<   2016年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

こんな授業・あんな授業(35)FACEBOOK

皆さんは、フェースブック(フェイスブック、FaceBook、FB、Facebook、FACEBOOKなどの表記あり。どれが一番な表記なんじゃろう、「フェイスブック」でしょうか)、やってらっしゃいますか。僕は今春FBデビュー^^。富山国際学院2016年度担当のC組で、担任の徳橋さんと相談してクラスのFBを始めた。メンバー以外は参加できない形態(「クローズド」とか)。C組学生と担当教師だけが参加できる。徳橋さんがルールも設定。でも残念ながら思ったほどの効果(日本語学習上の)が出てない。
2016年度下半期はF組(10月スタート)も週2回担当することに。で、ここでも担任の高崎さんと相談しFBを開設することにした。ここもメンバーだけのFB。高崎さん、FB設置にあたってルールを考え、学生に参加呼びかけ。FB環境がない1人を除き、全員参加しています。今のところ、ここは活発にアクセスされています。日本語教育にはいろんな教材・教具・環境がありますが、こういうFB、イマドキでいいやり方でしょうね。IT教育にもなる。参加学生は初級教科書『大地①』を終わっています。出身国・地域は、中国・ネパール・フィリピン・台湾。
以下、2日間にわたって投稿した記事をご紹介。一部、名前など変更してあります。

皆さんは俳句(はいく)を知っていますか。五七五(ごしちご)の、世界で一番短い詩(し)です。冬の俳句を六句、紹介します。
いくたびも 雪の深さを たずねけり  正岡子規
いくたびも ゆきのふかさを たずねけり  まさおか・しき
作者の子規はとてもひどい病気でいつも布団(ふとん)で寝ています。世話(せわ)をしている妹にたずねました、「雪はどのくらいになりましたか」。母にも同じことをたずねました「雪はどのくらいになりましたか」。何度も何度もたずねます。外の世界がほとんど見られない子規。子規は35歳の誕生日の2日後に亡(な)くなりました。有名な俳句がいくつもあります。「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺(かきくえば かねがなるなり ほうりゅうじ)」が一番有名です。
うまさうな 雪がふうわり ふわりかな  小林一茶
うまそうな ゆきがふううわり ふわりかな  こばやし・いっさ
小林一茶は江戸時代(えどじだい)の俳人(はいじん)です。この間、このFBでAさん・Bさんが富山の雪をアップしていましたね。雪はおいしかったですか。この俳句、「ふうわり ふわり」という表現(ひょうげん)も、とてもすてきです。「うまそうだ」は『大地②』37課で勉強します。一茶の雪の句には「いざ行かむ 雪見に 転ぶところまで(いざゆかん ゆきみに ころぶところまで)」「雪とけて 村いつぱいの 子供かな(ゆきとけて むらいっぱいの こどもかな)」もあります。
をさな子や 文庫に仕舞ふ はつ氷  小林一茶
おさなごや ぶんこにしまう はつごおり  こばやし・いっさ
これも一茶の句です。皆さんは子供の時、大切なものをどこに入れましたか。本棚(ほんだな)に隠(かく)していた人や地面(じめん)に埋(う)めていた人もいるでしょうね。この句の「おさな子」は「幼(おさない)い子供=幼児(ようじ)」です。この冬初めての氷(こおり)-この子はとても大切なものなのです。ですから、文庫(ぶんこ)にしまいました。氷なのですぐに溶(と)けたことでしょうね。大人(おとな)になると忘れてしまう純粋(じゅんすい)な心(こころ)がこの句から伝(つた)わります。
百八の 鐘鳴り止みぬ そとは雪  三橋鷹女
ひゃくやつの かねなりやみぬ そとはゆき  みつはし・たかじょ
日本では新しい年が始まる直前(ちょくぜん)から、除夜(じょや)の鐘(かね)が鳴(な)ります。ゴ~ン、ゴ~~ン。皆さんの中で大晦日(おおみそか=12月31日)の日本が初めての人、今年初めて聞くでしょうね。108、鳴ります。どうして108でしょうか? 四苦八苦(しくはっく)=4×9+8×9=108だからかもしれませんね。この句、今、鐘が鳴り終わりました。鷹女はふと気がついたのでしょうね、外では雪が降っている、と。新しい年がいい年になりますようにと、彼女は思いました。
初雪や 水仙の葉の たはむまで  松尾芭蕉
はつゆきや すいせんのはの たわむまで  まつお・ばしょう
松尾芭蕉は日本人なら誰(だれ)もが知っている俳人(はいじん)。日本人は彼の句をいくつも暗唱(あんしょう)できます。初雪(はつゆき)が降りました。芭蕉はこの時、水仙(すいせん)を見ます。水仙の生命力(せいめいりょく)でしょうか、雪で水仙はたわんでいますが、でも、しっかり生きています。水仙は芭蕉の理想(りそう)の生き方(いきかた)を表(あらわ)しています。芭蕉の最後の句は「旅に病んで 夢は枯れ野を かけめぐる(たびにやんで ゆめはかれのを かけめぐる)」です。
咳の子の なぞなぞあそび きりもなや  中村汀女
せきのこの なぞなぞあそび きりもなや  なかむら・ていじょ
子どもが風邪(かぜ)を引きました。外で遊べない子はお母さんと「なぞなぞ遊び」をしています。「9回さようならを言う乗り物、な~に?」「こわいけどとてもおいしい食べ物、な~に?」「長いのと短いのといつも追いかけっこしてるの、な~に?」「冷蔵庫の中の大きな動物、な~に?」。お母さんはそうじや晩ご飯の用意もあるので、そろそろ止(や)めたいです。でも子どもはいつまでも止めません。お母さんといっしょが嬉(うれ)しいのでしょうね。皆さんの国にも「なぞなぞ遊び」がありますか。
[PR]
by tiaokumura | 2016-12-31 10:32 | 日本語教育 | Comments(0)

