2008年 05月 08日 ( 5 )

粕谷さんと@陳麻家

f0030155_18574934.jpg
(5月17日夜・記)
5月8日、富山国際学院の新入生歓迎会を兼ねたバス旅行を無事終える。学院長の岸井さんの「反省会をしましょう」って声を振り切って^^、同僚の粕谷さんと二人、学院を後にする。
粕谷さんとの久しぶりの夕食。写真は、僕が富山大学生だった時、卒業論文提出完了の打ち上げで利用した陳麻家です。このお店での打ち上げ、クラスメートの新保さん(現在は新潟で就職)のセッティングだったと思う。
YEBISUが、少しプラスアルファすると飲み放題ってことで、それを頼む。給料日前だっちゅうにゼータクな二人です^^。この日の予算は3500円だったか。食べ物いろいろ。前回の打ち上げで食べなかったものもいくつか。塩ラーメン?、おいしかった。
粕谷さんは今、富山大学の院生でもある。院の話なども伺う。
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-08 18:57 | このブログのこと | Comments(2)

08年5月課外活動(4)

f0030155_15355777.jpg
(5月17日夜・記)
雪の大谷で集合写真を撮れればよかったのですが、適当な場所がなく、寒さも厳しいので帰ることに。でも、学院生の中にはソフトクリーム食べてる人もいて、なんか・・・すごい^^。僕なんて、寒いんであったかいお蕎麦を食べてるっちゅうのに。
室堂を出発。
5月8日から9日経ってるんで、記憶間違いかもしれませんが、アルペン村で下車し、雪の大谷で撮れなかった集合写真を撮ることに。どこがいいか物色し、バックに緑が配置し、ミニ牧舎がある前で撮ることにする。2号車の運転手さん(女性)にシャッターを押していただく。
写真撮影のあと、羊やポニーを見る。食文化の違いなんでしょうね、羊肉がいかにうまいかを話す学院生も。僕らがブリが泳ぐ姿を見て刺身を思うようなもんかもしれません。僕は瀋陽だったかで羊肉のしゃぶしゃぶを食べました。
富山国際学院には4時半ころだったかに無事帰る。後片付けなどする。
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-08 15:35 | 日本語教育 | Comments(12)

08年5月課外活動(3)

f0030155_1314293.jpg
(5月17日夜・記)
ここが雪の大谷ウォーク終点。室堂バスターミナルから徒歩10分くらいでしょうか。寒さにめげずここに辿りついた勇気ある^^学院生・教員の名誉をたたえて記念撮影。
雪の壁には、日本漢字・ひらがな・カタカナ、繁体字、ハングル、アルファベットなどの文字によるグラフィティ。台湾・韓国からの入り込み、ずいぶん多いそうです。僕も右手の人差し指で、雪の壁に落書きしました(照)。
立山黒部アルペンルート、4月26日~5月6日の11日間で、海外からの団体客が1万4500人(過去最高)だったそうです。「立山・雪の大谷ウォーク」はなんと10万5300人。学院は5月8日だったんで、超ラッシュは免れましたが、それでもすごい人出でした。
一度行きたかった「雪の大谷」、やっと今回実現しました。未体験の方、ぜひ一度はご体験を!
(注)数字データは、「朝日新聞」2008年5月8日付に拠る。
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-08 13:14 | 日本語教育 | Comments(2)

08年5月課外活動(2)

f0030155_131591.jpg
(5月17日夜・記)
雪の大谷」に向かうバスで、道路案内に現地は1℃って表示があった。まさか!と思ったけど、現地に着いてみてわかったのですが、全くその通りでした。
家族旅行村を出発したバスは、桂台(料金所あり)から立山黒部アルペンルートに入る。美女平ブナ坂滝見台(落差日本一の称名滝が見られる。ただし、バス車中からだったんで、あまりよく見えなかったけど)、弥陀ヶ原(標高約2000m)と過ぎ、室堂のバスターミナルに入る。バスターミナルに入る時、雪の大谷を通過する(片側車線が歩道になっているんですね)。平日にも関わらず、ずいぶん観光客がいる。
室堂で下車。寒い! 思わず持って来たコートを羽織る。1℃ってホントだった。
せっかく来たのだからと「雪の大谷」に向かう。風雪流れ旅モード(爆)。雪礫とでも言えばいいのでしょうか、頬に痛い。引返そうかと思いつつも歩を進める。
途中でこの記念写真。僕は身長173cmくらい。僕の背から、雪の壁の高さ、実感していただけるでしょうか。僕の横はバングラデシュからの4月新入生。彼女にとっては南極にでも来たような気持ちかもしれませんね(爆)。
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-08 13:10 | 日本語教育 | Comments(0)

08年5月課外活動(1)

f0030155_10273941.jpg
(5月17日夜・記)
5月8日は、富山国際学院4月新入生歓迎会を兼ねて「雪の大谷」へ。企画は増山さん・柳川さん。僕はと言えばお二人にすっかりお任せでラクさせていただきました^^。
8:45、富山国際学院2F教室に集合。星・花・月・雪・風・空・虹・海の8班に分かれる。なんか・・・宝塚みたい(爆)。僕は「花」組。班リーダーはA組のCさん。
2台のバスに分乗。僕は増山さんの1号車に乗る。車中、増山さんによる今日の予定の説明、クイズなど。
アルペン村で小休止のあと、家族旅行村着。ここで「対面式」。今年はどんな新入生がいるのか、興味深く自己紹介を聞いた。その後、教員紹介。アイスブレーキングのゲーム。フルーツバスケットって言うんでしょうか、増山さん・柳川さんのリードでゲーム。
班に分かれての昼食。ボク、今回お弁当を用意して来なくって、みんなの持ってきたのをご相伴(恥)。食事のあと、ゴミが残らないように片付けて、バスに乗り込み、一路「雪の大谷」へ。
[PR]
by tiaokumura | 2008-05-08 10:27 | 日本語教育 | Comments(0)