<   2013年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

富山薪能

f0030155_16472347.jpg
(8月1日朝・記)
7月31日(水)午後4時、富山国際学院での仕事を終え、車で富山能楽堂に向かう。この日、川田有紀子先生観世流華川会・主宰)から先日ご案内をいただいた「富山薪能」。4:45からの第2部に十分間に合うと思って学院を出たが、予想外に道路が混んでいる。月末だからでしょうか。能楽堂のある場所の駐車場でも意外なことに、ほぼ満車。能楽堂に入るのは4:45過ぎになった。座席は、これまた3回目の「じぇ・じぇ・じぇ」^^だが、ほぼ満席。能楽堂がここまでの入りってのは、そんなにしょっちゅう訪れているのではないが、初めての経験。出番を控えた川田先生にちらっと会えた。ラッキー。
時間がずれこんでたんでしょうね、第2部の初めから観られた。番組
仕舞(宝生流) 藤 春日権現
仕舞(観世流) 小鍛冶 三井寺
舞囃子(宝生流) 放下僧
舞囃子(観世流) 雲林院
火入れの儀
狂言 宗八
能 船弁慶
附祝言

富山は、前田藩の関係でしょうか、宝生が盛ん。観世は劣勢かも。薪能ではプログラムにあるように、宝生・観世が交互に演能。舞囃子は「仕舞+楽器演奏」となるでしょうか。
雲林院」は小西弘通師。大鼓・飯嶋六之佐、小鼓・住駒幸英、太鼓・麦谷暁夫、笛・片岡憲太郎の皆さん。地謡は松下覚、山本博通、波多野晋、數川悟の皆さん。
船弁慶」を観るのはこれで何回目になるか。名曲中の名曲でしょうね。今回は間狂言も入って完全上演。シテ・宝生和英師。宝生和英(ほうしょう・かずふさ1986-)は宝生流第二十世宗家。まだ20代で将来能楽界を背負って立つ方なんでしょうね。昨年の薪能では「井筒」の後見だった。ワキ(弁慶)は殿田謙吉さん。恰幅のいい方で声もよく響き弁慶にうってつけの方だった。
船弁慶」観世小次郎信光・作。静御前(前シテ)は弁慶から義経の西下りに同行できない旨を伝えられる。弁慶のその言を疑い、義経の本意を確かめるべく義経の元に伺う静。そこで義経自らの決断だったと知り、別れに舞を舞う静。後半、弁慶は躊躇する義経を促し船出する。やがて海に異常が。平家の公達が洋上に現れ、義経一行に挑む。とりわけ平知盛(後シテ)の怨念はすさまじく・・・。
午後8時ころ終演。
[PR]
by tiaokumura | 2013-07-31 16:47 | 謡を習う | Comments(0)

To This Day Project-Shane Koyczan(YouTube)

最近よく観ているTV番組が、NHK-E毎週水曜日午前6時からの「スーパープレゼンテーション」。MIT伊藤穣一が番組ナビゲーター。まもなく新潮社からTEDの本が出るようです。
今回はシェーン・コイザン(Shane L. Koyczan1976-)の”To This Day”…for the bullied and beautiful.だった。
Wikipediaによると
”To This Day” is a spoken word poem written by Shane Koyczan. In the poem Koyczan talks about bullying he and others received during their lives and its deep, long term impact.
そしてそのアニメ(Koyczanの詩に共鳴した世界各国のアニメーターが作成に参加)がYouTubeに2013年2月19日にアップされるや、最初の2日間で140万アクセス、3月末には累計700万のアクセスに。彼のこの詩にこめた想いは
My hope is that it would reach some of the people who were just out there looking for something to get them through another day. When I wrote the poem two years ago and people started coming to me because they just needed to talk after hearing it, I realized this is not a Canadian problem or an American problem, it’s everywhere…I believe the bullies must be forgiven. That’s how we heal.
ということである。
以下You TibeからTo This Day Project.を。
TEDのKoyczanもYouTubeにあります。YouTubeで「TED Koyczan」と検索すればヒットします。

