<   2008年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「人間ドキュメント 阪井由佳子さん」(『週刊女性』より)

f0030155_1961733.jpg
高齢者、障がい者、幼児を受け入れる「富山型デイサービス」を始めて12年
阪井由佳子さん(39)
NPO法人「デイケアハウス にぎやか」理事長

-「週刊女性」より-

(5月18日午後・記)
5月10日は富山県民会館で「アジアの夢コンサート」のボランティア。舞台上手袖に待機してマイクのセッティングが主な仕事。で、ちょっと時間があいたので、ロビーに出てみたら、阪井由佳子さんとバッタリ出会った。思わず、ハグしちゃい合いました(爆)。阪井さんとはまだ数回しか会っていませんが、二人のあいさつは「ハグ」なんですね(照)。やがていつか「チュー」になるかも(嘘)。彼女のお人柄、なんでしょうね、人見知り激しいボクですが、そういう挨拶が抵抗なくできる方です、阪井さんは。
で、「週刊女性」のこと話してて(事情がわからない方は、このブログのこちらご参照)、あの時彼女は「週刊女性」に予定通り載ったとのことでした。読みそこなって残念がる僕のために、阪井さん、後日その記事のコピー送ってくれるとお約束。そして届いたコピーが写真。
阪井さんのことはこのブログでも何回か書いている。今回の記事では、ある日の「にぎやか」の描写から始まり、彼女の少女時代・理学療法士時代と続く。結婚・出産・離婚、理学療法士としての限界。やがて、今日の阪井さんの活動に直接つながる惣万佳代子さん(「このゆびと~まれ」)との出会い。そして、97年3月、「デイケアハウス にぎやか」を立ち上げる。
阪井由佳子さんとは4年ほど前に初めてお会いしたかなぁ。富山国際学院の学生にボランティア体験をさせたくて、まだ面識もないのに「にぎやか」にTELしてボランティアをお願いした。ただし、彼女の名前を知ったのはもっとずっと前、2000年頃。その頃僕は「サンフォルテフェスティバル」という男女共同参画関係のフェスティバルに実行委員(ボランティア)として関わっていた。そのとき実行委員によるシンポジウムを企画し、パネリストに惣万さん・竹嶋さん・相本さん、コーディネーターに浅生さんを人選し(今にして思うと図々しい男で、ほとんど僕好みの人選であった^^)交渉にもあたった。阪井由佳子さん(当時は30なりたてということになる)のお名前は、そのときの実行委員の一人から聞いた。で結局、パネリストは惣万佳代子さんになったが、阪井さんの名は僕の記憶に残っていた。
ま、そんな昔話はどうでもいいことで(汗)、今回の「週刊女性」の記者氏、プロだから当たり前なんでしょうが、阪井由佳子の半生や彼女の魅力をみごとに伝える文章。同記事の見出しだけ以下引用。
「どんなにボケとっても、/障がいがあっても/いつでも待っとるよ」
理学療法士として働いていたが/施設のシステムに限界を感じて
預けるほうも預けられるほうも/遠慮しなくてもいい所だから・・・
"看取り"を体験してわかった/『死』を受け入れるということ


週刊誌の性質上、どこかの図書館で見られるってのないでしょうね。阪井さんにコピー送ってもらってラッキー(照)でした。

阪井由佳子さん、記事コピーありがとうございました。
阪井さん、「にぎやか」「かっぱ庵」のスタッフの皆様、
学院生連れてまたボランティアに伺いますので
その節はいやがらんと^^
受け入れてくだいね♪

[PR]
by tiaokumura | 2008-05-14 19:06 | 富山 | Comments(0)

