高野悦子「わが半生の記 越中人の系譜」(北日本新聞朝刊連載)

私(わたくし)にはご尊敬申し上げている方があまたいらっしゃって、その一事だけでも自分の人生は実に幸せだと思う。高野悦子さん(1929-)もそんな方々のお一人。初めてお名前を知ったのは「岩波ホール支配人」としての高野さん。高野さん(ご自身は満州生まれ)のご両親が富山ご出身だということを知ったのがいつだったか定かではない。
2007年7月7日~7月24日、地元紙北日本新聞の連載シリ-ズ「わが半生の記」の執筆者は高野さん。
私の生き方にいちばん大きな影響を与えたのは、両親だと思う。
で始まり
一度しか生きることのできない人生、私はわが映画人生に悔いはない。そして、生かされたこの命がつきるまで、映像文化のために尽くしたいと願っている。
で終わる。
この連載、やがて単行本に収録されるはずです。以下に、回・タイトル・見出しをご紹介。
①満州生まれ まだ見ぬ立山"日本一"
②少女のころ 「キュリー夫人」に衝撃
③日本女子大 映像を研究、とりこに
④東宝入社 日本映画の女性像に不満
⑤パリの映画大学 スパルタ校で頑張りぬく
⑥シナリオ制作 人生変えた盗作事件
⑦岩波ホール開館 聞き捨てならない噂
⑧演劇の幕開け 伝統と再創造を追求
⑨お化け騒動 けが続出を乗り切る
⑩エキプ・ド・シネマ 良質作品に激励相次ぐ
⑪ミニシアター 元祖と呼ばれ喜び
⑫映画祭巡り 名作求め世界を旅
⑬ジンクス破る 「老人もの」で社会に一石
⑭両親の教え 中国・韓国に思い込め
⑮国際女性映画際 38ヵ国の231本を上映
⑯富山での仕事 心打たれた黒部の講演
⑰映画文化振興 提言「若者育成」が実現
⑱映画人生 授かった仕事、悔いなし

この連載には、ご両親をはじめ、僕が知っているだけでも
南博、衣笠貞之助、岩波雄二郎、鈴木忠志、観世寿夫、武智鉄二、中村扇雀(現・坂田藤十郎)、白石加代子、川喜多かしこ、サタジット・レイ、宮城まり子、市川昆、羽田澄子、崔承喜(チェ・スンヒ)、金梅子(キム・メジャ)、ジャンヌ・モロー、野村万作
などといった方々(敬称は略させていただきました)が登場します。
[PR]
by tiaokumura | 2007-07-29 21:20 | 富山 | Comments(0)


<< ターニャさんを囲んで(1) 都留泰作『ナチュン 2』(講談社) >>