<   2014年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

フランソワ・トリュフォー監督『暗くなるまでこの恋を』

f0030155_19315546.jpg来日が遅れていたネパール人語学留学生が4月29日に中部国際空港に着くという連絡が、カトマンズの送り出し機関から先週入った。最近のネパール人学生はカトマンズ→バンコク→名古屋と飛行機で、名古屋→富山は高速バスってパターンが多い。カトマンズには、名古屋と富山で本人から僕に電話で知らせるようにお願いしておいた。
4月29日(火。祝日)朝、待てど暮らせど連絡がない。カトマンズからは、確かに名古屋に着いているはずとのTEL。昼食を食べてもまだ連絡なし。どうしたもんかと迷ってたら、ケータイに公衆電話から着信。日本語の「富山駅」って声ですぐ切れる。その後同じように3回TELあり。いずれもちょっとで切れてしまう。こちらからは「Stay there」って言うのがやっとだった。急いで家から車で出発し、富山駅に向かう。この日、帰省先から富山に戻る同僚の粕谷謙治さんと連絡を取り合い、富山駅南口で落ち合うことにする。その後いろいろ紆余曲折^^があったのですが、無事に富山駅北口で学生をゲット(激爆)。彼、どうやらJR名古屋から特急で富山入りしたみたい。彼をアパートに案内して,翌日のことを指示して(富山市役所に連れて行くこと、授業は1時から、など)引き上げる。

同日午後4時半過ぎ、今度は徒歩で家を出る。ポートラム→セントラムと乗り継いで、「総曲輪プラザ前」下車。ドンクでバタール購入。フォルツァ総曲輪、5時半ころ。
『暗くなるまでこの恋を』(原題LA SIRENE DU MISSISSIPPI)
1969年 フランス フランス語 123分
ノワール系作家ウィリアム・アイリッシュの名作「暗闇へのワルツ」を原作にして制作されたラヴロマンス・ミステリーの傑作。サスペンス監督の巨匠アルフレッド・ヒッチコックに傾倒するフランソワ・トリュフォー監督が華麗な映像美でみせる愛の逃避行。「勝手にしやがれ」で一躍フランスを代表する大スターの地位を確立したジャン=ポール・ベルモンドとイヴ=サン・ローランのゴージャスな衣装を身にまとうドヌーヴの2人が行き場のない恋にさまよう大人の男女を熱演。南の島のレユニオンからスイスの雪山まで壮大なロケを敢行した恋愛映画の決定版。(リーフレットより引用)
監督:フランソワ・トリュフォー
原作:ウィリアム・アイリッシュ『暗闇へのワルツ』
製作:マルセル・ベルベール
美術:クロード・ピニョー
音楽:アントワーヌ・デュアメル
出演:
カトリーヌ・ドヌーヴ(ユリー実はマリアン・ベルガノ) ジャン=ポール・ベルモンド(煙草工場経営者ルイ・マエ) ミシェル・ブーケ(私立探偵コモリ) 他

雑感いくつか。
①シリーズ「スクリーン・ビューティーズ カトリーヌ・ドヌーヴ」(アップした写真はそれの劇場掲示パネル)ではドヌーヴ主演映画3本上映。他の2本は『恋のマノン』『シェルブールの雨傘』。僕は本作だけ。
②ゴダールもそうですが、トリュフォーもヌーヴェル・ヴァーグ監督らしくあちこちに才気があふれる作品。「ジャン・ルノワールに捧ぐ」の献辞、『アリゾナ・ジム』、『大砂塵』など。いろんな映画からの引用/コラージュも多いんでしょうね。「コモリ」はカイエ・デュ・シネマの編集長名からだそうです。
③ルイが病院で見たTVで探していたマリオンを見つける、リヨンの街中で私立探偵コモリがルイと遭遇する、ってなご都合主義^^的なシーンもいくつかあったが、そういうのって許される範囲なんでしょうね。
④性悪女に引っ掛かった男、って言ってしまうと古典的な題材になりますが、この映画、まあそのあたりの男女の心理劇が見どころがあるってことになるんでしょうね、僕はあまり惹かれなかったけど。最後の吹雪の中を彷徨う二人の場面、浄瑠璃風の心中道行みたいに解釈しそうだったんですが、そうじゃないみたいです。新しい人生に向かっていくのだそうです。「たとえ不幸になっても、彼女なしでは生きられない」のがルイであり、毒殺しようとまでした自分を受け入れてくれるルイに真っ正直な気持ちで向き合えるマリオン。この二人には、たとえ世間(フランス語に「世間」はありませんが^^)がどう非難糾弾しようが、新しい人生がふさわしいのでしょうか。
ベルモンドってずいぶん幸せな俳優。この映画でドヌーヴと、『軽蔑』ではブリジット・バルドーと、『気狂いピエロ』ではアンナ・カリーナと共演してるんですもんね。
⑥このころの映画タイトルって『太陽がいっぱい』『甘い生活』などすてきな日本語訳が多い。本作品もそう。原題(『ミシシッピ人魚号』でしょうか)ではなく内容からつけた『暗くなるまでこの恋を』でしょうね。
⑦以下、まったくこの映画とは関係ないこと。人には3人、似た人がいるとか。僕は高校生時代に1年後輩で、大学時代に1年先輩で、それぞれ自分と似た顔の人と出会った。残りのもう一人はどこにいるんでしょうね。生きてる内に会えるかな。僕は子どものころは「大内山」と似ていると言われた。栃錦が首投げで大内山に勝つ相撲、名勝負によく入ります。巨漢すぎたのがマイナスだったんでしょうね、大内山は大関止まりだった。大学時代はジャン=ポール・ベルモンドに似てるって言われた時期があります(照)。20代の頃ではあとはミック・ジャガー、力石徹などにも。50代では奥田瑛二なんて言われて本人ビックリ^^。
[PR]
by tiaokumura | 2014-04-30 19:31 | 映画 | Comments(0)