(7月29日追記)
"To This Day"の英語原詩・日本語翻訳はBat Girl Newsこちらにあります。
[PR]
by tiaokumura | 2013-07-28 15:19 | このブログのこと | Comments(0)

奥田ふるさと祭り

f0030155_1731444.jpg
(7月28日午前・記)
7月27日(土)午後3時、奥田小学校。「奥田ふるさと祭り」、今年は4品の出店。
中国=烙餅(ジャガイモ 卵 小麦粉 ねぎ 食塩 マヨネーズ ケチャップ など)
ベトナム=フォー
ネパール=キリkhir(牛乳 アーモンド 米 レーズン さとう ココナッツ など)
ベナン=タピオカミルク(タピオカ 牛乳 練乳 など)

3時から5時半まで売り出し。残念ながら今年は完売に至らなかった品も。学生が日本人と生の日本語で交流できたのは収穫。学生たちにはいい経験になった。
アップした写真、終了直後の集合写真。今年は1年生が中心の参加だった。
来年は、今年の反省を踏まえて、よりよい模擬店にしたい。
みなさん、お疲れ様でした!

会場ではストリ-トダンス・盆踊り・ブラスバンド演奏・大声大会など。「あまちゃん」のオープニングテーマも演奏されました。
[PR]
by tiaokumura | 2013-07-27 17:31 | 日本語教育 | Comments(2)

奥田ふるさと祭りに出店

f0030155_14145432.jpg
(7月28日午前・記)
You might think today’s hot fish.ゆうまいと思えど今日の暑魚。「言うまいと思えど今日の暑さかな」
ご当地はいかがでしょうか。こちら富山、夏日はあたりまえ、真夏日もあり、ひょっとして熱帯夜もあるのかも(自分、最近は9時前の就寝、5時前の起床で、夜中の様子はようわからん^^)。梅雨明けはまだです。上掲、皆さんも中学か高校あたりで見聞きされたかも。英語の和製ジョークと云うとこれが白眉でしょうね。

夏と云えば、各地で夏祭り。富山国際学院がある奥田校下では7月最終土曜日に「奥田ふるさと祭り」。「校下」って皆さんは聞きなれない言葉かもしれませんが、「城下」と同じ発想の言葉でしょうね。富山以外では「校区」と言っているかもしれませんが、ここでは「校下」が通用してます。もっとも最近は「校区」のほうが使用頻度、大きいかも。「教育県」富山ならではの用語かもしれません、「校下」は。
2011年にが発病するまでは、ほぼ毎年、富山国際学院は「奥田ふるさと祭り」に模擬店を出していた。それがここんところ途切れてたのですが、今年、スタッフの粕谷謙治さんに実行方を振ってみたら、彼、快く賛同の意思表示。
7月27日(土)12時、富山国際学院に学生有志が集まり、準備。僕はベトナムのフォーのお手伝い。
<材料>牛肉 豚肉 BANH PHO KHO(ベトナム春雨) もやし 玉ねぎ ねぎ 人参 大根 PHO BO(ベトナムの調味料) 塩 こしょう など

アップした写真、下準備が終わって会場に向かう前。今回参加の学生は、中国・ネパール・ベトナム・ベナン・韓国出身学生。
[PR]
by tiaokumura | 2013-07-27 14:14 | 日本語教育 | Comments(0)

おらほのラジオ体操@YouTube

富山県内の学校、今日から夏休みです。家の近くに神明社があり、うちはそこの神社総代なんですが、その神社がラジオ体操会場になっている。ここは町内が大きいので2会場に分かれてのその1つです。近所迷惑だとかで、会場からNHKラジオ体操の放送が流れなくなって久しい。僕は、夏の風物詩でもあるラジオ体操が聞こえてくるのは全然気にならないのですが、今はそういう時代になってしまったんでしょうね、ラジオ体操=騒音扱い。トホホ。
昨日の朝日新聞「ひと」西根英一さん。「石巻弁の号令で始まる『おらほのラジオ体操』の考案者」(同記事)。そういうのがあるなんて知りませんでした。石巻は僕が2011年4月にぷちボラしたところ。こないだ行った南三陸町や「あまちゃん」は、同じ東北弁でも石巻弁とはまたちょっと違ってるかもしれませんが(関西弁だって、大阪・京都・神戸・岸和田などで微妙に異なる)、方言っていいもんです。同記事によれば、西根さんは、
「毎年3月11日、世界中でおらほのラジオ体操を」と呼びかける。「方言を聞き、思いっきり伸びをして、被災地に思いをはせる。風化させない知恵です」
とのこと。
以下に「おらほのラジオ体操(字幕入り)」をYouTubeからアップしておきます。

