カテゴリ:富山( 349 )

サイエンスカフェ「富山湾の神秘 蜃気楼を探る」

(4月22日午後・記)
ときどきサイエンスカフェ富山のHPをチェックして開催情報を入手している。4月15日(土)、受講。今回は紀伊國屋書店の店内。紀伊國屋では併設?のカフェで開催されたこともありましたが、今回は店内中央当たりで開講。エレベーターで降りてからちょっと迷いました(照)。

木下正博さん
富山湾の神秘 蜃気楼を探る


木下さんは滑川高校で教師をされていて、今は雄峰高校。雄峰高校はこの春、富山国際学院の学生が進学しました。彼女、中国出身の優秀な学生。雄峰高校での高校生活、いろんな困難を乗り越えて行ってほしい。

さて今回。木下さんの話すテーブルに伊万里焼の大皿あり。絵付けは蜃気楼だとか。僕は途中で帰ったので見られなかった。
蜃気楼確率ってのが情報展開されているそうで、40%がマックスだそうです。
なぜ蜃気楼が発生するのか。皆さんはご存知でしたか。上方蜃気楼、下方蜃気楼ってのがあるそうです。で、上位蜃気楼のほうが珍しい現象になるとか。発生しやすい4条件ってのも説明あり。「暖気移流説」ってのが現在最も有力な上位蜃気楼発生メカの説明だそうです。

双方向なサイエンスカフェ、僕も講師から問いかけられたり、自分から質問したりと、できました。アップした写真は、蜃気楼発生を簡単な装置で実験しているところ。

2時から3時半までの講座。時間延長でしたが、僕は3時半過ぎに退出。時間内に終わってくださったほうが、ありがたかった。

久しぶりのサイエンスカフェ。今年、また興味あるテーマの時に参加したいです。

[PR]
by tiaokumura | 2017-04-15 15:07 | 富山 | Comments(0)

さくらウォーク

f0030155_14495742.jpgいつ頃から始まってるんでしょうね、このイベント。「さくらウオーク」。今回初めて参加。今朝は雨だったので、開催が危ぶまれたのですが、富山駅北口から会場集合場所まで歩く。受付。家族連れが多いか。
9時ころ、環水公園を出発。約1時間半の「さくらウォーク」。コースは、親水広場→日赤病院左→富山北大橋→田刈屋地下道→神通大橋西詰→神通川さくら→富山大橋→安野屋→城址公園。約6kmコースで(もう一つは10kmコース)、途中ダウンしたらどうしよう、っても思ってたが、幸い、完歩できて、到着地点で「完歩証」をゲット。
6kmを約1時間半で歩いた。ガンサバイバーな自分、これだけの距離、徒歩、大丈夫なんですねえ。車で走ることがある道も何か所か。車で走れば30分くらいでしょうか、今回のコース。
「たいきょうウオーキングイベント」「ウオークイベントinとやま2017」って資料、もらった。4月16日「八尾スイーツ食べ歩きウオーク」、5月21日「八尾おわら坂の町ウオーク」「猪谷関所歴史探訪ウオーク」、6月25日「富岩運河WALK&RAIL」、10月9日「呉羽丘陵ウオーク」、10月15日「佐々成政と立山信仰ウオーク」、12月9日「まちなかイルミネーションウオーク」など。今回は、ランナーズハイならぬウオーカーズハイ^^、経験できなかったけんど、いつかまたウオーキングって、やってみたい。運動不足ですもんねえ、自分。エアロビなんかもできりゃいいですが。

アップした写真、神通川べりの桜並木にて。逞しい恰好^^です。
城址公園で完歩賞をもらい、その後、公園で少し休む。それから、太陽珈琲の店確認。下北沢の研次の知人が富山でやっている自家焙煎の店。いつか行ってみたい。末広軒でワンタンメン+生ビール(中)。500円相当の券が利用できた。

[PR]
by tiaokumura | 2017-04-09 14:49 | 富山 | Comments(0)