白山茶屋@金沢都ホテル

f0030155_20274720.jpg
(5月18日朝・記)
4月29日が「昭和の日」(去年から?)、5月6日が「振替休日」(4日の「みどりの日」が日曜だったから?)だったので、5月13日は3週間ぶりの金沢通い。仕事帰りに、先日ここのブログでの哲ちゃんのコメントにあった「白山茶屋」に行く。
金沢駅を出てすぐ近くに都ホテルがあり、白山茶屋はその中ってのをネットでも確認しておいた。ところが、都ホテルに入ってから、やっぱ方向音痴(恥)なんですねぇ、ようわからん。地階に降りてしばしウロウロ。誰かに尋ねようにも人気(ひとけ)がほとんどない。シャッター商店街みたいな雰囲気なんですね、地階。「こりゃ、もう店なくなったんかもしれん」と思いつつ歩いてたら、「白山茶屋」発見! 中に入って驚いた。お客で一杯ではないか。さっきのゴーストタウンとは一転、活気にあふれている。サラリーマン諸氏の集団・ペアいくつかあり、客の中に女性は(たった!)二人だけ。カウンター席が空いていたのでそこに座る。カウンター内では女性2人・男性1人が働く。全く当てずっぽうなんですが、お母さんとその息子夫婦(息子っても40代か?)なんでしょうか。
「友達に教えてもらって来ました」と言ってメニューを眺める。菊姫、哲ちゃんの言うとおり確かに8種類くらい揃っている。「辛口でキリっとした感じのが呑みたい」と申し出ると、「山ハイ吟醸」を勧められた。1合冷酒。後で思ったのだけど「ハーフ」ってのもあったので、2種類呑み比べればよかった。お酒強いほうじゃないので、1合で充分なんですねボクって。
山ハイ吟醸」は「山ハイの強い『コシ』と『キレ』に吟醸の芳ばしい香と華やかさを持つ旨酒」とのこと。刺身盛合せ白山鍋(白山なめこ・エビ天ぷら・ごぼう天ぷら・お豆富)、カモ肉あぶりとりかわハマグリ酒むしカニぞうすい。我ながら実によくもまぁ食ったもんです(照)。でも料金はボクでも払える額でした。
白山茶屋」、1回だけでは終わらないお店。リピーターになりそうです。一人でも入れるお店ですが、二人かグループで入り、会社への不満や上司の悪口や仕事の愚痴を肴に^^安くておいしい料理を食べ菊姫を味わうほうがベターかも(爆)。
「白山茶屋」さま、ご馳走様でした。
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-13 20:27 | 美味録08年 | Comments(3)

名古屋出張(2)

f0030155_19165936.jpg
(5月18日朝・記)
5月12日、5時に大名古屋ビルヂングでの会議が終わる。その後、同じビル内3FにあるI.C.NAGOYA丸山茂樹校長田中さんと打ち合わせ、6時頃まで。
丸山校長から夕食を誘われたが、いつもご馳走になってばかりは悪いし、行きたいところもあったので、名古屋駅で別れる。それでも丸山先生、方向音痴で田舎者のボクがご心配だったんでしょうね、駅で切符の買い方などご指導くださいました(照)。ちょー忙しの先生なんに、いつもご配慮いただき、恐縮至極です。
行きたいところ、それはヴィレッヂヴァンガード。富山にもお店あるのかもしれませんが、去年、下北沢で初めて入りました。丸山先生に教わったとおり、名古屋駅を出てビックカメラのビルに向かう。このビルの中にヴィレッジヴァンガードが入っている。ヴィレヴァンは名古屋が発祥の地、確か。若者向けの店なんでしょうが、ごちゃごちゃした店内陳列、アブないグッズや本があったり^^、これ何に使うねん的商品など、僕は好きです、ヴィレヴァン。特別何か買うって目的がなくても楽しめるお店。今回は初夏からかぶれる帽子、色違いで2つ買いました。2点で4000円弱。写真の帽子、2点のうちの1つです(照)。
夕食、どこにするか迷ったのですが、JR名古屋駅構内にある「右衛門」で。「そば・焼鳥居酒屋」。生ビール2杯、お通しがたこ・わかめ。名古屋コーチン盛合せ(5本。沖縄産の「天然塩」で。焼鳥、僕は「たれ」より「塩」のほうが好きなんですね。「たれ」は店によって当たり外れあるけど塩はそうでないし、塩のほうが素材の味が味わえるから)、おでん盛合せ(5品)、〆は仕上げそば(温かいほう。「玄そばを甘皮付きのまま石臼で挽いたこだわりそば」だそうです)。
いつぞやは会議の後、I.C.NAGOYAの野田さん・遠藤さんと飲食してて、つい時間を忘れて電車に乗り遅れる失態を演じた(恥)けど、今回は名古屋発20:03、しらさぎ15号にちゃんと^^乗車。富山着23:33。
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-12 19:16 | 僕は学院長0年生 | Comments(2)