藤井大輔・三島邦弘・尾原史和 トークイベント@第2回BOOKDAYとやま

f0030155_20203275.jpg4月27日(日)午前10時過ぎ、家を出る。途中コンビニに寄り、讀賣・日経。ポートラムで富山駅。富山駅南口を出て、2か所で用事を済ませる。セントラムに乗り「大手町モール」で下車。末弘軒本店で日曜日2週連続^^の昼食。前回と同じく、ワンタンメン(小)+生ビール(小)。富山市民プラザ前庭。きわめて賑やか。小物や古本、屋台などの市。日本の詩『八木重吉』(昭和50年4月15日初版。ほるぷ出版)を150円!で買った。
市民プラザ内に入るところで、この間まで富山国際学院で日本語を勉強されていた、ルーマニア出身の主婦のTさん母娘に出会った。奇遇、かも。親子ともどもお元気そうで(この日、娘さんのバイオリンの発表会なる由)、うれしかった。
「アースデイ」は25年ほど前に初めて聞き、富山で開催されたそれにも何回か参加したが、「ブックデイ」ってぇのもあるんですね。畏友・哲ちゃんに勧められて読んでいるメルマガ「日本の古本屋」で、それ、知りました。BOOKDAYは富山で2回目。古本市が立ち、しかも、いつかお話が聞きたいと思っていた三島邦弘さんのトークがあり、そのお相手が(僕は初めて知る名前なんですが)富山出身・リクルートから独立の藤井大輔という方。メールで参加申し込みしました、そのトークイベントってのに。

「第2回 BOOKDAY とやま」トークイベント
『カイシャ道』と『シュッパン道』
~好きなことを仕事にするのは幸せ?~
藤井大輔(リクルート『R25』創刊編集長)
三島邦弘(出版社「ミシマ社」代表)
尾原史和(「SOUP DESIGN」代表)


三島はいつ知ったかなあ、彼の『関係と無関係の間』(河出書房新社。福岡伸一の本のタイトル、踏まえているんでしょうね。この本、なぜか自社出版じゃなかった。そういうのって衒いがあるんでしょうかねぇ)、読みました。おもしろかった。
座談もトークも「3人」って3人が互いに微妙なスタンスが必要なようで難しい気がしていたのですが、この3人の場合、沈黙はほんのちょっとで快進撃トークでした。笑い下手な自分も何度も爆笑しお話を堪能。
メモ取ろうとしたのですが、ついつい話のおもしろさに引かれて、手が疎かに。発言のいくつかだけご紹介。文責・奥村。
三島邦弘(1975-)。
Don’t think, Feel.
関わった人の過剰さがレベルを決める。
最近は、マーケティング側からのクリエーティブへの介入が見られる。
人が増えるとやりたくない仕事もやらなければならなくなる。ミシマ社は現在7名の社員。
出版社はスケールメリットがあるようでない。
ミシマ社は、全社員が1冊に集中する出版活動。
電子書籍にはない、本という形でしか届かないものがある。
東京はスピードだけが価値のようなところがある。ミシマ社は、東京・京都と2拠点持っている。
「磯辺の生き物でいいじゃないか」(シリーズ「22世紀を生きる」)
藤井大輔(1973-):
自分の中にキレイゴトを持て。
『R25』。フリーランスの編集者たちを集めての会議。企画を事前に無記名で提出というスタイルにした。
自由度がありながらラインがある編集会議。ブレスト、否定しない。
サラリーマンをやめるきっかけ2つ。三島『計画と~』、細田守『おおかみこどもの雨と雪』。
東京ではノイズでビジネスが成り立つところがある。
働く人がやる気を持てる介護現場でありたい。
尾原史和(1975-):
藤井さんはキーワードを引っ張り出すのがうまい。
やりたい仕事をやりたい。そのためには会社の人員も一定数に押さえたい。

富山に戻った藤井の現職は介護福祉事業の「株式会社アポケアとやま」取締役。彼のような人間が介護事業に携わるって、すてきなことですね。家族を東京において実家に単身赴任だそうです。
帰り際、アップした写真の本、買いました。
藤井大輔『逃げない・めげない カイシャ道』(2014年2月22日初版。ミシマ社。1500円+税)。
「カイシャ道」は「カイシャ・みち」。藤子不二雄の「まんが道(みち)」を踏まえているそうです。僕はちゃんとした会社勤めをせぬままで人生を終わるのですが、この本を読んでいると会社勤めしたくなります。
今朝の讀賣の書評、安田登『あわいの力』(ミシマ社)、ありました。
[PR]
by tiaokumura | 2014-04-27 20:20 | 富山 | Comments(0)

