『STAR WARS 最後のジェダイ』

f0030155_945916.jpg(12月23日夜・記)
STAR WARS 最後のジェダイ』(原題Star Wars:The Last Jedi)
光か、闇か・・・
アメリカ 152分 英語
監督:ライアン・ジョンソン
脚本:ライアン・ジョンソン
原作:ジョージ・ルーカス『スター・ウォーズ』
キャスト:
マーク・ハミル キャリー・フィッシャー アダム・ドライバー デイジー・リドリー ジョン・ボイエガ 他
フォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、"光"と"闇"の間で揺れ動く"衝撃の運命"とは?

SWを初めて観たのはあれは神奈川県で姪たちと一緒だったかなあ。本作、続三部作の第2章『エピソード8』にあたる。ルークが年老いたように^^僕も年老いたんでしょうね。観ててあまりおもしろいとは思わなかった。トイレが近いもんで(大汗)、途中退出も^^。
キャリー・フィッシャーの遺作。ハリソン・フォード、この後、SWに出るんでしょうか。
本作、ジョージ・ルーカスはBeautifully Madeだそうです。

今回の上映劇場、ここができたために、総曲輪のミニシアターがなんくなったんで、いささか複雑な心境で観る映画館ですが^^、次回は『クボ』『ギフテッド』、観る予定。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-12-17 09:05 | 映画 | Comments(0)

おぼんdeごはんで夕食

f0030155_18354933.jpg(12月23日午後・記)
写真を12月5日にアップしたまま、ずいぶん放置プレーなままになってもうた^^当記事です。
自分、富山国際学院の学院長として年に4回は名古屋入国管理局に出張。これ、来年でお役御免にと思ってますが。今回、12月5日(火)に名古屋入管に平成30年4月期生の申請。火・水・木から選べて、授業のやりくりがつく火曜日にしました。出張は、旅行もそうですが、楽しみはおいしいものを飲食すること。富山では食べられない飲めないもの、その土地ならではの食べ物飲み物。いいですねえ。
名古屋入管出張が終り、豊田市美術館でジャコメッティ展。そのあと再び名古屋に戻る。さて、夕食はいずこにて。JR名古屋ゲートタワー、レストラン街をうろうろ。呼び込みなどもあった。結局
おぼんdeごはん
に入店。初めての店。お客さん、圧倒的に女子が多い。場違いなジジイだったが^^、入った以上は開き直って居座る。ウエィトレスにあれこれ聞いて注文。「焼鮭の親子だし茶漬け」と「生ビール」。「親子」はチキンじゃおなじみですが、鮭なんでイクラなんですね。言われてみるとなるほどですが、知らなかった、こういうメニュー。名古屋はうなぎのひつまぶしですが、ここ、だし茶漬け。おいしかった。だしは東京日本橋のにんべんのだしコーナー、よかった。
レジでネームカード、おぼん通信などもらう。おぼん通信には「広島県産カキフライ 柚子タルタル定食 1242円」。自分、牡蠣はちょっと苦手ですが、食べてみたい気も。次回、ランチ、ここもいいかも。牡蠣の季節じゃないだろうけど。
高速バスで名古屋→富山。学院においてた車に乗って帰宅。名古屋と違って富山は寒し。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-12-05 18:35 | 美味録2017 | Comments(0)

ジャコメッティ展

f0030155_16163180.jpg(12月17日夜・記)
12月5日(火)名古屋出張名古屋入国管理局のあと、あおなみ線に乗り名古屋。地下鉄東山線・伏見。鶴舞線に乗る。東京の東西線もそうだったか、やがて地下から地上に。豊田市駅下車。駅員に「豊田市美術館案内図」をもらう。でも歩き始めてようわからん。行けども行けどもって感じ。道で母子に尋ねる。どうも道違ってるみたい。駅に引き返す。途中タクシー発見。「えいやっ」でしょうね^^タクシー奮発。無事、目的の展覧会へ。
ALBERTO GIACOMETTI
Collection Fondation Marguerite et Aime Maeght
ジャコメッティ展

