2006年 09月 30日 ( 4 )

中学同期会2

f0030155_13494497.jpg
右は谷口小夜子さん、左は中川睦恵さん。谷口さんとは小中高と一緒、中川さんとは中高と一緒でした。どちらも才媛でした。
セクハラ~」と言われそうなボクですが^^、もうお互いこの年齢になったら許されるのです、こういうのんも(自爆)。
勝負パンツ 穿いてはきても みな年寄り」かも(核爆)
[PR]
by tiaokumura | 2006-09-30 13:49 | このブログのこと | Comments(4)

中学同期会1

f0030155_12511782.jpg
3年5組のご担任だった前田英雄先生を囲んで。
前田先生のことはこのブログでも以前書きました。喜寿をこえられたと思いますが、こうしてみると、なんか僕たちよりお若そう^^。高名な郷土史家でもいらっしゃるので、富山に有名人やタレントが来ると、先生がご案内されたりなさるそうです。TVにも毎年のようにご出演だとか。
クラスメート、男子はともかく、女子はよく覚えてない(恥)。会の初めっ頃に校歌を歌う場面があったのですが、ピアノ伴奏流れてもほとんど記憶になかった(恥2)。
でもこうして集まれる(ご担任だった先生4人、同期生は100人くらいいた)って幸せなんでしょうねぇ、きっと。
同期生(とも)を見て 己の老いを 知りにけり」(核爆)
先生、皆さん、いつまでもお元気で。
再会を楽しみにしてます!
[PR]
by tiaokumura | 2006-09-30 12:51 | このブログのこと | Comments(0)

「幻想の3日こそ うつつ」

f0030155_1033682.jpg

朝日新聞9月30日付愛の旅人
高橋治風の盆恋歌
[PR]
by tiaokumura | 2006-09-30 10:03 | 富山 | Comments(0)

凱旋門賞

10月1日凱旋門賞。僕は馬面ですがもちろん僕が走るわけではありません(汗)。有名ブランドショップが立ち並ぶシャンゼリゼ大通りを凱旋門目指して馬が疾駆する、のでもありません(大汗)。でも、それはそれで実現するとおもしろいでしょうねぇ。パリ郊外ブローニュの森の中にあるロンシャン競馬場で行われる、世界最高峰のレース、それが凱旋門賞。芝・右回り・2400m。イチローや松井のメジャー挑戦、サッカーのワールドカップ、ゴルフの宮里藍などほどの盛り上がりはないみたいですが、僕は興味があります。理由はもちろん、国内11戦10勝・三冠馬・日本競馬史上最強馬のディープインパクト(武豊)が出走するから。サーバーシー(ダービー馬)・ディラントーマス(アイルランドダービー馬)などが出走回避し(逃げたわけでもないのでしょうが^^)、8頭立て。こんなに少ないのもきっと珍しいのでしょうが、いずれ劣らぬ強豪馬が揃ってます。
今朝の新聞に枠順が発表されています。本命はハリケーンラン、対抗ディープインパクト、穴が名手ペリエが騎乗するベストネーム、といったところでしょうか。4歳馬・海外・重量(日本では58キロ→59.5キロ)など、ディープインパクトにとっては不利な条件もありますが、圧勝か2・3着のどちらかかと思います。下位に沈むということは、まず、ないでしょう。発走枠と馬番が違うのでややこしいのですが^^、ハリケーンラン(1枠・2番)、ディープインパクト(2枠・1番)、ベストネーム(3枠・8番)、シロッコ(6枠・3番)といったところが絡んでくるでしょう。馬券は単勝・複勝・連単・連複・ワイドなど日本以上にいろいろあるみたいです、フランス。ヨーロッパ人がディープインパクトをどの程度評価しているのかわからないのですが、1-2が一番人気でしょうか。僕は、やっぱ^^1から流します。ハリケーンランの連覇はないと見て(ホンマかいな^^)、1-31-7(アイリッシュウェルズ),1-8の3点買いです。←って実際には買いませんが(自爆)。
にしても、ペリエ、日本でも大活躍&大人気ですが、ベストネームなんて英語名の馬じゃなくってフランス語名の馬、いなかったんだろうか(爆)。出走馬、、ほとんどがフランス調教馬なんでしょうが、7頭まで「英語名」です。「ヤマトホマレ」「エッチュウダンジ」とか「ボヌール」「ラプリュベル」なんて馬名、出てこないんでしょうかねぇ。日本語やフランス語だと、脆弱な印象になるのかしらん(核爆)。プライド高いフランス人、英語名でいいと思ってるのかしらん。ま、英語名が多いっての、今の時代を反映してるんでしょうね、きっと。ちなみに「プライド」って馬、5枠・4番にいます^^。
時差があるんで日本時間2日真夜中になりますが、ワールドカップ決勝を見た富山駅近くのスポーツカフェで観戦しようかしらん(照)。でも2日はB組の授業もあるから、興奮して寝不足はまずい!
[PR]
by tiaokumura | 2006-09-30 09:38 | このブログのこと | Comments(0)