2017年 09月 13日 ( 2 )

南禅寺境内の奥丹でゆどうふ

f0030155_11214764.jpg(9月17日夜・記)
9月13日(水)京都。京都駅からバスで南禅寺。朱印をいただく。今回の旅行、生れて初めて「御朱印帳」なるものを持参。東大寺、霊山寺、法隆寺、中宮寺、慈光院、薬師寺、唐招提寺、そして南禅寺とゲット^^。南禅寺だけは紙でいただきました。
南禅寺ったら湯豆腐でしょうね。境内に位置する「総本家ゆどうふ 奥丹」が11時開店ってことで、南禅寺参拝後入店。アップした写真、湯豆腐コース「ゆどうふ一通り」。湯どうふ、胡麻豆腐、とろろ汁、木の芽田楽、精進天ぷら、香の物。「ご飯」は食べきれないのでなしにしてもらった。とろろご飯もよかったかも。
お酒、「吟醸 金瓢」。300㎖詰めの瓶で、飲めない分、持ち帰れました。
奥丹を出て地下鉄蹴上駅。途中乗り換えて京都駅。京都駅0番線JR特急サンダーバード23号→金沢・JR新幹線かがやき510号→富山。北陸新幹線ができて、京阪神から富山って不便になった。
富山駅から歩いて富山国際学院へ。暫し仕事。旅行中停めてた車で帰宅。

来年は東京旅行にしようかと。サムライミュージアム、ロボットレストラン、新宿ゴールデン街、屋形船、歌舞伎鑑賞などがいいかなあ。築地の井上、どうなったんでしょうね。がんサバイバー(照)な自分、来年もあればいいのですが。

[PR]
by tiaokumura | 2017-09-13 11:21 | 美味録2017 | Comments(4)

奈良ホテルで朝食

f0030155_83323.jpg(9月17日夜・記)
堀辰雄奈良ホテル、定宿だったんでしょうね。
1941年10月10日、奈良ホテルにて
くれがた奈良に着いた。僕のためにとっておいてくれたのは、かなり奥まった部屋で、なかなか落ち着けそうな部屋で好い。すこうし仕事をするのには僕には大きすぎるかなあと、もうここで仕事に没頭している最中のような気持ちになって・・・
10月18日、奈良ホテルにて
きょうは雨だ。一日中、雨の荒池をながめながら、折口博士の「古代研究」などを読んでいた。・・・
(堀辰雄『大和路・信濃路』新潮文庫p92,p110)
1939年には立原道造が亡くなっている。

9月13日(水)奈良3日目。朝6時、奈良ホテルで目覚める。ここは堀以外にも、チャップリンやヘップバーン、リンドバーグらが宿泊。皇族方も。わしみたいな一般庶民には似合わんホテルでしょうね^^。
アップした写真、朝食。大和茶粥。冷酒は春鹿。いささか心配でしたが、ほぼ完食完飲。
ホテルからタクシーで近鉄奈良。当初は奈良ー神戸ー大阪ー(京都)-金沢ー富山、の予定だったんですが、奈良から京都に出ることに変更。特急でした。がらがら。平日ですもんね。

[PR]
by tiaokumura | 2017-09-13 08:03 | 美味録2017 | Comments(0)