カテゴリ:このブログのこと( 391 )

言の葉つれづれ:2018年その1


植木徹誠
割りきれぬままに割りきる浮世かな
細江英公
聖人賢者を撮るのではなく、きわどい裸もある。ほめられるような写真ではないが、公的な名誉をいただくとほっとする。
アミーナ・モハメド
地球は私たち人間なしでも存続できますが、私たちは地球なしでは存続できません。先に消えるのは私たちなのです。
林竹
もしかしてという問題を考えて、立ち止まってしまうのが日本。中国はとりあえず始めてみて、問題が起こったら対策を考えます。
元・智乃花(玉垣親方)
輝いていたときの努力は大したことないが、けがで勝てないときの努力の方が貴かったんじゃないかな。めいっぱいやったと思う。
林修
人は過去を今の世に染める。
日野原重明
何かの目的を心に抱きはじめて希望が生じる。やりたいことがない者には希望はない。
升田幸三
着眼大局 着手小局
孫正義
努力しても報われないなと感じ嘆く時、大抵の場合は、まだ本当の努力をしていない。
達成感を得たら、その時点で成長は止まる。
障害物に突き当たった時、それを嘆いてはならない。それは成長の機会を提供してくれているのだから。
湯川秀樹
この星に人絶えはてし後の世の永遠清宵何の所為ぞや
山里亮太
リアルな自己評価は、成長のブレーキになってしまいます。落ち込んだときに活躍してくれるのが張りぼての自信です。
忙しいことを理由に「やっぱり、今日はいいや」と勉強をサボってしまうことは絶対に避けたい。
中江兆民
日本には恐外病と侮外病がある。
レイ・カーツワイル
炎は暖房や料理に使えるが家を燃やすこともある。技術は常にもろ刃の剣だ。
野村克也
正直に言う。私はイチローが好きではない。しかし、彼の才能に最初に目をつけたのはこの俺だ。
山﨑武也
清潔が密かなおしゃれだ。
「つまらないこと」に楽しみがある。
下品な人とはつきあわない。
今だからこそ新しい体験を。
「老人に二言なし」、どんな約束も大切に。
中島優樹
文法の尊敬丁寧謙譲語僕にはみんな同じに見える
クラウゼヴィッツ
戦争は他の手段による政治の継続に他ならない。
曽野綾子
・・・最期の朝。病院で三浦の呼吸が止まったことに気付きました。何もすることがありません。私はただ、三浦の髪をなで続けました。/窓の外に目をやると、雪をかぶった富士が見え、朝日が昇ろうとしていました。美しい昇天の朝とも言えました。
長野天音
いとをかし平成女子はインスタにほうじ茶キャラメルフラペチーノ
ベアトリス・フィン
若者には三つの武器がある。希望、エネルギー、そしてソーシャルメディア。
ジャン=リュック・ゴダール
ルイ・リュミエールは印象派を経て、フローベールの手法を受け継いだ。さらにはスタンダールの手法を受け継ぎ、ずっとそれを鑑とした。
原貢
考え事をするときは、椅子に座って、電気をつけろ。
石川九楊
パソコンの普及で憂慮するのは、縦書きが廃れていくことです。・・・ひらがなや漢字かな交じり文を横に書くことには無理がある。縦書きを失うと、日本人の思考にもぎこちなさが生じます。

[PR]
by tiaokumura | 2018-01-21 10:50 | このブログのこと | Comments(0)

2017年年間記事ランキング


皆さんのPC画面からは見えないでしょうが、このブログには「レポート」があってアクセス数などがわかります。今回初めてですが、そこを利用して1年間の記事アクセスを集計してみました。毎月のTOP10(だいたい30を超えるとランクイン可)がわかり、それを計算。月によってTOP10に入っていない場合があってもアクセスが0ではないので、正確な数ではありませんが(以下では、+αとした)、TOP5は以下のようでした。