こんな授業・あんな授業(25)新入生歓迎会

日本語教育は英語教育より20年(30年?)遅れているとか言われますが、日本語教育でも「コミュニカティブ・アプローチ」が盛んに叫ばれ出した1990年頃の笑い話
A日本語学校のB先生、オーディオ・リンガル法に基づく自分の授業に日ごろから疑問を抱いていた。そんな時に出会ったのが「コミュニカティブ・アプローチ」。B先生、「これだ!」と思った。ある日のC組授業。中国人が20人のクラス。B先生、準備万端で授業に臨む。インフォメーションギャップを利用したロープレや、タスク型の活動をふんだんに取り入れ、授業中に「いいぞ、いいぞ」と思うこと数多度(あまたたび)、興奮の内に「授業」が終わった。今風に言えばB先生、「コーディネーター」役に徹していた。さて、B先生、中国人学生の表情を見てみるとどの学生も達成感で満足そうに思われた。「よし、これからは、こういう授業をやるぞ!」と自信を深めたB先生だったが、学生から出た意外な言葉に愕然(がくぜん)とした。「先生、楽しかったです。ところで、授業は何時からなんですか」「先生、勉強、始めましょう」(激爆)。そうなんですね、学生たちにとってはこの時間は「授業」「勉強」じゃなかったんですね。難しいもんです。これ、別に中国人学生を貶めている笑い話じゃありません、念のため付言。
↑、ここまで読まれて「日本語教育って、日本語なんになんてカタカナ語が多いんじゃ」って不愉快あるいは疑問に思われた方、多いかも。業界用語^^、カタカナ多いんです(汗)。

さて、4月25日(金)富山国際学院は「新入生歓迎会」。ビンボー日本語学校ゆゑ^^、いつもアイディアウーマンの柳川友美さんの用意周到なプランで実施してます。お金のある学校だったら温泉あたりで1泊2日の歓迎会、やるところでしょうね。
で、こういう「新入生歓迎会」のような課外活動、学生には「勉強」「授業」じゃないって誤解してる人もいる。今はいませんが、かつては聴講生、拒否反応を示したり、お金のバックを要求したりした人も。こういうの、民族性ってより個人差なんでしょうけど、難しいもんです。
以下、2014年度4月期生・新入生歓迎会、柳川さんのアイディアを転載(原文、読みがな付き)。

街中探検(奥村:オリエンテーリングです):
・学生グループにヒントを書いたタスクシートと地図を渡す。
・教師は「ポイント係」「巡回係」「ゴール係」「採点係」など。
準備するもの:
名札シール ペン タスクシート 地図 シート ゴミ袋 紙コップ・皿・割り箸 雑巾 チェックシール 問題 景品 飲み物 昼食
タスク3つ:
☆おなかが痛い!
1.どこへ行きますか(学校から一番近いところ)。
2.何時から何時までですか。休みは何曜日ですか。
3.何を持って行きますか。
☆試験の申し込みはどこへ?
1.学校から一番近いのは?
2.何時から何時までですか。
3.受験料もそこで払えますか。
☆外国人のための情報がほしい!何か楽しいことはない?
1.どこで情報がもらえますか。
2.あなたが参加できるイベントはありますか。いつですか。
3.日本人の友だちがほしいです。何かいい方法がありますか。
おまけタスク:
☆アパートのおふろがこわれた!
1.どこへ行きますか。
2.何時から何時までですか。
3.いくらですか。
☆国の新聞や辞書が見たい!(CiCの中です)
1.何階ですか。
2.どんな辞書がありますか。それは借りられますか。
3.何時から何時までですか。休みは何曜日ですか。
ボーナス・ポイント:
知っていたらポイントUP!携帯電話で写真を撮ってきてね。
100円ショップ 銀行 歯医者 薬屋 コンビニ 証明写真を撮る機械

各グループ、時間内に課題を達成し富岩運河環水公園に集合。今回思ったのは、スマホを活用してるなあってこと。学生、そういうのうまいもんです。
持ち寄った食べ物で昼食。西瓜の差し入れがあって、今年初めて西瓜を食べました(熊本産)。表彰式。プレゼンテーターは学院長の僕^^。

今年の学生は富山国際学院内外合わせると、中国・ネパール・フィリピン・ベナン・台湾・スイス・カナダ・ドイツ・パキスタン・インドネシア・マレーシア・香港・アメリカ合衆国の各国・地域出身になるかなあ。
[PR]
by tiaokumura | 2014-04-26 15:37 | 日本語教育 | Comments(0)

梅嵜雅人さん:身近で不思議なタンパク質@サイエンスカフェとやま第11回

f0030155_18541941.jpg中学時代の理科は宮元先生だった。宮元先生は中学2年時の担任でもあった。高校では生物は中村先生、化学は石上先生だった。地学もとったのかなぁ、N先生か。僕は文系だったので物理は学んでいない(今でも残念)。大学入試では理科は1科目選択だったので生物あたりを取ったのかもしれない。
学習塾をやっていたので中学理科はある程度わかるが、客観的に見て「理科」(科学)はちょー苦手^^でしょうね。それが、いつだったか「サイエンスカフェ」なるものがあるのを知り、富山県内で経験できるってことで参加し、今ではかなりハマっています(照)。中学・高校とすばらしい先生に理科を学んだのだろうけれど、わからんままに馬齢を重ねてきた自分の、せめてもの理科開眼トライアルなんかも、サイエンスカフェって。