豊田市美術館
~12月24日
国立新美術館でも観てますが、今回の名古屋出張を機にこちらにも。
構成、だいぶ違ってる。入場まもなく裸婦立像、発見。富山県立近代美術館(今は富山県美術館として移転)のコレクションです。やっぱ、こっちに来てたんですね。
鑑賞中ボールペン使用は禁じられましたが(汗)、写真撮影スポットあり。イマドキの展覧会、こうなんでしょうね。アップした写真、それです。マーク財団美術館の中庭でこれと向かい合うジャコメッティの写真、あります。
僕の好きなジャコメッティ、ここまで大規模な展覧会、終生これで観ることはないでしょうね。
それにしても、豊田市美術館、もう少しアクセスとか、考えてほしい。予算もあってこれ以上は無理なんでしょうね。帰りのタクシーで思わず運転手さんに不満を漏らした。ところが彼、僕が富山からって聞いて、家族での氷見旅行の思い出を。あと加賀屋旅館で泊まったことも。すっごいですね。あそこ、自分、ロビーだけ入ったことがあります。旅館の前で記念撮影もしたかも^^。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-12-05 16:16 | 美術 | Comments(0)

昔ながらのきしめんを食す

f0030155_12411758.jpg(12月17日夜・記)
12月5日(火)名古屋出張。旅先の楽しみはおいしいものを食べること。でも名古屋、大阪もそうだが、あまり「おいしいもの」って食べたことがない。名古屋ではひつまぶし(ひまつぶしにあらず^^)も食べたが、あまりおいしいとは思わなかった、名店だったけど。ああいう食べ方、自分、どうも苦手。で名古屋で大衆的な食べ物と言えば「きしめん」。麺好き人間な自分^^もちろん食べます。しらさぎで名古屋出張してた頃は電車のホームで食べてた。あれは親子でやってた店だったか、何番線か忘れましたが、よく食べてた。その後、名古屋で昼食っていうと(名古屋入管へ行く前)、ここ驛釜きしめん。いつも混んでる。この日は運よくあまり待たずに入店できた。店員さん(女性)、てきぱきしてて気持ちいいい。客層、ビジネスパーソン、シニア、家族、友達、観光客等々。今回は「昔ながらのきしめん」。トッピングは、かつおぶし、あげ、カマボコ、ネギ。ここでは土産にきしめんを買ってます。季節ごとにいくつかある。今回は味噌のそれを買いました。昼食後、あおなみ線で名古屋競馬場前。名古屋入国管理局。平成30年4月期生の申請です。申請の結果は来年2月23日過ぎに。


[PR]
# by tiaokumura | 2017-12-05 12:41 | 美味録2017 | Comments(0)

名古屋出張

f0030155_10315830.jpg(12月17日午後・記)
以前は年に6回以上あった名古屋出張、今は年4回。12月5日(火)名古屋出張。富山国際学院に車を置き、引継ぎなど少し学院内でして、富山駅へ歩く。地鉄のバスセンターでバスチケット購入。前は「しらさぎ」での名古屋出張だった。それがビンボー日本語学校^^バスのほうが安上がりだってことになり高速バス利用に。その後、北陸新幹線になり、JRでの名古屋出張、ひどいことになった。「しらさぎ」も「サンダーバード」(京都・大阪行き)も金沢発着になった。富山から金沢にあいの風鉄道で行き、金沢で乗り換えになる。不便ですよね。ここにも「金沢一人勝ち」があるかも。関西から富山への観光客、めっちゃ不便。名古屋出張、バスにしといて良かったんかも。

バスが出るまで時間があるのでスタバ。なんとなくカウンターの表示を眺める。DAILY OFFERINESは本日のお薦めでしょうか。coffee&EspressoはわかるがFrappuccino(フラップチーノ?)・TEA VANA(ティーバナ?)はなんだろう。
バス乗車。今回の旅のお供は岩波書店新刊。
田中優子 松岡正剛『日本問答』(岩波新書)
大岡信『日本の詩歌 そお骨組みと素肌』(岩波文庫)
廣松渉『』世界の共同主観的存在構造』(岩波文庫)
僕は松岡と田中の間の年齢になるか。この対談、和語・漢語はなんとかなるがカタカナ語がようわからん。注がほしい。大岡、パリでの講義。菅原道真、なるほど。若い頃、廣松、読んでた。雑誌でも。若いって、愚かで背伸びしてたんでしょうね。今読んでもよう理解できない、あの頃の方が読めたかも。
アップした写真、バス車中から。猪谷を過ぎたあたりだったか。雪景色。富山では降ってなかった雪、途中では吹雪状態も。
ひろがの高原SAで大失敗、恥ずかしすぎるので(激爆)書きません。でも幸いなことにthe end of the worldからTop of the Worldに^^。きっと老化、なんでしょうね。2年程前と比べてもずいぶん、頭・体、衰えている。名古屋出張、あと何回できるか。。。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-12-05 10:31 | 僕は学院長9年生 | Comments(0)