[PR]
by tiaokumura | 2013-07-25 06:54 | 東北地方太平洋沖地震 | Comments(2)

Malala Yousafzais's Speech@UN

マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzais1997-)さんは2012年10月9日、スクールバスで下校途中、パキスタン・タリバン運動(TPP)に銃撃されたが、奇跡的に一命を取り留めた。以下は、2013年7月12日、国際連合での彼女の演説です(英文のパラグラフ化は奥村)。国連はこの日をMalala Dayとしました。
演説中の
One child, one teacher, one book and one pen can change the world. Education is the only solution. Education first.
は永遠に残る名言でしょうね。
マララさんのブログはこちらです。


In the name of God, The Most Beneficent, The Most Merciful. Honourable UN Secretary General Mr Ban Ki-moon, respected president of the General Assembly Vuk Jeremic, honourable UN envoy for global education Mr Gordon Brown, respected elders and my dear brothers and sisters: Assalamu alaikum.

Today is it an honour for me to be speaking again after a long time. Being here with such honourable people is a great moment in my life and it is an honour for me that today I am wearing a shawl of the late Benazir Bhutto. I don't know where to begin my speech. I don't know what people would be expecting me to say, but first of all thank you to God for whom we all are equal and thank you to every person who has prayed for my fast recovery and new life. I cannot believe how much love people have shown me. I have received thousands of good-wish cards and gifts from all over the world. Thank you to all of them. Thank you to the children whose innocent words encouraged me. Thank you to my elders whose prayers strengthened me. I would like to thank my nurses, doctors and the staff of the hospitals in Pakistan and the UK and the UAE government who have helped me to get better and recover my strength.
I fully support UN Secretary General Ban Ki-moon in his Global Education First Initiative and the work of UN Special Envoy for Global Education Gordon Brown and the respectful president of the UN General Assembly Vuk Jeremic. I thank them for the leadership they continue to give. They continue to inspire all of us to action.
Dear brothers and sisters, do remember one thing: Malala Day is not my day. Today is the day of every woman, every boy and every girl who have raised their voice for their rights.There are hundreds of human rights activists and social workers who are not only speaking for their rights, but who are struggling to achieve their goal of peace, education and equality. Thousands of people have been killed by the terrorists and millions have been injured. I am just one of them. So here I stand, one girl among many. I speak not for myself, but so those without a voice can be heard. Those who have fought for their rights. Their right to live in peace. Their right to be treated with dignity. Their right to equality of opportunity. Their right to be educated.