にぎやか20周年

f0030155_137824.jpg(3月26日午前・記)
NPO法人にぎやか 20周年記念セミナー
富山の女が始めた現代の世直し
米騒動から富山型ケアへ
2017年3月19日(日)
とやま自遊館

惣万佳代子さんのナイチンゲール記章受賞で初めて知った方もおられるかもしれませんが、わが富山県は^^「富山型ケア」の発祥地。これ、今では皆さんの地域にもあるかも。
21世紀になろうとする頃かなあ、「男女共同参画社会」関連のボランティアをした。当ブログにそのあたりのこと、書いてあるはず。で、その時にパネリストに惣万佳代子さんを呼ぼうと思った僕が他のボランティア委員から告げられた名前が阪井由佳子さん。阪井さんとは後日、不思議なご縁で出会い、今では会うとハグできる仲です^^。惣万さんの「このゆびとーまれ」の影響で阪井さんは「にぎやか」を立ち上げた。それから20年。今回、20周年記念イベントがとやま自遊館で。参加してきました。大勢の人々でにぎわってた。400人以上は参加でしょうか。
イベント、「阪井由佳子あいさつ(アップした写真)」「~ゆかりと過ごした13年~にぎやか活動紹介」と続き、ハプニングみたいな「かっちゃん登場」があり、これぞ「にぎやか」って感動が会場内に広がる。
金澤敏子「米騒動と富山の女」、上野千鶴子「おひとりさまの最期」を支える富山型ケア、の講演。上野の「家族」って介護のキーワードに対する違和感、確かにそうだと思った。
講演の後の鼎談は欠席した。上野・惣万・金澤で、司会が阪井。
「にぎやか」は、「ありのままを受け入れます」「いいかげんですんません」「死ぬまで面倒みます」が理念。看取りの施設「かっぱ庵」もある。
富山県のNPO第1号が「このゆびと~まれ」。「にぎやか」も早くにNPOに。富山国際学院もNPO組織になっている。僕は新年度、理事長退任。もっと何かできればという思いは残る。

[PR]
by tiaokumura | 2017-03-19 13:07 | 富山 | Comments(0)

隠し文学館 花ざかりの森

f0030155_11491482.jpg(3月11日午後・記)
富山市新庄にある「隠し文学館 花ざかりの森」は、今年、開館十周年だそうです。館長の杉田欣次さんは、高校は違いますが(彼は県内屈指の進学名門高校・富山中部高校)、同年齢です。杉田さんも古稀を迎えられた。
この文学館はたぶん地元紙の北日本新聞で知ったか。癌の時はどうだったか忘れましたが、ほぼ毎回、開催期間中の「館長講話」、受講しています。
3月5日(日)、文学館へ。駐車場、車を停める。杉田館長にご挨拶。アップした写真、同館の入り口あたりです。右手前には植え込みがあり、そこには石碑も。
館長講話は抽選で、今回もみごと^^当たったのですが、自分、ジジィなんでしょうね、当選ハガキ、どこかに行ってもうた。受付で奥様にハガキない旨、伝える(恥)。
館内、展示を観る。金閣寺消失の朝日、北日本記事。三島由紀夫の小林秀雄との対談。三島の「虚実皮膜之間の書、金閣寺・創作ノート、などが展示。

館長講話は2階で。
三島の「モデル小説」の概要・実際の事件、『金閣寺』の反響、反響の中での三島の感想、最近の三島話題の紹介
が今回の流れ。
三島のモデル小説には、光クラブ、庄川流木事件、有田八郎、近江絹絲労働争議、など。
最近の話題では、何といっても、TBSテープ発見でしょうね。僕は見なかったのですが、3月1日に放映もされたそうです。美輪明宏がコメントも。
『金閣寺』の公案、南泉斬猫、三島は妙心寺で出会ったそうです。

[PR]
by tiaokumura | 2017-03-05 11:49 | 富山 | Comments(0)

初めてラオスの方と

f0030155_19205660.jpg

(2月26日午前・記)

