<   2007年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

卒業論文のテーマが見つからない(泣)

2006年度、最後に残った「言語学演習」のレポート、明日提出に。2月16日以来久々の登校です^^。
実は今回のレポート、今後の方向なんかも書かなきゃなんないんですが、僕の場合、まだな~~んもない! 3年生のクラスメートのほとんどが卒業論文のテーマ決めて取り組んでるみたいなんですが、僕は「とほほ」の状態。
今回のレポート、白紙もマズいんで(汗)、いちおう予定めいたことだけは書いておいた。
春休み専門書・雑誌論文などを読み、取上げられそうなテーマを見つける。
     代表的な先行研究を読み、問題点を見つける。
4月卒業論文研究計画提出
6月前学期言語学演習発表
   教官のアドバイスを参考にして研究計画を練り直す
夏休み中間発表
10月後学期言語学演習発表
11月8割完成
1月上旬完成・製本
1月中旬提出
2月口頭試問
2008年3月21日(金)卒業(正式には「学位記授与式」です^^)
こんなんでいいんじゃろうか。なんか・・・・絵に描いた餅っぽいし(自爆)。

明日は言語学の「追いコン」、僕は仕事で欠席なんですが(泣)。
ご卒業されるお姉さま・お兄さまの皆様
落穂拾いみたいで恐縮なんですが、
なんか卒論、ひげっち向けにないっすか。
あ、先輩の皆様
ご卒業おめでとうございます!(って、卒業式はまだなんで、悪いことして卒業延期ならんようにしてくださいね♪)
いろいろお世話になりました。
謹んでお祝い&お礼を申し上げます。
PS ときどきこのブログにもご訪問(+コメント)、お願いします。
[PR]
by tiaokumura | 2007-02-26 22:29 | 僕は大学3年生 | Comments(4)

富山地方気象台「今冬は記録的な暖冬少雪」

今日2月25日は富山大学入試。僕が授業を受けているあの教室やこの教室で、今日、受験生ががんばってたことでしょうね。
2月23日の北日本新聞に出てたんですが、この冬は7項目にわたって記録更新しそうです、富山。項目、2月21日時点での記録、過去1位の数値(年)、の順で示すと以下の通りです。

2月の平均気温5.5℃ 5.7℃(1990年)
2月の冬日の日数4日 6日(1979年・1990年)
2月の積雪日数6日 7日(1979年・1989年)
12-2月の平均気温5.5℃ 5.5℃(1978年)
12-2月の冬日の日数10日 20日(2001年)
12-2月の降雪量の合計61cm 83cm(1971年)
12-2月最深積雪20cm 23cm(1996年)
原因
①エルニーニョ現象で太平洋上の気圧配置がずれ、大陸からの季節風が弱まった
②北極から寒気があまり放出されなかった
だそうです。

雪かき、2回くらいしかしなかったし、スノータイヤの恩恵、ほとんど感じてない。大学、駐車場借りてて、大雪だと大変だろうな、と思ってたんですが、幸い(今のところ)苦労なしです。
学院生自転車通学が多いので、彼ら・彼女らにとっては良かっただろうなぁ。毎シーズン、雪で休校が何日かあるもんですが、今年は今のところゼロ。このままゼロで終わりそうです。
暖冬は雪道運転ちょー苦手な僕(恥)にはありがたいことですが、スキー場、お客さん激減できっと大損害。世の中、全ての人が幸せなんてことはないもんなんですねぇ。 
[PR]
by tiaokumura | 2007-02-25 20:36 | 富山 | Comments(0)

泉興長先生「カード64」

f0030155_2103965.jpg
泉興長先生に初めてお会いしたのは10年ほど前になるでしょうか。富山市立外国語専門学校の中国語の先生でした。元・高校教師というご経歴だったか。その後、允玉(ユンオク)先生の韓国語講座を一緒に受講したりしました。先生は日本語・中国語・英語の音韻比較もご研究になっていて、その成果を学会誌に発表なさったり、あるいは先生独自のアイディアで「カルタ」化を目指してらっしゃいました。
その泉先生から今日、テスト版「カード64」(写真左)が送られてきました。先生のお手紙によれば「ゲーム感覚で日本語・漢語・英語の音を楽しめるカルタ」だそうです。
同封の毎日新聞記事(写真右。青山郁子記者・2007年1月17日付)から引用紹介します。

イズミさん(奥村注:先生は「イズミ オキナガ」を通称になさっている)は、3カ国語を分解しa、k、m、n、p、r、s、tの8音素に配分。その結果、すべての組み合わせで64タイプの音図ができるという。例えば、日本語の「カツ」と中国語の「割」、英語の「cut」をk-tタイプの語となる。

今僕は言語学お勉強中^^なもんで、先生のこのカルタ、ちゃんと評価できませんが(恥)、先生の労作であることは間違いありません。カルタ、梶川之男さんって方の切り絵入り。
[PR]
by tiaokumura | 2007-02-24 21:00 | 富山 | Comments(1)

課外活動・古市義雄さん、ありがとうございました!

f0030155_11562542.jpg
ライトレール始発駅「岩瀬浜」に着く。ここでポートラムに乗車して帰途に。
左から3人目が古市さん
学生、途中で文句も出ず(うるさい学生もおるんです、うちんとこ^^)、天気を除けば「良かった~♪」の部類の課外活動だったかと、勝手に自己評価(核爆)。学院から電車賃往復200円の補助も出たし♪(爆)。
古市さま、今回のガイド、ありがとうございました!
[PR]
by tiaokumura | 2007-02-23 11:56 | 日本語教育 | Comments(1)