寿司正で修業中?

f0030155_1154056.jpg(12月16日午後・記)
今日土曜日、日本語授業で出勤。休日出勤^^だけど、授業、楽しかった。今朝の朝日新聞、1面トップ、望月新一教授(京都大数理解析研究所)のABC予想証明。理系記事が1面トップなんて、ノーベル賞のときぐらいでしょうね。早速、数学専攻した哲ちゃんにメール。ABC予想そのものは自分のような者にも理解できる「数学の超難問」ですが、それの証明となるとチンプンカンプン。そりゃ僕だけじゃない。世界で何人がその証明をわかるかだそうです。だから、望月教授の証明の正しいことがわかるまで時間、かかった。朝日以外、讀賣、日経、同記事なし(僕、土日は讀賣、日経、コンビニで買ってます)。朝日の特ダネなんでしょうか。

今年はとやままち大学、利用してます。12月3日(日)
富山の名店 江戸前 寿司正の職人が教える 「富山の魚講座」
を受講。これ4回シリーズで
魚の三枚おろしに挑戦!そして刺身を作ろう!
魚の5枚下ろしに挑戦!昆布締めに挑戦してみよう!
魚の開きに挑戦!鯵フライを仕込んでみよう!
と続き、
自分で寿司を握ってみよう!巻いてみよう!
の回を受講です。
アップした写真、完成品^^と共に。カウンター越しの山下稔さんのご指導の下、苦労しながらできあがりました。自分で握った寿司を食するのは、もちろん初めて。いつかまたやってみたい。お味の方は、もちろんシャリもネタもいいので、おいしかった。マリアージュ^^のお酒はフカひれ酒熱燗。こちらも美味。
今年の仕事は12月28日までなのですが、仕事納めのその日の夕食、寿司正、予約しました。同僚の粕谷謙治さん同伴予定。自分、胃がないこともあって、握りは5貫くらいが限度かなあ。シャリ小さめかも。お酒はひれ酒・骨酒の熱燗が飲みたい。このお店、山下さん親子でやってる。千石町通り(なかなかユニークな商店街です)のここを1回目訪ねた時は、稔さんの親父さんでした。ランチと日本酒だった。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-12-03 11:54 | 美味録2017 | Comments(0)

『米軍が最も恐れた男』

f0030155_1020346.jpg(12月10日午後・記)
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名はカメジロー
一握りの砂も、一坪の土地もアメリカのものではない
占領下の沖縄で米軍の圧政と闘った男の生き様を、貴重な映像で描くドキュメンタリー映画
2017年 日本 107分 日本語
監督:佐古忠彦(さこ・ただひこ1964-)
撮影:福田安美
語り:山根基世 大杉漣
テーマ音楽:坂本龍一

1回目^^の大学生時代、鳥取や長野や愛知や福島や秋田や香川など全国各地から進学してて、あれは「内地留学」と言ったか、沖縄出身もいた。沖縄人は「日本」に来るにはパスポートが要り、46都道府県の時代。名前は忘れたが上級生に沖縄の女性がいて、美人。自分の先祖は北方系か朝鮮系だと思うが、南方系の「日本人」、きれいだと思った。もちろん彼女は頭もよかった。当ブログで「沖縄独立」も書いたと思うが、亀次郎の時代の「沖縄を返せ」じゃなく「沖縄に返せ」の時代なんでしょうね、今は。
オンタイムでは見てませんが、2016年8月21日に『報道の魂スペシャル「米軍が最も恐れた男~あなたはカメジローを知っていますか?~』がオンエア。佐古忠彦がディレクター。僕はもちろんオンタイムで瀬長亀次郎(せなが・かめじろう1907-2001)を知っています。
佐古はこの映画の上映を機に富山に。朝日新聞富山版記事で佐古は
沖縄を取材すると、亀次郎の演説会と同じ熱気を今の県民からも感じる
沖縄が抱える不条理を一人の魅力的な政治家を通して見ることで、この国の戦後を考えるきっかけになれば

と話す。
映画には、大学の桐花寮にいた後輩で今は衆議院議員の赤嶺政賢君も登場。

ほとり座、河瀨直美映画でトラブったので^^、この映画は事前にメールで予約。知らずに来て入場を断られたシニアご夫婦も。ボブ・ディランの時は予約しましたがガラガラだった^^。今回は満員。予約しといてよかった。ホトリ座、今年は10回くらい来てるかなあ。来年も何回か来そうです・

