能登さん、ありがとうございました!

出掛けにTELが入ってちょっと焦ったが、無事1時半前にPCツール到着。割と時間守るタイプなんです、ここ10年くらいの自分は。

PCツールはファボーレ(富山県内有数のショッピングセンター。シネマコンプレックス併設)の近くのパピーというスーパーマーケット内にある。
学院のホームページを作るのに、どなたか教えてもらえる人がいないかと、柳原さん(「インターネット市民塾」で出会った方)にメールで問い合わせ、紹介していただいたのが能登さん。
僕の中国出張を間にはさんで、11月17日から今日まで、計8日約20時間、教えてもらったことになる。

我慢強い能登さんのおかげで、「ITあほ」の自分も少し入門者レベルに達したかも。HPはまだまだだけど、ブロガーになれたし、web教材も見栄えのよいものになってきた。ワードやエクセルも抵抗感薄れてきたし

だが、能登さんの本領はPC指導よりもっと他にありそう。まだその部分ではつながりが薄いが、これからもお付き合いいただきたいと思える方である。

能登貴史さん@PCtoolできの悪い教え子ですが、これからもよろしくお願いしますね。
メールやケータイで、突然、わけのわからんアホな質問すると思いますが、いやがらんと^^教えてくださいね。
ご多忙な日々だとは思いますが、ご健康にもご留意を。どーせ無理でしょうが、禁煙にもチャレンジを!

スタッフの方々にも感謝&再見!
[PR]
# by tiaokumura | 2006-01-06 20:27 | NPO | Comments(1)

今、こうなっています

f0030155_11231384.jpg

わが家の今。
新潟や秋田の人々から見ると、たいしたことないって言われそうですが。
今朝の天声人語氏が書いているように、富山も「二季」になりつつあるのかもしれない。夏と冬、確かに長い。四季がバランスよく3ヶ月ずつになっているところって、日本ではどこあたりなんだろう?
[PR]
# by tiaokumura | 2006-01-06 11:23 | 富山 | Comments(3)

それはないような・・・>三谷幸喜さん

頭の部分見損ねて、9:15頃から見始め、10:25分頃トリックに気がついた、昨日の「古畑仁三郎ファイナル・第3夜」。静脈センサー・車を考えててわかった。
もっと早くに気がついた視聴者も多かっただろうなぁ。遅いほうだったかも。
もうあるのかもしれないけど、双方向生かした、犯人当てとかトリック解くドラマ、あってもいいだろう。

で、昨日のトリック、替え玉殺人とか、被害者・加害者入れ替わり、ってのは古典的な手法。確か江戸川乱歩が「幻影城」か「探偵小説40年」かで、古今東西のトリック分類してたと思う。横溝正史にも傑作ある。
今回のドラマ、双子に設定したところや、東電OL殺人事件や「昼顔」(C.ドヌーヴ主演)もヒントにしてるところが新趣向か?
「替え玉殺人」なんかの場合、死体は判別できない(指紋や顔など)くらいにしておくのが常道(?)だけど、正月早々おぞましい描写はできない。にしても、遺体の指紋照合やのDNA鑑定すれば、古畑がいなくても、事件解決なのに、ねぇ。
脚本家としては、たぶん、まず、犯人になる女優がいて、彼女にふさわしい設定(ここでは双子)を考え、それからトリックを練り、伏線を織り込み、・・・といった順序で台本書くのかも。

ってなことで、昨日のトリック、禁じ手とまでは言いませんが、いささか安易だったような気がします、三谷さん。

偶然なのかもしれないが、翌日が「女王蜂」の予告。なんか、悪い冗談とも・・・。
でも、ひょっとして、ファイナル第2夜って、三谷さんから横溝正史へのオマージュの意味もあったのかなぁ。たたり・手鞠歌・石坂浩二など。

奥村隆信、でした(核爆)。

PS ケチつけたようになりましたが、古畑、大好きな番組でした。これで新作が見られないかと思うと、月並みですが、とても残念です。倒叙物・田村正和の起用・豪華ゲスト犯人などが大ヒットの要因でしょうが、三谷さんの脚本がベストだったのは間違いありません。
[PR]
# by tiaokumura | 2006-01-06 09:55 | Comments(0)

コメント第1号は野沢久信さん@兵庫でした!