T’SCENE ティーズシーン

f0030155_142874.jpg昨日12月24日のBS日テレ、すごかった。「豪華スター達が熱演! ~ボブ・ディラン30周年記念ライブ~」。こんな映像、あったんですね。「1992年10月16日NYマジソン・スクエア・ガーデンで行われた、ディランのデビュー30周年を祝う伝説のトリビュートコンサート」。ジョン・メレキャンプの「ライク・ア・ローリング・ストーン」で幕開け。次がスティーヴィー・ワンダーで「風に吹かれて」ですからね。「戦争の親玉」はエディ・ヴェダーで、トレイシー・チャップマンは「時代は変わる」。出演者が次を紹介する流れで、ビッグ・アーティストが次々と登場。ローリング・ストーンズからはロン・ウッド、ビートルズからはジョージ・ハリスン。ニール・ヤングもエリック・クラプトンもカヴァー曲で出演。ザ・バンドも当然ながら出ました、「マスターピース」。ハリスンの呼びかけでディランがステージに。最高潮。クラプトンやハリスン、ヤングを従えてボブ・ディランが歌うは「マイ・バッグ・ページス」。
いやはやすごい番組でした。これ、本邦初でしょうか。それとも四半世紀ほど前に既に放映? ノーベル賞文学賞が契機の放送なんでしょうが、再放送もあってほしい。今度は早い時間にね^^。ジジイは眠かった。

さて、アップした写真の雑誌、本日12月25日発売。

T’SCENE ティーズシーン
富山の総合スポーツマガジン
熱くなる舞台が とやまにはある。
2017年1・2月
2016年12月25日発売
北日本新聞社
722円+税

富山にはプロスポーツチームは確か、野球・サッカー・バスケの3つある。富山サンダーバーズ、カターレ富山、富山グラウジーズ。本誌創刊号表紙はBリーグ・富山グラウジーズの城宝匡史。僕、中学時代の図工の先生が城宝先生。ひょっとしてお孫さんだったりして。
石川歩(千葉ロッテマリーンズ)、魚津市出身。巻頭5ページを飾る。
昔と違ってウインタースポーツも人気、出てますよね。本誌では「年末年始高校スポーツ全国大会出場チーム紹介」も。駅伝は入ってませんが(高校駅伝は今日12月25日ですもんね)、富山第一(サッカー男子・ラグビー・バレーボール女子)、高岡第一(バレーボール男子)など。宮城県の明成には八村塁の弟が進学してたんですね。八村阿蓮。僕の地元・豊田小学校出身の二人も明成にいる。
こういう地元密着スポーツ誌って、全国的にも稀でしょうね。いや、初めてかも。売れ行き、厳しいでしょうが、部数伸びるといいですね。次号は2017年3月1日発売。本誌、僕はコンビニで買いました。

