<   2012年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

残念ながら富山は部分日食ですが

f0030155_10584211.jpg
5歳のスティーブン少年はある夜、目的地を知らされぬまま父の車で家を出る。やがて人里離れた場所で彼は夜空に流星群を見る。少年時のこの体験が長じて映画監督になった彼の『未知との遭遇』に反映されている。―そんなスティーブン・スピルバーグ(Steven Spielberg1946-)のエピソードを読んだことがある。かれこれ20年ほど前になるかなぁ、ペルセウス座流星群が日本でも初めて話題になった年の夏、家族で古洞の森に行って観察したことがある。さまざまな天体現象、人の心をあやしくさせるものなのでしょうね。今年最大の話題の天体ショー「金環日食」まで3週間になりました。
金環日食関連本、数種類(もっと?)出ているようですが、僕はアップした写真の本を購入しました。

監修:相馬充 絵と文:えびなみつる 写真・コラム:中西昭雄
金環日食観測ノート
2011年12月20日 初版第1刷
旬報社
500円+税

類書がだいたいそうですが「日食メガネ」付き(写真上部がそれ)です。
本書には、「金環日食の写真」「金環日食全国マップ」「金環日食の起こるわけ」などが掲載。金環日食と皆既日食の違い、本書で知りました。全国マップによると、富山は残念ながら部分日食なのですが(金環日食は太平洋ベルト地帯が主みたい)6時20分33秒に始まり食の最大が7時34分34秒で終わりが9時00分27秒。富山国際学院の午前クラスは9時開始だから、授業が始まる時にはもう終わりごろ。学院生、金環日食に関心あるのかなあ。何年前だったか、学院の隣りのビルの駐車場で日食を観察したことがある。居合わせた学研の方に日食メガネを借りた記憶がある。
今回この金環日食が見られるのは、九州南部から四国、関西、東海から関東、東北南部にかけての帯状の地域で、このエリアに住んでいる人は8300万人で日本の人口の約7割にのぼります。日本でこれほど多くの人が金環日食を目撃できるのは、じつに932年ぶりのことなのです。(本書p1)
僕は8300万人から外れちゃいますが^^幸運の8300万人の方々は1080年(承暦4年。白河天皇の世)以来になる多数目撃者の一人として金環日食をご堪能ください。
いずれにしても一番気になるのはお天気ですよね。どうなんでしょう、5月21日のお天気は。
[PR]
by tiaokumura | 2012-04-30 10:58 | このブログのこと | Comments(0)

日本語教育国際研究大会 名古屋2012

f0030155_10214687.jpg
不思議なご縁で3年ほど前に副島健治教授(富山大学留学生センター)とお知り合いになり、その関係で2010年7月31日(土)・8月1日(日)と世界日語教育大會 2010ICJLE@國立政治大學・外國語文學院(中華民國)に参加しました。その時の記事は当ブログ2010年7月・2010年8月に何本か入っています。
台北では副島先生・粕谷謙治さん(富山大学言語学コース同期で富山国際学院の同僚でもある)と僕の3人でポスター発表。ってもほとんどを副島先生・粕谷さんにお任せでしたが(恥)。自分、お勉強に向いていない&アカデミックは無理っぽい、なんでしょうね、台北での一番の思い出は、富山大言語学コースの1年後輩のシーさんに案内してもらったDingTaiFung(Dinは鼎、Taiは泰で、Fungは「豊」の繁体字?)の小籠包(xiǎolóngbāo)。これまでの人生で僕が食べたあれこれのベスト50に入るでしょうね。日本でもどこかのデパートで入手可能だとか(ネットで購入可です)。

さて日本語教育国際研究大会、2010年が台北、2011年が天津で、今年2012年は名古屋。以下、その情報展開。

日本語教育国際研究大会 名古屋2012
International Conference on Japanese Language Education(ICJLE) Nagoya2012
ことばが拓く 新たな地平
人をむすび社会をつくる日本語教育を目指して

主催:社団法人日本語教育学会
日程:2012年8月17日(金)~20日(月)
大会ウェブサイト:http://www.nkg.or.jp/icjle2012/
大会参加料:大会ウェブサイトでご確認ください(奥村)
8月17日(金)午後 会場:ウィンクあいち
特別企画「楽しい、落語の世界!-きいて、あじわう にほんご」
特別企画「日本語学習支援活動―踏み出そう、最初の一歩」
特別企画「みんなのまちづくりー震災のあと行なってきたこと、これから行なっていくこと」
8月18日(土)午前 会場:名古屋大学東山キャンパス
開会式
日本語教育グローバルネットワークシンポジウム(1)「グローバル社会を創る日本語教育:アーティキュレーション(連関)を通して見た世界の日本語教育」
8月18日(土)午後 会場:名古屋大学東山キャンパス
日本語教育学会創立50周年記念式典
大会記念インタビュー「キーン先生、日本語・日本文化を語るー日本語とともに歩んだ70年―」 語り手:ドナルド・キーン氏(コロンビア大学名誉教授)
基調シンポジウム「実践、社会、そして、ことばを使い、学ぶということ」 パネリスト:津田大介氏、湯浅誠氏、香川秀太氏
研究発表
つながる広場
8月19日(日)午前 会場:名古屋大学東山キャンパス
日本語教育グローバルネットワークシンポジウム(2)「世界と日本をつなぐ日本語教育:留学生のための日本語教育のアーティキュレーション(連関)」
研究発表
つながる広場
8月19日(日)午後 会場:名古屋大学東山キャンパス
日本語教育学会・国際交流基金企画シンポジウム「東南アジアにおける日本語教育の特色と連携の可能性」
研究発表
つながる広場
8月20日(月)
スタディツアー