2017年年間記事ランキング
第1位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(9ヶ月ランクイン。755+αアクセス。以下同じ)
第2位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(12ヶ月。653)
第3位<2011年5月12日付>こんな授業・あんな授業(17)久々の、日本留学試験「記述」対策(8ヶ月。458+α)
第4位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(9ヶ月。407+α)
第5位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(8ヶ月。250+α)
「漢字の読み方」だけが1年間ずっとランク入りでした。
「思考大会」「ポール・ニザン」はいわば息の長いロングセラー記事。
さすが日本語教師ですね^^、授業記事が3本。
ここは癌ブログでもあるのですが、分散したんでしょうね、ランク入りはなし。癌は2011年6月なんですが、上記5本中4本が癌前です。
1ヶ月だけでしたが、<2017年5月14日付け>久田真紀子「仰げば尊し」(朝日新聞 けいざい)、<2007年10月17日付>藤本幸夫・富山大学名誉教授が、大韓民国政府から宝冠文化勲章を授与されました!、が100を超えました。

冬休みが今日で終わり、富山国際学院の学生は明日から授業再開。今のところ、冬休み中の事件・事故・病気などはなかったみたいですが、実際はどうなんでしょうね。明日、みんなちゃんと登校してくれりゃいいんですが。
僕の1月の授業はずいぶん多い。月曜日=D組45分×4、火曜日=外部(県東部)1・45分×2、2・45分×2、3・45分×2、水曜日=A組45分×4&プライベートレッスン45分×2、木曜日=A組45分×4、金曜日=今のところなし、土曜日=外部(学院で)45分×4。トータルで45分×24。確か基準では「20」超えちゃダメだったような気がするので労働ナントカ違反かも(嘘爆)。「給料泥棒」とは言われないでしょうね(激爆)。教える学生は、ネパール・中国・ベトナム・イギリス・インド・ミャンマー・マレーシア・ウクライナの8か国。一つの月でこんなに多いのは珍しい。レベルは初級前半から上級前半まで。こないだ技能実習生の記事だったか「受け入れるか」から「来てくれるか」に、ってあった。その通りです。
1月の県外は28日(日)に大阪。「介護に関わる外国人への日本語指導」を受講。できれば「ボストン展@神戸」、行きたい。夜は西宮で寺本益英教授(関西学院大学)・実弟と食事会。神戸牛、食べられるかも^^。楽しみです。県外はあと、金沢シネモンドに映画を観に行くかも。金沢はバスを利用してます。
[PR]
by tiaokumura | 2018-01-08 10:28 | このブログのこと | Comments(0)

2017年12月ブログ内ランキング


2017年12月は13本の投稿記事でした。当該月もなんとか2桁クリア。「訪問者」のほうは1日平均108.48人と前月よりさらに約30人減で続落^^傾向。新年1月は50人がやっとの日も出てます。どうやら1月は1日100人を切りそうです。昨年夏には1日300人なんてこともあったのですが、ブログって、こんなもんなんでしょうかねぇ。「リンク元URL」は、今月もスキップします。

12月の「記事ランキング」は
第1位<2015年12月8日付>ジョン・レノン(John Lennnon)、没後35年(58アクセス。以下、同じ)
第2位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(53)
第3位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(46)
第4位<2017年11月30日付>癌日記:2017年11月30日(40)
第5位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(39)
第6位<2017年12月3日付>寿司正で修業中?(35)
第6位<2017年12月5日付>名古屋出張(35)
第8位<2007年6月9日付>愛新覚羅慧生と大久保武道(26)
第9位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(24)
第9位<2007年11月14日付>亀書房のホームページが開設されました!(24)
でした。
John Lennnonの記事は2年前。YouTubeからStand by Me、Happy Xmas(War is Over)、Imagineを張り付けてあります。その後、YouTubeの貼り付け、できんようになった。メカ阿保なわし^^。
寿司正はこれで3回行ってます。お金を貯めて^^また行ってみたい。
天城山心中、こないだTVでやってた。その影響でしょうね、第8位:愛新覚羅慧生と大久保武道。
亀書房は親友のやってる出版社。こないだ、岩波新書1月刊・山本義隆『近代日本-一五〇年』を彼にメールで情報提供。
12月は100超えはありませんでした。