4月20日(日)、昼食は末弘軒本店でワンタンメン(小)+生ビール(小)。ドンクでバゲット、チーズ王国でゴーダチーズ、購入。紀伊國屋書店。「吉本隆明全集」第1回配本、初めて手にしました。紀伊國屋書店にはスツールが置いてあって、少し後ろめたい気分^^ではあったのですが、そこに腰掛け、「吉本隆明全集」、しばし(ってもかなり長時間)、読み耽りました。「時のなかの死」(同巻所収)にありました。
紫陽花のはなのひとつら手にとりて 越の立山われゆかんとす
手をとりてつげたきこともありにしを 山河も人もわかれてきにけり
他に、「小論文」「数学Ⅰ+A」などの参考書を物色。

3時から紀伊國屋書店BINGATAYAでサイエンスカフェとやま第11回。僕のサイエンスカフェ初体験はここだったかも。
梅嵜雅人さん:身近で不思議なタンパク質
ヒトのカラダで、水分の次に割合が多いのはタンパク質です(20%ほど)。タンパク質は遺伝子の情報をもとに作られ、筋肉や酵素などとして様々な働きをしています。また、私たちは昔からタンパク質の性質を利用して生活してきました。たとえば、パン酵母の発酵は酵素が主役です。たった20種類のアミノ酸が連なったタンパク質の持つ不思議な働きと、その可能性について一緒に考えてみましょう。
当日は、タンパク質の3Dで表示する装置も展示します。

梅嵜雅人さん(PC上では「梅崎」になっていた)は富山大学和漢研の民族薬物資料館でデータベース構築などにも携わっていらっしゃるそうです。
お話は「タンパク質とは」に始まる。メタファーでいくと、ゲノム(DNA)は設計図、RNAは情報伝達、タンパク質は活性発現になるようです。言語学で「分節」って言いますが、アミノ酸からタンパク質って分節みたいなもんなんでしょうね。
最近「3Dプリンター」ってよく聞きますが、今回、3Dプリンターで作った「ヘモグロビン」「光合成」「ロドブシン」も回覧されました。
「シャペロン」ってひも状のものがタンパク質をつなぐという話題。
タンパク質の合成で、いつぞや人間の体ってある期間で入れ替わるってなことを読んだので質問したら「7年で入れ替わる」とのお答えでした。
話題は、今日のメインでしょうね、「動く!タンパク質」に。文部科学省の製作による「動く!タンパク質」って図表、今回プレゼントされました。「科学技術週間」に合わせて発行された「一家に1枚」ってスグレものです。「動く!タンパク質」とは「歩く!」「回る!」「ひっぱる!」「合体する!」です。
後半は「タンパク質の歴史」「身近なタンパク質」(発酵など)「不思議なタンパク質」(狂牛病など)「タンパク質の可能性」(抗体医薬品、新素材など)。
STAP細胞、どこかで出てくるのではと思ってたら、最後のほうの質問でiPS細胞(induced Pluripotent Stem Cells人工多能性幹細胞)が取り上げられ、その絡みで梅嵜さんからちらっと「STAP細胞」が出ました。
今回はかなりレベルの高い参加者が多かったったのでしょうね、自分なんなかにはチンプンカンプンな質問が多かった。それでも自分、ド素人の強み(激爆)で、「シャペロン」「人体とタンパク質」「EC番号」「生命体」「分子標的薬」などの質問、しました。
生物学って、僕らの若い時代は古臭い学問だったイメージがありますが、いまや分子生物学に代表されるように、脳科学などと並んで最先端科学なんでしょうね。
[PR]
by tiaokumura | 2014-04-20 18:54 | 富山 | Comments(4)

久々の上京

昨日のBS日テレ『ぶらぶら美術・博物館』は「栄西と建仁寺」展だった。これ、行こうかどうか迷ってたのですが、5月10日(土)に観ることにしました。『ぶらぶら~』の女性、代わったんですね。Eテレ『日曜美術館』の4月20日(日)は「夢の宗達 傑作10選」です。

5月9日(金)の夜行バスで上京。以下の5つの展覧会を観て、10日(土)の池袋発の夜行バスで帰富。1日5つなんて!って思われるでしょうが、全部上野公園で、まあ混んでるでしょうが、1か所平均1.5時間の計算です。
上京はいつ以来になるかなあ。今年は初めてだと思う。

栄西禅師800年遠忌 特別展「栄西と建仁寺」
東京国立博物館・平成館
2014年は、日本に禅宗(臨済宗)を広め、京都最古の禅寺「建仁寺」を開創した栄西禅師(ようさいぜんじ、1141~1215)の800年遠忌にあたります。これを機に、俵屋宗達「風神雷神図屏風」(国宝)をはじめとする建仁寺所蔵の名宝、建仁寺派・栄西ゆかりの諸寺の宝物を紹介し、建仁寺の果たした文化的功績に光を当てます。
~5月18日(日)
公式サイト:こちら