僕は1泊2日か2泊3日で参加したいと思っています。富山国際学院スタッフの林宏美さんが発表予定(日時未定)なのでそれはぜひ参加したい。他には、8月18日(土)午後の2つの企画、とても魅力があるかなあ。
ドナルド・キーン(1922-)のインタビューはビデオです。ビデオを会場で見るってぇのはなんかちょっと違和感&抵抗感がありますが^^。
・・・今回のインタビューでは、70年前の海軍日本語学校の思い出に始まり、世界の中の日本語・日本文化、日本語の国際化と多様化、日本文化の海外普及、多文化社会を共に生きること、などについてお話を伺います。・・・(大会サイトより引用)
基調シンポジウムは豪華なパネリスト陣ですよね。津田大介(つだ・だいすけ1973-)はNHKの「課外授業」に出てましたよね(今日再放送あり)。僕はフェイスブックもツイッターも、ちょっと怖くて(時代遅れな男^^)やってないのですが、このシンポジウムでの津田は、
・・・文脈から切り離された「ことば」が瞬時に多くの人々に流通していく現象が起きています。ソーシャルメディアを中心とする「ネットワーク社会」が「現実社会」と急速に融合しているなか、社会とことばの関わりがどのように変化していくのか、主にネットワーク社会の観点から語りたい・・・(大会サイト「パネリストとして一言」より引用)
湯浅誠(ゆあさ・まこと1969-)は
・・・限られた領域内での実践から言葉をつむぎだし、その言葉が普遍性を持つようにして社会を架橋する、というのが自分の役割かな、と思って活動してきました。「貧困」とか「溜め」とか「三つの傘」といった言葉は、そのような中でひねり出してきた言葉です。・・・言葉と実践が、ともに本人をエンパワーし、社会的関心を惹起し、社会の組替へと多くの人を巻き込んでいくために有機的に結びついているのが(少なくともそれを目指すのが)活動だと思います。(大会サイト「パネリストとして一言」より引用)
香川秀太(かがわ・ひでた)は初めて知った方ですが、現職は大正大学人間学部専任講師で専門は状況論だそうです。
・・・今回は、大学や看護教育、企業の人材育成の具体例を交えて、・・・お話しする予定です。・・・(大会サイト「パネリストとして一言」より引用)

(注)本大会の正確な情報は大会公式サイトなどで各自ご確認ください。
[PR]
by tiaokumura | 2012-04-29 10:21 | 日本語教育 | Comments(0)

富山大学人文学部 第2回 言語学公開講演会

f0030155_13384986.jpg
来日が遅れていた2012年度4月期新入生のネパール組が、ようやく4月26日(木)真夜中に富山入り。カトマンズ→香港→名古屋と飛行機を乗り継ぎ、名古屋からは「しらさぎ」利用。本来なら到着の富山駅まで僕が迎えに行くべきところなのですが、僕の病身を気遣ってスタッフの高木けい子さんが代わりに出迎えてくださりアパートまで送る。
2012年度4月期新入生の入学式は、ネパール組の富山入りを待って例年より2週間ほど遅らせていたのですが、結局到着が間に合わずネパール組抜きの入学式になり残念でしたが、昨日4月27日(金)の新入生歓迎会には間に合いました。新入生歓迎会はアイディアウーマンの柳川友美さんの企画。9時半集合、新入生自己紹介・在校生歓迎あいさつ(複数)・教師自己紹介などのあと、在校生・新入生が5つのグループに分かれ10時に富山国際学院を出発。医院・CiC・郵便局の3ポイント+ボーナスポイントを回るオリエンテーリング(街中探検)。ゴールは富岩運河環水公園で、12時前には全グループが到着し、その後、ちょっと風が冷たかったのですが(当日の最高気温は17℃)公園で昼食。1時過ぎに解散。

