カテゴリ:富山( 354 )

富岩運河 WAIK&RAIL

f0030155_11385679.jpg(未編集)
[PR]
by tiaokumura | 2017-06-25 11:38 | 富山 | Comments(0)

小玉ユキ『月影ベイベ』

f0030155_1171331.jpg
(未編集)
[PR]
by tiaokumura | 2017-06-18 11:07 | 富山 | Comments(0)

立山

f0030155_974072.jpg(6月11日朝・記)
日本の名峰「地獄と浄土の霊峰 立山
2017年6月20日発行
デアゴスティーニ・ジャパン
277円+税
*別のことで「BOOKS なかだ」に行ったら、この本があった。DVD付きマガジン。シリーズ創刊号なので299円の特別定価。「今号の旅人」は三浦豪太。3代目ですよね。内容は「ルートガイド 地獄と浄土の霊峰 立山」「名峰物語 立山信仰」「もうひとつの絶景 雨晴海岸から望む立山連峰」など。「立山で見られる花々」にはチングルマ・ミヤマキンバイ・タテヤマリンドウなどが紹介。DVDには「地獄と極楽の世界」「異界への入り口」「浄土の光」などが収録。
本シリーズ(隔週火曜日発売)、4号で「剱岳」刊行。

日本百名山「立山 薬師岳
2017年6月11日発行
朝日新聞出版
556円+税
*上掲と別の時に、この本購入。改定新版だそうです。それぞれの山の巻頭に深田久弥の『日本百名山』から引用。僕は登山って全然やらないのですが、高校1年の夏だったか、中学時代の恩師・前田英雄先生に誘われて薬師岳に登っている。先生の弟さん、中学のクラスメート・高井静夫君も一緒だったような記憶があるが。愛知大生の遭難のずっと前になるか。本書にも花の紹介あり。薬師岳のミヤマリンドウ・ウサギギク・イワショウブなど。「よりみち百名山」では、いつか「白樺ハイツ」「そば処 おきな」って行ってみたい。

ひよっこ』、脇役が多彩だが、立花富役で白石加代子登場。彼女、朝ドラ、初出演でしょうか。物語の舞台は赤坂に。みね子のアパート、4畳半。AKASAKAって、左から読んでも右から読んでも同じ、なんですよね^^。ドラマ冒頭のジオラマ、おもしろい。誰のアイディアなんでしょうね。かなり前の回ですが、工場の寮で、「愛子さん、病院、行っとんが」って富山弁、聞こえたような気がしますが、聞き違いだったか。
森友・加計で、誰だったか「もりとかけで、ソバ」みたいなこと言ってた。座布団1枚かも(激爆)。「もりとかけとに囲まれて~」と『ブルーシャトー』の替え歌、できるかも^^。
昨日に続き、今日も休日出勤。昼はどこで食べようか。

[PR]
by tiaokumura | 2017-06-10 09:07 | 富山 | Comments(0)

猪谷関所歴史探訪ウォーク

f0030155_10203759.jpg(5月28日夜・記)
運動なんてほとんどやってない。以前はエアロビクス、通ったりしたこともあるんですが。健康のため、ってぇわけでもないですが、今年は「ウオーキング」、やってみようと思った。でも友達を誘ったのですが、あっさり断られた(激爆)。先日の「さくらウオーク」に続き、今回が2回目。
猪谷関所歴史探訪ウオーク
~風薫る神通峡をめぐり、「伝説の里」蟹寺地区を歩く~

ってのに参加。9時前に猪谷関所館。受付。シニアが圧倒的に多い感じ。今、そうなんでしょうね。ブーム、なんかも。参加者53名が2班に分かれスタート。僕は1班。
西禅寺(曹洞宗)→塩屋秋貞の墓→旧飛騨西街道→慈眼院(曹洞宗)→五郎兵衛家の石垣跡→城ケ山ふもと(3つの国境)→蟹寺城跡→西猪谷関所跡
のコース。約5km、2時間半。
アップした写真、蟹寺公民館で。そうです、円空仏2体です。猪谷、円空、訪れてる。円空好きの井浦新さんも、いつだったか、この辺り来てるはず。
帰りに「道の駅」でしょうか、寄って、鮎塩焼き買った。

次回のウオーキングは、6月25日(日)「富岩運河WALK&RAIL」に参加予定。7.5kmのコース。10月は「ウオーキングでYOGA」「呉羽丘陵ウオーク」「佐々成政と立山信仰ウオーク」「牛岳ウオーク」、12月は「まちなかイルミネーションウオーク」、来年2月は「スノーシューウオーク」に参加予定。これらのコースは3~7.5kmです。このへんが無難でしょうね、癌サバイバーには^^。

