2008年 05月 10日 ( 5 )

アジアの夢コンサート(5)

f0030155_2251771.jpg
(5月17日夜・記)
写真は、今回のステージ設営ボランティアを共に担当した志村さんと。
5月10日、教育文化会館の駐車場に車を入れて、県民会館に行く。谷中秀治さんの指揮下で働くことになっていたのですが、僕の他にあと2人いるはずのメンバーがいない! 「えっ、ひょっとして、ボク一人でやるん?」と焦った。谷中さんと奥様(プロのミュージシャン。僕は最初、谷中さんの娘さんかと思ってた^^)が、僕のやるべきことを指示し、そのやり方を教えてくださるのですが、これが・・・素人にはけっこう難しい(汗)。リハーサル中、こりゃ一人じゃ無理だぁ、とゼツボーしてたら、助っ人登場。今日の会場に別の用事で来ていた志村さんが狩り出されたんですね、ステージ設営ボラに。彼にとってはメーワクだったでしょうが、おかげで僕は大助かり。
彼と二人、ほとんどの時間、舞台上手の幕裏に待機しボランティア活動。一番大事な仕事が「ばみり」。恥ずかしながらこの言葉、僕は今回初めて知りました。舞台上に、マイクや楽器の位置をビニールテープで貼る-それが「ばみり」。ビニールテープとマイク&マイクスタンドに同じ番号をつける。例えば、「ウエィノ11」がパーカッションの位置。出場者入れ替わりのわずかの時間で作業終わらなきゃならない時もある。あるいは舞台暗転時に「ばみり」をするときは大変。マイクが7本いるときも混乱しそう。
幸い、志村さんと二人、谷中さんの指示に従ってなんとか作業できました。「ばみり」、いつかどこかでまたやりたいくらい(爆)。ただ、マイクコードの8の字巻ってぇのは、結局マスターできないままに終わりました(泣)。
無事終了し、こうして記念撮影。彼は、ほら、吉村作治だかのインターネットを使った大学ってありますよね、そこの大学生です。海外での生活も何回か経験してるみたい。授業がネット上なんで、例えば台湾にいても「授業」受けられる。メカ音痴の僕には真似のできない大学生活です。
川渕映子さんとは、彼女の企画したスタディ・ツアーでのつながり、だったか。

志村さん、このブログ、見てますか?
約13時間のボランティア、お疲れ様でした。
今頃はどこにいるのかな? 元気にしてますか?
このブログ気がついたら、コメントくださいませ(爆)。

[PR]
by tiaokumura | 2008-05-10 22:05 | 音楽 | Comments(0)

アジアの夢コンサート(4)

f0030155_1814756.jpg
(5月17日夜・記)
5月10日は「アジアの夢コンサート」のボランティアで、昼食も夕食もコンサート会場の富山県民会館内で。2食とも、めっちゃ食いました(恥)。食事用意の方もボランティアの方で、おにぎり・おでん・富山のかまぼこ・ゆでたジャガイモ・鳥肉・フルーツポンチなど、どれも実においしく、計3000円くらい食べたんじゃないだろうか、ボク(恥×2)。
夕食のあと、タバコを吸ってたら(喫煙所、あるんですね、会館内に。イマドキ珍しいかも)、川渕映子さんが通りかかり、更に谷中秀治さんも通りかかり、お二人におねだりして^^こうして記念撮影(照)。お二人とも大忙しの身なんに、どうも勝手な男です、ボクって(恥×3)。
川渕さんも谷中さんも今回のコンサートの最重要人物。川渕さんは全体のコーディネーター、谷中さんはコンサートの総合プロデューサー役と言えるだろう。今回のコンサート、後日実行委員会から来た手紙では800人の動員だったとか。
今回の僕のボランティアは谷中さんの指揮下でステージ設営を担当したのですが、最後に谷中さんから「本当にありがとう」と言われ、素人ながらなんとか大役が果たせてホッとしました。

川渕さん、谷中さん、皆様。
またいつかお会いできる日を・共に活動できる日を
楽しみにしています。
今回はありがとうございました!

