2018年 01月 07日 ( 2 )

『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』

f0030155_13202437.jpg(1月8日午前・記)

『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』(原題Leonard da Vinci—Il genio a Milano

2015年 イタリア 82分 吹替(たぶん元はイタリア語)

監督:ルカ・ルチーニ ニコ・マラスピーナ

製作:ルイジ・デ・シェルボ ピエロ・マランギ マッシモ・ビッタ・ゼルマン

キャスト:

ピエトロ・マラーニ マリア・テレサ・フィオリオ ピットリオ・スガルピ 他

ネット上の「解説」から引用。

イタリアのルネサンス期を代表する芸術家で、絵画、彫刻、建築、数学、物理などあらゆる分野で功績を残した、希代の天才レオナルド・ダ・ビンチの偉業と謎の多い人物像に迫るドキュメンタリー。ダ・ビンチ研究の第一人者であり、「最後の晩餐」の修復責任者のピエトロ・マラーニをはじめ、各分野の専門家にダ・ビンチ作品、業績の解説や、4Kスキャン映像によって記録された「最後の晩餐」や「モナ・リザ」、「ミラノの貴婦人の肖像」といった代表作や素描100点以上などを紹介。ダ・ビンチの作品群の数々当時のミラノで最新テクノロジーを担った創作過程におけるメカニズムにも着目し、再現ドラマも交え、レオナルド・ダ・ビンチの人物像を多角的に分析していく。監督は「ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿」のルカ・ルチーニ。

美術史家などの解説とドラマが交互に。原題からわかるように「ミラノ」時代が中心です。弟子にサピオっていたんですね、知りませんでした。

こないだアラブの王子だったかが入札した作品、どうなんでしょうね。

今年最初の映画。中央通りのほとり座で。ここ、今年も8回くらいは来そうです。映画はこの後総曲輪で『クボ』『ギフテッド』を観るつもり。


[PR]
by tiaokumura | 2018-01-07 13:20 | 映画 | Comments(0)

2017年12月ブログ内ランキング


2017年12月は13本の投稿記事でした。当該月もなんとか2桁クリア。「訪問者」のほうは1日平均108.48人と前月よりさらに約30人減で続落^^傾向。新年1月は50人がやっとの日も出てます。どうやら1月は1日100人を切りそうです。昨年夏には1日300人なんてこともあったのですが、ブログって、こんなもんなんでしょうかねぇ。「リンク元URL」は、今月もスキップします。

12月の「記事ランキング」は
第1位<2015年12月8日付>ジョン・レノン(John Lennnon)、没後35年(58アクセス。以下、同じ)
第2位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(53)
第3位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(46)
第4位<2017年11月30日付>癌日記:2017年11月30日(40)
第5位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(39)
第6位<2017年12月3日付>寿司正で修業中?(35)
第6位<2017年12月5日付>名古屋出張(35)
第8位<2007年6月9日付>愛新覚羅慧生と大久保武道(26)
第9位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(24)
第9位<2007年11月14日付>亀書房のホームページが開設されました!(24)
でした。
John Lennnonの記事は2年前。YouTubeからStand by Me、Happy Xmas(War is Over)、Imagineを張り付けてあります。その後、YouTubeの貼り付け、できんようになった。メカ阿保なわし^^。
寿司正はこれで3回行ってます。お金を貯めて^^また行ってみたい。
天城山心中、こないだTVでやってた。その影響でしょうね、第8位:愛新覚羅慧生と大久保武道。
亀書房は親友のやってる出版社。こないだ、岩波新書1月刊・山本義隆『近代日本-一五〇年』を彼にメールで情報提供。
12月は100超えはありませんでした。

検索キーワードランキング」のほうは12月は2以下だったので省略。検索で入って来る方はほとんどいないってことなんでしょうね、ここ。あとコメントもほとんどなくなった。ごく稀にあるだけ。

TV、Dining with the Chefってあるんですね。たまたまNHKを入れたらやってた。行正り香が案内人。今回は「富山の旅」で2回放送。「あら川」「レヴォ」など。NHKなんで店名は出ない。TVでは「孤独のグルメ」も。富山ではこういう時でなきゃ観られない番組。「ワカコ酒」も観たいのですが、今年はなかったみたい。他に「京都人の密かな愉しみ」再放送。
富山弁では「からすがい」、足・手がつる。1月6日、整形外科。「芍薬甘草湯エキス顆粒」をもらった。漢方薬。即効性があるそうで、痛くなると飲んでます。同日、眼科も。「飛蚊症」のセカンドオピニオン。でも、前の眼科と同じで治療法も薬もないとのこと。
今朝、PC立ち上げできず。幸いアフターサービスでこういう時のTELができて、なんとか直りました。電話先の女性に感謝感謝。
[PR]
by tiaokumura | 2018-01-07 10:20 | このブログのこと | Comments(0)