こんな授業・あんな授業(40)夏休みの宿題


僕は今年度上半期はA組担当。下半期もこのまま担当でしょうね。A組担当は久しぶり。担任が徳橋陽子さん。彼女のコースデザインの下、僕もたまに授業アイディアも。夏休みの宿題、二人で相談し(ってもほとんど彼女のアイディアなんですが)、今年の夏休み(今まで2週間だったんですが、今年から3週間に)のA組宿題は、「読解」「進路調べ」それに、A組はFBやってるんですが(クローズドな形です)、「不思議」「うそのニュース」をテーマの投稿2題も宿題に。
僕も「うそのニュース」、考えてみた。以下にご紹介。今日投稿し、さっそく学生1名から、「おもしろい」とのありがたい^^コメントもらった。

かけるだけで外国語が読める・書ける・話せる・聴けるウエアラブル・トランスレーション・サングラス(WTS)がブリンストン大学のビッグマウス・トヤマ准教授らのグループにより開発されました。WTSは既に日本・ベトナム・中国・ネパールなどで商品化されており、使用者には「これで苦手な外国語学習が不要になった」「世界中に友達ができる」「映画が字幕を頼らずに見られる」「外国旅行で好きなところに簡単に行ける」などと好評です。
富山国際学院日本語教師の徳橋陽子さん(28)、奥村隆信さん(48)はWTSのために失業。徳橋さんは映画女優に転身し、黒澤明監督の『ハノイ・北京・富山』に主演の予定ですが、奥村さんは顔と性格が悪く男優に転身できず、目下『ゴジラGODZILLA2022』最新作の着ぐるみ役のオーディションの結果待ちです。奥村さんはFBで「人生設計がWTSのせいで狂ってしまった。明日のパンもビールも買えない」と嘆いてます。

今朝の讀賣「名言巡礼」、須賀敦子(1929-98)でした。
きっちり足に合った靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ
たとえどんな遠い道のりでも、乗物にはたよらないで、歩こう
日経には城戸久枝(1976-)「未来につなぐ戦争の記憶」。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-08-20 14:48 | 日本語教育 | Comments(0)

『東大ナゾトレ』

f0030155_1464053.jpg『東大ナゾトレ』第1巻
2017年6月25日 初版第3刷
扶桑社
1000円+税

『東大ナゾトレ』第2巻
2017年8月18日 初版第1刷
扶桑社
1000円+税

TV、BSはけっこうよく見るが、地上波はNHKの地元ニュース、「ひよっこ」(BSでも見てる^^)以外はほとんど見ない。お笑い芸人の番組、多すぎだし、ドラマも見たいのないし。そんな中、ときどき見てるのが「今夜はナゾトレ」。これ、おもしろくないコーナーもあるが、東大サークルAnother Visionの「ひらめき問題」はおもしろい。松丸君、いまやちょー有名人でしょうね^^。で、その本が出たので購入。最初っから「第1巻」って銘打ってるんですから、売れ線の刊行なんでしょうね。
僕はクイズとかパズルとかが好きなんでしょうね。数独歴、長く、朝日新聞の数独はほぼ100%解ける(自慢♪)。「今夜はナゾトレ」の先週放送分、「間違い・運試し・美しい」も解けました。金沢に謎屋珈琲店ってのがあるんですが、そこのHPに載るパズルもほぼ解けてます。ただ残念ながら本書の「最終問題」、2つともいまだわからず。自分、解けないんかなあ。

僕の2017年夏休み、本日で終了。明日から授業も。けっこう忙しい。水・木の富山国際学院担当のA組は来週からなんですが、外部授業は今週から。月が午前B社・午後C社、火が夜D社、金が午前B社ダブル。来週の場合、1週間の授業、45分×18かも。古稀なじじい(汗)、早く後進に道を譲ったほうがいいんでしょうけどね。今、富山国際学院のスタッフは14人。明後日お一人、学院日本語教師希望の方とお会いします。条件があえば、来年4月から学院で勤務してもらおうかと思う。
一時期けっこう涼しかったのですが、今日あたりは暑い。まだまだ暑い日、続くのでしょうね。自分、食欲がないのが心配。ご自愛専一かも(激爆)。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-08-20 14:06 | | Comments(0)

「アニメーションの神様、その美しき世界」

f0030155_1340026.jpg(8月20日午後・記)
25日・最初の日
ロシア革命を描いたデビュー作
1968年 10分
監督・アニメーション・脚本・美術:ユーリー・ノルシュテイン、A.チューリン
撮影:V.スルハーノフ
音楽:D.ショスタコーヴィチ