名古屋出張(1)

f0030155_1237131.jpg
(5月18日朝・記)
5月12日、名古屋出張。この半年くらいで4~5回くらい名古屋に行っているかなぁ。こんなに名古屋を往復するとは、1年前には想像もしなかったことである。
いつもは米原経由なのだが、今回は行きに高山本線を利用することにした。名古屋での会議が1時スタートで、富山発8:00名古屋着12:01着の「ワイドビューひだ6号」がちょうど便利。ワイドビューっても、2階建ての列車じゃありませんが^^。
富山駅で読売と日経を買ってひだ6号に乗り込む。全車両禁煙なんですね。座席で読売新聞を見ててビックリ。毎週月曜日連載の「高校グラフィティー」、今回はなんと富山県内の「富山高 富山中部高 高岡高」を取り上げてる! 見出しは「競う御三家 学びの伝統脈々」。
何十年ぶりかで通る高山本線沿線の森や川や田畑や民家、目の保養になりました。これで車窓が開けられれば清冽な空気も味わえるところでしょうが、いつの頃からなんでしょうか、ローカル線の一部を除き列車の窓って開けられなくなりましたよね。風情より安全優先ってことんなでしょうね。高山で車両連結時間があって、ちょっとホームに降りる。バックパッカーの外国人が多数。中には僕くらいの年齢のご夫婦と思しき方も。羨ましく感じた。
越中八尾・猪谷・飛騨古川・高山・下呂など山間部を走りぬけ、やがて平地に入り、岐阜そして名古屋。名古屋駅の降りたホームでおいしそうなお店があって入る。たぶんお母さんと息子さん、でしょうか、カウンター内にお二人きびきびと働いてらっしゃるお店。きしめんとカツ丼を食べる。メニューにビールもあったけど、仕事前なんでガマン(爆)。
1時から5時まで、名古屋駅広小路口すぐ近くの大名古屋ビルヂング12Fの1219で会議など。
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-12 12:37 | 僕は学院長0年生 | Comments(0)

佐高・雨宮・森岡『信号機の壊れた「格差社会」』(岩波ブックレット)

f0030155_9422499.jpg
佐高信(1945-。評論家)
雨宮処凛(1975-。作家・プレカリアート活動家)
森岡孝二(1944-。関西大学経済学部教授・株主オンブズマン代表)
信号機の壊れた「格差社会」
岩波書店(岩波ブックレット)
2008年4月23日第1刷
480円+税

本書のタイトルは佐高によれば
これは小泉純一郎・竹中平蔵の路線の構造改革を指しています。本当は改革でもなんでもない、カッコ付きの「改革」が、社会の約束事である信号機を壊したのだ、ということを言っている言葉です。「壊れた」と言っていますが、本当は「壊れた」のではなくて、もっと正確には「壊した」のだと言えます。(本書p.4)

ところで僕は、雨宮処凛(あまみやかりん。1975-)は「ミニスカ右翼」と言われた頃に注目し始めました。現在は左派系論客のような立ち位置にあるみたいで、そのことは右から左に「転向」なんて言われ方をするのかもしれないけど、雨宮ファン(照)の僕としては、彼女の論理は深まりこそすれぶれてなく、彼女が己の行動指針を忠実に突き詰めて行き着いたのが現在の立ち位置だと、思う。誉めすぎかもしれないが、時代が彼女にようやく追いついた、時代がやっと彼女の発言に耳を傾け始めたのである。
雨宮の文章は新聞などでたまに読む程度で、いつかまとまった形で読みたいと思っていたが、ではさて何から読み始めればいいのか迷ったままで月日を過ごしてしまった。岩波書店から本書(共著だが)が出るのを知って、博文堂さんに注文、先日届いた。
このブログをお読みの方の中には、雨宮についてご存じない方もあるかもしれませんね。Wikipediaのここに紹介されています。
本書は、2007年12月15日に行われた、立教大学経済学部100周年記念シンポジウム「信号機」の壊れた「格差社会」」をもとにしたもの(本書p54)。立教の経済学部ってずいぶん大胆な人選するんですねぇ、ビックリしました(爆)。そもそも佐高も雨宮も森岡も立教とは無縁なんじゃないだろうか。
本書に雨宮は「反撃をはじめたワーキング・プアたち」として収録(pp16-33)。見出しを拾うと
餓死寸前! ロスト・ジェネレーションの現実 貧困ビジネス どうやって、ネットカフェ難民が生まれるか 助け合いの萌芽-「もやい」と労働組合(ユニオン) 自己責任論の呪縛から抜け出るために 名ばかり管理職-正社員の実態 怒っていい! 
です。
本書の中で雨宮はこれまでの現実を正確に分析し、現在の状況を報告しています。僕なんかがそれを要約するのは彼女に失礼になると思うので、皆様各自、本書をお読み下さい。「480円+税」なんで買われるのもいいかとも思いますし、岩波ブックレットは図書館など常備してるところも多いように思いますので借りて読まれるのもいいかも。
僕は雨宮の2冊目は近刊の
『雨宮処凛の闘争ダイアリー』(集英社)
にしようと思います。
Amazonでチェックしたら、雨宮本、26点あり。すごいですねぇ。
雨宮の公式ホームページはこちら。ただし、あまり更新されてないみたいです。
雨宮のブログ「すごい生き方」はこちら
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-11 09:42 | | Comments(0)

