カテゴリ:このブログのこと( 378 )

2017年5月・ブログ内ランキング

2017年5月は14本の投稿記事でした。6月は東京行きですので、月15本以上の投稿、できるかも。「訪問者」は1日平均140.39人で、先月100人を割ってしまったのから約4割もアップです。不思議。このブログは、「PC」「Mobile」「PV合計」「訪問者」とあるのですが、どういう集計になってるんでしょうね。「リンク元URL」は、100以上だけ挙げると、1位「http://search.yahoo.co.jp/」398アクセス(以下同じ)、2位「https://www.google.co.jp/」301、3位「http://search.yahoo.co.jp」224、4位「https:www.bing.com/」121でした。

5月の「記事ランキング」は
第1位<2011年5月12日付>こんな授業・あんな授業(17)久々の、日本留学試験「記述」対策(92アクセス。以下同じ)
第2位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(48)
第3位<2012年4月23日付>富山地方法務局で登記(36)
第4位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(33)
第5位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(32)
第5位<2014年7月12日付>こんな授業・あんな授業(26)ディクテーション(32)
第5位<2017年5月14日付>こんな授業・あんな授業(39)漢字チェックテスト(32)
第8位<2016年5月15日付>中学国語教科書を読む(29)
第9位<2013年6月7日付>癌日記:6月7日(金)、抗癌剤TS-1、19クール目開始(28)
第10位<2017年5月6日付>ゴールデンウィークの読書(23)
でした。
今月も100アクセス超えはありませんでした。日本語授業記事が5本もランクイン。癌は1本。僕、「がんサバイバー・クラブ」のメルマガ登録しました。第2位、かつてはしょっちゅう100アクセス超えしてました。久々のランク入りかも。

検索キーワードランキング」のほうは今月も4以上はなしで、3が「TS11クール目」「亀書房」でした。

NHK「ひよっこ」、茨城・向島から来週は第3ステージに。今週、豊子の反乱。成績が良かったのに高校進学できなかった青森県出身・豊子。この女優、大成しそうな感じがしますが、どうなんだろう。同じ中卒の青天目と抱き合う別れのシーン、自分、流れる水も(照)。ジジイ、だからでしょうね、涙もろくなった。1965年の彼女たち。僕は大学1年生の夏休みは帰省せず、大学の木村珪二先生宅を訪問して彫刻のヌードモデルをしてたような(2年生の夏かなあ)。お嬢さんにサポーターを洗ってもらってた(照)。先生の彫像は大塚キャンパスの噴水のある池にあったと思う。日展作家。冬休みは西武デパートの配送を自転車で。新宿区内を走ってたんでしょうね、きっと。寒さにも疲れて下宿先のI家の玄関先でおもらししたような記憶も^^。みね子たちとはまた違った青春じゃったんでしょうね、自分。もう半世紀以上昔のこと。
ブログやってると、いろいろなことが。先日首都圏の某大学の教官から勤務先の富山国際学院に封書。学生のことかと思ったら、「高橋和巳」のことだった。僕のブログ記事を読まれたみたい。これまで「内村剛介」「吉本隆明」「寺山修司」「ジョン・レノン」「ジャニス・ジョプリン」などでも、見知らぬ方からブログコメント以外に連絡があった。今回の高橋和巳の件、僕には任が重いので読み捨てにしました。
今日、土曜出勤。明日も出勤です。とほほ。出勤前に博文堂さんに支払い&注文。中野翠『あのころ、早稲田で』を注文。中野は、みね子や時子、三男、僕と同じ年かも。彼女は早稲田大学。
[PR]
by tiaokumura | 2017-06-03 19:18 | このブログのこと | Comments(0)

久田真紀子「仰げば尊し」(朝日新聞 けいざい+)


僕は朝日新聞を取っているが、経済記事はほとんど読まない。たまに「経済気象台」ってのを読む程度かなあ。そこ、企業人などが書いてる。先日、何気なく経済面に目を通してて「14歳 銀座のホステス」って見出しに目が行った。「元不良少女が、どん底から反転、起業し、教師への恩返しを誓う」という物語。通算4回の記事、切り抜いた。
奥村学習塾を主宰していた頃、教室には本も並べてて、その棚にある日、大平光代『だから、あなたも生きぬいて』(講談社 2000年)を入れた。今回の久田の連載読んでて、大平も思い出した。大平は14歳で暴走族、16歳で刺青、組長と結婚、21歳で北新地でホステス。