風神雷神図屏風 尾形光琳筆
東京国立博物館・本館 7室
風神,雷神はもともと千手観音の眷属で,他の二十八部衆とともに尊崇された。これは宗達の最高傑作を光琳が模写したもの。風神と雷神が画面両隅から向い合う緊張感ある構図と,広々とした金地の空間が宗達画の特徴なら,光琳は2神の位置を中央に寄せて構図の安定をはかり,むしろ2神の姿を鮮やかな原色で明確にとらえることに努め,造形感覚の違いを示す。
~5月18日(日)
公式サイト:こちら

キトラ古墳壁画
東京国立博物館・本館 特別5室
奈良県明日香村のキトラ古墳(特別史跡、7世紀末~8世紀初め)の極彩色壁画を、東京で特別公開します。「四神(しじん)」のうち白虎(びゃっこ)・玄武(げんぶ)・朱雀(すざく)、「十二支」のうち、獣の顔に人の体を持つ子(ね)・丑(うし)を展示します。壁画の発見以来、村外で公開されるのは今回が初めての機会となります。
4月22日(火)~5月18日(日)
公式サイト:こちら

東日本大震災復興記念・新潟県中越地震復興10年
法隆寺―祈りとかたち
東京藝術大学大学美術館
4月26日(土)~6月22日(日)
公式サイト:こちら

別品の祈りー法隆寺金堂壁画―
東京藝術大学大学美術館 陳列館
法隆寺と東京藝術大学(旧・東京美術学校)の関係は古く、フェノロサや岡倉天心による明治期の調査や金堂壁画再現模写事業をはじめとして・・・この度は・・・未来に向けての新たな文化財保護を予感させる展覧会を企画・・・/1949年に焼損した法隆寺旧金堂壁画を全面原寸大で焼損前の姿に復元・・・最先端技術のスーパーハイビジョン(8K)を用いて、法隆寺金堂をテーマとした超高精映像表現作品を展示・・・
4月26日(土)~6月22日(日)
公式サイト:こちら
[PR]
by tiaokumura | 2014-04-19 15:24 | 美術 | Comments(0)

学院長式辞@2014年度4月期生・入学式

富山国際学院2014年度4月期新入生の皆さん、入学おめでとうございます。
富山国際学院12名の教師を代表して、お祝いの言葉を述べさせていただきます。
On behalf of 12 teachers at 富山国際学院, I would like to express my deepest congratulations to all of you, 2014 April session students.
これから皆さんは富山国際学院で、半年以上、長い人では2年、日本語を勉強します。
Regular students will learn 日本語 for two years. Others learn 日本語 during different semesters.
今ここにいる皆さんの日本語学習の目的はいろいろです。
日本の大学に進学したい人、仕事で日本語を使いたい人、高校進学できる日本語を身につけたい人、家庭生活や子育てで日本語が必要な人、COOL JAPANに興味があって日本語も勉強しようという人、まだ目標ははっきりしていないが日本にいるから日本語を勉強する人などなど。
Many of you want to go to university or college in Japan. Some need business 日本語. Some must understand 日本語 through home-making, child care. Some have been interested in Cool Japan such as マンガ、おもてなし、和食. Some are still looking for the purpose to learn 日本語.

日本語の勉強について不安に思っている人もいるでしょうね。
Right now you take a step toward mastering 日本語, feeling uneasy about your talent on learning 日本語.
江戸時代の国学者に本居宣長(もとおり・のりなが)という人がいます。彼は『うひ山ぶみ』の中で以下のように書いています。
「才のともしきや、学ぶことの晩(おそ)きや、暇(いとま)のなきやによりて、思ひくづをれて、止(やむ)ることなかれ。とてもかくても、つとめだにすれば、出来るものと心得べし。」
(才能の乏しいことや学びを遅く始めたことや学ぶ時間がないことを口実にして、学ぶことをやめてはいけない。絶え間ない学びの努力を続ければ、必ず学業は成就する。)
We have one Japanese philosopher named 本居宣長 in Edo period. He wrote in his book entitled うひ山ぶみ or “The Ways for Beginners” as the following.
“Never complain that you have neither talent, early-start nor time. Your unremitting efforts lead you to the stage to complete your work.”
そうなのです。宣長の言っていることは日本語学習にも通じます。
日本語を学ぶ努力を毎日続ければ必ず日本語が上手になり、あなたの夢が実現するのです。皆さんにとって日本語はそんなに難しい言語ではありません。
Yes! Your unremitting efforts to learn 日本語 will lead you to realize your dream through 日本語. You can believe me when I say 日本語 is not so difficult language for each of you.

さて、皆さんは富山国際学院に入学しました。どうか目も耳も大きく開いて、たくさん聞いて話して読んで書いて、皆さんの輝かしい未来に向かってがんばってください。
Well, you all are new members of our 富山国際学院. Please keep your eyes and ears wide open. Listen to, speak, read and write 日本語 as hard as possible. Keep a tough mind to challenge for the brilliant future.
皆さんがこんなにたくさんの日本語を聞くのは初めてかもしれませんね。今日はまだ通訳が必要ですが、夏の遠足のころには、私と日本語だけで交流できていることでしょうね。その日を楽しみにしています。
This is your first time to listen to so many 日本語. Today you need translators but at summer excursion I believe that you can communicate with me through only 日本語 without translators.