アジアの夢コンサート(5)

f0030155_2251771.jpg
(5月17日夜・記)
写真は、今回のステージ設営ボランティアを共に担当した志村さんと。
5月10日、教育文化会館の駐車場に車を入れて、県民会館に行く。谷中秀治さんの指揮下で働くことになっていたのですが、僕の他にあと2人いるはずのメンバーがいない! 「えっ、ひょっとして、ボク一人でやるん?」と焦った。谷中さんと奥様(プロのミュージシャン。僕は最初、谷中さんの娘さんかと思ってた^^)が、僕のやるべきことを指示し、そのやり方を教えてくださるのですが、これが・・・素人にはけっこう難しい(汗)。リハーサル中、こりゃ一人じゃ無理だぁ、とゼツボーしてたら、助っ人登場。今日の会場に別の用事で来ていた志村さんが狩り出されたんですね、ステージ設営ボラに。彼にとってはメーワクだったでしょうが、おかげで僕は大助かり。
彼と二人、ほとんどの時間、舞台上手の幕裏に待機しボランティア活動。一番大事な仕事が「ばみり」。恥ずかしながらこの言葉、僕は今回初めて知りました。舞台上に、マイクや楽器の位置をビニールテープで貼る-それが「ばみり」。ビニールテープとマイク&マイクスタンドに同じ番号をつける。例えば、「ウエィノ11」がパーカッションの位置。出場者入れ替わりのわずかの時間で作業終わらなきゃならない時もある。あるいは舞台暗転時に「ばみり」をするときは大変。マイクが7本いるときも混乱しそう。
幸い、志村さんと二人、谷中さんの指示に従ってなんとか作業できました。「ばみり」、いつかどこかでまたやりたいくらい(爆)。ただ、マイクコードの8の字巻ってぇのは、結局マスターできないままに終わりました(泣)。
無事終了し、こうして記念撮影。彼は、ほら、吉村作治だかのインターネットを使った大学ってありますよね、そこの大学生です。海外での生活も何回か経験してるみたい。授業がネット上なんで、例えば台湾にいても「授業」受けられる。メカ音痴の僕には真似のできない大学生活です。
川渕映子さんとは、彼女の企画したスタディ・ツアーでのつながり、だったか。

志村さん、このブログ、見てますか?
約13時間のボランティア、お疲れ様でした。
今頃はどこにいるのかな? 元気にしてますか?
このブログ気がついたら、コメントくださいませ(爆)。

[PR]
by tiaokumura | 2008-05-10 22:05 | 音楽 | Comments(0)

アジアの夢コンサート(4)

f0030155_1814756.jpg
(5月17日夜・記)
5月10日は「アジアの夢コンサート」のボランティアで、昼食も夕食もコンサート会場の富山県民会館内で。2食とも、めっちゃ食いました(恥)。食事用意の方もボランティアの方で、おにぎり・おでん・富山のかまぼこ・ゆでたジャガイモ・鳥肉・フルーツポンチなど、どれも実においしく、計3000円くらい食べたんじゃないだろうか、ボク(恥×2)。
夕食のあと、タバコを吸ってたら(喫煙所、あるんですね、会館内に。イマドキ珍しいかも)、川渕映子さんが通りかかり、更に谷中秀治さんも通りかかり、お二人におねだりして^^こうして記念撮影(照)。お二人とも大忙しの身なんに、どうも勝手な男です、ボクって(恥×3)。
川渕さんも谷中さんも今回のコンサートの最重要人物。川渕さんは全体のコーディネーター、谷中さんはコンサートの総合プロデューサー役と言えるだろう。今回のコンサート、後日実行委員会から来た手紙では800人の動員だったとか。
今回の僕のボランティアは谷中さんの指揮下でステージ設営を担当したのですが、最後に谷中さんから「本当にありがとう」と言われ、素人ながらなんとか大役が果たせてホッとしました。