アップした写真富山大学で5月11日(金)にある公開講演会のリーフレットです。呉人惠教授(富山大学人文学部)から先日富山国際学院宛に送られてきました。
呉人教授は僕の恩師です。初めてお会いしたのは2005年9月だったかの富山大学人文学部言語学コース編入試験の面接試験で。僕は試験(英語・小論文・面接)になんとか合格できて翌年4月に言語学コース3年次に編入。呉人先生には、僕の東京教育大学時代の取得単位から編入生の限度いっぱいの22単位を認定してもらうためにご尽力いただきました。当時は僕は奥村学習塾を主宰し富山国際学院で非常勤講師をやっていたので、富山大学生生活との鼎立が可能だったのは22単位も認定があったればこそで、呉人先生に大感謝。
呉人先生の授業は「言語学概論」「言語学特殊講義」「言語学演習」などを取ったかなぁ。言語学のイロハ、先生のご専門のコリャーク語のフィールドワーク、言語学者ハリントンの逸話、ネイティブアメリカンの言語、主語・主格・主題、恩師の宮岡伯人先生の思い出、日本語学習者の日本語習得など、幅広くいろいろ学んだり伺ったりした。ってぇも不肖の教え子なんで^^ほとんど忘れてしまって身についておりませんが(大汗)。授業に出てきた「岩波文庫」の発音のことだけはしっかり覚えています(謎爆)。
呉人先生には卒業論文のご指導もしていただいた。僕の卒論は「日本語学校における日本語学習者のテイル習得に関する一考察~「書く」「話す」「文法理解」の3つの側面から~」(←長~っ^^)でした。同期で呉人先生に卒論指導を受けた粕谷さん・高橋さん・三上さんそして僕の4人で「ル・ポワソニエ」という富山市内のフランス料理店で呉人先生のプチ謝恩会をしたのも思い出。呉人先生から卒業証書(学位記)を授与されている写真(2008年3月21日)は当ブログこちらにあります。

呉人先生からお手紙つきでご案内いただいた講演会の概要は以下の通りです。「学内・学外を問わず、参加自由」とのことですのでご興味のある方はぜひご参加を。
富山大学人文学部 第2回言語学公開講演会
時崎久夫(ときざき・ひさお)教授(札幌大学外国語学部英語学科)
「簡単な言語・複雑な言語 世界の言語の難しさは同じ?」
要旨:○○語は難しい、という言い方をよくしますが、その一方で、音が簡単なら文法が複雑で、またその逆もあるので、総体的に見れば世界の言語はどれも難しさは同じ、という仮説もあります。それは本当なのか、もしそうなら、それはなぜか、という問題を、日本語と英語をはじめ、たくさんの言語を見ながら考えます。
日時:2012年5月11日(金)16:15~17:45
場所:富山大学人文学部1階大会議室
*学内・学外を問わず、参加自由です。


呉人先生からのお手紙から引用。
(前略)今回の講演者である時崎久夫先生は、現在、札幌大学外国語学部英語学科という英語教育の現場で学生の指導にあたっておられます。その一方で、英語以外の諸言語にも深い関心を寄せられ、言語類型論的な広い見地から英語を世界の言語の中に位置づけようとするスケールの大きい研究に取り組み、その成果を精力的に国内外の多くの学会で発表されてきています。今回も「簡単な言語・複雑な言語―世界の言語の難しさは同じ?」という魅力的なタイトルのもと、英語がどのように位置づけられるのか大いに興味をそそられるところです。(以下略)
[PR]
by tiaokumura | 2012-04-28 13:38 | 富山 | Comments(0)

学院長式辞@富山国際学院2012年度4月期生・入学式

富山国際学院2012年度4月期新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

今、皆さんは日本に留学できた喜びが80%、これからの不安が20%といったところでしょうか。
日本で・富山で・富山国際学院で、実りある留学生活を送ってください。

富山国際学院は日本で一番小さい日本語学校です。そして学校のある富山は、東京や大阪と比べるととてもいなかです。ディズニーランドもスカイツリーもユニバーサル・スタジオ・ジャパンもありません。富山国際学院に入学してガッカリした人もいるかもしれませんね。

でも日本一小さい日本語学校、いなかの日本語学校だからこそ、いいところもあります。

まず、この学校には12人ものすばらしい先生方がいます。皆さんが、日本で一番小さい富山国際学院でたくさんのいい先生に出会えるよう願っています。

それから、学校の名前に「国際」という名が入っているように、いろいろな国・地域からの学生が富山国際学院で日本語を勉強しています。この学校の2012年度の学生には、中華人民共和国・ネパール連邦民主共和国・中華民国・タジキスタン共和国・大韓民国・ロシア連邦出身の学生がいます。皆さんが、富山国際学院で、同じ国出身だけではなくいろいろな国・地域からの友達ができるよう願っています。

富山は確かにいなかですが、大都会のようなひどい誘惑や生活苦や危険は、全くないとは言えませんが、少ないです。大きな地震や津波の心配もありません。
皆さんが、いなかの富山で安全安心な留学生活が送れるよう願っています。

さて、皆さんがこの学校で勉強する日本語は、けっして難しい言語ではありません。たくさん話してたくさん聞いてたくさん書いてたくさん読んで、日本語が上手になってください。今はまだ無理ですが、3か月後くらいには今日のような通訳がいなくても大丈夫なほど日本語が上手になってください。