皆さんはラオスって、どの程度ご存知でしょうか。僕は日本語教師という職業柄、これまでに30以上の国・地域の人と接してますが、今回、初めてラオスの方とお会いした。

写真、右手前がラオス人のペッパイリンさん(ブログに写真・記事をアップすること、彼女の了解済みです)。彼女、今回、富山大学を受験するために富山に。彼女は名古屋にある日本語学校の語学留学生で、そこの校長先生を通じて、彼女を知った。10日ほど前、校長先生から僕にメールで、うちの学生のラオス人が富山大を受験する、ついては大学までの行き方を教えてやってくれ、といったご依頼。彼女の来富は受験前日の2月24日・金曜日で、あいにくその日は僕は富山県東部で出稼ぎ^^授業日。4時半まで授業で、僕が富山市に戻れるのは5時半過ぎ。で、夕食をご一緒と計画。ただ、妙齢の女性と二人っきりってぇのも、セクハラ・パワハラの恐れがある(激爆)ので、富山市民国際交流協会の日南田美幸さんに相談のTELしたところ、彼女は少しラオス関連のプロジェクトに関わっているとのことで夕食、ご同伴に。二人っきりが防げて、運が良かった。何でもいろいろ聞いてみるもんですね。写真のペッパイリンさんと僕の間が日南田さん。僕の左は日南田さんのご紹介で、ラオス旅行経験のある方。

先日、富山国際学院の同僚の徳橋さんが、ベトナム関連のことを調べてて子ども向けのアジア各国紹介本を見せてくれた。運がいいことに、そこにラオスのことも紹介されてた。こういう本に巡り合えるなんて、ラッキーですよね。本には、石つぼ遺跡、プーニュー・ニャーニュー、百万頭の象の国、バーシ式、フランスパンなど。2月24日の会食でもそのあたり、話題にできました。ペッパイリンさんによると、ラオス語はタイ語と似てて、文字もタイの文字と似ている。

ペッパイリンさんは翌日が受験なんで、あんまり遅くまではいけないと思い、9時ころ終わりに。さすがIT時代ですね、彼女、ネットで調べて、ホテルではなくデイマンションみたいなところを2泊3日でキープ。素泊まりで3000円だそうです。翌25日、彼女からSMSで受験終了の連絡。彼女、愛知県内の私大も受験してて、発表があって「合格」とのメールも来た。よかった~。でも彼女、富山大に受かって4月からこちらで留学生活になればいいのですが。そうなったらまたお会いできますもんね。


[PR]
by tiaokumura | 2017-02-24 19:20 | 富山 | Comments(0)

あの夏 1958年 準々決勝 徳島商業vs魚津高校


この間、当ブログでご紹介した朝日新聞記事の後編です。1958年夏、僕は12歳。小学六年生だったか。どんな夏だったんだろう。
以下、回・見出し・主な登場人物(所属、打順・守備位置など)。

⑯今も浮かぶ ナイターの灯 村椿輝雄(魚津高校 3番・投) 富田美弘(徳島商業 2番・右) 檜皮谷壱保(徳 1・中)
⑰やんちゃ軍団 率いた主将 盛本栄光(魚 9・遊) 宮武英男(魚 監督)
⑱野手にも個性派ずらり 板沢貢(魚 2・右) 村椿 荒川祥一(徳 9・二) 玉置秀雄(徳 8・三)
⑲実は堅い守りの三塁手 板東英二(徳 4・投) 玉置
⑳「野手にリハーサルさせい」 玉置 須本憲一(徳 監督) 大坂雅彦(徳 7・遊) 広野翼(徳 3・左)
㉑再試合規定 発端のタフガイ 村椿 板東
㉒最終十八回 スクイズ外し 倉谷洋志(魚 2・打) 宮武
㉓本盗も阻止「体が自然に」 宮武 吉田義夫(魚 4・一) 平内政次(魚 5・二)
㉔大飛球に目をつぶった 荒川 広野
㉕好中継 三塁打を阻止 檜皮谷 荒川
㉖裕次郎も「両校とも負けるな」 板東 村椿 相田暢一(球審) 谷村友一(三塁塁審) 石原裕次郎 檜皮谷
㉗村椿先発せず 均衡破れる 森内正親(魚 7・打→再試合・先発) 村椿
㉘痛み耐え 奪三振新記録 板東 吉田
㉙魚津のヒーロー 帰郷に熱狂 村椿 荒川 村椿史子(輝雄の夫人)
㉚「頑張った練習 人生の財産」 大宮 板東 須本 檜皮谷