これからの留学生活、泣いたり笑ったりいろいろなことがあります。いいこと・楽しいこと・嬉しいことばかりではありません。つらいこと・いやなこと・苦しいこと・困ったこともたくさん出てきます。それらのどれもが、皆さんの成長・自立に役立っていきます。
Until the day of the commencement exercises, you will face not only happy time but also hard time. No one can avoid any trouble and difficulties in a foreign country. I’m sure all sorts of experiences in Toyama make you grow up.
私たち12名の日本語教師は皆さんのために精一杯の努力をします。皆さんも自分自身のために、そして家族や友人のために、ここ富山で悔いの残らない留学生活を送ってください。
日本留学を通じて皆さんが大きく成長することを願って学院長式辞をおわります。
You are not the only one to live in Toyama, to learn 日本語. In some meanings Toyama is similar to where you come from. We 12 日本語 teachers support you. 富山国際学院 welcomes all of you, and hopes you will spend the very best and delightful lives here.
Congratulations to new students, again. Thank you.

2014年4月18日
富山国際学院・学院長 奥村隆信

(注)入学式式辞での本居宣長『うひ山ぶみ』の引用は2回目です。
[PR]
by tiaokumura | 2014-04-18 14:04 | 僕は学院長6年生 | Comments(0)

癌日記:今年2回目の癌通院

先週末頃から風邪気味。ここのところあまり風邪をひかなかったような気がするが、油断があったんでしょうね。いつぞや夜中に寒さで起きた時から、のどがいがらっぽく熱っぽくなった。今週の月曜日が一番きつく、それでもなかなか医者に行く時間が取れぬまま、徐々に小康状態を保てるようになり、そうするうちに今日に至った。
4月17日(木)8時半過ぎ、癌通院のA病院着。意外と駐車場、空きがあり、あまり探さずに済んだ。受付、保険証も提示。前回は2月20日(木)だったんですね。
外科に受付。この日、採血ありってことで中央処置室行き。あまり待つことなく採血へ。採血、自分、血管のせいで難しいことが多いのですが、この日はどういうわけか、右手でスムーズに5本分採血可。検尿。こちらはおしっこの出具合が悪く(照)、最低限の25ccぎりぎりだった。
9時半の予約時間の前にスタンバイ完了。ところがこの後が長かった(泣)。待ち時間、この日は読書用の本は持参せず。まもなく予定している、「日本留学試験・数学コース1」対策授業の準備で、チャート式数学(懐かしい方、多いでしょうね^^)の『数学Ⅰ+A 白チャート』を持ち込む。「二項定理」とか「集合」、「命題と論理」、「確率」とかがようわからんのです、自分。高校時代(文系だった)、これらって、習ったんかなあ。「足は十分、頭は必要」とか覚えた記憶、ありますが。わからん時のストラテジー(ってか自衛本能^^)でしょうね、わからんままにいつしかうとうと居眠りモードに(汗)。
11時半前、予約から遅れること約2時間、ようやく呼ばれる。血圧測定。107-67。今回も100超えできた。脈拍71拍/分。体重測定。ここんところ風邪気味で食欲不振(特に夕食時)がたたったんでしょうね、54.7kg。前回より2kg減かも。
主治医Tドクの診察。血液検査、腫瘍マーカーを始めほぼ基準値内。水分補充、体重増進をアドバイスされる。癌通院はここのところ8週間に1回のペースなんですが、次回はTドクのご都合で、7週目の6月5日(木)10時半の診療予約。当日は胸などのCTも。転移・再発、どうなんでしょうね。
会計、2910円。
病院内の食堂で昼食。自販機に「そうめん」があったのでそれにする。580円。一昨年の夏はよくそうめんを食べた。その反動か、昨夏は逆に全く食べなかった。癌患者って、あれこれ不思議なもんなんですね。ある食品が大ヒットしたり、逆になったり。食の好みが揺らいだり。 そうめん、時間かかるも完食。
薬局。けっこう待たされる。5970円。いつもより安かった。薬の量の関係か。種類はいつも通りで「ツムラ大建中湯」「ウルソ」「タフマック」「ケンエー」「フリバス」「ベシケア」「フェロチーム」の7種類。このうち、「ウルソ」「フェロチーム」が後発医薬品(ジェネリック)です。

午後1時前、富山国際学院に出勤。メールチェック、A組引き継ぎなど。来客1人、短期留学のご相談。語学留学生は法務省(入国管理局)ですが、短期滞在(短期留学はこちら。90日ビザ)は外務省(現地大使館・領事館)になります。
明日は午前がA組2回目の授業、午後1時から入学式、ガイダンス。苦手な「学院長式辞」、明日です。原稿は一応できてますが・・・。
[PR]
by tiaokumura | 2014-04-17 19:02 | 癌日記 | Comments(2)