Dear friends, on 9 October 2012, the Taliban shot me on the left side of my forehead. They shot my friends, too. They thought that the bullets would silence us, but they failed. And out of that silence came thousands of voices. The terrorists thought they would change my aims and stop my ambitions. But nothing changed in my life except this: weakness, fear and hopelessness died. Strength, power and courage was born. I am the same Malala. My ambitions are the same. My hopes are the same. And my dreams are the same. Dear sisters and brothers, I am not against anyone. Neither am I here to speak in terms of personal revenge against the Taliban or any other terrorist group. I am here to speak for the right of education for every child. I want education for the sons and daughters of the Taliban and all the terrorists and extremists. I do not even hate the Talib who shot me.Even if there was a gun in my hand and he was standing in front of me, I would not shoot him. This is the compassion I have learned from Mohamed, the prophet of mercy, Jesus Christ and Lord Buddha. This the legacy of change I have inherited from Martin Luther King, Nelson Mandela and Mohammed Ali Jinnah.This is the philosophy of nonviolence that I have learned from Gandhi, Bacha Khan and Mother Teresa. And this is the forgiveness that I have learned from my father and from my mother. This is what my soul is telling me: be peaceful and love everyone.
Dear sisters and brothers, we realise the importance of light when we see darkness. We realise the importance of our voice when we are silenced. In the same way, when we were in Swat, the north of Pakistan, we realised the importance of pens and books when we saw the guns. The wise saying, "The pen is mightier than the sword." It is true. The extremists are afraid of books and pens. The power of education frightens them. They are afraid of women. The power of the voice of women frightens them. This is why they killed 14 innocent students in the recent attack in Quetta. And that is why they kill female teachers. That is why they are blasting schools every day because they were and they are afraid of change and equality that we will bring to our society.
And I remember that there was a boy in our school who was asked by a journalist: "Why are the Taliban against education?" He answered very simply by pointing to his book, he said: "A Talib doesn't know what is written inside this book."They think that God is a tiny, little conservative being who would point guns at people's heads just for going to school. These terrorists are misusing the name of Islam for their own personal benefit. Pakistan is a peace-loving, democratic country. Pashtuns want education for their daughters and sons. Islam is a religion of peace, humanity and brotherhood. It is the duty and responsibility to get education for each child, that is what it says. Peace is a necessity for education. In many parts of the world, especially Pakistan and Afghanistan, terrorism, war and conflicts stop children from going to schools.
We are really tired of these wars. Women and children are suffering in many ways in many parts of the world.In India, innocent and poor children are victims of child labour. Many schools have been destroyed in Nigeria. People in Afghanistan have been affected by extremism. Young girls have to do domestic child labour and are forced to get married at an early age. Poverty, ignorance, injustice, racism and the deprivation of basic rights are the main problems, faced by both men and women.

Today, I am focusing on women's rights and girls' education because they are suffering the most. There was a time when women activists asked men to stand up for their rights. But this time we will do it by ourselves. I am not telling men to step away from speaking for women's rights, but I am focusing on women to be independent and fight for themselves.
So dear sisters and brothers, now it's time to speak up. So today, we call upon the world leaders to change their strategic policies in favour of peace and prosperity. We call upon the world leaders that all of these deals must protect women and children's rights. A deal that goes against the rights of women is unacceptable.We call upon all governments to ensure free, compulsory education all over the world for every child. We call upon all the governments to fight against terrorism and violence. To protect children from brutality and harm. We call upon the developed nations to support the expansion of education opportunities for girls in the developing world. We call upon all communities to be tolerant, to reject prejudice based on caste, creed, sect, colour, religion or agenda to ensure freedom and equality for women so they can flourish. We cannot all succeed when half of us are held back. We call upon our sisters around the world to be brave, to embrace the strength within themselves and realise their full potential.

Dear brothers and sisters, we want schools and education for every child's bright future. We will continue our journey to our destination of peace and education. No one can stop us. We will speak up for our rights and we will bring change to our voice. We believe in the power and the strength of our words. Our words can change the whole world because we are all together, united for the cause of education. And if we want to achieve our goal, then let us empower ourselves with the weapon of knowledge and let us shield ourselves with unity and togetherness.
Dear brothers and sisters, we must not forget that millions of people are suffering from poverty and injustice and ignorance. We must not forget that millions of children are out of their schools. We must not forget that our sisters and brothers are waiting for a bright, peaceful future.
So let us wage a glorious struggle against illiteracy, poverty and terrorism, let us pick up our books and our pens, they are the most powerful weapons. One child, one teacher, one book and one pen can change the world. Education is the only solution. Education first.

Thank you.
[PR]
by tiaokumura | 2013-07-24 06:27 | このブログのこと | Comments(0)

「写仏作品展」 「立山曼陀羅を文学する」

f0030155_12515950.jpg
7月21日(日)午前7時半、参議院議員選挙、投票。選挙会場を出たところでKNB(地元放送局)の取材を受けた。出口調査ってやつでしょうね。性別・年代・支持政党・投票行動などのアンケート。今回は、1強多弱の選挙でしょうね。結婚するまで選挙には全然行かんだのでエラソーなことは言えないが、投票率、どうなんでしょうね。シラけた人は棄権でしょうか。