[PR]
by tiaokumura | 2017-05-21 10:20 | 富山 | Comments(0)

とやままち大学


富山インターネット市民塾ってのがあって、できた頃からときどき利用してた。名前の通り、ネット上での学びの場。インテックが関わってたか。今ではそういうネット上での勉強って珍しくもないでしょうが、ここは表彰されたこともあり、今も続いている。すっかりご無沙汰ですが^^。
ネットでエサイエンスカフェか何か調べててヒットしたのが「とやままち大学」。いつから始まったんでしょうね。そんなに古くはないはず。一般社団法人地域・観光マネジメントってとこがやってるみたい。3月にそこ、初めて受講しました。インターネット市民塾と違って、リアルで単発。

Meet up!海外留学講座
3月26日(日)13:30~15:00
講師:藤田知里氏 ガナパシ・プラモド氏
概要:海外留学にご興味のある方を対象に、アメリカ留学経験者による座談会を行います。
内容:アメリカ以外の国へ留学を希望している方もぜひご参加ください。
*教室は、中央通りを入ってしばらく歩いた、右側のビルの2階。1階で受付。2000円。教室に入ってちょっとビックリ。受講生、僕ともう1人、若い女性だけ^^。でもまあ、そういうのは僕にはどうでもいいことで、留学あれこれ、聞けました。講師のアメリカ人、偶然ですが、僕が今教えているアメリカ人と同じ「ジョージア州」出身。レイ・チャールズの歌にありますよね、ジョージアの歌。Georgia On My MindGone With the Windもジョージア、アトランタ。

ときどき「とやままち大学」のHP、チェックしてる。今回2つの講座、申し込んだ。

ます寿しテイスティング講座
5月20日(土)18:30~20:00
講座紹介:とやまのまちなかに深く根ざした「ます寿し文化」。本講座では、ます寿し職人の講義を聞きながら、意外と知らないます寿しの歴史や秘密に迫ります♪
ます寿しの発祥に深くかかわりのある、ゆかりの松川を眺めながら、10店舗以上のます寿しを食べ比べます♪
講師:川上弥氏
講義室:松川茶屋
学費:2500円
*この日の午後、高岡で燭光能があります。瑞龍寺で前田利長の命日に催される。今年は土曜日なんで、観られます。楽しみです。でもきっとすごい人出かも。

三味線で昭和歌謡
5月27日(土)17:30~18:30
6月24日(土)17:30~18:30
講座紹介:三味線で昭和歌謡を弾いてみませんか? 三味線の演奏経験のある方も、そうでない方も、昭和歌謡を通して、演奏技術の習得とスキルアップを目指します。
講師:濱谷拓也氏
講義室:松川茶屋
学費:各回2000円
*これは2回もの。何年か前、富山国際学院の課外活動で岩瀬探訪をした時、三味線屋にも寄った。今回の講師、そこのご主人です。楽器なんて全くダメな自分(小学生の時ハモニカはやったかも)、どこまでついていけるか・・・。

[PR]
by tiaokumura | 2017-05-05 09:22 | 富山 | Comments(0)

サイエンスカフェ「富山湾の神秘 蜃気楼を探る」

(4月22日午後・記)
ときどきサイエンスカフェ富山のHPをチェックして開催情報を入手している。4月15日(土)、受講。今回は紀伊國屋書店の店内。紀伊國屋では併設?のカフェで開催されたこともありましたが、今回は店内中央当たりで開講。エレベーターで降りてからちょっと迷いました(照)。

木下正博さん
富山湾の神秘 蜃気楼を探る


木下さんは滑川高校で教師をされていて、今は雄峰高校。雄峰高校はこの春、富山国際学院の学生が進学しました。彼女、中国出身の優秀な学生。雄峰高校での高校生活、いろんな困難を乗り越えて行ってほしい。

さて今回。木下さんの話すテーブルに伊万里焼の大皿あり。絵付けは蜃気楼だとか。僕は途中で帰ったので見られなかった。
蜃気楼確率ってのが情報展開されているそうで、40%がマックスだそうです。
なぜ蜃気楼が発生するのか。皆さんはご存知でしたか。上方蜃気楼、下方蜃気楼ってのがあるそうです。で、上位蜃気楼のほうが珍しい現象になるとか。発生しやすい4条件ってのも説明あり。「暖気移流説」ってのが現在最も有力な上位蜃気楼発生メカの説明だそうです。