これからの留学生活では、泣いたり笑ったり怒ったり喜んだりいろいろなことがあります。いいこと・楽しいこと・嬉しいことばかりではありません。つらいこと・いやなこと・苦しいこと・困ったこともたくさん出てきます。

料理・掃除・買い物・洗濯・お金の管理など、今までは親がやってくれたことを自分でしなければなりません。アルバイトでは叱られたり失敗したりも出てくるでしょう。

私たち12人の日本語教師は皆さんのために精一杯の努力をします。皆さんも、自分自身のために、母国の家族や友人のために、ここ富山で悔いの残らない留学生活を送ってください。日本留学を通じて皆さんが大きく成長することを願っています。

最後になりましたが、東日本大震災にあたって皆さんの国・地域や皆さんの国・地域の人々からお寄せいただいたご支援に対して、日本人の一人として心より感謝申し上げます。

皆さんのこれからに期待して学院長式辞を終わります。
入学、ほんとうにおめでとう!

2012年4月26日
富山国際学院・学院長 奥村隆信

(注)①~⑬は通訳。
[PR]
by tiaokumura | 2012-04-26 16:16 | 僕は学院長4年生 | Comments(0)

富山地方法務局で登記

僕は特定非営利活動法人富山国際学院の理事長でもあるので、まぁほとんど役らしい役はしとらんがですが(恥)、時には理事長職の仕事もしている。同じNPO理事長でも惣万佳代子さん(このゆびとーまれ)や阪井由佳子さん(にぎやか)とじゃ月とスッポン、雲泥の差でしょうね、自分。
富山国際学院の場合、NPOの立ち上げから2年ほどは行政書士の方のお世話になっていました。でも、まあ世間相場ではあったのでしょうが、行政書士の方に払うお金が、うちのようなビンボー日本語学校にとっては決して安い額じゃなかった。それじゃ自分でやろうと思ったのが3年前だったか。
今日4月23日(月)午前10時過ぎ、富山地方法務局で生まれて初めて「登記」ってぇのをやってきました。同局は富山駅北口近く、学院からは車で10分弱のところにあります。
事前に法務局のNさんに2回アドバイスしていただいた。こういうシステムが備わっているので、ド素人の自分にも登記なんて難しいことが可能なんですね。今回の登記は2つあって、①理事の重任(じゅうにん)、②理事長の互選。①は2年に1回で、②はこの4月のNPO関連の法律改正に伴う登記。窓口で、
特定非営利活動法人変更登記申請書 登記すべき事項 社員総会議事録 定款 理事の互選書
を提出して来ました。問題がなければ5月1日に登記完了予定。

特定非営利活動法人としては年に1回、富山県に書類提出も義務。「特定非営利活動促進法第29条第1項及び第2項並びに同法第44条第2項の規定」にあるんですね。
事業報告書提出等(表紙にあたる) 前事業年度の事業報告書 前事業年度の財産目録 前事業年度の貸借対照表 前事業年度の収支計算書 前事業年度の役員名簿 前事業年度の社員のうち10人以上の者の氏名及び住所又は居所を記載した書面
を提出しています。

来年2013年3月中に、富山県庁に上記書類提出、法務局に理事長重任登記の予定です。メンドーっちゃ面倒ですが、まあNPOとして当然果たすべき義務です。今回の登記でなんとか自分でやれる自信がついたのは収穫。

話は全然変わりますが、昨夜BS日テレで『孫文―100年先を見た男―』を観ました。冒頭で孫文と梅屋の会話があり、その後は孫文のペナンでの活動が中心。ご覧になった方、ありますか。観ててビックリ。孫文役が日テレで放映中のドラマ『恕の人―孔子伝―』(以前の記事でご紹介しましたが、いしだ壱成が顔回役で出演)の孔子役と同じ! 林望みたいな感じの知的で上品な俳優です。ネットで調べて判明。彼、ウィンストン・チャオ趙文宣1960-)という台湾の俳優です。彼、「孫文俳優」でしょうね、映画・ドラマで孫文役を数回演じている。『1911』(ジャッキー・チェンら出演。観たかったのですが結局観られなかった)の孫文もウィンストン・チャオです。孔子と孫文を演じるなんて、聖徳太子と坂本龍馬を演じるようなもんでしょうね^^。本木雅弘なら可能かも。
昨年見逃した映画『1911』、観たくなりました。ドラマ『恕の人』は時々観ています。子貢役も子路役も味のある俳優が演じています。

(4月24日・追記)
「かぐら川」さまよりコメントで次のご指摘をいただきました。
(略)「登記」をされたのではなく、「登記申請」を自身でされたということですね。公簿に記載する(「up=登」する)のが「登記」ですから、これは公務員の仕事であって、我々が関わるのは「登記申請」です。(略)
記事中の表現、お詫びして訂正いたします。記事中の「登記」は「登記申請」と読み替えてください。
かぐら川さま、ご指摘ありがとうございました。
[PR]
by tiaokumura | 2012-04-23 19:06 | NPO | Comments(2)