10時前、富山県民会館。ブログつながりのアショーカさんの「写仏作品展」を観る。アショーカさんは「趣味の仏画」教室・無憂華の会を主宰。「無憂華」(仏教三大聖樹の一つ)がアショーカなんだそうです。アショカ王から来たハンドルネームじゃなかった。
ちょうど会場にアショーカさんがいらして、しばらくしてダルマ・ラマさんが見えて、3人でしばらく懇談。ラマさんとは、ネパール大使が利賀にお見えになった時にパーティがあり、ラマさんがそのパーティの参加メンバーに僕を選んでくださり(うちの当時のネパール出身学生が僕を推薦したんでしょうね)、それがご縁でのお付き合い。写仏のこと、ネパールのこと、マンダラのこと、ラマさんと奥様の出会い^^など話す。アショーカさんとは初対面だったんですが、この間のヨシダヒロコさんもそうだったのですが、ブログを通じてお互いのことを少し知っているせいか、人づきあいが苦手で話下手な僕も楽しく会話できた。オフ会感覚ですね^^。
今回は7回目の作品展。アショーカさんは『嵯峨清凉寺釈迦如来像』『仏説阿弥陀経(金泥)』など4点出展。ラマさんは『クベーラ尊像』。ラマさんのお兄さんのパサン・ラマさん(タンカ絵師。ネパール在住)の作品が『竜頭観音菩薩像』『緑ダーラー菩薩像』の2点。写経はご存じな方が多いでしょうが、写仏はどうでしょうか。僕はアショーカさんのブログで初めて知りました。
アップした写真、真ん中がアショーカさん、右がラマさん。バックはアショーカさんの作品。僕の上着は数年前にカトマンズで色違いで3着買った1枚です。とてもいい感じの緑で、着心地も涼しく今の季節に重宝。
本展は3日間の開催で今日が最終日。来年また同じころに開催されるそうですから、今回ご覧になれなかった方は、来年お見逃しなく。アショーカさんのブログ「気ままに林棲期」はこちら。右にリンクしたいのですが、相性が悪いのかリンクできないままです。
今回の「ご案内」から引用。
無心に、謙虚に、仏さまの姿に向かっておりますと自然と心穏やかになり、描き終わるころには不思議な充実感に包まれます。これこそが写仏の魅力ではないかと考えます。非常に奥の深い世界です。

県民会館の売店で「さかさ地図」を買う。普通の地図を上下逆転したもので、ロシア・朝鮮民主主義人民共和国・大韓民国・中国・日本に囲まれた日本海が湖みたいに見える地図です。富山県が作ったんでしょうね、想像力・創造力が刺激されるスグレモノの地図です。

11時過ぎ、高志(こし)の国文学館。
高志の国文学館 特別展
立山曼荼羅を文学する
高志の国文学館
~7月29日(日)

ちょうど学芸員の解説時間で、30分ほど拝聴。
パンフレットより引用。
越中人の二大精神文化として立山信仰と浄土真宗の世界観があげられるでしょう。・・・立山信仰の精神世界を網羅的に描いた絵画に「立山曼荼羅」があります。立山山中を舞台に地獄や極楽浄土の様子を強烈に描いた立山曼荼羅は、そのビジュアル的なインパクトと立山衆徒(立山信仰にかかわった立山山麓の芦峅寺村と岩峅寺村の宗教者たち)の巧みな絵解きで、多くの人を魅了しました。
会場内でビデオ上映。布橋灌頂会(女人禁制で立山に登れない女性を救済するためのイベント)など。布橋の手前が「この世」、橋の向こうが「あの世」。橋を渡り死者になり、往還して再生と云うことになるのでしょうか。
学芸員によると立山雄山神社の主神は阿弥陀如来(垂迹ではイザナギノミコト)、副神は不動明王(同じくアマノタジカラオノミコト)。明治の神仏分離令で神道色が強くなった。仏教宗派では天台宗。ただし延暦寺を本山としているわけではない。
高志の国文学館では8月10日~9月23日、「辺見じゅんの世界」展。8月10日には角川春樹の講演会、8月14日には映画『男たちの大和/YAMATO』の上映会も。