久田真紀子、ソフトウェア第三者検証会社「ヴェス」社長、従業員150人、年商10億円。
北海道生まれ、6歳の時両親が離婚し、双子の姉妹と共に母のふるさと千住へ。小学生時代、身を守るためいじめっ子に。足立区立第16中学で「千夏」と出会い、少女3人のチーム結成。中学2年で銀座のクラブホステス。中学卒業式にはPTAが彼女の参加を拒否し、校長室で卒業証書授与。やがて、銀座の仕事にのめりこみ、落ちていった。(1)
お水の道をまっしぐら。バブル崩壊。銀座から歌舞伎町へ。25歳で結婚、大阪へ。だが、DV、26歳で離婚、東京へ戻る。そんなある日、外国で外科医の姉を訪れ、その地で過酷な人生を生きる姉の「こんなんことで死んだら、命はいくつあっても足りない」という声を聞き、<せめて、人に迷惑をかけずに生きよう>と思う。「師匠」との出会い。ITなんて全くわからない中、大企業との営業活動に従事する。(2)
カリスマエンジニアの長谷川清が、久田が頼んだ大企業のシステムトラブルを解決。久田は彼に尋ねる、どうやったのかと。長谷川「ある機械は日本語を、ある機械はフランス語を話してた。それを全部フランス語にしただけさ」。久田は、「IT用語をたとえ話にしてもらったら私にも分かるな」と思う。次第に営業成績が上がる頃、師匠から「退社して起業しなさい」と言われる。現在の久田評の1つ「自分に知識がないと公言し、人を味方にしてしまう。判断は直感的。ずば抜けた人間力の持ち主」。
そんな久田が不惑になろうという年、「千夏」が死んだ。(3)
千夏は殺された。久田は葬儀の仕切り役に。かつての恩師、関根健一、星野誠一、吉岡幸子に連絡。千夏の翌月の命日、別れ際に吉岡は言う、「あなたは私の誇り、尊敬できる女性になりました。約束してね、体を大切にするって、むちゃしすぎないって」。久田は涙を流し、「うん」としか言えなかった。
久田の今の目標は「早く会社を大きくして次にバトンタッチすること」。
「『仰げば尊し』の出だしぐらいは知ってるさ。私みたいなヤツでも、人生何とかなるって、子どもたちに語りたいんだ。反面教師になって、我が師の恩に報いたいよなあ」(4)

朝日新聞「けいざい+」連載:仰げば尊し 14歳 銀座のホステス(2017年5月3日・4日・5日・6日付)
1 元不良少女、今は年商10億円の社長
2 DV・離婚・・・27歳、IT業界へ
3 「知識より気持ち」28歳、起業
4 「師の恩に報いる」42歳誓う

[PR]
by tiaokumura | 2017-05-14 13:27 | このブログのこと | Comments(0)

2017年4月・ブログ内ランキング

当ブログ、2017年4月は12本の投稿記事でした。「訪問者」は1日平均99.27人で、100人を割ってしまった。「リンク元URL」は、100以上だけ挙げると、1位「http://search.yahoo.co.jp/」479アクセス(以下同じ)、2位「https://www.google.co.jp/」356、3位「http://search.yahoo.co.jp」268でした。