第26回はいつもと違って拡大版。石原裕次郎の弁を紹介。
両校とも負けさせたくなかった。どちらかに勝負が決まるであろう事実を見るにしのびなかった。にもかかわらず魚津高ナインのグラウンドマナーは絶賛するものがあったし、徳島商のタフガイ板東投手の好投に私は心から拍手を送りたい
第29回では、汽車が魚津に近づいた時の選手の
天皇陛下でも乗っとるがかや
を紹介。翻訳^^すると「(こんなに線路の脇で手を振る人が多いのは、この列車に)天皇陛下が乗っているからなのだろうか」、です。村椿夫人はこの時中学2年生。
連載第30回。板東と村椿は第90回記念大会記念イベントに参加。
「次は100回記念大会で会おう」と約束した。
そうです。
この連載、やがて本になるのかも。
[PR]
by tiaokumura | 2017-02-18 16:32 | 富山 | Comments(0)

富山のイベント4つをご紹介

新資料でよみがえる 三島由紀夫展Ⅹ
-「『金閣寺』の成立をめぐって」-

三島由紀夫には、現実に起こった社会的な事件に題材を得た、いわゆるモデル小説がいくつかある。三島は事件を綿密に取材し、そこから作品に必要な要素だけを抽出し、独自の文学世界を構築している。そのモデル小説の代表作である「金閣寺」の成立を巡る。
会期:2月25日~3月20日
会場:隠し文学館 花ざかりの森
会期中のイベント:
2月26日(日) 読み聞かせ
3月5日(日) 館長、『金閣寺』を語る
3月6日(月) 文章講座

コラーレ ワールド・フェスティバルEARTH MOVING 2017 トルコ
東洋と西洋の交わる地、トルコへ-。

会期:3月4日(土)・5日(日)
会場:黒部市国際文化センター コラーレ
トルコの「音」「舞」「動」 ココロとカラダで感じよう。:トルコ音楽と舞踏の饗宴 など
トルコ・カルチャーを体験 つくってみよう、触れてみよう、味わってみよう。:トルコ料理教室 など
トルコの新たな発見 知れば知るほどおもしろい。:講演「トルコにおけるマンガ・アニメブーム」 など
トルコを伝える映画:「おじいちゃんの里帰り」 など

東日本大震災復興支援チャリティファエスティバル 東北エイド8
震災から学ぶ-私たちがすべき備え-

日時:3月11日(土)10時~17時
会場:アピアショッピングセンター1F(富山市稲荷元町)
ミニトーク 追悼セレモニー 浪江太っちょ焼きそば実演

NPO法人にぎやか20周年記念セミナー
富山の女が始めた現代の世直し米騒動から富山型ケアへ

日時:3月19日(日)13時~17時
会場:とやま自遊館
オープニングセレモニー
講演「米騒動と富山の女」 金澤敏子さん
講演「おひとりさまの最期」を支える富山型ケア 上野千鶴子さん
鼎談「富山の女が始めた現代の世直し-米騒動から富山型ケアへ」 上野千鶴子さん×惣万佳代子さん×金澤敏子さん 聞き手・阪井由佳子
[PR]
by tiaokumura | 2017-02-12 09:28 | 富山 | Comments(0)

あの夏 1958年 準々決勝 徳島商×魚津(朝日新聞連載)

