのですが、プラス評価では「印象派に影響」、マイナス評価では「海外に売っ払って大儲け、国賊」。富山県人としては誇りに思う人物です。
とてもおもしろかったのですが、3時半終了予定を大幅に超えて時計は3:45に。申し訳なかったのですが、退席しました。昨日のバッハに続くワガママ(恥)。でも、こういうの、できたら時間通りに終わってほしい。講師の方、熱心なんでしょうね。お母さんの木々さんには筑摩書房から『春画と印象派』も。
文学館に漱石山房記念館のリーフレットも。この日、早稲田に開館か。10月17日の上京時、行けたら行ってみたいです。

日馬富士、11勝4敗で優勝。11勝4敗で幕内優勝なんて、これまでにあったんでしょうかねえ。朝乃山、10勝5敗で敢闘賞受賞。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-09-24 13:44 | 富山 | Comments(0)

古楽器で誘う J.S.バッハとその時代

f0030155_16232414.jpg(9月24日夜・記)
鹿島町教会は、子どもたちが小さい頃に何度か来ているが、コンサートは2度目だろうか。9月23日(土)
古楽器で誘う J.S.バッハとその時代
日本キルスト教団 富山鹿島町教会
戸田薫(バロック・ヴァイオリン) 平尾雅子(ヴィオラ・ダ・ガンバ) 平井み帆(チェンバロ)
を聴く。アップした写真、座席より撮る。左から、平尾、平井、戸田、でしょうか。
プログラムは休憩を挟み2部構成。
J.S.バッハ
ヴァイオリンと通奏低音の為のソナタ ト長調
前奏曲とフーガ ハ長調(チェンバロ・ソロ)
ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロの為のソナタ 第2番 ニ長調
休憩
G.Ph.テレマン
トリオソナタ ホ長調
G.F.ヘンデル
調子の良い鍛冶屋(チェンバロ・ソロ)
J.S.バッハ
ヴァイオリンとチェンバロの為のソナタ 第4番 ハ短調

部屋が暑かったのもあったか、途中で調子が悪くなり、最後の曲の第3楽章・アダージオあたりで退席。すみませんでした。きっと、アンコールもあったことでしょうね。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-09-23 16:23 | 音楽 | Comments(0)

守田先生と@銀八

f0030155_18292420.jpg(9月24日午後・記)

古稀()を過ぎましたが()、こんな自分にも高校生時代がありました。舟木一夫の「高校三年生」がはやってた頃。
恩師を囲んで食事ってことで、アップした写真、右から竹中了哲君、奥野俊輔君、守田平先生、そして僕。先生、「平先生(ひらせんせい)」じゃなく^^、「もりた・たいら先生」です^^。竹中君と奥野君はブラスバンド。竹中君、トランペット、奥野君はクラリネット。僕は「あんちゃん」ってあだ名で(照)、陸上競技部・ハンドボール部。

この日、富山高校卒業アルバム持参。こういうの、自分、よう持っとったもんです。あの頃の富山高校(試験は9科目!だったかも)は合格後、一類か三類を選ぶ。自分、ようわからんままに一類に。三類が圧倒的に多かったんでしょうね。一年では2組の守田先生のクラス、2年で1組・牛丸二郎先生、3年で1組・守田先生に。竹中も奥野も3年間とも守田先生だったそうです。学年主任は3年間、上杉重章先生。3年次は、2組・柴田健次郎先生、3組・会田守宏先生、4組・神島達郎先生(僕は上杉先生、神島先生の母校の大学に進学した)、6組・坂下栄作先生、6組・高井進先生、7組・山根栄治先生、8組・清水公尚先生、9組・木下周一先生。副主任には、佐倉正夫先生、五十嵐友美先生、中川昌保先生、本木英子先生、畔田惇先生の名も。自分、教師の端くれやっとる、今。師に恵まれた人生なんでしょうね。友にも。

守田先生は数学。あの頃はメールなんてなく、先生に手紙を出して数学の問題を教えていただいた。ラジオ講座も聴いてたなあ。

竹中君(彼にはNPO法人富山国際学院の監事をやってもらってる)のセッティングで9月22日()午後5時、銀八鮨(ぎんぱちすし)に集う。僕、学院に車を置いて県庁前から電車に乗ったら、な・な~んと、山澤修一君がセントラムに乗ってた。人生、おもしろい。中町で下車、上本町まで歩く。お店、見っけ。入店すると既に3人、先着。おかみさん、僕らと同学年とか。「胃がないんで、お寿司はシャリ小さめで」とお願いする。食事、うまかった。生ビール、日本酒。

寿司のあとはスナック・かみふうせん。おなじみカラオケも。カラオケなんて何年振りでしょうね、「白虎隊」「無法松の一生」「風の盆恋歌」「圭子の夢は夜開く」「ゲイシャ・ワルツ」など歌う(大汗)。富山出身の朝乃山が話題に。

飲みすぎたんでしょうね、タクシーで帰還。翌日、二日酔い(大汗)。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-09-22 18:29 | 美味録2017 | Comments(0)