4月の「記事ランキング」は
第1位<2011年5月12日付>こんな授業・あんな授業(17)久々の、日本留学試験「記述」対策(91アクセス。以下同じ)
第2位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(66)
第3位<2017年3月6日付>癌日記:3月23日(木)、病院で『騎士団長殺し』読了(36)
第4位<2017年3月18日付>♪東京へは もう何度も行きましたね♪♪♪(33)
第5位<2017年4月1日付>そうだ 英語を勉強しよう(31)
第6位<2014年7月12日付>こんな授業・あんな授業(26)ディクテーション(30)
第7位<2013年6月7日付>癌日記:6月7日(金)、抗癌剤TS-1、19クール目開始(27)
第7位<2017年4月9日付>さくらウォーク(27)
第9位<2007年6月6日付>富山市教委の愚策「中学校選択制」に反対する(25)
第9位<2017年4月8日付>お花見、そして食事会、更に夜桜も(25)
でした。
日本語教育が3本、が2本入りました。第1位、もうちょっとで100アクセスでしたが、残念。今年に入って月100アクセス記事はまだ出ていません。

検索キーワードランキング」のほうは4以上なしで、3が「亀書房」「日本語りゅうがく試験」「日本語教育 ディクテーション」でした。

今日から5連休。今日だけは出勤します。昼食、どこで食べようか。7日は映画『僕と世界の方程式』を観る予定。NHK『ひよっこ』、東京が舞台になりましたが、こないだまでは北茨城(架空の地名?)。茨城弁にも疑問の終助詞「け」って、あるんですね。「わかっけ」(アクセントは違うかも)など。遠く離れた富山と茨城で共通って、柳田方言周圏論になるのでしょうか。あと、こないだ学生に聞かれてイマイチうまく答えられなかった「何」の「なに」「なん」の読み分け、整理してます。助数詞は「なん」ですよね。「なんで」「なにで」の違いも説明、要。学生からの質問では、かなり前にロシアの学生だったかに「神社と寺とどちらが多い?」って聞かれたこと、あります。これ、けっこう難しい質問。
[PR]
by tiaokumura | 2017-05-03 09:06 | このブログのこと | Comments(0)

東京教育大学・国語学国文学(1970年)

ゴールデンウィーク、始まりました。例年だと「ラ・フォル・ジュルネ金沢」に通うのですが、今年はなぜかないみたい。東京とかでは例年通りあるみたいですが。主催者側の事情か、なんでなんでしょうね、中止。で、別の音楽イベントが金沢や高岡であるみたいですが、乗り気になれなくてそれはパス。
NHK「ひよっこ」、見てます。主にBSで7時半から。みね子、僕と同学年。彼女は集団就職、僕は大学進学ですが、同じころに上京しています。来週からは東京が舞台。
ネットに「東京教育大学学部学科専攻紹介(1970年)」ってのがあった。そこから、以下、僕の学んだ(ってぇも最後は「除籍」だったんですが^^)国語学国文学を引用。「学風が京都に近い」って、そうだったんでしょうか、知りませんでした。「桑原博史助教授」以外の先生方の授業は受けた記憶がある。記事中、あの時代の雰囲気が出てる「闘争」「ノンポリ」。卒論、もう吉本隆明あったんですね。僕は梶井基次郎や北村透谷に挑戦したけど、結局ダメだった。3年生の時には「奈良・京都の名所旧跡をたずねる旅行」が確かにあった。うっすらと覚えてます。今年、奈良旅行を計画。秋篠寺、約50年ぶりに訪れます。楽しみです、伎芸天との再会。

国語学国文学 実証的国語研究(定員30) 
 英文と並ぶ、総勢120余名の大教室である。学風は京都に近いということで、評論よりも実証的な訓注釈を重んじ、そのためか受験界には特に重きをなしている先生が多い。
 大きく国語学と国文学に分かれる。国語学には万葉集・古事記を中心とした国語学の権威、中田祝夫教授、音韻学・説話文学の馬淵和夫助教授、中世語・国語学史の小松英雄教授の三氏がいる。国文学には中世文学、特に和歌史・歌論史に造詣が深く、歌人でもある峯村文人教授、上代・中世文学の小西甚一教授、平安文学、特に源氏物語に造詣が深く、受験生にはなじみの深い鈴木一雄助教授、近世、特に俳文学の尾形仂助教授、中世、特に徒然草・擬古物語の桑原博史助教授、現代文学専攻で詩人の分銅惇作助教授の6氏がいる。昨年まで柳樽拾遺演習で人気を博していた吉田精一教授が東大専任になられたので現在はすべて文理大出身者が教授を構成することになった。
 近年、女性の進出がすさまじく、闘争そっちのけで、彼女とうまくやっていた御仁もいて、文学科の他の専攻同様、なごやかな空気がただよっている。女性の多いクラスはノンポリが多いというジンクスはここにも生きている。
 卒論は、これだけ古文の教官がそろっているにもかかわらず、約半数は現代文学で、小林秀雄のほか、吉本隆明、椎名麟三、宮本百合子等も対象に上っている。
 堅い講義の多い教育大でも、国文は羽目をはずして気軽に聞けるので、他専攻から息抜きにもぐりこむ学生が多い。また三年になると奈良・京都の名所旧跡をたずねる旅行があり、その他小グループの研究会ももたれている。「言語と文芸」は、この教室の研究誌である。
[PR]
by tiaokumura | 2017-04-29 14:37 | このブログのこと | Comments(0)