[PR]
by tiaokumura | 2016-12-25 14:28 | 富山 | Comments(0)

言の葉つれづれ:2016年最後篇

昨日は久しぶりに夜遅くまでTVを観た。BSで、文化大革命のドキュメンタリーを観て、そのあと10時からBSプレミアムで「名盤ドキュメント」。矢野顕子『JAPANESE GIRL』。のん(能年玲奈が改名)や坂本美雨や細野晴臣も出演。宇多田ヒカル『First Love』(1999年)は勤務先の台湾人女子留学生に教えてもらったが、あの時矢野の『JAPANESE GIRL』を思い出していた。どちらも衝撃的なアルバム。B面4曲目の「丘を越えて」は「へぇ~」でした。あがた森魚(「赤色エレジー」)が参加。『JAPANESE GIRL』はあがたの『日本少年』のアンサー盤みたいなとこもあったんでしょうね。発表から2016年で40年になる。
今夜9時からBSでボブ・ディラン。ぜひ観たい。
以下、今年最後の「言の葉つれづれ」です。

新井紀子
効率良い暗記より、意味を深く理解でき、推論できる教育こそが、AI時代の学校や家庭で必要です。自らの実体験に基づいて想像力を働かせ、未知の世界をより深くイメージできる力です。・・・実体験に基づいた論理的な推論力がないと、AIを超えることはできません。・・・人間はリアルな実体験を積み、深く推論できる力を伸ばすことが重要だと思います。
福岡伸一
進化論が生命観としてすばらしいのは・・・生命が常に動的なものだという真実を指摘したところにある。我々ヒトは・・・これまでずっと変化し、これからも変化しつづける生命の、未完成な一形態として、永遠の現在進行形にあるものだ。
平川克美
我々の世代は年収500万円は見込めた。しかし今の若い人は大会社にでも入らないと300万円確保も難しい。だったら300万円でやっていく方向を探るしかない。
これからは、少しずつ不満を分け合うという意味の「ルーズ・ルーズ」という生き方にシフトしないといけない。なかなか共感は得られないかもしれませんが、「ルーズ・ルーズ」と言い続ける人がいると、やがてスタンダードになっていくのではないかと思っています。
橋下徹
ポピュリズムという言葉で自分たちと異なる価値観の政治を批判するのは間違っています。それは自分の考え以外は間違っていると言っているだけ。民主政治の本質は大衆迎合です。重要なのは、社会の課題を解決する力。
マイケル・ブース
世界から孤立した200年余りの月日が、日本文化を特別で独特なものへと発展させたのだ。
世界と「接*」こそすれ、ほとんど「接*」することなく、己の道をたどり続けている国。この半世紀こそ西洋の影響が色濃いと言えるが、日本人はそれを取り込んでは、自らの文化に合わせて調整してきた。
・・・なぜ、外国人は増え続け、日本文化への関心も高まる一方なのか? それは、みなこの国の特異性に魅せられているからだ。神道、ポケモン、Jポップに**、懐石料理。そして日本*のキットカットに。・・・日本人の食に対する執念やクレイジーな情熱、最前線の食ネタへの無邪気な興奮-。これらこそが、世界でもっとも目が離せない、興味深い文化の生命線となっているとは言えそうだ。
(注)小池都知事じゃありませんが^^メモの自分の字が読み取れなくて。「*」はその部分です(汗)。
ヒラリー・クリントン
善きことを行うことに倦まず、心を失うことがなければ、季節がまた巡りきて、なすべき仕事がある。
柳澤桂子
今生は病む身に耐えて生き抜こう後生は白い椿になりたい
渋谷陽一
スターというのは普通の人の不幸の総和であり、その不幸の象徴がなくなることによって世間の人が幸せになるのであればスターそのものは殺されてしかるべきだという、いかにもデビッド・ボウイらしいメッセージだ。
星新一
いまや寓話の復興が私の目標である。
[PR]
by tiaokumura | 2016-12-24 10:44 | 言の葉つれづれ | Comments(0)

こんな授業・あんな授業(34)2017年・年賀状コンテスト


行き当たりバッタリ、その場しのぎが多い男^^ですが、年賀状授業でアイディアが浮かんだ。浮かぶと後先考えず実行してしまう「行き当たりバッタリ男」。さっそく担任の先生方に以下のようにアナウンスしました。