双方向なサイエンスカフェ、僕も講師から問いかけられたり、自分から質問したりと、できました。アップした写真は、蜃気楼発生を簡単な装置で実験しているところ。

2時から3時半までの講座。時間延長でしたが、僕は3時半過ぎに退出。時間内に終わってくださったほうが、ありがたかった。

久しぶりのサイエンスカフェ。今年、また興味あるテーマの時に参加したいです。

[PR]
by tiaokumura | 2017-04-15 15:07 | 富山 | Comments(0)

さくらウォーク

f0030155_14495742.jpgいつ頃から始まってるんでしょうね、このイベント。「さくらウオーク」。今回初めて参加。今朝は雨だったので、開催が危ぶまれたのですが、富山駅北口から会場集合場所まで歩く。受付。家族連れが多いか。
9時ころ、環水公園を出発。約1時間半の「さくらウォーク」。コースは、親水広場→日赤病院左→富山北大橋→田刈屋地下道→神通大橋西詰→神通川さくら→富山大橋→安野屋→城址公園。約6kmコースで(もう一つは10kmコース)、途中ダウンしたらどうしよう、っても思ってたが、幸い、完歩できて、到着地点で「完歩証」をゲット。
6kmを約1時間半で歩いた。ガンサバイバーな自分、これだけの距離、徒歩、大丈夫なんですねえ。車で走ることがある道も何か所か。車で走れば30分くらいでしょうか、今回のコース。
「たいきょうウオーキングイベント」「ウオークイベントinとやま2017」って資料、もらった。4月16日「八尾スイーツ食べ歩きウオーク」、5月21日「八尾おわら坂の町ウオーク」「猪谷関所歴史探訪ウオーク」、6月25日「富岩運河WALK&RAIL」、10月9日「呉羽丘陵ウオーク」、10月15日「佐々成政と立山信仰ウオーク」、12月9日「まちなかイルミネーションウオーク」など。今回は、ランナーズハイならぬウオーカーズハイ^^、経験できなかったけんど、いつかまたウオーキングって、やってみたい。運動不足ですもんねえ、自分。エアロビなんかもできりゃいいですが。

アップした写真、神通川べりの桜並木にて。逞しい恰好^^です。
城址公園で完歩賞をもらい、その後、公園で少し休む。それから、太陽珈琲の店確認。下北沢の研次の知人が富山でやっている自家焙煎の店。いつか行ってみたい。末広軒でワンタンメン+生ビール(中)。500円相当の券が利用できた。

[PR]
by tiaokumura | 2017-04-09 14:49 | 富山 | Comments(0)

にぎやか20周年

f0030155_137824.jpg(3月26日午前・記)
NPO法人にぎやか 20周年記念セミナー
富山の女が始めた現代の世直し
米騒動から富山型ケアへ
2017年3月19日(日)
とやま自遊館

惣万佳代子さんのナイチンゲール記章受賞で初めて知った方もおられるかもしれませんが、わが富山県は^^「富山型ケア」の発祥地。これ、今では皆さんの地域にもあるかも。
21世紀になろうとする頃かなあ、「男女共同参画社会」関連のボランティアをした。当ブログにそのあたりのこと、書いてあるはず。で、その時にパネリストに惣万佳代子さんを呼ぼうと思った僕が他のボランティア委員から告げられた名前が阪井由佳子さん。阪井さんとは後日、不思議なご縁で出会い、今では会うとハグできる仲です^^。惣万さんの「このゆびとーまれ」の影響で阪井さんは「にぎやか」を立ち上げた。それから20年。今回、20周年記念イベントがとやま自遊館で。参加してきました。大勢の人々でにぎわってた。400人以上は参加でしょうか。
イベント、「阪井由佳子あいさつ(アップした写真)」「~ゆかりと過ごした13年~にぎやか活動紹介」と続き、ハプニングみたいな「かっちゃん登場」があり、これぞ「にぎやか」って感動が会場内に広がる。
金澤敏子「米騒動と富山の女」、上野千鶴子「おひとりさまの最期」を支える富山型ケア、の講演。上野の「家族」って介護のキーワードに対する違和感、確かにそうだと思った。
講演の後の鼎談は欠席した。上野・惣万・金澤で、司会が阪井。
「にぎやか」は、「ありのままを受け入れます」「いいかげんですんません」「死ぬまで面倒みます」が理念。看取りの施設「かっぱ庵」もある。
富山県のNPO第1号が「このゆびと~まれ」。「にぎやか」も早くにNPOに。富山国際学院もNPO組織になっている。僕は新年度、理事長退任。もっと何かできればという思いは残る。