科学博物館のレオナルド・ダ・ヴィンチも行きたかったのだが、疲れてたので帰宅。
BSで「あまちゃん総集編 前編」を観る。こうして観ると、自分、前篇の三分の一あたりから見始めたのかなあ。最初っからじゃなかった。
[PR]
by tiaokumura | 2013-07-21 12:51 | 美術 | Comments(2)

楽しみな「SCOTサマーシーズン2013」

昨年の利賀(とが)は
リア王 世界の果てからこんにちは
を観て
シンポジウム<何が変わらないのか!?-<3.11>以後の「ニッポン」 「オキナワ」と「フクシマ」から考える
を聞いた。
当ブログ、2012年9月1日付で3本の記事があります。
今年の利賀の案内を地元紙の北日本新聞で読み、さっそく申し込んだ。今年の僕は利賀1泊2日である。
8月24日(土)
禿の女歌手(6カ国語版)
演出:マティア・セバスティアン
作:イヨネスコ
出演:インターナショナルSCOT
羯諦羯諦-行く者よ、去り行く者よ
演出:鈴木忠志
出演:高田みどり SAMGHA/真言聲明の会
世界の果てからこんにちは
演出:鈴木忠志
出演:SCOT
8月25日(日)
鈴木忠志Q&A 鈴木忠志が語る、利賀
ディオニュソス
演出:鈴木忠志
原作:エウリピデス
出演:SCOT

宿泊は「瑞峯」(ずいほう)で1泊朝食(B&B)5500円。6人相部屋だそうで、どんな人と一緒か、不安7:楽しみ3かな。

今回の悩み2つ。
一つは交通手段。昨年は八尾からタクシーで利賀入りし(タクシー代、高かったぁ^^)、帰りは利賀―富山駅北口のバスがあった。今年は手ごろな電車・バスがない。運転めっちゃ下手(恥)だけど、自家用車で行こうかなあ。片道2時間半くらいでしょうか。数年前にネパ-ル大使が利賀に見えて、そのパーティにご縁があって招待された。その時は車で行ったが、山道、正直言って怖かった。今回は車で行くのがベターかなあ。
もう一つ、今回は入場料金がない。どういうことかというと、
「SCOTサマー・シーズン2013」は、"すべての人に開かれた公演"として、まったく新しいかたちでスタートします。入場料金はありません。あなたのご支援の気持ちで"ご随意に"決めてください。(公演ホームページより引用)
なんですね。学生なら1公演2000円くらいでもいいでしょうが、自分はいちおう一般社会人なので、そんな額では申し訳ない。1公演5000円はキツイしなあ。どうしたもんだろう。公演ギリギリまで悩みそうです。
それにしてもこういうやり方、珍しいっていうか、すごい試みですよね。

今回公演の公式HPはこちら

関連ないですが、2つ。
先日「AERA」を買った。表紙が能年玲奈。橋本愛(ユイ)も何週間前に表紙になってます。「あまちゃん」人気、いまや社会現象かも。同誌特集に「『あまちゃん』を極める」。今年の紅白歌合戦、ユイ&アキで「潮騒のメモリー」、当確でしょうね。
もう一つは訃報。高橋たか子(たかはし・たかこ1932-2013)さんご逝去。今頃はあちらで高橋和己や埴谷雄高や澁澤龍彦や遠藤周作や坂本一亀らと楽しい再会を果たしていることでしょう。「臨床日記」(「文芸」高橋和己追悼特集号 1971年7月)の最後にたか子は記す。
・・・母が和己、和己と泣きさけぶと、右眼だけが少し反応した。私は一度も呼ばなかった。血圧はますます落ち、薬による昏睡から自然的な昏睡へとうつり、規則ただしい呼吸が長くつづく。・・・深夜ちかくになって、ふいに呼吸が間伸びしてきて、息が薄くなったかと思うと、息絶えた。十時五十五分。病名は知らず、不可能な時間を夢みたまま、主人は命を終えたのであろう。やすらかな顔であった。(p189下段)
高橋たか子さんのご冥福を祈りたい。
合掌
[PR]
by tiaokumura | 2013-07-20 09:00 | 富山 | Comments(0)