来た、来た、来た、来た、来た~~~~っ。
↑「電車男」みたいだけど、気持ちはクレッシェンド。

今朝、コメント第1号発見!
年賀状見て、ここを訪問してもらった。
実弟なんです、彼(照)。
我々兄弟、弟のほうが顔も性格も良くて、囲碁もできて、確かギターも弾けたと思う。職業も兄が転々なのと比べて、公務員人生。
そんな弟が、昨年3月だったか、「役所を辞めて大学に行く」といったときは、正直、驚いた。
今は、関西学院大学に通っている。
僕が地元の富山大学という大学を受験しようとしたのは、彼の影響もある。

ま、彼のことは、またいずれ書くこともあるだろう。

今は、コメント第1号の彼に、感謝いっぱい。


今日は、学院に2回、学院生の保険のことなどで。
2時から4時はPCツールで能登さんに個人レッスン。無理を言って明日も教えてもらうことにした。
7:00~8:45、仕事@塾。
「古畑ファイナル」最終夜、もう始まってる。今夜が見納め。「双子」って設定が安易なような気がするけど、どんな三谷料理にできあがってるのか。
[PR]
# by tiaokumura | 2006-01-05 21:11 | このブログのこと | Comments(0)

能登先生です。

f0030155_1456187.jpg


PCツールで勉強中^^に携帯のカメラで撮影しました。一人では、ここにアップはできない(汗)。能登先生に手取り足取りで導かれて、ここに投稿。
[PR]
# by tiaokumura | 2006-01-05 14:56 | NPO | Comments(0)

ブロガー歴1週間^^

12月29日にこのブログを開設したので、これで1週間になる。
おめでとう>自分 ←オイオイ^^
飽きっぽい性格ながら、よく1週間連続投稿できたもんだ!

今年の年賀状などで「宣伝」しておいたので、そろそろビジターが出てきそうなもんだけど、
いまだコメント1つもない(泣)。
ここを訪問された方々、コメントもよろしくお願いしますね。
コメントへのお返事もできる限り書きますよ。
今年1年で、100コメント、目標!!

明日はPCツ-ルで、
野田先生のプロジェクトの「読む」グループ「初級非漢字系」ユニットの
web教材作成のお勉強。
ユニットメンバーのNさん・Kさん・Hさん(3人合わせるとNHKだ!今、気がついた)が作成されたのを見てると、
自分がいかにITリテラシーないのかを思い知らされ、
今回、能登さんに個人レッスンしていただくことにした。

能登さん、明日はよろしくお願いします。
コクテール堂のおいしいコーヒー、持っていきますよ。
(正規の受講料も、もちろん払います)

そろそろ「古畑ファイナル」第2夜が始まる。
今夜の犯人はイチローだそうな。
[PR]
# by tiaokumura | 2006-01-04 20:59 | このブログのこと | Comments(2)

犬@常用字解、など

今年は戌年。
南方熊楠や諸橋もひもとこうと思ったが、本棚のいずこかに埋もれてしまっている。
とほほ。今年こそ整理癖つけなきゃ。
で、以下数行、白川静先生『常用字解』(大修館書店 2003年)に拠る。
ただし、戌は常用漢字ではないので「犬」の項より。

古代中国では犬は「いけにえ」にされてたんですねぇ。知らなかった。
西洋で言えば、羊、のような役割なんでしょうねぇ。
牧羊犬、なんて、これから、うかつに使えないような気がする。
それから、器も類も、大、の部分、本来は、犬、だったそうです。
いつも中国出身の学生たちに、
「日本の漢字の器、中は、犬じゃなくって、大だよ」なんて言ってた自分!
本来は「犬」でした、犬恥、いや大恥。

ところで、
英語で
dogを逆スペルにすれば、GOD

「犬も歩けば棒にあたる」
棒を「災難」と見るか「幸運」と見るかで、解釈が2通りにわかれるけど、
ここで「犬」はどんな取り扱われ方してるんだろう。
「犬も」の「も」は曲者の助詞?


戌の刻^^なんで、
「古畑SP」見ながら年賀状整理しようっと(核爆)。
↑負け犬の遠吠え?


三が日、終わりぬ。
[PR]
# by tiaokumura | 2006-01-03 20:19 | 言の葉つれづれ | Comments(0)