初めてになりますが・・・
来年1月に「2017年・年賀状コンテスト」を開きます。
好評であれば、年中行事の一つにします。
以下のような流れです。

年内

  1. 年賀状配布

各学生(内部生のみ。外部生は今回対象外)に年賀状(富山版)1枚ずつプレゼントします。1212()以降、各クラス担任に学生人数分お渡しします。

表 学院の住所など印刷済み

裏 自由記述。ただし、クラス・名前は必須。()C組 グェン・チ・ミン
2.年賀状指導
各クラスで授業内に年賀状を書かせてください。年賀状の趣旨、年賀状に書いたほうがいいこと・書かないことなど、指導してください。ただ、あんまり「指導し過ぎない」ように^^。
3投函
学生が1225日までにポスト(郵便局、一部コンビニ)に投函する。

年明け

  1. パネル掲示

    学院に届いた学生からの年賀状を、「1年生部門」「2年生部門」に分けて、2階に掲示します。

  2. 投票

    各担任から学生に投票用紙配布。学生は、投票用紙にエントリー番号・自分のクラス・名前を書いて(名前を書かせるのはイタズラを防ぐためです)投票箱に投票。1年生部門に1票、2年生部門に1票。ただし、自分には投票しないこと。

    なお教師も各部門1票ずつです。ただし、自分の担当クラスの学生には投票しないこと。

  116()午後5時、投票締め切り

3.結果発表
 123()、結果発表。「1年生部門」松・竹・梅(各1名)、「2年生部門」松・竹・梅(各1名)。

4. 表彰

学院長より、表彰状・お年玉

学院長が決済できるお金なんてないビンボー日本語学校(激爆)。自分、ポケットマネーから松竹梅、出そうと思ってます。学生、お金にシビアなんでしょうね、きっと。わかってくれるだろうか、2000円、1000円、500円のお年玉。

こういう企画、日本語学校にはいい企画だと思いますが。ご感想など勤務先あてにお送りいただくと幸甚です。

2016年12月23日、投稿
記事のナンバリング、おかしくなってますが、ご容赦を。フォントも2種、混じってる。
忘れていなければ(汗)、この記事のその後、投稿します。乞うご期待?!


[PR]
by tiaokumura | 2016-12-23 12:46 | 日本語教育 | Comments(0)

2016年11月・ブログ内ランキング

わが家のDKにはテレビはなく、食事中はNHKラジオを聞いている。おととい金曜日、NHKラジオ地元局の番組でしょうね、青木由香さんがご出演。彼女、日系ブラジルの子の高校進学でボランティアグループを立ち上げご活動。今年、僕も一人、中国籍の女の子の高校進学を目指してるのですが、青木さんの活動もずいぶん心強い。僕が尊敬する女性の一人です、青木さんは。同じ夜、NHK教育テレビ午後8時台の「団塊」なんとかって番組の冒頭、2016年国際交流フェスティバルinTOYAMAの映像。ビックリしました。幸い僕は映ってなかったのですが^^、知り合いの方々も何人か見えた。この番組、風吹ジュンがMCで、彼女、富山県婦負郡八尾町生まれ。ディヴィッド・ハミルトンの写真の頃は、僕は彼女が富山出身って知りませんでした。

当ブログ、2016年11月は13本の投稿記事でした。自分、このブログ、月に15本以上投稿が目標なんですが、なかなか難しい。
当ブログ、10月に「無料でもデバイス毎にアクセス数をご覧いただけるようになりました」って表示が出て、どういうメカかシステムか自分にはようわからんのですが^^、「PC」「Mobile」「PV合計」「訪問者」の集計が見られるようになりました。今までの「PC訪問者」からこれからは「訪問者」になります。どう違うのか-ワシに聞かれてもわかりません(激爆)。で2016年11月の「訪問者」は1日平均112.37人でした。「PV合計」のほうは1日平均163.03人でした。「リンク元URL」は、100以上だけ挙げると、1位「www.google.co.jp」572アクセス(以下同じ)、2位「search.yahoo.co.jp」500、3位「userconf.exblog.jp」344、4位「https://www.google.co.jp/」130でした。