[PR]
by tiaokumura | 2008-05-10 18:14 | 音楽 | Comments(0)

アジアの夢コンサート(3)

f0030155_1459758.jpg
(5月17日夜・記)
写真は、今回のコンサートの出場歌手のハイチュウさんと。バックの3枚の長い布は、デザインから見て、きっとウェイノ(Wayno)のでしょうね。
ハイチュウさんとは日本語でお話。上手な日本語で、それもそのはずハイチュウさんは、歌手兼日本語教師。日本語教師って、僕とご同業(照)。でもハイチュウさんは、ゆくゆくは音楽活動一本を目指してらっしゃるんでしょうね。
ハイチュウさんは、今回のコンサートでは3曲。
紅葉  18の頃  しまんちゅぬ宝物(ベトナム語)
紅葉」は冬ソナを思い出させるような感じのメロディライン。
しまんちゅぬ宝物」はタイトルからもおわかりのように沖縄テイストな歌。
18の頃」は、知らなかったのですが、加藤登紀子の曲。いつかカラオケで歌ってみたい曲です(照)。後日ネットで調べたら、ハイチュウさんの「18の頃」が聞けるサイトを発見。ここに入ると右上に「hi ga noboru mae ni」と「18 no koro」があるので、「18 no koro」をクリックすると試聴できます。
ハイチュウさんのブログこちら。右にもリンクしてあります。

今回のコンサートまで、ハイチュウさんのことは全く知りませんでした(恥)。今回ボランティアしての「役得」かも、ハイチュウさんを知ったことは。
ハイチュウさん、これからもご活躍を!
またお目にかかれる日を楽しみにしております。

[PR]
by tiaokumura | 2008-05-10 14:59 | 音楽 | Comments(0)

アジアの夢コンサート(2)

f0030155_14533569.jpg
(5月17日夜・記)
ウェイノが準備してるところに、ちゃっかり紛れ込んでるボク(照)。
今回のコンサートでウェイノは
サンファニート ワルツ アルゼンチン・サンバ コロンビア・グンバ チューニョの花
をプログラム上で予定していたのですが、実際には変更もあったみたいです。
「こきりこ」の名手岩崎喜平さんこきりこ節をコラボ。アンコール曲で吉本佳代さんらと「ふるさと」も。

今回のプログラムでのウェイノ紹介文を以下引用。
富山在住の谷中秀治(bass)を含む5人編成。アンデス民謡とオリジナル曲を中心に主にN.Y.と日本で活動。「アジアの夢コンサート」には当初から関わり、ベトナムを訪れ「アジア子どもの夢」が支援するフーチェン中学校ヤクチ障害児養護施設でも演奏会を開いた。

谷中秀治さんのブログはこちら
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-10 14:53 | 音楽 | Comments(0)

アジアの夢コンサート(1)

f0030155_1094798.jpg
(5月17日夜・記)
Program
第1部(13:30~)
 コンサート前半
 プリティキッズ
 ピカソニック
 トゥモロ

 コンサート後半
 ハイチュウ
 吉本佳代
 ウェイノwith岩崎喜平

第2部(18:30~)
 コンサート前半
 アペラッチャコ
 松岡ダンススクール
 大谷氏

 コンサート後半
 ハイチュウ
 吉本佳代
 ウェイノwith岩崎喜平


第1部・第2部ともコンサートの前に、宮崎さゆりさんの詩の朗読、ビデオ(ベトナムでの活動など)上映、影絵川渕映子さんのあいさつ、ワシントン・ピースセンターのジェイさんのあいさつ、がありました。
僕はこのコンサート、ステージ設営係としてボランティア参加。
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-10 10:09 | 音楽 | Comments(0)