北陸地区日本語学校の仲間たちと

f0030155_13304383.jpg
(7月18日朝・記)
7月15日福井行きの目的2つのもう1つは北陸地区の日本語学校の仲間と会うため。北陸地区で一番初めにできた日本語学校は富山国際学院で、1993年に1期生。それからこれまでに4校できた。うち1校は富山県が税金を使って勢い込んで開校したが、3年ほどで学生不足で廃校。何億円の赤字だったとか。血税が無駄になった、行政の大失策でしょうね。そんな金があるなら、うちに何十万円でいいから支援してくれりゃいいのに(激爆)。
アップした写真、後列左から佐藤さん(福井・大原キャリアビジネス外語専門学校)・沓水さん(金沢・アリス学園)・道上さん(アリス学園)・粕谷さん(富山国際学院)、前列左から僕・澤田さん(大原キャリアビジネス外語専門学校)・佐藤さんの奥様。僕以外の皆様は、前日、芦原温泉に宿泊。僕も参加したかったのですが、南三陸町行きと重なったため残念ながら断念。その代わりでもないのですが、7月15日の昼食をご一緒することに。佐藤進さん(今回の1泊2日合宿^^の幹事)のご案内で福井駅近くの「福そば」。僕はざると天丼のセットを注文。それぞれ少量ずつのセットですが食べきれず(恥)、粕谷さんに助けてもらった。
昼食後、粕谷さんと普通列車を乗り継いで富山に帰る。

自分、この3週間、実にあちこちに行った。名古屋、大阪・神戸・京都、東京、宮城県南三陸町、そして福井末期癌患者^^とは思えない行動力ではないか(嘘爆)。
[PR]
by tiaokumura | 2013-07-15 13:30 | 職業としての日本語教師 | Comments(4)

ミケランジェロ展@福井県立美術館

f0030155_1126569.jpg
(7月18日朝・記)
7月15日(月・海の日)、9:09富山発しらさぎ6号で福井へ。約1時間半、3990円。福井駅西口でタクシー。前日の疲れが残っていたので特急・タクシーと大大奮発をしました^^。この日の福井行きは目的2つ。1つは、
システィーナ礼拝堂 500年記念
ミケランジェロ展 天才の軌跡
福井県立美術館
~8月25日

を観るため。
福井県立美術館は初めて、駅からタクシーで10分弱、1000円ちょっとです。

アップした写真は会場に設営されたパネル。シニア層を中心に観客の入りはまあまあか。
入場まもなく天井にシスティーナ礼拝堂天井画の復元(再現イメージ)。思ったより小さい感じ。原寸大なんでしょうか。
当たり前なんでしょうが、ミケランジェロ・ブォナローティ(Michelangelo Buonarroti1474-1564)のスケッチ・手紙が目につく展覧会。そりゃそうでしょうね、ミケランジェロの作品の重要なジャンルである彫刻や建築関係は、日本に持ってくるわけにはいきませんものね^^。
展示は「伝説と真実:ミケランジェロとカーサ・ブォナローティ」・「ミケランジェロとシスティーナ礼拝堂」・「建築家ミケランジェロ」・「ミケランジェロと人体」の4章構成。約60点。『階段の聖母』(1490年頃。大理石)、『レダの頭部習作」(1530年頃。赤石墨/紙)、『キリストの磔刑』(1563年頃。木)がベスト3かな。『ミケランジェロの肖像』はハリウッドのチャールトン・ヘストンを思わせる。
失礼だったが^^係員(館長?)の方に「なんでミケランジェロ展が福井で?」とお聞きした。失礼な質問ですよね。彼、「なぜかわからない」とのことでした。ミケランジェロと福井って別に関係ないですもんね。でも彼によると、いくつかの美術館の競争だったようです、ミケランジェロ展開催は。
本展、この後東京に巡回。

翌日、勤務先の富山国際学院で「レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ミケランジェロの3つとも観たよ」と自慢してたら^^、スタッフの林さん、「私も3つとも観た」と。
[PR]
by tiaokumura | 2013-07-15 11:26 | 美術 | Comments(0)