朝日新聞ならではの連載でしょうね。これ、2017年1月10日から2月18日までの30回。富山県民にとっては「魚津×徳島商」ですが、まあ、それはネームヴァリューの問題で^^全国区は「徳島商×魚津」でしょうか。僕は11歳でした、小学6年生だったでしょうか。前年9月10日の魚津大火の記憶もちょっとある。

この年の夏の甲子園は40回記念ということで、沖縄(当時はまだ米国統治下)を含む47都道府県代表が甲子園に集った。わが富山県は「富山県立魚津高等学校」。1回戦・浪華商(尾崎はもっと後か?)、2回戦・明治、3回戦・桐生と撃破。準々決勝が板東英二の徳島商業。魚津の投手は村椿輝雄。僕、準決勝はラジオで聞いてたのかなあ。開始時、「延長18回引き分け再試合」になるとは誰も思ってなかったでしょうね。

今日で30回の連載の半分終了。以下、ここまでをご紹介。回・見出し・主な登場人物(所属、打順・守備位置など)。

  1. 板東VS.村椿36個並んだ「0」 板東英二(徳島商 4番・投手) 村椿輝雄(魚津 3番・投手) 宮武英男(魚津 監督)

  2. 監督は満州の元実業団選手 宮武 宮武静枝(英男の妻)

  3. エース自ら中継プレー 東金和雄(魚 2番・左) 村椿

  4. 高くなかった前評判 鶴見瑞夫(魚 控え) 須本(徳 監督)

  5. 大火の地元支援 強豪と一戦 田口兼三(桐生 主将) 稲川東一郎(桐生 監督)

  6. 速くて重い「打てる気せん」 東金 楠寿夫(徳 控え・マネジャー)

  7. 捕手の左手 腫れるほど 大宮秀吉(徳 6番・捕)

  8. 手元で変化する謎の球 板東 大宮

  9. 飛んでこないのも大変 大坂雅彦(徳 7番・遊) 富田美弘(徳 2番・右)

  10. 美声 得意は三橋美智也 富田 板東 仲間() 檜皮谷壱保(徳 1番・中)

  11. 村椿「本調子ではなかった」 東金 村椿 檜皮谷

  12. 初戦は豪打・浪商を完封 村椿 浜田隆志(魚 部長)

  13. リスムよくストライク量産 村椿 吉田義夫(魚 4番・一)

  14. 調子よくても負けることも 村椿 松本秋夫(滑川 投手) 木下健吉(魚 校長)

  15. 振る舞いも板東と対照的 村椿

第15回で

 村椿は試合中、チェンジになってもすぐベンチへ引きあげない。マウンド上にボールが戻ってくるのを待って、ひざを折って丁寧にプレート脇にチョコンと置く。すばらしいマナーと称賛された。

 「宮武監督の指導なんです。道具を大切にしろと、いつも言われていたから」。胸を張ってマウンドを降りる板東と、これまたコントラストを見せた。

と紹介。


[PR]
by tiaokumura | 2017-01-29 14:16 | 富山 | Comments(2)