検索キーワードランキング」のほうは12月は2以下だったので省略。検索で入って来る方はほとんどいないってことなんでしょうね、ここ。あとコメントもほとんどなくなった。ごく稀にあるだけ。

TV、Dining with the Chefってあるんですね。たまたまNHKを入れたらやってた。行正り香が案内人。今回は「富山の旅」で2回放送。「あら川」「レヴォ」など。NHKなんで店名は出ない。TVでは「孤独のグルメ」も。富山ではこういう時でなきゃ観られない番組。「ワカコ酒」も観たいのですが、今年はなかったみたい。他に「京都人の密かな愉しみ」再放送。
富山弁では「からすがい」、足・手がつる。1月6日、整形外科。「芍薬甘草湯エキス顆粒」をもらった。漢方薬。即効性があるそうで、痛くなると飲んでます。同日、眼科も。「飛蚊症」のセカンドオピニオン。でも、前の眼科と同じで治療法も薬もないとのこと。
今朝、PC立ち上げできず。幸いアフターサービスでこういう時のTELができて、なんとか直りました。電話先の女性に感謝感謝。
[PR]
by tiaokumura | 2018-01-07 10:20 | このブログのこと | Comments(0)

謹賀新年

f0030155_811473.jpgあけましておめでとうございます
新しい年をお健やかにお迎えのことと
お慶び申し上げます

今や「稀」ではない「古稀」を過ぎ、老害にならぬ
ようにとは思っていますが^^、どうなんでしょう
ね、自信はありません。今年も富山国際学院での学
院長職・日本語教師職を続けますが、そろそろ引退
も。今年は、人生最後の夢(3つ)の実現に向けての
準備の年になりそうです。どこまで前進できるか・・・。

本年もなにとぞよろしくお願いいたします
2018年が 皆さま方にとって
すばらしい年でありますように

2018年(戊戌)元旦 奥村隆信
〒*****************
Email:**************
ケータイ:*************
ブログ「日本語教師・奥村隆信 ひとり語り」
http://tiaokumura.exblog.jp/

[PR]
by tiaokumura | 2018-01-01 08:11 | このブログのこと | Comments(2)

老いる:忘れる・キレる・後悔する

八村弟、明成だったんですね。全国制覇。兄と違って彼、国内志向ですって。兄弟で東京五輪なんて、ないんでしょうか。
こないだ同僚と飲食してて、「奥村さんって、話題豊富」みたいなこと言われた。自分、そういう印象あるんだ、意外。話下手なもんで聞き上手になろうとしてます。相手に応じて相手の世界に入って会話するようにしてます。もちろん興味ない相手とは当たらず触らずな会話ですが(でもときどき地雷踏むことも^^)。どんな切り口で相手と話し合うか、割と自分、うまくなってるんかも。想像力・好奇心の両翼で人生生きてきとるワシかも。でも日本語教師としては話し下手(他に字がひどい、送り仮名が苦手、絵が描けない、など)、致命的でしょうね。
今日本屋に行って、週刊文春1月4日・11日号買った。「貴乃花激白」。棚を見たらカズオ・イシグロがずいぶんあって、『忘れられた巨人』を買った。これ、今教えてるイギリス人が読んでた(もちろん英語で)。
一昨日出勤前に餅つき、昨日餅切り。餅を切ってて足・指がつった^^。からすがい、とかこっちじゃ言う。
今日、年賀状書いて投函。今年は早めに(っても自分の場合、有馬記念の頃ですが)、年賀状文面作成し印刷も完成してた。で、本日。僕は、宛名だけでも手書きにしてる。書きながら相手に語り掛けられますもんね。「一言」は今年は省略させていただいた。相手先も去年より10件くらい減らした。喪中と合わせて、年賀状、今年は例年より大幅減。100を切ったような。