2017年3月:ブログ内ランキング

当ブログ、2017年3月は14本の投稿記事でした。月に15本以上の投稿は、やっぱりなかなか難しい。「訪問者」は1日平均105.87人でした。前月比、減。「リンク元URL」は、100以上だけ挙げると、1位「http://search.yahoo.co.jp/」517アクセス(以下同じ)、2位「https://www.google.co.jp/」320、3位「http://search.yahoo.co.jp」238でした。

3月の「記事ランキング」は
第1位<2014年11月16日付>マリ・クリスティーヌ氏「Hearnの五高時代の講義ノート新発見」(63アクセス。以下同じ)
第2位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(43)
第3位<2017年3月6日付>癌日記:3月23日(木)、病院で『騎士団長殺し』読了(42)
第4位<2017年3月11日付>学院長式辞@富山国際学院卒業式(35)
第5位<2017年3月5日付>日曜出勤の楽しみは昼飲みかも^^@よつの葉で、立山&鰊そば(34)
第6位<2017年1月29日付>癌日記:2017年最初の予約診療(1月26日)(32)
第7位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(31)
第7位<2008年5月14日付>「人間ドキュメント 阪井由佳子さん」(『週刊女性』より)(31)
第7位<2011年5月12日付>こんな授業・あんな授業(17)久々の、日本留学試験「記述」対策(31)
第7位<2017年3月19日付>にぎやか20周年(31)
でした。
阪井由佳子さんのにぎやか関連、二つ。僕、忘れてたのですが(汗)、にぎやかの「かっぱ庵」開設時、資金提供も。もちろん僅かなお金ですが、少しは役立ったみたい。
日本語教育関連は、「漢字」「歌」「記述」と3つがトップ10入り。僕の富山国際学院での今年度上半期はA組担当。記述対策など工夫してみようかと。外部では初めて「ハラール」に取り組みます。どこまでできるやら。

検索キーワードランキング」のほうは5以上なしで、先月に引き続き省略します。
[PR]
by tiaokumura | 2017-04-02 15:59 | このブログのこと | Comments(0)

ブログ内ランキング:2017年2月

当ブログ、2017年2月は12本の投稿記事でした。月に15本以上の投稿は、なかなか難しい。「訪問者」は1日平均109.82人でした。前月比、微増。「リンク元URL」は、100以上だけ挙げると、1位「http://search.yahoo.co.jp/」530アクセス(以下同じ)、2位「https://www.google.co.jp/」373、3位「http://search.yahoo.co.jp」202、4位「http://www.google.co.jp/url?sa...」100でした。

