2017年 08月 06日 ( 1 )

映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』

f0030155_10314797.jpg(8月12日午後・記)
エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』(原題Hermitage Revealed)
2014年 イギリス 英語・ロシア語 83分
・・・ルネサンス三大巨匠を初め、今回はロシアでも最高の警備がつくエリアへ入り、これまで公けにされることがなかった女帝のコレクションなど、他の美術館では決して体験することができない至宝の数々にロシアに行かずして出会うことが出来る。
監督・脚本・製作:マージー・キンモス
出演:
ミハイロ・ピオトロスキー(館長) レム・コーリハウス(建築家) アントニー・コームリー(彫刻家) 他

「3」って特別な数字なんでしょうね。三位一体。三大大仏「奈良」「鎌倉」「高岡」。七夕「仙台」「平塚」「戸出」、山「立山」「白山」「富士山」。←富山絡み^^。富山県人が勝手に言ってるのもあるかも。で、「世界三大美術館」って云ったら、ルーヴル・メトロポリタン・エルミタージュ、でしょうね。このうち、ルーヴルだけは2000年夏に行ってます。エルミタージュは今年6月に「大エルミタージュ美術館展」、観た。「大」ですもんね^^。クラナーハ(以前はクラナッハって言ってたような気がするが。母国原語読み?)「リンゴの木の下の聖母子」、ムリーリョ「受胎告知」、ウィギリアス・エリクセン「戴冠式のローブを着たエカテリ-ナ2世の肖像」など。
8月6日(日)ほとり座で本映画、観る。ずいぶん人気で、シニアがほとんどな印象ですが、補助席もあった。ナポレオン、ヒットラー、スターリン、それにもちろんエカテリ-ナ2世も、美術館との関わり、その歴史。現館長のピオトロスキー、当美術館の云わば「中興の祖」かも。
登場する美術品は、ラファエロ「聖ゲオルギウスと竜」、レンブラント「放蕩息子の帰還」、ミケランジェロ「うずくまる少年」、カラヴァッジョ「リュートを弾く若者」、ダ・ヴィンチ「ブノワの聖母」などなど。美術史のビッグネーム、ほとんど登場。エルミタージュは20世紀絵画のコレクションもすごいんでしょうね。ゴーギャン、ゴッホ、マティス、ピカソ、カンディンスキーなどなど。
hを発音しないのはフランス語系だからでしょうか。マリー・ラフォレが「風に吹かれて」で「アウメニ・・・」って歌ってた。

[PR]
by tiaokumura | 2017-08-06 10:31 | 映画 | Comments(0)