雑誌「BRUTUS」「サライ」「日経おとなのOFF」

f0030155_13181153.jpg
当ブログ2012年3月19日付CARTA2012年陽春号」で同誌を「ぜひ手元に置いておきたいすばらしい本」として紹介しましたが、あちらは「日本美術」で今度は「西洋美術史」特集の雑誌が出ました。
BRUTUS 2012年5月1日号
西洋美術総まとめ。
人気画家・山口晃と一緒に降り返る、美術の歴史3000年。

2012年4月16日発売
特別定価630円(本体600円)
マガジンハウス
西洋美術総まとめ。」では「古代ギリシャ・ローマ」から「第一次世界大戦後の美術。」まで15に区分し、解説文と資料図版。例えば「2 中世の美術」は「永遠の生命は燦然と輝く神の国のみにあり。この世の美も善も、すべては神の栄光のために。」として解説文とモザイク・イコン・ステンドグラス・タピスリーなどの図版。「6 17世紀オランダの美術」は「絵画や彫刻の聖像礼拝は御法度に。しかし美術マーケットは拡大し、肖像画の新形式も登場。」でフェルメール『真珠の耳飾りの少女』『真珠の首飾りの少女』、レンブラント『イサクの犠牲』など。「15 第一次世界大戦後の美術。」は「世界大戦をくぐり抜けて大きく変貌した世界。芸術家たちも否応なくその変化と対峙していた。」で、掲示絵画はモディリアーニ『髪をほどいた横たわる裸婦』、シャガール『誕生日』、ルソー『ビセートル近郊ビエーヴルの斜面』など11点。
テーマで見る西洋美術」が2箇所。その内「幻想とエロス」では、ミュシャ『サラ・ベルナールのポスター』・クリムト『接吻』・ルドン『キュクロプス』・シーレ『死と乙女』・ムンク『叫び』・ガレ『ひとよ茸ランプ』・ロダン『永遠の青春』など。アール・ヌーヴォーが「装飾が無用・過剰なものとされていく未来を予感するがゆえの装飾の『抵抗』であった」(p071)って「なるほど」と思いますね。
この特集でセザンヌをずいぶん評価している。ピカソ(セザンヌは「みんなの父」)もマティスもドガもモネもゴーギャンも「セザンヌを高く評価していた」(p083)んですって。僕、2000年夏にオルセー美術館を訪れた時、セザンヌなんてほとんど通過だった(恥)。今朝のNHK-E「日曜美術館」、「セザンヌ傑作10選」やってました。山口晃がゲストでいささかビックリ。今六本木の国立新美術館で「セザンヌーパリとプロヴァンス」展開催中(6月11日まで)。TV番組中の10選は、
りんごとオレンジ 台所のテーブル 首吊りの家・オーヴェル=シュル=オワーズ 赤いひじ掛け椅子のセザンヌ夫人 坐る農夫(オルセーのじゃなく長谷川徳七所蔵) サント=ヴィクトワール山 トロネの道とサント=ヴィクトワール山 サント=ヴィクトワール山 大水浴 庭師ヴァリエ
でした。
雑誌って鍋料理かブイヤベースでしょうね、いろいろごちゃ交ぜ(もちろん編集部には一貫した何かがあるのだろうけど)の楽しみ。今号には「GUNDAM」特集「まだ、ガンダムのことを知らない者たちへ」が綴じ込みで入っています。

サライ 2012年5月号
大特集 群像・日本の作家

2012年4月10日発売
特別定価880円(本体838円)
小学館
第1部「20世紀の文士総覧」では1900年代~1990年代まで代表的な作家(文士!)の略歴・写真と各時代史。例えば1920年代「関東大震災と大正の終焉。愛と不安にからめとられる命」は芥川・有島・牧水・鷗外・放哉で、1970年代「露呈する経済偏重の弊害。美学を重んじた作家の最期」は志賀・実篤・川端・三島ら。宮沢賢治は1920年代(立原道造も)、向田邦子は1980年代、藤沢周平は1990年代に入っています。み~んな「文士」で括るのはヘンですが^^。
第2部「文士の手紙と筆遣い」では子規→虚子、漱石→子供たち、芥川→妻など。梶井基次郎から宇賀康宛の手紙も。梶井は僕が東京教育大生時代に卒論を書こうと思った作家(挫折しちゃいましたが^^)。桜を思うとき、梶井の「櫻の樹の下には屍體が埋まつてゐる」を思い出します。
第3部は「松本清張と森鷗外」。今年は清張没後20年、鷗外生誕150年だそうです。清張『或る「小倉日記」伝』は好きな小説です。主人公の人生に自分を重ねてるところもあるんでしょうね。
全部で180ページほどの雑誌で大特集はその3分の1ほどですから、損したと思う人もいるかもしれませんね(激爆)。
女性誌だけの現象かと思ってましたが、今号は「おまけ」付き。「オリジナル萬年筆」です。別冊付録は「サライ 大人の逸品 2012春号」。ビンボー人の自分には目の毒なカタログっす(汗)。