11月の「記事ランキング」は、
第1位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(69アクセス。以下同じ)
第2位<2008年5月14日付>「人間ドキュメント 阪井由佳子さん」(「週刊女性」より)(57)
第3位<2011年5月12日付>こんな授業・あんな授業(17)久々の、日本留学試験「記述」対策(49)
第4位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(45)
第5位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(34)
第6位<2016年11月12日付>りりィさん、ご逝去(34)
第7位<2016年11月24日付>癌日記:11月24日、今年最後の予約診療(30)
第8位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(27)
第8位<2007年10月17日付>藤本幸夫・富山大学名誉教授が、大韓民国政府から宝冠文化勲章を授与されました!(27)
第10位<2010年6月29日付>たかさごや このうらぶねに ほを あげて・・・(25)
でした。
11月も10月に引き続き100超え記事はありませんでした。第2位・阪井さん、NHKTV放映の関係でアクセス多かったんでしょうね。第8位、あの当時に授業で使ってた歌です。あれからたいして月日が流れていませんが、もう今じゃこれらの歌、効果なさそう。第10位の謡は、当時ロシアの子供たちの日本語研修を富山国際学院が担当してて、そのプログラムの一環として松下覚さんに「たかさごや」指導をお願いしました。

検索キーワードランキング」のほうは
第1位・富山(23アクセス。以下同じ) 第2位・奥村隆信(16) 第3位・阪井由佳子(12) 第3位・藤本幸夫(12) 第5位・okumuratakanobu(9) 第6位・日本語教師(8) 第7位・歌(7) 第8位・記述(6) 第9位・金森理津子(5) 第9位・結婚式(5)
でした。
[PR]
by tiaokumura | 2016-12-18 12:02 | このブログのこと | Comments(0)

ギャレス・エドワーズ監督『ローグ・ワン』

f0030155_135751.jpg(12月23日午前・記)
ローグ・ワン』原題Rogue One:A Star Wars Story
希望は、死なない-。もうひとつの、スター・ウォーズ。
2016年 アメリカ 日本語吹き替え版
監督:ギャレス・エドワーズ
オリジナル原案:ジョージ・ルーカス
製作:キャスリーン・ケネディ
脚本:クリス・ワイツ トニー・ギルロイ
音楽:マイケル・ジアッキーノ
キャスト:
フェリシティ・ジョーンズ ディエゴ・ルナ ベン・メンデルソーン ドニー・イェン 他

スピンオフドラマ(このあいだ『とと姉ちゃん』でやってた)って言いますがこれ、SWのそれ。エピソード4の直前を描く。映画宣伝では「アナザーストーリー」と。BS『アナザーストーリーズ運命の分岐点』、こないだ「冬ソナ」(僕もハマってた^^)やってました。番組のナビゲーターは『パッチギ』の沢尻エリカ。「アナザーストーリー(ズ)=もう一つの物語/外伝」ってのも、魅力的なネーミングですね。立松和平に『贋 四谷怪談』ってのがあるの、このあいだのBS『新日本風土記』で知りました。外波山文明主宰の椿組が花園神社で上演してた。
映画冒頭、例のA long time ago in a galaxy far,...が出てくると思ってたら日本語でビックリ。そうなんですね、僕が家の近くのシネコンで観たこの映画は吹き替え版だった! とほほ。別の映画でここで同じく吹き替え版だったこと、ある。事前に情報チェックしておくべきなんでしょうね。ダース・ベイダーの声はJames Earl Jonesって俳優だそうですが、せめてそこだけでも英語で聴きたかった。
ヒロインのジン・アーソ役はFelicity Jones。これでブレイクするでしょうか。盲目の武術マスター役のDonnie Yenがよかった。1963年広州市生まれ。けっこうなお年^^。『HERO』では長空やってた。あの当時は記憶になかった俳優ですが。

[PR]
by tiaokumura | 2016-12-17 13:05 | 映画 | Comments(0)