2月の「記事ランキング」は、
第1位<2017年1月29日付>癌日記:2017年最初の予約診療(1月26日)(67アクセス。以下同じ)
第2位<2017年1月29日付>あの夏 準々決勝 徳島商vs魚津(朝日新聞連載)(42)
第3位<2011年4月2日付>佐藤浩市:谷川俊太郎『生きる』(kizuna311)(40)
第4位<2017年2月12日付>富山のイベント4つをご紹介(31)
第5位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(30)
第5位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(30)
第7位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(29)
第7位<2013年6月7日付>癌日記:6月7日(金)、抗癌剤TS-1,19クール目開始(29)
第7位<2017年2月19日付>久々に母校^^の富山大学に(29)
第10位<2007年6月1日付>富山市教委の愚策「中学校選択制」に反対する(28)
でした。
久々に癌記事がトップに。ここ、日本語教育・癌・富山あたりで読まれることが多いブログかも。僕の1回目の癌手術は2011年6月27日の胃全摘・肝臓3分の1切除・脾臓膵臓切除、だったか。2回目は2012年2月29日(あの年は二・二六事件と同じく閏年だった)大腸など。こないだ10年生存率ってぇのが新聞に出てましたが、自分、ようここまで生き延びているのかも。胃癌Ⅳ期・5年生存率のマイノリティです、自分(照)。7%弱くらいか、10年生存率は。癌、抗癌剤TS-1記事もランクイン。僕の抗癌剤はもう一つ、シスプラチンでした。
第3位、今日が6年目。この詩、富山国際学院の学習発表会の群読でかつて使ったことがある。東日本大震災のずっとずっと前です。
古い日本語教育ネタが2つ、ランクイン。一方、常連の「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)がランク外に。

検索キーワードランキング」のほうは4以上なしなので、省略します。
検索がきっかけで当ブログに入って来るって方、激減なんでしょうかねぇ。

[PR]
by tiaokumura | 2017-03-11 13:50 | このブログのこと | Comments(0)

あれこれ雑感

この間、おもしろい経験をした。自分、酒の肴にツナ缶って時がある。スーパーで3缶がセットになったのを購入。それが食べ方の王道かどうか知らないが^^、ふたを開けて缶の脂を切ってマヨネーズと醤油で食べる。ある日、缶ビールを横にツナ缶を開けてビックリ。黒いものがあるではないか。このツナ缶は大手メーカーのもので、そこが過日異物混入があったってぇのを思い出して、ひょっとしたらと思った。ちょっと躊躇した後、購入したスーパーに持っていくことにした。多忙な中^^某日そのスーパーに。責任者?が出てきて、お金をくれた。セット分の300円弱。その3分の一でいいのにね。彼はメーカーに連絡しておくとのことだった。で、そこで、怪しい者?じゃないってことで、プライベート用の名刺を置いてきた。モンスタークレイマーとかいますもんね。で、これはビックリしたのですが、その夜の7時ころにメーカーの担当者からケータイにTELが入った。彼の話では異物は魚の皮とのこと。食べても害がないそうです。で、自分、浅ましい奴なんでしょうね(激爆)。ひょっとして、ツナ缶一年分とか送って来るんじゃなかろうかと待ってみた。もちろん、そんなもん、届きませんでした(激爆)。でも、おもしろい経験だった。思ったことの一つはメーカーの対応。自分、勤務先で責任ある立場。こういうの、状況は異なるでしょうが、学ぶべきでしょうね。

船村徹さん、鈴木清順さん、かまやつひろしさん、逝去。3人の表現世界を自分がどこまで理解できていたか疑問ですが、今は3人の方のご冥福を祈りたい。今頃3人は天国で自己紹介し合ってらっしゃるかも。船村では高野公男も忘れられない方。

32日、名古屋入管出張。高速バス利用。昼食は僕の好きな・名古屋駅構内「驛釜きしめん」で。隣席の外国人が「アジノモト」について何か同席の日本人女性に聞いてる。以前、東南アジアのイスラム圏で「味の素」が問題になったような記憶があるので、ハラールとかかと思って彼に尋ねてみたら、そうではなかった。彼、インド人。ヒンドゥー教徒かクリスチャンでしょうね。で、彼、味の素アレルギーだそうです。アレルギーってとこ英語発音だった。アレルギーってドイツ語でしょうか。その後、自分、先に食べ終わって出るので、彼に”Enjoy your stay in にほん.I hope you meet good meal without あじのもと.”って言って別れた。こういうの言えるって、我がことながらおもしろい。今通ってる外部授業の会社の社員食堂に、「ハラール・ベジタリアン」コーナー、あります。