[PR]
by tiaokumura | 2017-03-19 13:07 | 富山 | Comments(0)

隠し文学館 花ざかりの森

f0030155_11491482.jpg(3月11日午後・記)
富山市新庄にある「隠し文学館 花ざかりの森」は、今年、開館十周年だそうです。館長の杉田欣次さんは、高校は違いますが(彼は県内屈指の進学名門高校・富山中部高校)、同年齢です。杉田さんも古稀を迎えられた。
この文学館はたぶん地元紙の北日本新聞で知ったか。癌の時はどうだったか忘れましたが、ほぼ毎回、開催期間中の「館長講話」、受講しています。
3月5日(日)、文学館へ。駐車場、車を停める。杉田館長にご挨拶。アップした写真、同館の入り口あたりです。右手前には植え込みがあり、そこには石碑も。
館長講話は抽選で、今回もみごと^^当たったのですが、自分、ジジィなんでしょうね、当選ハガキ、どこかに行ってもうた。受付で奥様にハガキない旨、伝える(恥)。
館内、展示を観る。金閣寺消失の朝日、北日本記事。三島由紀夫の小林秀雄との対談。三島の「虚実皮膜之間の書、金閣寺・創作ノート、などが展示。

館長講話は2階で。
三島の「モデル小説」の概要・実際の事件、『金閣寺』の反響、反響の中での三島の感想、最近の三島話題の紹介
が今回の流れ。
三島のモデル小説には、光クラブ、庄川流木事件、有田八郎、近江絹絲労働争議、など。
最近の話題では、何といっても、TBSテープ発見でしょうね。僕は見なかったのですが、3月1日に放映もされたそうです。美輪明宏がコメントも。
『金閣寺』の公案、南泉斬猫、三島は妙心寺で出会ったそうです。

[PR]
by tiaokumura | 2017-03-05 11:49 | 富山 | Comments(0)

初めてラオスの方と

f0030155_19205660.jpg

(2月26日午前・記)

皆さんはラオスって、どの程度ご存知でしょうか。僕は日本語教師という職業柄、これまでに30以上の国・地域の人と接してますが、今回、初めてラオスの方とお会いした。

写真、右手前がラオス人のペッパイリンさん(ブログに写真・記事をアップすること、彼女の了解済みです)。彼女、今回、富山大学を受験するために富山に。彼女は名古屋にある日本語学校の語学留学生で、そこの校長先生を通じて、彼女を知った。10日ほど前、校長先生から僕にメールで、うちの学生のラオス人が富山大を受験する、ついては大学までの行き方を教えてやってくれ、といったご依頼。彼女の来富は受験前日の2月24日・金曜日で、あいにくその日は僕は富山県東部で出稼ぎ^^授業日。4時半まで授業で、僕が富山市に戻れるのは5時半過ぎ。で、夕食をご一緒と計画。ただ、妙齢の女性と二人っきりってぇのも、セクハラ・パワハラの恐れがある(激爆)ので、富山市民国際交流協会の日南田美幸さんに相談のTELしたところ、彼女は少しラオス関連のプロジェクトに関わっているとのことで夕食、ご同伴に。二人っきりが防げて、運が良かった。何でもいろいろ聞いてみるもんですね。写真のペッパイリンさんと僕の間が日南田さん。僕の左は日南田さんのご紹介で、ラオス旅行経験のある方。

先日、富山国際学院の同僚の徳橋さんが、ベトナム関連のことを調べてて子ども向けのアジア各国紹介本を見せてくれた。運がいいことに、そこにラオスのことも紹介されてた。こういう本に巡り合えるなんて、ラッキーですよね。本には、石つぼ遺跡、プーニュー・ニャーニュー、百万頭の象の国、バーシ式、フランスパンなど。2月24日の会食でもそのあたり、話題にできました。ペッパイリンさんによると、ラオス語はタイ語と似てて、文字もタイの文字と似ている。

ペッパイリンさんは翌日が受験なんで、あんまり遅くまではいけないと思い、9時ころ終わりに。さすがIT時代ですね、彼女、ネットで調べて、ホテルではなくデイマンションみたいなところを2泊3日でキープ。素泊まりで3000円だそうです。翌25日、彼女からSMSで受験終了の連絡。彼女、愛知県内の私大も受験してて、発表があって「合格」とのメールも来た。よかった~。でも彼女、富山大に受かって4月からこちらで留学生活になればいいのですが。そうなったらまたお会いできますもんね。


[PR]
by tiaokumura | 2017-02-24 19:20 | 富山 | Comments(0)