[PR]
# by tiaokumura | 2017-12-02 10:20 | 映画 | Comments(0)

癌日記:2017年11月30日

f0030155_12181184.jpg(12月10日午後・記)
8週間に1回になろうか、の予約診療。今年最後がこの日・11月30日(木)。持参した本は、
梶田隆章『ニュートリノで探る宇宙と素粒子』(平凡社)
宇宙と素粒子-マクロとミクロ。小柴さんが大学の授業で黒板の両端にこの二つの文字を書いたとか。自分、今土曜日の授業を富山国際学院で担当中。その関係でこの本、読んでます。物理取らなくて済んだ^^文系な自分。この本、ほとんどチンプンカンプン。ニュートリノ、陽子崩壊、チェレンコフ光、大統一理論。僕が死ぬまでにどんな「発見」があるんでしょうね。3人目のノーベル賞、神岡から出るんでしょうか。
病院の敷地に入り、ラッキー、右折すぐに駐車スペース、見っけ。
受付。まずは中央処置室。ビタミン12、注射。今日は注射針、スムーズに入った。自分の左腕、ずいぶんたくさんな注射、されてるんでしょうね^^。
待つこと長時間。昼が過ぎてしまった。外科受付に断って昼食に。アップした写真、力うどん。病院内の食堂。前方には立山連峰でしょうね。このアングルでの写真は初めてです。
ようやく診療。その前に測定。血圧144-76、脈拍90、体重54.5kg。体重、増えました。次回、55kg突破できるかも。
Tドク。時間が遅くなったことへのお詫び。自分、子どもめいてたかもしれんけんど^^、ぶっきらぼうな態度で接してしまった。予約時間の10時半が3時間近く遅れたんですもんね。待つことが多いこの病院ですがここまで待たされたんは初めてかも。それにしても小人な僕(笑)。
次回予約を決め診療終了。5分ほどの診療だったかも(激爆)。
会計。再診料、注射、院外処方箋料で520円。
薬局。薬5種で3,310円。こういうのどうなんでしょうね、足りない薬もあるとのことで後日宅配に。

岩波書店「図書」、届いた。『広辞苑 第7版』。買わないでしょうね。普通版で8,500円ですって。自分が買えるんは3,000円台まででしょうね。「満を持して登場!」ってキャッチコピー、空しい様な。。。
最近のニュースから3つ。中国、アリペイ。キャッシュレス社会。今や顔認識とか。BLACK FRIDAY、そんなにいいんでしょうか、消費者にとって。1111、独身の日。日本は「独身」ってどうなんでしょうね。

次回・平成30年1月25日(木)予約診療。次の元号、どうなるんでしょうね。M、T、S、H以外でしょうね。YとかKとか。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-11-30 12:18 | 癌日記 | Comments(0)

私家版・富山国際学院卒業歌(作曲:岡野貞一 作詞:奥村隆信)


故郷(ふるさと)」、作詞・高野辰之(たかの・たつゆき1876-1947)、作曲・岡野貞一(おかの・さだいち1878-1941)、文部省唱歌、大正3(1914)年発表。日本人の好きな歌とかって調査あれば、断トツで1位でしょうね。でも、若い方にとってはどうなんだろう。「ふるさと」との向き合い方はまた違うかも。
先月、「ネリカンブルース」「ふりむかないで」で富山国際学院用の替え歌を作ったが^^、3曲目は卒業式用。以前「惜別の歌」で替え歌を作ったから、富山国際学院の歌はこれで4曲目になるか。「故郷」の詩は六四調ですね。七五調(「蛍の光」はそう)じゃないのがモダンだったんかも。

こいもしたし なみだも
つらいべんきょう あったけど
せんせいともよ ありがとう
わがまなびや さようなら

じょしにけいご かんじも
わからないひ なやんだ
どんなときも それでも
まなびつづく にほんご

まえにむかい すすもう
いまはかこを おしえに
バイトアパート トラブル
だけどいまは じしんあり

とやまこくさい がくいん
きょうでわたし そつぎょう
つぎのステージ まってます
ごがくりゅうがく おえます

[PR]
# by tiaokumura | 2017-11-26 12:55 | 僕は学院長9年生 | Comments(0)