日経おとなのOFF
おとなの 江戸学入門 400年都市の昔と今とを歩く

2012年4月6日発行
648円+税
日経BP社
江戸時代」については日本橋・四季・ファッション・長屋・グルメなどが切り口。「明治・大正時代」では東京駅、丸の内歴史建築、東京文学散歩など。「昭和時代」では東京タワー(中学の修学旅行で行きました!)・居酒屋・名喫茶など。「平成時代」はもちろんスカイツリー。
全約120ページ中、3分の2が「おとなの江戸学入門」です。6月の東京旅行で少し参考になる本かな。
[PR]
by tiaokumura | 2012-04-22 13:18 | 美術 | Comments(0)

中学教科書、改訂

f0030155_14542630.jpg
4年ごとに変わる小学校・中学校の教科書、昨年は小学校が改訂になり今年は中学校が改訂になった。一般人が教科書を買えるのは4月16日からと云うことで、今週月曜日に北日本新聞社近くの教科書供給会社で、アップした写真の英語・数学・国語(各中1~中3)と地図帳を購入した。
今回中学教科書を購入したのは、奥村学習塾を廃業してもう何年か経つので塾を再開しようってぇわけじゃなく^^、外国籍の子どもの学習支援(今のところ具体的なプランがあるわけではないが)の準備として、教科書に目だけでも通しておこうと思ったからである。
以下、英数国教科書について雑感。ただし過去の教科書類は全て処分してしまっているので、過去との比較には記憶間違いがあるかもしれない。その節はご容赦を。

英語、採択は従来通り開隆堂版Sunshine。僕たちのように文法訳読法で育った者から見るとイマドキの英語教科書は実に「新鮮」に映るでしょうね。コミュニカティブ・アプローチに基づく教科書でしょうね。ただ前回まではコミュニケーションを重視しすぎるあまり(中学生の能力にはあまる教え方だった?)結局は使えない英語で終わったという反省からでしょうか、文法も重視するようになっている。中学英語って基礎になるのだから、文法をきちんと教えておくべきだと僕は思う。英語ができない自分が言っても説得力がないが(汗)、中学英語程度の文法ができて、あとは自分の得意ジャンル(例えば料理とか音楽とか)の語彙が使えれば、英語でコミュニケートって可能なんじゃないだろうか。
各プログラムの目標はCDS形式になっている。例えば中3のPROGRAM7 What Is the Most Importanto Thing to Youであれば「人についてくわしく説明する言い方ができるようにしよう」(p74)。
同じく中3のPROGRAM9(Reading)はMother Teresaの伝記。関連教材に「3人の名言」としてChaplinのLife is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.とHelen KellerのThe best and the most beautiful things in life cannot be seen or even touched. They must be felt within the heart.とJohn F. KennedyのMy fellow Americans, ask not what your country can do for you ― ask what you can do for your country.が取り上げられています。
英語の歌は中1で”Sing””Hello, Goodbye””Please Mr. Postman””Eternal Flame”、中2で”I Just Called to Say I Love You””If We Hold On Togeter”、中3で”Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree””Heal the World””Honesty”。前はあった(はず)カーペンターズもビートルズもなくなったのかな。
今回の改訂を前回までと比べるとヴォリュームアップし中身も濃くなった印象です。「教科書を教える」じゃなくって「教科書で教える」なので後は英語教師の腕次第ってことでしょうね。

数学、たぶん富山市数学教育史上初じゃないでしょうか、大日本図書版「数学の世界」が採択されるのは。これまでは東京書籍版(市町村によっては啓林館版も?)だった。指導要領が変わっただけじゃなく、初めて大日本図書版(著作者は赤攝也・吉田稔・相馬一彦ら)を見るせいもあってか、ずいぶん新鮮な感じの教科書です。各学年で少しずつ前より内容がふくらんでいるのでしょうね。中1で球の表面積・体積、中2で確率(前は中3だったような気がする)、中3では相似比・面積比・体積比、内接四角形など。
大日本図書版の特徴なのか他の教科書会社版も同じなのか、「数学と社会とのつながり」を意識してでしょうね、各章に「社会とリンク」がつく。それから「発展学習」になるのでしょうね、おもしろそうな「Mathful(数学がいっぱい)」も各学年に。1年では「ギリシャの三大作図問題」、中2では「同じ誕生日の人がいる確率」、中3では「ドレミの秘密」など。中3「素数の世界」では小川洋子『博士の愛した数式』が紹介されている。「和算」もけっこう目につき、中1「方程式と和算」には吉田光由『塵劫記』・遠藤寛子『算法少女』。
「ゆとり教育」の弊害が社会問題化して、今回かなり改訂されたのでしょうね。中国・韓国の教育事情を見聞きすると、これでもまだ追いつかないとは思うのですが、まぁ前よりはマシ、でしょうね。それにしても8年前になるか奥村学習塾を主宰してた頃、K君が言っていた「この教科書って僕たちを馬鹿にするための教科書でしょう」って言葉、今でも記憶にら残っている。彼ら・彼女らにとって失われた何年間かである教育、若いうちに取り戻せるかあるいは人生のトータルで挽回できるのだろうか。当時の教育行政に携わった者(とりわけ文部科学省)の罪は重い。