71歳-年を感じた今年でした。oilならぬ老いる(激爆)。老い一筋、まっしぐら。
忘れる・キレる・後悔する
①出張時の途中、サービスエリアトイレで財布を忘れた。外に出て気づいて真っ青。トイレに取って返すも小便のところにない。警察やカード会社にTELと思ってたその時、放送で我が名を呼ばれるではないか。どなたかが届けてくださってたんですね。忘れることが常態化してる。たまに「忘れたふり」することもありますが。レジでつり銭捨てて、レシート手元に置こうとしたことも。あれも「忘れる」に入るか。運転してて目的地をふと失念も。幸い事故にはあってない。
②高齢者がキレるってのよく話題になりますが、自分も思い当たることいくつも。電話してて怒る、話してて怒る、どうでもいいことに怒る、相手が迷惑なのも顧みず怒る、自分が正当に叱られているのに相手に怒る、足元にけつまずいたりよろめいたりで自他に怒る・・・。何様なんじゃ、自分。でも怒ってる自分を見つけられるだけまだマシなんでしょうね。今年は、怒ってて我を忘れてたことが3回もあった。来年、進行するんでしょうね、「キレる」進化・深化。好々爺なんて無理っす。
③そんなわけで(激爆)、後悔も多い年でした。あんなことせんにゃよかったんに、あんなこと言わんにゃよかったんに、あんなとこ見せんにゃよかったんに・・・。パワハラ、セクハラ、オワハラなんかもやっちゃってたかも。人生航海っちゅうもんは後悔の連続なんか(オヤジギャグ^^)。でも、後悔をエネルギーにまた前進できると考えれば、後悔も決して悪いことじゃない。こうして公のブログで公開(オヤジギャグ2^^)することによって、また明るい明日が来るかも(嘘爆)。
「老い」とはまた別のことでしょうが、末期癌になってみてから、死ぬのが怖くなりました。若い頃は漠然とですが死に憧れてた頃もあった。「死ぬのが怖い」って通過儀礼でしょうか。死んだら無に、神仏信ぜず、な考えの僕です。
昔、失神女優っておりましたが、今の自分、失禁老人もたまに(照)。

岩波書店「図書」2018・1、特集『広辞苑』第七版。8500円は買えない。1月に山本義隆、岩波新書。
本日、富山は晴天。大晦日・元旦はどうなんでしょうね。
当ブログ、今日が投稿納め。ここんとこご訪問者、100人切ってて、今日はまだ30人。ま、それは気にせずこれからもこのブログ続けます。
皆さま、どうぞよいお年を
来年も当ブログ、ご贔屓に

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-30 13:33 | このブログのこと | Comments(2)

2017年11月:ブログ内ランキング


2017年11月は10本の投稿記事でした。なんとか2桁クリア。「訪問者」のほうは1日平均136.37人と前月よりさらに5人減、続落^^傾向。12月はついに^^100人割る日も出てきました。ご訪問者、今、通算39万人台なのですが、来年1月に40万人突破かな。夏ごろの勢いだと年内突破かも、と思ってたのですが。捕らぬ狸のナントカ、です^^。「リンク元URL」は、今月もスキップします。

11月の「記事ランキング」は
第1位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(112アクセス。以下同じ)
第2位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(60)
第3位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(59)
第4位<2017年9月30日付>アジア子どもの夢:Dream Aid Concertシリアの子どもたちのために(47)
第5位<2008年12月5日付>どうにも理解できない、富山大学・新学長選び(43)
第6位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(35)
第7位<2017年11月4日付>Fru2(33)
第8位<2017年11月12日付>2017年国際交流フェスティバルinTOYAMA(31)
第9位<2017年11月11日付>苔口卓也選手と(25)
第10位<2007年10月13日付>丸山茂樹先生(I.C.NAGOYA)と(23)
でした。
検索キーワードランキング」のほうは今月、3が最高。「村川いづみ」。村川さんとはイタリア美術セミナー(彼女が主宰)で知り合いました。偶然、黒部や利賀や富山市内の教会などでも会ってる。