川渕さん、谷中さん、皆様。
またいつかお会いできる日を・共に活動できる日を
楽しみにしています。
今回はありがとうございました!

[PR]
by tiaokumura | 2008-05-10 18:14 | 音楽 | Comments(0)

アジアの夢コンサート(3)

f0030155_1459758.jpg
(5月17日夜・記)
写真は、今回のコンサートの出場歌手のハイチュウさんと。バックの3枚の長い布は、デザインから見て、きっとウェイノ(Wayno)のでしょうね。
ハイチュウさんとは日本語でお話。上手な日本語で、それもそのはずハイチュウさんは、歌手兼日本語教師。日本語教師って、僕とご同業(照)。でもハイチュウさんは、ゆくゆくは音楽活動一本を目指してらっしゃるんでしょうね。
ハイチュウさんは、今回のコンサートでは3曲。
紅葉  18の頃  しまんちゅぬ宝物(ベトナム語)
紅葉」は冬ソナを思い出させるような感じのメロディライン。
しまんちゅぬ宝物」はタイトルからもおわかりのように沖縄テイストな歌。
18の頃」は、知らなかったのですが、加藤登紀子の曲。いつかカラオケで歌ってみたい曲です(照)。後日ネットで調べたら、ハイチュウさんの「18の頃」が聞けるサイトを発見。ここに入ると右上に「hi ga noboru mae ni」と「18 no koro」があるので、「18 no koro」をクリックすると試聴できます。
ハイチュウさんのブログこちら。右にもリンクしてあります。

今回のコンサートまで、ハイチュウさんのことは全く知りませんでした(恥)。今回ボランティアしての「役得」かも、ハイチュウさんを知ったことは。
ハイチュウさん、これからもご活躍を!
またお目にかかれる日を楽しみにしております。

[PR]
by tiaokumura | 2008-05-10 14:59 | 音楽 | Comments(0)

アジアの夢コンサート(2)

f0030155_14533569.jpg
(5月17日夜・記)
ウェイノが準備してるところに、ちゃっかり紛れ込んでるボク(照)。
今回のコンサートでウェイノは
サンファニート ワルツ アルゼンチン・サンバ コロンビア・グンバ チューニョの花
をプログラム上で予定していたのですが、実際には変更もあったみたいです。
「こきりこ」の名手岩崎喜平さんこきりこ節をコラボ。アンコール曲で吉本佳代さんらと「ふるさと」も。

今回のプログラムでのウェイノ紹介文を以下引用。
富山在住の谷中秀治(bass)を含む5人編成。アンデス民謡とオリジナル曲を中心に主にN.Y.と日本で活動。「アジアの夢コンサート」には当初から関わり、ベトナムを訪れ「アジア子どもの夢」が支援するフーチェン中学校ヤクチ障害児養護施設でも演奏会を開いた。

谷中秀治さんのブログはこちら
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-10 14:53 | 音楽 | Comments(0)

アジアの夢コンサート(1)

f0030155_1094798.jpg
(5月17日夜・記)
Program
第1部(13:30~)
 コンサート前半
 プリティキッズ
 ピカソニック
 トゥモロ

 コンサート後半
 ハイチュウ
 吉本佳代
 ウェイノwith岩崎喜平

第2部(18:30~)
 コンサート前半
 アペラッチャコ
 松岡ダンススクール
 大谷氏

 コンサート後半
 ハイチュウ
 吉本佳代
 ウェイノwith岩崎喜平


第1部・第2部ともコンサートの前に、宮崎さゆりさんの詩の朗読、ビデオ(ベトナムでの活動など)上映、影絵川渕映子さんのあいさつ、ワシントン・ピースセンターのジェイさんのあいさつ、がありました。
僕はこのコンサート、ステージ設営係としてボランティア参加。
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-10 10:09 | 音楽 | Comments(0)