出張のお楽しみは

f0030155_17133690.jpg(12月18日午後・記)
12月14日(水)名古屋入管で無事出張任務完了。ちょっとビックリしたのですが、入管で道上さん@アリス学園と遭遇^^。彼も僕と同じ任務。僕は3時半ころに来て、彼は先着。
入管のあと、夕食に。この夜は鼎泰豐(ディンタイフォン)。ここ、台北に行ったとき、富山大学生時代に出会った知人の女性に連れて行ってもらいました。「小籠包が看板メニューの点心料理店で」「1958年に台湾台北市で食用油を取り扱う油問屋として創業した」そうです(同店公式HPより)。「1993年にはニューヨークタイムズ紙で「世界の人気レストラン10店」の1つにも選ばれ、一躍知名度が上がり、台湾国外からも多くの観光客が来店する世界的なブランド」(同)に。僕が何年か前に行った台北店、欧米系もいる、行列のできる人気店でした。
今朝の日経の「何でもランキング」はお取り寄せ小籠包でした。鼎泰豐はそういうのやってないんでしょうか。渋谷のジンディンロウ、港区の新亜飯店、いつか行ってみたい。
夕食。海鮮小籠包3種盛り(ホタテ・ずわい蟹・ウニ)、生ビール中。もう1品と思い、「えび入りチャーハン」半分サイズがないか聞いたら、ありました! スープ付きです。ここ、ネパール人のウエイトレス2人。僕、ネパール人ってことわかるんですね。職業病かも(嘘爆)。
7時ころ、丸山茂樹先生とナナ子人形前で待ち合わせ。この人形、僕は初めて見ましたが(できたのは、かなり前だそうです)、すごい。台湾人カップル、この前で撮影してました。丸山先生とあれやこれや雑談。
19:40名鉄バスセンター発高速バスで富山へ。富山市役所前で降りて富山国際学院。学院に泊めてあった自家用車で帰宅。午前零時近かった。家を出てから帰るまで約18時間の名古屋出張でした。次回の名古屋入管出張は来年6月中旬です。
[PR]
by tiaokumura | 2016-12-14 17:13 | 美味録2016 | Comments(0)

『ジャニス リトル・ガール・ブルー』

f0030155_12181213.jpg

(12月18日午後・記)

ジャニス リトル・ガール・ブルー』(janis little girl blue

歌っているときだけ、ひとりじゃなかった。

熱狂のど真ん中で、ただひとつの愛を探してる。ジャニス・ジョプリン、27歳の肖像。

2015年 アメリカ 英語

監督・脚本:エイミー・バーグ

製作:アレックス・ギブニー

ナレーション:キャット・パワー

出演:

ジャニス・ジョプリン ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー クリヴ・ディヴィス クリス・クリストファーソン ディック・キャベット ローラ・ジョプリン 他

このドキュメンタリー映画、朝日新聞の記事で紹介されてて、ぜひ観たいと思った。『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK~』よりこっち^^。で、東京・金沢の上映になんとか合わせたいと思ったが都合が合わず。諦めかけていた時、ふと思いついた。名古屋出張があるぞ、名古屋でやってないだろうか。ネットは便利ですね。刈谷日劇で上映してて時間も都合がつきそう。問題は刈谷日劇がどこにあって、名古屋入管への時間はどのくらいかかるかということ。メールで刈谷日劇に問い合わせたり、知人に教えてもらったり。12月14日()12:30からの上映にオン。ただし時間の都合で最後まで見ることが叶わず(泣)、2:10頃に退出した。

ドキュメンタリー映画。ジェファースン高校同窓会でのインタビューも出てくる。「放蕩息子の帰還」みたいだったでしょうね^^。ウッドストックも挿入されててジミ・ヘンも映ってました。SUMMER TIMEは録音シーンも。家族や恋人への手紙も流れる。僕は

デイヴィッド・ドルトン 田川律・板倉まり訳『ジャニス ブルースに死す』(1973年 晶文社)

を持ってる。巻末にBALL AND CHAINDOWN ON MEなどの楽譜付き。裏見返しに「シート・レコード」があったようですが、再生してるうちになくなったんでしょうね。ソノシートだったんでしょうね。

この映画のナレーションのキャット・パワー(Cat Power1972-)はシンガーソングライターで、60年代・70年代のカヴァーもしてるそうです。

酒・男・ドラッグ。27歳でドラッグ死した天才歌手。もうこういう歌手は出て来ないでしょうね。


[PR]
by tiaokumura | 2016-12-14 12:18 | 映画 | Comments(0)

オンなれど 昼飲みもあり 師走かな

f0030155_13234934.jpg(12月17日午後・記)
12月11日(日)、2週連続で休日出勤(恥&泣)。12月14日(水)の名古屋入国管理局・出張の準備など。同僚の粕谷謙治さんにも手伝ってもらった。ってか、巻き込んだだけですが。パワハラ、でしょうね。
で、せめて昼食だけでもご馳走しようと富山駅前に。北陸新幹線開業後にできた「北陸富山郷土料理 海幸山幸 越中茶屋」。ここ、この前に一人で来たときはまだメニュー実施してなかった「たら鍋」、ありました。
粕谷さんと2人で地元食材を堪能。たら鍋、お刺身、おでん、ゲンゲから揚げ、など。昼間っからって顰蹙(ひんしゅく)を買いそうですが^^、生ビールもいただきました。
これで名古屋出張うまくいきゃ、昼飯代、コスパOK^^ですが。
金沢駅近くに「白山茶屋」ってありますが、ここ「越中茶屋」、白山茶屋には及びませんが、また利用しそうな店です。