富山関連のニュース。
こないだ「美肌県日本一」に富山女性って紹介しましたが、カラオケ持ち歌、富山男性日本一だそうです。自分、10曲くらいかなあ。
富山県民は早寝早起き。男性、平均で起床6時27分(都道府県別6番目)、就寝10時51分。男性平均仕事時間6時間51分。有業者の平均帰宅時間は6時28分、通勤時間は39分。自由に使える時間の使い方、スポーツは全国4位、ボランティア・社会活動参加6位、交際・付き合いは11位。
都道府県別平均寿命、男性27位(1位は滋賀、以下、長野・京都・奈良・神奈川)、女性8位(1位は長野、以下、岡山・島根・滋賀・福井)。
月刊誌「タウン情報富山」、来年2月25日発売の3月号で休刊。多くがそうであるように「休刊」=廃刊、でしょうね。女性向けタウン誌「Takt」に一本化だそうです。

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-23 15:50 | このブログのこと | Comments(0)

2017年10月:ブログ内ランキング


2017年10月は18本の投稿記事でした。「訪問者」のほうは1日平均141.35人と前月比約40人減。8月に266.03人まで行ったのですが、あれがピークだったんでしょうね、長期低落傾向に^^。やがて4月以来で100人割る時が来るかも。「リンク元URL」は、今月もスキップします。
10月の「記事ランキング」は
第1位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(68アクセス。以下同じ)
第2位<2011年5月12日付>こんな授業・あんな授業(17)久々の、日本留学試験「記述」対策(58)
第3位<2007年4月1日付>金子和雄さんはすごい!(57)
第4位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(49)
第5位<2017年9月28日付>癌日記:2017年9月28日(木)(47)
第6位<2017年10月17日付>嶋田和子先生と@アクラス(40)
第7位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(38)
第8位<2009年1月20日付>相本芳彦さんの、衆議院議員選挙富山3区立候補を支持します(35)
第9位<2017年9月30日付>アジア子どもの夢:Dream Aid Concertシリアの子どもたちのために(31)
第9位<2017年10月17日付>タイの朝食@外苑前(31)
でした。
金子和雄さんは、71歳で数学博士号。10年以上前の記事ですが、最近またどこかで話題になられたんでしょうか。
検索キーワードランキング」のほうは今月、2が最高。掲示、スキップします。

今朝の新聞で叙勲、発表。高校時代の同級生・南日和郎君が受賞。郵便局長だった、彼。写真家の細江英公さんは旭日重光章。三島由紀夫の「薔薇刑」、土方巽の「鎌鼬」、彼ですよね。「聖人聖者を撮るのではなく、きわどい裸もある。ほめられるような写真ではないが、公的な名誉をいただくとほっとする」。ザ・デストロイヤーさんは旭日双光章。87歳だそうです。

[PR]
by tiaokumura | 2017-11-03 19:07 | このブログのこと | Comments(0)