国語、従来通り光村図書。定番になるんでしょうね、以前から入っている作品が、中1で工藤直子「野原は歌う」・桑原茂夫「ちょっと立ち止まって」・米倉斉加年「大人になれなかった弟たちに・・・」・ヘルマン・ヘッセ(高橋健二訳)「少年の日の思い出」、中2で三浦哲郎「盆土産」・向田邦子「字のない葉書」・石川忠久「漢詩の風景」・太宰治「走れメロス」・大岡信「言葉の力」、中3で井上ひさし「握手」・森鷗外「高瀬舟」・魯迅(竹内好訳)「故郷」・今道友信「温かいスープ」・新川和江「わたしを束ねないで」など。日本語教育関係では以前は佐々木瑞枝があったが、今回は中学2年で佐藤和之「やさしい日本語」。語彙約2000語レベルでのPlain Nihongoです。例として次の文が出ている(p43)。
今日 朝 五時四十五分、兵庫 大阪 などで、大きい 地震が ありました。余震、後で 来る 地震に 注意して ください。地震で こわれた 建物に 注意して ください。この 後も 注意して ください。
癌患者(照)としては、井上ひさし「握手」が身につまされると云うか・・・。フランス映画「舞踏会の手帖」みたいなストーリーで、ルロイ修道士がかつての教え子を訪ねて歩く。「わたし」のところには「桜の花はもうとうに散って、葉桜にはまだ間が」ある頃にやってくる。後でわかったことだがルロイ修道士は実は「身体(からだ)中が悪い腫瘍(しゅよう)の巣になってい」て「上野公園の葉桜が終わる頃」に亡くなる。
新しく登場する作品には、鎌田實「雪とパイナップル」・茨木のり子「木は旅が好き」(中1)、椎名誠「アイスプラネット」・池上彰「メディアと上手に付き合うために」(中2)、小久保英一郎「月の起源を探る」・木下史青「光で見せる展示デザイン」・吉見俊哉「ネット時代のコペルニクス」(中3)など。
光村図書版、これまでもそうだったかどうか記憶が定かじゃありませんが、編集委員にドナルド・キーン(コロンビア大学名誉教授)も。
[PR]
by tiaokumura | 2012-04-21 14:54 | このブログのこと | Comments(0)

楽しみなラ・フォル・ジュルネ金沢

f0030155_192521.jpg
2005年に始まった「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」、今年が8年目。8年間のテーマを各年ごとに辿ると、ベートーヴェンと仲間たち→モーツァルトと仲間たち→民族のハーモニー→シューベルトとウィーン→バッハとヨーロッパ→ショパンの宇宙→タイタンたち、と続き、今年2012年は「サクル・リュスLe Sacre Russe」(ロシアの祭典)。
地方に住まう者には「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」とは無縁と諦めていたのですが、いつからでしょうか、金沢でも実施されるようになった。ありがたいことです。「ラ・フォル・ジュルネ金沢 『熱狂の日』音楽祭2012」、5月3日(木・憲法記念日)が都合がついて以下の公演を聴きます。
15:00~15:45(石川県立音楽堂・邦楽ホール)
プラジャーク弦楽四重奏団
チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番
ボロディン:弦楽四重奏曲第2番ニ長調
17:00~17:45(石川県立音楽堂・邦楽ホール)
ダヴィッド・カドゥシュ(ピアノ)
タネーエフ:前奏曲とフーガ嬰ト短調op.29
メトネル:忘れられた調べ第1集より第1番
ムソルグスキー:展覧会の絵
18:30~19:25(石川県立音楽堂・コンサートホール)
台北市立交響楽団
ドリアン・ウィルソン(指揮)
アンドレイ・コロベイニコフ(ピアノ)
チャイコフスキー:バレエ組曲「眠りの美女」より パ・ダクション、ワルツ
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調op.18

本当はこの日のプログラムで一番聴きたかったのは
14:00~14:45(石川県立音楽堂・コンサートホール)
台北市立交響楽団
西本智実(指揮)
チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調op.74「悲愴」
だったんですが、僕が購い求めた時点(2週間ほど前)で既にチケット売り切れでした(泣)。
金沢と云えば「オーケストラアンサンブル金沢(OEK)」ですが、5月3日に公演はないみたいです。

コンビニが出だした頃は「あんなところ、利用するもんか」と思ってたものですが、いつしかコンビニの「便利さ」に負けて(照)、今ではほとんど毎日のように利用しています。最近のお気に入りはサークルKの「ヤキトリ・カワ塩焼き」「おでん・タマゴ」「豆大福」です(照)。
「ラ・フォル・ジュルネ金沢」のチケット、サークルKではなくてローソンで購入しました。ATMみたいな機械で、使えるかどうか最初は不安だったので店員さんに教えていただいて最後は自分ひとりで買えた。コンビニでチケットが買えるなんて、齢(よわい)65歳半、ちょっと成長したのかも(激爆)。