ケルジェネツの戦い
中世の壁画が鮮やかに動きだす
1971年 10分
監督・アニメーション:ユーリー・ノルシュテイン
撮影:V.スルハーノフ
音楽:N.A.リムスキー・コルサコフ

キツネとウサギ
初の子ども向け作品
1973年 10分
監督・アニメーション:ユーリー・ノルシュテイン
語り:V.ホフリャコフ

アオサギとツル
浮世絵・水墨画を取り入れた恋愛劇
1974年 10分
監督・アニメーション:ユーリー・ノルシュテイン

霧の中のハリネズミ
世界で最も愛されたノルシュテイン作品
1975年 10分
監督・アニメーション:ユーリー・ノルシュテイン
声優:A.バターロフ M.ビノグラドーワ V.ネビンヌイ

話の話
世界アニメーション史に残る最高傑作
1979年 29分
監督・アニメーション:ユーリー・ノルシュテイン
音楽:W.A.モーツァルト J.S.バッハ 他
声優:A.カリャーギン

8月19日(土)ユーリー・ノルシュテイン(1941-)作品を観に金沢へ。往復は高速バス。回数券があるのでずいぶん安く往復できた。旅の(片道約1時間のバス)のお供は
四谷シモン『人形作家』(中公文庫)
今「ひよっこ」に白石加代子、出てますね。シモンもあの同じころに俳優。白石は鈴木忠志の早稲田小劇場、シモンは唐十郎の状況劇場。
さすが金沢ですね。インバウンドも含め、観光客で賑わっていた。映画はシネモンドで。これもさすが金沢、30人くらいの観客でした。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-08-19 13:40 | 映画 | Comments(0)

寿司正で昼食

f0030155_12435192.jpg(8月18日午後・記)
自分、実行しきれていませんが、毎年、仕事(日本語教師)を含めて何か新しいことをやってみるようにしている。今年は「ウォーキング」と「とやままち大学」。夏はウォーキングには不向きな季節なんでしょうね。次回のウォーキングは10月以降を予定。とやままち大学の方はこれまでに5講座受講し、9月以降に2つ、申し込み済み。そのうちの一つが「江戸前 寿司正」の山下稔さんって方の
富山の名店 江戸前 寿司正の職人が教える「富山の魚講座」
で、全4回の内最終回の
自分で寿司を握ってみよう!巻いてみよう!
です。
8月17日(木)、中央通りのほとり座で映画を観た後、徒歩で、西町に出、ガラス美術館でトイレを借りて^^、そのまま歩くこと数分、千石町通りに。ここ、なかなかユニークな商店街みたい。入ってまもなく左手に「寿司正」。僕はここ初めてです。
アップした写真、おかみさんの許可を得てます。注文したのはランチの寿司定食(食べ切れる自信がなかったのでシャリ小さめにしてもらいました)。あと、ご主人(稔さんのお父さんか?)に訊いて、満寿泉の冷酒。五勺なんてないんですね、一合。定食にはお味噌汁でしたが、おすましのほうがありがたかったかも。完食完飲。お店の評判を聞いて、でしょうね、僕のあとにシニアカップル来店、「旅の人」でした。
皆さんはどうですか。僕は刺身、しょうゆにワサビを溶かさず、魚につけて食べます。寿司は、シャリではなく、ネタのほうをしょうゆにつけて、手で食する。「あがり」や「おあいそ」って言葉、使わない。「むらさき」とかは気取って言うこともあるけど^^。あと、カウンター好き、料理などあれこれお店の方に聞くのも好きです。苦手なのは、通ぶった客、常連が盛り上がっている店、エラソーな店主の店。自腹で飲み食いするんですもんね、自由に飲食したい。ちなみに、年にほとんどありませんが、「ごちそうされる」の大好きです^^。見返りが要求されないのが条件ですが^^。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-08-17 12:43 | 美味録2017 | Comments(0)

『ハロルドとリリアン』

f0030155_10224049.jpg(8月18日午前・記)
ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』(原題Harold and Lillian A Hollywood Love Story)
絵コンテ作家の巨匠ハロルドと、名リサーチャーリリアンの知られざる"愛の物語"
ハリウッド全盛期を駆け抜けたふたりの"人生物語"
2015年 アメリカ 94分 英語
監督・脚本:ダニエル・レイム
出演:
ハロルド&リリアン・マイケルソン フランシス・フォード・コッポラ メル・ブルックス ダニー・デヴィート 他