2017年9月・ブログ内ランキング

2017年9月は30本の投稿記事でした。月30本の投稿なんて何年ぶりだろう。利賀の5本、奈良の10本があったのが大きかった。一方、「訪問者」のほうは1日平均180.60人と激減。いや、7月236.26人、8月266.03人が異常だったんかも。ここは1日平均100人くらいが尋常な数字のブログでしょうね。「リンク元URL」は、今月もスキップします。
9月の「記事ランキング」は
第1位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(311アクセス。以下同じ)
第2位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(52)
第3位<2014年11月16日付>マリ・クリスティーヌ氏「Hearnの五高時代の講義ノート新発見(44)
第4位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(39)
第5位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(36)
第6位<2013年8月24日付>世界の果てからこんにちは(31)
第7位<2011年5月12日付>こんな授業・あんな授業(17)久々の、日本留学試験「記述」対策(30)
第8位<2014年7月12日付>こんな授業・あんな授業(26)ディクテーション(29)
第9位<2007年6月1日付>富山市教委の愚策「中学校選択制」に反対する(26)
第10位<2017年9月13日付>南禅寺境内の奥丹で湯どうふ(24)
でした。
第1位、もう8年以上前の記事で、これまでもよくランキング入りしてましたが、今回はなんと311アクセス。1か月に300超えって久しぶりじゃないかなあ。9月に多かった利賀、奈良の記事は1件も入らず(第6位はSCOTですが、4年前の記事)、10位に奈良の帰りの京都湯豆腐がやっと入っただけ。先月1位だった「<2007年10月17日付>藤本幸夫・富山大学名誉教授が、大韓民国政府から宝冠文化勲章を授与されました!」は影も形もない^^。何だったんでしょうね、先月。
検索キーワードランキング」のほうは今月も3が最高。掲示、スキップします。

以下、余談。
①「ひよっこ」、終わった。関西系、苦手なんで「わろてんか」は見てません。
②こないだBS「TOKYOディープ」、ひょっとしたらと思って見てたら(この日は「国分寺」)、やっぱり最後に「ほんやら洞」が出てきました。中山ラビ(「ひらひら」など)、まるで魔女みたいだった(激爆)。もう70は超えてるんでしょうね。自分、東京時代の最後は、国分寺北口の本多町に住んでました。
③先週の「ボクらの時代」は野田洋次郎・松本潤・行定勲。明日『ナラタージュ』(今日公開)観に行こうと思ってる。明日の「ボクらの時代」は有村架純・坂口健太郎・森川葵です。有村も坂口も、『ナラタージュ』出てます。
④寺山修司の『あゝ荒野』、映画化されたそうですが、イマドキなんでしょうね、劇場公開ではなくネットで公開。観たいのですが、今のところ、どうやればいいのかわからない。
⑤カレンダー、もう最後の3枚に。早いもんで今年もあと80日余。僕の下半期日本語授業は、月曜D組、火曜・外部、水・木A組になるか。僕は去年のC組でフェースブックデビューしましたが(クラスでFBやった)、下半期D組、引継ぎはLINEでってことで(4月に既にスタートしてるクラス、僕は10月から参加)、LINEデビューしました(照)。まだ使いこなせてませんが。FBはA組、LINEはD組でやってますが、どちらも内部メンバーだけです。
昼食、だいたい外食なんですが、こないだまで火曜日に利用していた1軒がなくなった。下半期は、月曜・新三陽、水曜・よつの葉、木曜・タートス、金曜・北日本新聞社、になるかなあ。火曜、どうしたもんか。
⑦岩波のPR誌「図書」を定期購読してるのですが、先月、購読延長の振込用紙が入ってた。1年1000円。3000円振り込みましたが、よう考えたら、自分、3年もあるのかどうか^^。せめて2年か1年にしときゃ良かったんかも。
⑧手が冷たい。手が冷たい人は心が温かいっていいますが、どうなんじゃろう。先日、「シマヤ」に男性用手袋がないか行ったら、「まだ早い」ってことでした。

[PR]
by tiaokumura | 2017-10-07 15:34 | このブログのこと | Comments(0)

中根千枝:語る-人生の贈りもの-

朝日新聞の連載記事「語る-人生の贈りもの-」、当ブログではこれまでに仲代達矢中村吉右衛門を紹介していると思う。今回は、社会人類学者の中根千枝(なかね・ちえ1926-)。2017年9月4日~15日の全9回。中根は僕より20歳年上。皆さんもそうでしょうが、『タテ社会の人間関係』(講談社現代新書)ですよね。「新書ブーム」もあの頃か。仲代もそうですが、文化勲章受章。