新春国際交流のつどい

f0030155_1431589.jpg(1月22日午前・記)
毎年1月中旬に行われるこの「新春国際交流のつどい」は、秋の「国際交流フェスティバルinTOYAMA」と並んで富山県内の最も活発な国際交流イベントと言えるでしょうね。会場は富山駅前CiCビル5F。僕は、10年程前からかなあ、ほぼ毎年参加しています。
プログラムは
開会のことば オープニング アイスブレイク 日本文化体験 世界文化体験 じゃんけん大会 みんなで歌おう! 閉会のことば
1月15日(日)、富山国際学院であれやこれや仕事をして、会場に着いたのは2時過ぎ。すでに始まっていて、オープニングの南京玉すだれをやっていた。アイスブレイクは自己紹介。「名前・趣味・好きな食べ物」をカードに書き、何人かと自己紹介し合う。僕はバングラデシュのご夫婦、中国人、オーストラリア人と交流。日本文化体験は輪投げ、抹茶に参加。輪投げでは5点に入ってキャンディー5つゲットしました^^。世界文化体験ではトランプ。神経衰弱をして、7組で1位。一緒にやった中国人の男の子を勝たせてあげりゃあ良かったのに、大人気なかったかも^^。世界文化体験は他には、羽根蹴り(中国)・投壺(韓国)・ペテカ(ブラジル)・フェイスペイティング(スペイン)・ゲーム(ブルキナファソ)・年賀状作り(中国)。
予定があったので3時半前に退出。じゃんけん大会以下は不参加。歌は例年『世界に一つだけの花』。SMAP解散してもこの歌は永久に歌い継がれていかれるでしょうね。
今回も会場で知り合い数人と出会う。中に富山国際学院の学生だった人も何人かいて、中には、顔は覚えていても名前を覚えておらず、彼女から叱られた(激爆)ケースも。自分、外国人に限らず、名前を覚えるの、ちょー苦手。

[PR]
by tiaokumura | 2017-01-15 14:31 | 富山 | Comments(0)

T’SCENE ティーズシーン

f0030155_142874.jpg昨日12月24日のBS日テレ、すごかった。「豪華スター達が熱演! ~ボブ・ディラン30周年記念ライブ~」。こんな映像、あったんですね。「1992年10月16日NYマジソン・スクエア・ガーデンで行われた、ディランのデビュー30周年を祝う伝説のトリビュートコンサート」。ジョン・メレキャンプの「ライク・ア・ローリング・ストーン」で幕開け。次がスティーヴィー・ワンダーで「風に吹かれて」ですからね。「戦争の親玉」はエディ・ヴェダーで、トレイシー・チャップマンは「時代は変わる」。出演者が次を紹介する流れで、ビッグ・アーティストが次々と登場。ローリング・ストーンズからはロン・ウッド、ビートルズからはジョージ・ハリスン。ニール・ヤングもエリック・クラプトンもカヴァー曲で出演。ザ・バンドも当然ながら出ました、「マスターピース」。ハリスンの呼びかけでディランがステージに。最高潮。クラプトンやハリスン、ヤングを従えてボブ・ディランが歌うは「マイ・バッグ・ページス」。
いやはやすごい番組でした。これ、本邦初でしょうか。それとも四半世紀ほど前に既に放映? ノーベル賞文学賞が契機の放送なんでしょうが、再放送もあってほしい。今度は早い時間にね^^。ジジイは眠かった。

さて、アップした写真の雑誌、本日12月25日発売。

T’SCENE ティーズシーン
富山の総合スポーツマガジン
熱くなる舞台が とやまにはある。
2017年1・2月
2016年12月25日発売
北日本新聞社
722円+税

富山にはプロスポーツチームは確か、野球・サッカー・バスケの3つある。富山サンダーバーズ、カターレ富山、富山グラウジーズ。本誌創刊号表紙はBリーグ・富山グラウジーズの城宝匡史。僕、中学時代の図工の先生が城宝先生。ひょっとしてお孫さんだったりして。
石川歩(千葉ロッテマリーンズ)、魚津市出身。巻頭5ページを飾る。
昔と違ってウインタースポーツも人気、出てますよね。本誌では「年末年始高校スポーツ全国大会出場チーム紹介」も。駅伝は入ってませんが(高校駅伝は今日12月25日ですもんね)、富山第一(サッカー男子・ラグビー・バレーボール女子)、高岡第一(バレーボール男子)など。宮城県の明成には八村塁の弟が進学してたんですね。八村阿蓮。僕の地元・豊田小学校出身の二人も明成にいる。
こういう地元密着スポーツ誌って、全国的にも稀でしょうね。いや、初めてかも。売れ行き、厳しいでしょうが、部数伸びるといいですね。次号は2017年3月1日発売。本誌、僕はコンビニで買いました。

[PR]
by tiaokumura | 2016-12-25 14:28 | 富山 | Comments(0)