僕はこれまでハロルドもリリアンも知らなかった。皆さんもそうでしょうね。でも『十戒』のあのシーンも『鳥』のあのシーンも『卒業』のあのシーンも、数々のハリウッド名画の名シーン、ハロルド・マイケルソンの絵コンテから生まれた。彼はストリーボード・アーティスト。リリアン・マイケルソンは日本風に言えば時代考証とかになるんでしょうね(日本では、富山出身で稲垣史生って方がおられた)。彼女もまた数々のハリウッド名画に情報を提供することで関わる。彼女は映画リサーチャー。「夫婦二人三脚で1960年代~2000年代まで100本以上の作品に携わった」。
二人の出会い、困難を乗り越えての結婚(リリアンは孤児院出身)。第1子が自閉症。そういう家族の歴史を横糸に、映画に携わる二人を縦糸に、映画は進む。二人の最初の共演はアルフレッド・ヒッチコック『鳥』(1963)。「裏方」ってことになるんでしょうね二人は。僕はハリウッド映画、ふつうに観てますが、クレディットに載ってたにしても僕は気付かなかった、知らなかった。あるいは「裏方」ゆえ名が出なかったことも多いでしょうね。

僕は今年はよく映画を観ている。ここ「ほとり座」が中心で、もう10本以上観てるかも。このあと、土曜日には金沢でノルシュテイン、9月か10月にボブ・ディランの『ドント・ルック・バック』、ほとり座で観ようかと。
アップした写真。グラスワイン白も^^。こないだの『エルミタージュ美術館』は混んでましたが、今回は僕を入れて6人でした。まあ自分、自分の観たい映画を観るだけなんで、観客数はどうでもいのですが。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-08-17 10:22 | 映画 | Comments(0)

中村吉右衛門「語る-人生の贈りもの」(朝日新聞)

朝日新聞連載「語る-人生の贈りもの」、今回は中村吉右衛門。7月10日~28日。
「一声 二顔 三姿」とか言いますが、僕は十五代目片岡仁左衛門(片岡孝夫)が好きかなあ。いなか住みの身、歌舞伎なんて全く観る機会はありません。歌舞伎座も未経験。来年あたり、桟敷席でいいから観てみたい。

二代目中村吉右衛門「語る-人生の贈りもの」全14回
やっと「なりきれるように」
4歳の初舞台 泣き続けて代役
「盛綱陣屋」初代に劇場揺れる
10歳で喪主 継承の闘い始まる
学芸会でも嫌々女の子の役
亡きばあやの言葉 襲名後押し
兄弟で東宝と契約 現代劇も
実父の背に芸の重み 襲名へ
女形のおじさまに教えられた
鬼平の魅力 演じ求めた28年
米公演 浪幕ハプニング大うけ
「秀山祭」10回目 芸を後世に
娘と菊之助君 夢にも思わず
形より心 いつか「無」の境地に

海老蔵、勸玄君、つらい毎日でしょうが、吉右衛門は10歳で養父・初代中村吉右衛門の喪主。若い二人、大成を。次、次の次の市川團十郎ですもんね。

[PR]
# by tiaokumura | 2017-08-12 15:33 | このブログのこと | Comments(1)

岩波文庫4冊

f0030155_10175294.jpg(8月12日午後・記)

谷川俊太郎編

まど・みちお詩集

岩波文庫

2017年6月16日 第1刷

740円+税

サン=テグジュペリ作 内藤濯訳

星の王子さま

岩波文庫

2017年7月14日 第1刷

520円+税

芭蕉自筆 上野洋三・櫻井武次郎校注

奥の細道

岩波文庫

2017年7月14日 第1刷

970円+税

紫式部 藤井貞和他校注

源氏物語(一)

岩波文庫

2017年7月14日 第1刷

1320円+税

「真理は万人によって求められることを自ら欲し、芸術は万人によって愛されることを望む。」。昭和2年7月、岩波茂雄。岩波文庫、90年だそうです。僕らの高校生の頃、「岩波・朝日・NHK」とか言ったような気がする。教養が青春のキーワ-ドの一つだった時代。夏休みにおばの家で『こころ』や『阿部一族』、読んだ。★一つ30円だったかなあ。新潮文庫のほうが先発なんですってね。1914年。

岩波書店では佐藤正午『月の満ち欠け』が直木賞に。意外かもしれませんが(そうでもないか^^)、岩波初の直木賞です。


[PR]
# by tiaokumura | 2017-08-11 10:17 | | Comments(0)