今朝の朝日新聞・読書欄に斎藤美奈子が『騎士団長殺し』。昨日博文堂さんの支払い日で、お店に下巻があったので購入してきました。厚い2巻本、読み通す自信がなかったので上巻しか買ってなかったのです。

今、下巻の4分の3あたり。秋川まりえ、出てきた。メタファー、入れ子、喪失がハルキワールドでしょうね。本作もそう。あとSEXも^^。今回はテレフォンセックスもあって、読んでて大汗。ワシ、30代のヰタ・セクスアリスって、どうじゃったんだろう(汗)。「セックス」を「セクス」と発音する女性がいたことを、なんとなく思い出した。

昨日のBSにカルメン・マキ出演。インタビュー番組。「時には母のない子のように」(Sometimes I Feel Like A Motherless Childでしょうね)やロック時代の「OZ」の彼女、けっこう聞いてた。あの頃は、りりィ、浅川マキ、山崎ハコ、森田童子、石川セリとかもいたのかなあ。前後するのでしょうか。カルメン・マキはヘビメタ時代もあったんですね。3枚組のCD、発売中だそうです。このインタビュー、下北沢のLADY JANEで。

2月・3月と忙しい。古稀のジジイ、こんなんでええんかいな、と思いますが^^、しょうがない。選択肢、そんなにありませんもんね。下流老人な自分、どこまで行けるんでしょうね。今日は三島由紀夫関連の講座を受けた後(新庄の「隠し文学館」に行って杉田館長の講話を聴く)、富山国際学院に出勤。昼食、どこで何を食べようか。午後を使って、緊急の仕事、完成までは無理でも、ある程度の目途をつけたい。

2月・3月は週に2回、富山県東部に出張授業中。帰路、「水の時計」で3回、「珈琲哲學」で1回、休息した。そこでタブレットを使って授業報告メール、発信。2つの喫茶店、あと何回か、利用するかも。


[PR]
by tiaokumura | 2017-03-05 08:54 | このブログのこと | Comments(0)

2017年1月:ブログ内ランキング

通勤時、車中でFM放送を聞くことが多い。こないだから、カラヤン、マリア・カラスやジョージ・セル、レナード・バーンスタインなどを聞くことができた。もっと懐かしいところではフルトヴェングラーも。かつて東京時代に上野で彼の映画、見たことがあるような気がする。ナチスとの関係、どうだったんでしょうね。で、この間、NHKFMでフルトヴェングラー、やってました。ベートーヴェンの第5で、第4楽章の初めを37年・47年・54年演奏で聴き比べてた。54年はウィーンフィルで、37・47年はベルリンフィル。素人の僕にも1947年版が一番、制約が感じられず、3つの中じゃベストに。彼、ナチスは濡れ衣だったんでしょうかねぇ。ココ・シャネルはどうだったんだろう。通勤の往復にはあと、CDでフジ子ヘミングも聴いてます。たまに同じくCDでヨーヨーマも。最近の水曜・金曜は、車での通勤時間、長いんです。

さて、当ブログ、2017年1月は14本の投稿記事でした。投稿、月15本以上はなかなか難しい。「訪問者」は1日平均105.81人でした。「リンク元URL」は、100以上だけ挙げると、1位「http://search.yahoo.co.jp/」480アクセス(以下同じ)、2位「https://www.google.co.jp/」422、3位「http://search.yahoo.co.jp」240でした。
1月の「記事ランキング」は、
第1位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(56アクセス。以下同じ)
第2位<2017年1月8日付>2017年の美術展(後)(47)
第3位<2017年1月3日付>とやま味めぐりin東京 きときと食べにGO!(42)
第4位<2007年6月1日付>富山市教委の愚策「中学校選択制」に反対する(41)
第4位<2013年6月7日付>癌日記:6月7日(金)、抗癌剤TS-1,19クール目開始(41)
第6位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(33)
第7位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(31)
第7位<2011年5月12日付>こんな授業・あんな授業(17)久々の、日本留学試験「記述」対策(31)
第9位<2017年1月7日付>2017年の美術展(前)(30)
第10位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(29)
でした。
1月も100超え記事はありませんでした。これで4か月連続で100超えなし。
今日2月4日のNHK「日曜美術館」は長谷川等伯。4月23日から石川県立七尾美術館で長谷川等伯展。新発見の『猿猴図』も展示か。
検索キーワードランキング」のほうは
第1位・藤本幸夫(6アクセス。以下同じ) 第2位・シロタ(3) 第2位・デトロイト美術館展(3) 第2位・松村けんぞう(3) 第2位・服薬記録 TS(3) 
でした。第6位は2アクセスで5語が同点。省略します。「検索キーワード」でこちらに入って来るって方がほとんどいなかった月だったのかも、2017年1月は。