こんな授業・あんな授業(24)高校留学生の事前日本語研修講座

学習者:高校1年間留学生@富山(母語は中国語)
講座レベル:初級前半
到達目標
①在富生活(高校・寮・市内など)で必要な初歩的な日常会話
②高校での日本語授業に対応できる初期日本語力
③自律的に自学自習ができる学習ストラテジー(web利用など)の養成
④生活日本語から学習日本語へ、特に「聞く」「話す」能力の養成
⑤専門分野のレディネスを生かした留学適応能力の育成
期間:26日間・115時間
科目:(1時間=50分授業)
総合日本語(40時間) 漢字(15) 読解(13) 聴解(12) 作文(4) 発音(3) スピーチ(3) 中国文化(4) 生活(4) 数学(4) 英語(2) 理科(2) 課外活動(9) 他に「終礼」
使用教科書
総合日本語(『日本語初級1 大地 メインテキスト』『日本語初級1 大地 文型説明と翻訳 中国語版』) 漢字(『漢字系学習者のための 漢字から学ぶ語彙①日常生活編』) 読解(『初級で読めるトピック25』など) 聴解(『楽しく聞こうⅠ』『毎日の聞きとり50日』『聴解タスク25』など) 作文(『絵入り日本語作文入門』など) 他に『日中対訳 進学を目指す人のための 教科につなげる 学習語彙6000語』など
特殊科目のポイント
中国文化(論語・唐詩・魯迅 中国文化の日本受容 など) 数学(日本語で学ぶ数学) 生活(高校生活 校則・生徒手帳 富山での生活 富山弁 など) 終礼(学習日誌 今日の学習の気づき・振り返り など)など
課外活動
1回目 富山市科学博物館 富山市役所 など
2回目 ワンダーラボ TCA 富山市立図書館 百円ショップ など
3回目 セントラム 富山城 お花見@松川 チンドンコンクール など 
時間割
①9:00~9:50 ②10:00~10:50 ③11:00~11:50 ④1:00~1:50 ⑤2:00~2:50 ⑥終礼3:00~3:20
第2週の時間割
月①総合日本語②総合日本語③発音④漢字⑤作文 
火①総合日本語②総合日本語③聴解④漢字⑤読解
水①総合日本語②総合日本語③聴解④漢字⑤読解
木(午前なし)④漢字⑤読解
金(午前なし)④中国文化⑤生活
土①②③=課外活動
最終週の時間割
月①総合日本語②総合日本語③発音④数学⑤英語 
火①総合日本語②総合日本語③読解④数学⑤理科
水①総合日本語②総合日本語③聴解④漢字⑤作文
木①総合日本語②総合日本語③聴解④漢字⑤読解
金①総合日本語②総合日本語③スピーチ④中国文化⑤生活
土①②③=課外活動
宿題:各科目担当者から合計で1日2~3時間程度でこなせる量の宿題を課す。
評価など
修了証書 成績表(各科目ごとに5段階の絶対評価と所見) 報告書(CDs 総合所見 など) など
経費:略
[PR]
by tiaokumura | 2014-04-13 13:20 | 日本語教育 | Comments(0)

2014年度A組デビュー

僕は1994年4月から富山国際学院に勤務しているので、これで21年目に入ったことになる。飽きっぽい性格の自分、何でも中途半端になりがちですが、学院での日本語教師、こんなに長く続けられるなんて、当初は思ってもみなかった。自分の場合は40代後半という遅まきの日本語教師デビューだったし、まだ他にやりたいこともいくつかあった。それが富山国際学院で、非常勤講師→専任→学院長と経歴を重ねているのだから、人生って、わかんないもんです。で、日本語教師が「天職」か、ってぇと、まだそこまでの自信はありませんが、まあ、たぶん、日本語教師として死んでいくんでしょうね、僕は。

2014年度上半期はA組1コマ担当。日本語学校の授業体制には、科目担当制と曜日担当制の2パターンがあるように思うが、うちは、少数派でしょうね、曜日で担当教師が固定しているタイプです。今年度のA組は、月・火がAさん、水・木がBさん(Bさんは担任も)、そして金曜日が僕って布陣。Aさんとは2011年度上半期にC組担当で組んだ。だがその時は僕の末期癌が見つかって、6月途中でリタイア。それ以来になる、Aさんとクラスを組むのは。クラス以外の授業では技能実習生の日本語研修などで組んでいます。Bさんとは久しぶりになるかなあ。前年度末に3人で打ち合わせ。担任主導でクラスデザインしていくので、自分、あんまり出しゃばらんようにしています^^。いくつかだけ「希望」を提示した。
4月7日(月)、A組スタート。初日は担当者揃い踏みにしてるので、1限の頭、3人でクラスに入る。1年間の目標や教科書のことなど。日本語学校に限らず教師って「説明責任」ってあるでしょうね。「いい授業なんだからついてこい」式じゃぁ、学生の反発を招くだけ。なぜこの教科書を使うのか、この授業でどんな日本語力がつくのか、授業では何ができて何ができないか、教師の責任・学生の責任などなど、共通理解が必要でしょうね。昔と違って精神的にも学力的にも「おとなしい学生」が増えてるので、教師力・授業力って、昔とは装いを異にして構築されておかないといけないでしょうね。
11日(金)、A組1回目の授業。1限は宿題(文法・漢字・語彙)→速読→ディクテーション。2限はメインテキスト。ベテランの先生になれば、どんな教科書も「なんでもござれ」なんでしょうが、残念ながら自分、まだまだそういう域には達しておらず、いまだに「好き嫌い」がある。今回のメイン、1年目の続きなんですが、どうもあまり好きな教科書じゃない(激爆)。まあ、学生にそんなこと感じさせないように授業、やる。3限途中から聴解。この日、4限は「お花見@環水公園」。僕はお留守番。
金曜日は学院行事も入りやすい曜日。1年間で42回くらいになるかなあ、A組授業は。