[PR]
by tiaokumura | 2016-12-11 13:23 | 美味録2016 | Comments(0)

Banquet speech by Bob Dylan(ボブ・ディラン スピーチ-代読)

(12月23日午後・記)
この記事、11日に投稿した後、放置したままじゃった(大汗)。遅まきながら、再編集します。

紋切り型か らしいのか、我わからねど ボブ・ディラン、受賞スピーチ 始まった。本人不在で 代読で。
ってのは七五調になってるの、わかっていただけますか(笑)
スピーチでディラン、欠席をお詫びした後、
Kipling, Shaw, Thomas Mann, Pearl Buck, Albert Camus, Hemingway.
の名をあげる。いずれもノーベル賞文学賞受賞者なんでしょうね。カミュの名があるの、僕には意外です。サルトルはあまり読まなかってすが、カミュは「シジュフォスの神話」も含めてけっこう読みました。マルチェロ・マストロヤンニがムルソーの映画『異邦人』(ルキノ・ヴィビスコンティ監督)もありましたよね。観ました。
ディランはやがてシェークスピアを引く。
I was out on the road when I received this surprising news, and it took me more than a few minutes to properly process it. I began to think about William Shakespeare, the great literary figure. I would reckon he thought of himself as a dramatist. The thought that he was writing literature couldn't have entered his head. His words were written for the stage. Meant to be spoken not read. When he was writing Hamlet, I'm sure he was thinking about a lot of different things: "Who're the right actors for these roles?" "How should this be staged?" "Do I really want to set this in Denmark?" His creative vision and ambitions were no doubt at the forefront of his mind, but there were also more mundane matters to consider and deal with. "Is the financing in place?" "Are there enough good seats for my patrons?" "Where am I going to get a human skull?" I would bet that the farthest thing from Shakespeare's mind was the question "Is this literature?"
こういうシェークスピアの自問創作、ディランってすごい。
で、やがて彼は問うた、自分はシェークスピア同様にliteratureなのだろうか、と。やっぱ、文学賞受賞、彼にとっても「驚き」だったんでしょうね。
When I started writing songs as a teenager, and even as I started to achieve some renown for my abilities, my aspirations for these songs only went so far. I thought they could be heard in coffee houses or bars, maybe later in places like Carnegie Hall, the London Palladium. If I was really dreaming big, maybe I could imagine getting to make a record and then hearing my songs on the radio. That was really the big prize in my mind.
たくさんの曲を作ったディラン。音楽世界じゃすばらしい人物でしょうね。
以下はディランらしい表現なんでしょうね。五万、五十。
But there's one thing I must say. As a performer I've played for 50,000 people and I've played for 50 people and I can tell you that it is harder to play for 50 people. 50,000 people have a singular persona, not so with 50. Each person has an individual, separate identity, a world unto themselves. They can perceive things more clearly. Your honesty and how it relates to the depth of your talent is tried. The fact that the Nobel committee is so small is not lost on me.
But, like Shakespeare, I too am often occupied with the pursuit of my creative endeavors and dealing with all aspects of life's mundane matters. "Who are the best musicians for these songs?" "Am I recording in the right studio?" "Is this song in the right key?" Some things never change, even in 400 years.
シェークスピアとディラン、ここでクロスする。
ディランのCD,たくさん売れてるんでしょうね、今。
Not once have I ever had the time to ask myself, "Are my songs literature?"
シンガーソングライター、ボブ・デイラン。
So, I do thank the Swedish Academy, both for taking the time to consider that very question, and, ultimately, for providing such a wonderful answer.
My best wishes to you all,
ディラン、スピーチを終える。
Bob Dylan
代読。彼、行くんでしょうかねえ、北欧。きっと行くでしょうね。
彼の今回の受賞、彼にとっては「照れくさい」ってぇのが本当のところなんじゃないでしょうか、僕はそう思う。それ以上の思いはないような気がしますが。

[PR]
by tiaokumura | 2016-12-11 09:42 | 音楽 | Comments(0)