1 外から見つめ「タテ社会」発見
2 刊行50年 タテの封鎖性、より深刻
3 小学生で中央アジアのとりこ
4 夢のチベット すぐ手前の村へ
5 猛獣避け インド奥地で聞き取り
6 必ず、支えてくれる人がいる
7 女性初の東大教授 タテの効用も
8 還暦前に 念願のチベット入り
9 論文が書けなくなったら終わり
「タテ社会」執筆は、当時東大助教授だった中根が雑誌「中央公論」の編集者から「なんでもいいから書いてくれ」と言われたのがきっかけ。新書版が講談社なのはなんでなんでしょうね^^。中公新書はまだなかった時代でしょうか。1967年刊行、累計117万部、外国語版が10数か国。
タテ社会は今も続く。「・・・外部に助けを求められなくなる。・・・ヨコにつながる回路もない。下の者は尊厳の危機にさらされる」。電通の高橋まつりさんの自死、官僚の天下り、原子力ムラ。
小学生で憧れた「中央アジアのサマルカンド」、そしてチベット。チベット入りできたのは1985年、還暦目前。
88歳の時10時間ぶっ通しで論文を書いて首を痛める。医者は「手術を」と勧めるが、「私は・・・首の手術なんてとんでもないって断ったの。万一ダメージで論文が書けなくなっちゃうでしょ。そうなったら、生きてても一巻の終わりだから。」。

緒方貞子さんもそうでしょうが、中根千枝さんも「女性初の」ってしょっちゅうあったんでしょうね。
この間、讀賣新聞で南こうせつ(みなみ・こうせつ1949-)、日本経済新聞で湯川れい子(ゆかわ・れいこ1936-)が、類似連載記事、書いてた。こういうの僕には好読み物。
[PR]
by tiaokumura | 2017-10-01 10:47 | このブログのこと | Comments(0)

2017年8月:ブログ内ランキング


2017年8月は14本の投稿記事でした。月15本以上の記事投稿ってなかなか難しい。9月は利賀・奈良があるので月15本以上、達成できるかも。「訪問者」はまたまた増えて^^1日平均266.03人。200人行かなかったのが8月25日の1日だけでした。でもそろそろ上限に達するのかも、1日訪問者数。「リンク元URL」は、今月もスキップします。

8月の「記事ランキング」は
第1位<2007年10月17日付>」藤本幸夫・富山大学名誉教授が、大韓民国政府から宝冠文化勲章を授与されました!(169アクセス。以下同じ)
第2位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(66)
第3位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(50)
第4位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(35)
第5位<2017年7月30日付>鈴木忠志さん、本木英子先生と(28)
第6位<2017年7月27日付>癌日記:今夏初めてのそうめん(27)
第6位<2017年8月17日付>寿司正で昼食(27)
第8位<2011年5月12日付>こんな授業・あんな授業(17)久々の、日本留学試験「記述」対策(26)
第9位<2008年12月5日付>どうにも理解できない、富山大学・新学長選び(25)
第10位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(24)
でした。
第1位、なんででなんでしょうね。ある日突然、この記事にドッと殺到。わずか2、3日でこのアクセス数に。藤本先生、どこぞで話題になったんでしょうか。自分、還暦過ぎで富山大学生してたんですが^^、藤本先生の退官記念講義、受けました。人文学部の階段教室のずいぶん上のほうに座る。僕の斜め後ろに着物姿の奥様。富山大学は、今もそうでしょうが、朝鮮語関係では大学屈指の講座がある。今の若者、どのくらい志望してるんでしょうね、そこ。ヨンさまだけじゃないですよね、朝鮮語・朝鮮文化。

検索キーワードランキング」のほうは今月も2が最高。掲示、スキップします。
[PR]
by tiaokumura | 2017-09-03 08:43 | このブログのこと | Comments(0)