2017年 11月 05日 ( 2 )

富山県美術館

f0030155_13195973.jpg(11月12日夜・記)
11月5日(日)ボブ・ディランの映画の後、富山県美術館へ。オープニングセレモニーで「パン人間」のパフォーマンスやって以来です、ここ。この日が展覧会の最終日。

富山県美術館開館記念展 Pert1
生命と美の物語
LIFE
ー楽園を求めて
LIFE:In Search of a Paradise


1章:INNOCENCEー無垢、子ども、青春。ピカソ「道化役者と子供」、村山、クレー、フジタなど。
2章:LOVEー愛、エロス、友情。東郷、観山 松園、シーレ、青木、シャガールなど。
3章:DAILY LIFEー日常、都市、なりわい。高橋由一、ユトリロ、佐伯、ウォーホールなど。
4章:EMOTIONS & IDEASー感情、感覚、思考。カンディンスキー、関根正三、ジャコメッティ(「男」。1956・キャンパス・油彩)、棟方など。
7章:PRIMITIVE-原始、素朴、未開。ルソー、ゴーガン、デュビュッフェ、ミロなど。
8章:NATURE:自然、共生。光太郎、福田繁雄など。

フジタが目玉だったかも。
「コレクション展Ⅰ」も。富山県立近代美術館時のコレクション。今観てもすごい。A.ジャコメッティ「裸婦立像」はなかった。どこに置いてあるんでしょうね。「瀧口修造コレクション」「シモン・ゴールドベルク&山根美代子コレクション」も観て来ました。

[PR]
by tiaokumura | 2017-11-05 13:19 | 美術 | Comments(0)

『ドント・ルック・バック』

f0030155_10164484.jpg(11月12日・夜)
ドント・ルック・バック』(原題DONT LOOK BACK)
"音楽ドキュメンタリー史上の金字塔"
若さ弾ける24歳のボブ・ディランがここにいる
1967年 アメリカ 96分 英語 デジタルリマスター版
監督:D・A・ペネベイカー
製作:アルバート・グロスマン ジョン・コート
出演:ボブ・ディラン ジョーン・バエズ ドノヴァン アレン・ギンズバーグ 他

こないだFM聴いてたら、ピーター・バラカンが1965年のボブ・ディランのロンドンツアー、話してた。ロンドンですごい人気だったみたい。この映画、その時のドキュメンタリー映画でしょうか。監督のD・A・ペネベイカーはゴダールとの共同監督作もあるそうです。デヴィット・ボウイのツアー最終日も彼ですって。
ドノヴァンが可哀想な^^場面もあるし、ジョーン・バエズってああだったんだなあって場面も。「サブタレニアン・ホームシック・ブルース」で始まる。もちろん「時代は変わる」も。
河瀨直美監督の映画を「観せろ」「見せられない」でモメたんで、今回、「ほとり座」、メールで予約しときました。どんだけ混んでるかと思いきや、この日、僕を入れて観客3人! そんなのありなんかいな。
ほとり座は次は12月の瀬長亀次郎の映画、見ます。

今朝の新聞各紙、POLAの全面広告。讀賣、日経、朝日。「富山の新名産は、肌の幸。」。美肌県グランプリ2017ってので富山県が1位です。美肌偏差値70.97。2位の石川より5ポイント以上勝ってる。秋田が3位。札幌―秋田―新潟ー加賀-京都って日本海側は美人が1府県おきに続くって昔聞いたけど、新潟と石川の間に、ドッコイ、富山です。ま、自分は男なんで、エラソーなことは言えませんが^^。順位は岡山・愛媛と続き、ワーストのほうは、G-O-I-O-S・・・県です。東京都は9位。
2017ユーキャン新語・流行語大賞」。忖度・ひふみん・藤井フィーバー・アウフヘーベン・うんこ漢字ドリルとかはわかるかなあ。勤務先で訊いたら「35億」、やっとわかった。「9.98」、選ばれるでしょうね。

[PR]
by tiaokumura | 2017-11-05 10:16 | 映画 | Comments(0)