[PR]
by tiaokumura | 2017-02-05 11:45 | このブログのこと | Comments(0)

2016年12月:ブログ内ランキング

当ブログ、2016年12月は12本の投稿記事でした。「訪問者」は1日平均114.38人でした。「PC」「Mobile」「PV合計」はそれぞれ1日平均、69.93、72、141.93でした。「リンク元URL」は、100以上だけ挙げると、1位「https://www.google.co.jp/」383アクセス(以下同じ)、2位「http://search.yahoo.co.jp/」256、3位「https://search.yahoo.co.jp」177でした。


12月の「記事ランキング」は、
第1位<20111023日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(47アクセス。以下同じ)

第1位<201512月8日付>ジョン・レノン(JohnLennon)、没後35年(47)

第3位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(41)

第4位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業()漢字の読み方のルール(35)

第5位<20161211日付>オンなれど 昼飲みもあり 師走かな(32)

第6位<2009年3月14日付>富山の郷土料理「あいまぜ」(北日本新聞2009年3月12日付記事より)

第7位<20161124日付>癌日記:1124日、今年最後の予約診療(27)

第7位<20161126日付>第2回・北陸地区日本語学校日本語教師の集い(27)

第9位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業()日本(語)の歌(24)

10位<2007年6月1日付>富山市教委の愚策「中学校選択制」に反対する(22)

でした。

12月も100超え記事はありませんでした。これで3か月連続で100超えなし。第2位・John Lennon。こないだBSの湯川れい子インタビュー番組で、ジョンが暗殺される数日前に彼と電話で話していたことを語ってた。ジョン・レノン、36年後にトランプが大統領に当選するなんて思ってもいなかったでしょうね。第6位「あいまぜ」、今も我が家の食卓に上がることが。ちなみに我が家のお雑煮は角餅で茹でます。


検索キーワードランキング」のほうは
第1位・中国語(21アクセス。以下同じ) 第2位・奥村隆信(6) 第3位・ただ狂え 踊り候え 閑吟集(4) 

でした。第4位は3アクセスで7語が同点。省略します。

2016年・年間記事ランキング

第1位<20111023日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)

第2位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用

第3位<2011年5月12日付>こんな授業・あんな授業(17)久々の、日本留学試験「記述」対策

第4位<2016年5月15日付>中学国語教科書を読む

第5位<20141116日付>マリ・クリスティーヌ氏「Hearnの五高時代の講義ノート新発見」

が(たぶん)トップ5です。当ブログでは毎月トップ10が記録されてて、その集計による。第1位の「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)のみが12か月すべてランキング入りで合計1137アクセスでした。
2016年1年間の記事投稿は183本でした。1か月平均15.25本。


[PR]
by tiaokumura | 2017-01-09 13:21 | このブログのこと | Comments(0)

あけましておめでとうございます

f0030155_9411699.jpg

あけましておめでとうございます

新しい年をお健やかにお迎えのことと

お慶び申し上げます


還暦の時は大学3年生@富山大学人文学部、古稀の時は

学院長@富山国際学院-十代の時には想像もしていなか

った人生です。胃癌Ⅳ期が見つかってから5年半-生か

された命に感謝しつつ、微力ながら世のため・人のため

に少しでも役立てる日々が過ごせれば。


なにとぞ本年もよろしくお願いいたします

2017年が 皆さま方にとって

すばらしい年でありますように


2017年(丁酉)元旦 奥村隆信


[PR]
by tiaokumura | 2017-01-01 09:41 | このブログのこと | Comments(1)