「遊軍記者」って言葉がありますが、自分、今年度は「遊軍教師」、目指そうかと。
A組1コマじゃ、「給料泥棒」のそしりを免れないでしょうね^^。上半期は月・木と外に出講します。1日の授業が「120分+90分+90分」ってんで、体力・知力が心配ですが、高給取り^^の自分、そんくらいはやんなきゃね。
他にプライベートレッスンもチャンスがあればやってみたい。「よろづ、なんでも引き受けます」って教師が理想。ホステスさんを対象に「夜の日本語」なんて講座も開けりゃ、勉強になるでしょうね^^。
とにかくいろんなところを開拓して、後進に引き継いでいってもらうーそろそろそういうことも「自覚」しなきゃなんない立場・年齢でしょうね。
[PR]
by tiaokumura | 2014-04-12 19:34 | 職業としての日本語教師 | Comments(2)

言の葉つれづれ:2014年4月

僕はまだ見ていないのですが、小保方晴子さんの会見、今日でしたね。STAP細胞はともかく、僕が一番心配なのは早稲田大学博士論文のコピペ問題。当ブログの前回の「言の葉つれづれ」で小保方さんの
やめてやると思った日も泣き明かした夜も数知れないですが、きょう1日だけ、あす1日だけ頑張ろうと毎日思っていた。
を引用してるのですが、削除とかしなきゃなんないのかなぁ。もう一つ今回の件で感想。マスメディアの「捏造」「改竄」の表記。「交ぜ書き」反対論者としては興味深い表記があちこちで見られた。

前回以降、手帳に書き留めた「言の葉」のあれこれ、以下に。
ピート・シーガー:(小室等に)
あるときには、歌は、私のたましいを支えてくれ、私を勇気づけてくれた。私は音楽を通じて、色々な事を学んだ。たぶん、それは普通では学べばないことばかりだと思う。誰かが本を書いて表現しなくてはならないことを、歌はわずか数秒で表現してしまう。あなたと、他の日本のソングライターが、そういったことを忘れない様に、気にとめておいてくれるよう願っている。どんな時も、あらゆる情況に満足してしまってはいけない。
オノ・ヨーコ:(「上を向いて歩こう」英訳
Look at the sky/as you walk through life/So the tears won’t overflow your heart
佐藤優
反知性主義・・・実証性や客観性を軽んじ、自分が理解したいように世界を理解する態度・・・。誰かが自分に都合の良い物語を抱くこと自体は認めるが、それを他者に強要しようとする行為には反対する。つまりリベラリズムです。
弘兼憲史
「ま、いいか」「それがどうした」「人それぞれ」・・・他人と競わない、比較しない
夏木マリ
・・・これらの実践は・・・美しく年を重ねたい、こうありたいという目標を持って、少し未来の日付に締切りを作れば、楽しく取り組めるのではないかしら。
上野千鶴子
私の3か条 思い出の地や旧友を再訪してみる 足りないものは現地で調達する 市場やスーパーを訪れよう
デビッド・ロイ
米中は、ともに自らの文明が最高で、世界の中心にいると考える傾向がある
渡邉白泉
戦争が廊下の奥に立つてゐた
田中耕一
自分は未熟だと認め、弱さを表に出せたから多くの人に助けてもらえたのかもしれません。
発見をうまく引っ張り出すためには、失敗を生かす場を作ることが大切だと思います。
開高健
男は具体に執して抽象をめざそうとしているが、女は抽象に執しながら具体に惑溺していこうとする
米内光政
魔性の歴史は人々の脳裏に幾千となく蜃気楼を著し、時代政治屋に狂態の踊を躍らせ、人々を嶮崖に追い詰める。しかしいつかそれが醒めてくると、たれもが狂踊の場面で幻想したことと、特定の場面で展開されたこととは、まるっきり似もしない別物であることに気づき、「ハテ、コンナ積りではなかった」と、驚異の目を見張るようになってくる
キース・ジャレット
俺の墓碑銘には"過去の遺産を未来に語り継いだ男”と刻んでくれ
ラムステット(フィンランド初代日本公使):
日本語は学ぶには世界でも非常にやさしい部類には入るが、ただ書くことに関しては考え得るかぎり最も難しい言葉の一つだ
中村天風
新しい計画の成就は只不屈不撓の一心にあり。さらばひたむきに、只想え、気高く強く、一筋に
袴田巌
死刑そのものが怖いのではなく、怖いと恐怖する心がたまらなく恐ろしいのだ
本居宣長
花はさくら、桜は、山桜の、葉あかくてりて、ほそきが、まばらにまじりて、花しげく咲たるは、又たぐふべき物もなく、うき世のものとも思はれず
[PR]
by tiaokumura | 2014-04-09 19:09 | 言の葉つれづれ | Comments(2)