5月3日の楽しみがもう一つ。日本語教師仲間の沓水博厚さん(アリス学園)ご夫妻と昼食を共にすること。沓水さんは新婚さんで(この間、当ブログへのコメントで結婚報告があった)、「新婚さ~ん、いらっしゃい」みたいな食事会になるかも(謎爆)。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」の公式サイトはこちら
ラ・フォル・ジュルネ金沢」の公式サイトはこちら
石川県立音楽堂」の公式サイトはこちら
[PR]
by tiaokumura | 2012-04-20 19:02 | 音楽 | Comments(0)

レスタリさん、ご来校

f0030155_11403341.jpg
(4月17日朝・記)
介護福祉士国家試験の難関を突破されたレスタリ・ラハイユさん(インドネシア)が、元・富山国際学院スッタフのKさんと、昨4月16日、富山国際学院をご訪問。アップした写真、自分、ジャンケンしとるわけではありません(大汗)。
レスタリさん(愛称「タリさん」の国家試験合格については当ブログこちらでも触れています。
タリさんと少しおしゃべり。「な~ん」「気の毒な」といった富山弁の話で盛り上がった。辞書で調べても出てこなかったんですね^^。富山弁が理解できさらには使用できたら、利用者さんや患者さんとのコミュニケートで大きな力になるでしょうね。
2008年に来日されたタリさん、この8月に初の里帰り。タリさんはスマトラ島ご出身で、先日の地震のことを訊いたら幸い被害はほとんどなかったみたいです。

タリさんには12時から2年生クラスのゲストスピーカーになっていただいた。学院生にとっていい刺激になったでしょうね。

介護福祉士の国家試験については、今回TV各局や新聞各紙で取り上げられていたので、皆様も関心を持たれたのではないでしょうか。先週の金曜日に地元TV局のKNBが10分ほど、介護福祉士候補者・看護師候補者について取り上げていました。番組中にタリさんもご登場。4月15日付の讀賣新聞にも「EPA枠の外国人看護師」「外国人の『介護福祉士』試験 日本語の壁 難しい合格」の2本の記事。

この日の富山は最高気温24.3℃-初夏並でしょうね。用事があって車で通った松川べり(富山の桜の名所の一つ。ソメイヨシノが470本)、満開でしょうか、花見客でずいぶん込んでいました。
[PR]
by tiaokumura | 2012-04-16 11:40 | 日本語教育 | Comments(2)

松尾芭蕉「桜」の発句 奥村十選

f0030155_1033313.jpg
はじめに:
本記事は以下の本を参考にした。
中村俊定校注『芭蕉俳句集』(1970年3月第1刷。岩波文庫)
山本健吉『芭蕉全発句』(2012年2月第1刷。講談社学術文庫)原本は1974年刊。
雲英末雄・佐藤勝明 訳注『芭蕉全句集』(2010年11月初版。角川ソフィア文庫)
松尾芭蕉(まつお・ばしょう1644-1694)の発句(ほっく)を、①・②は制作順、②は季語別に配列し、①は982句(他に「存疑」「誤伝」も)・②は973句・③は983句を収める。①~③とも全句索引(三句索引)が付き、②には「季語索引」③には「人名一覧」「地名一覧」も付く。
①のタイトルに「俳句」が入っているのは疑問ですが、岩波文庫は蕪村も『蕪村俳句集』です。

芭蕉の「」の句は77句(③に拠る)。季語としては花・桜・初桜・山桜・姥桜・八重桜・桜狩・花見などである。
松尾芭蕉「桜」の発句 奥村十選(制作順。句形は②に拠る。詞書は略。読みは主に②に拠り一部奥村)
姥桜さくや老後の思ひ出
(うばざくらさくやらうごのおもひいで)
二日酔ものかは花のあるあいだ
(ふつかゑひものかははなのあるあいだ)
奈良七重七堂伽藍八重ざくら
(ならななへしちだうがらんやへざくら)
花の雲鐘は上野か浅草歟
(はなのくもかねはうへのかあさくさか)
地にたふれ根により花のわかれかな
(ちにたふれねによりはなのわかれかな)
さまざまの事おもひ出す桜かな
(さまざまのことおもひだすさくらかな)
声よくばうたはふものをさくら散
(こゑよくばうたはふものをさくらちる)
花ざかり山は日ごろのあさぼらけ
(はなざかりやまはひごろのあさぼらけ)
しばらくは花の上なる月夜かな
(しばらくははなのうへなるつきよかな)
顔に似ぬほつ句も出よはつ桜
(かほににぬほつくもいでよはつざくら)

アップした写真は、2012年4月15日朝、いたち川沿いの桜並木を新宿橋から撮ったもの。いたち川は確か宮本輝『蛍川』のモデルになった川です。
[PR]
by tiaokumura | 2012-04-15 10:03 | 言の葉つれづれ | Comments(0)