課外活動・富山港展望台

f0030155_11231836.jpg
森家の次はここ「富山港展望台」。
エレベーターなんてないので、階段を上っていく。パリのサクレクール、一瞬思い出しました^^。幸い、最上階まで学生の助けなしで上れました、ちょっと息切れしたけど(自爆)。

晴れていれば能登半島立山連峰も見られるそうなんですが、残念、今日は雨で曇ってて、展望できない(泣)。
港にはロシア船などが入っていました。
[PR]
by tiaokumura | 2007-02-23 11:23 | 日本語教育 | Comments(0)

課外活動・森家の前

f0030155_11151358.jpg
昨日はいいお天気だったんですが、昨夜強い風で、こういう翌日は雨になることが多いので心配してたら、案の定、今朝は。ま、このくらいの雨なら課外活動は大丈夫だろう、と思って決行。幸い途中で強い雨にはならなかったのですが、活動中ほぼずーっと雨でした。
[PR]
by tiaokumura | 2007-02-23 11:15 | 日本語教育 | Comments(0)

課外活動・館長さんのご説明を聞く

f0030155_10525983.jpg
森家の館長の米田芳彦さん(写真左の方)のご説明を聞きました。
米田館長は、綾小路きみまろさんみたいな印象(爆)。身振り手振りでおもしろく説明していただいた。B組学生も楽しく拝聴(でも、冗談とかわかっとったんじゃろか^^)。
米田さんのご説明にも出てくるんですが、明治期の経営者のすばらしさ、ただ金儲けりゃいい、ってんじゃぁなかったんですね。馬場ハルさん(故人)は、現在の富山大学建設資金、寄付された。米田元太郎さん(故人)って当時の地主さん、8キロくらいずーっと続く土地持ちっだったそうですが、富山港線(今のライトレールの前身)のために土地をご提供。
今、朝日新聞の「人・脈・記」、「渋沢栄一」シリーズなんですが、確かにかつての「お金持ち」って単なる「財産家」じゃなかった人、多い。ホリエモン氏や村上氏も、日本語学校の一つも作ってくれてれば、あんなことにならんかったかも(嘘爆)。
[PR]
by tiaokumura | 2007-02-23 10:52 | 日本語教育 | Comments(0)

課外活動・森家

f0030155_10363951.jpg
写真は、北前船回船問屋森家」の土蔵にて。
森家は、岩瀬大町通りのほぼ中央に位置し、国指定重要文化財。明治11(1879)年建。
パンフレットから以下抜粋。
日本海で活躍した北前船(岩瀬ではバイ船という)による交易は、幕末から明治にかけて東岩瀬港は最盛期であった。北前船主は主として北海道、上方とさかんに交易し、東岩瀬に多くの富と文化をもたらした。
(んんん、一文目、原文のまま、なんですが、日本語としてちと変?ボクだけがそう思う?)
[PR]
by tiaokumura | 2007-02-23 10:36 | 日本語教育 | Comments(0)

課外活動・ガイドボランティアの古市さん

f0030155_9583444.jpg
東岩瀬駅で降りて、古市さんと合流。写真は東岩瀬駅舎内にて。
古市義雄さん(東岩瀬郷土史会。写真左の方)が今回の僕たちの岩瀬見物のガイドをなさってくださいます。古市さんは、柳原正年さん(大楽塾・シニアネットなど主宰。僕は「シニアネット」会員です、幽霊会員^^ですけど)を通じてご紹介いただきました。
古市さんのお話によると、30人くらい観光ボランティアがいらっしゃるそうです。古市さんはこの町の生い立ち。8月2日の富山大空襲のことをお聞きしたら、当時は疎開されてたとのこと。岩瀬は軍需工場もあって空襲の目標になりそうですが、米軍は人口密集市街地を狙い、岩瀬は空襲の被害はほとんどなかったそうです。
富山大空襲のことは、このブログにも投稿済みですが、概略、以下の通りです。
1945年8月2日午前0時36分~2時27分(焼夷弾投下111分間)
174機のB29、焼夷弾51万7千発余り
死者推定3千人、負傷者約8千人、被災世帯2万4914戸(109592人)
(ネットの「富山大空襲を語り継ぐ会」に拠る)
[PR]
by tiaokumura | 2007-02-23 09:58 | 日本語教育 | Comments(0)

課外活動・ポートラムに乗って・・・

f0030155_9384882.jpg
卒業前の課外活動第2弾は「ポートラムに乗って岩瀬まちなか探検」。
富山駅北9:30発のポートラムに乗り込む。
1人、今日が受験なので、B組学生7人と僕。
ポートラム(路線名は「ライトレール」、車両名が「ポートラム」)、「フランスからも視察に来たんだよ。環境にも優しいし♪」とか自慢したら、大連出身の学生、「大連にもある」って^^。ま、そりゃそうだろうけど(爆)。
そう言えば、パリにも何十年ぶりかで「市電」復活だったような。市電はいいですよね。富山県は富山市に2路線、高岡市に1路線、市電があります。
[PR]
by tiaokumura | 2007-02-23 09:38 | 日本語教育 | Comments(0)