老いる:忘れる・キレる・後悔する

八村弟、明成だったんですね。全国制覇。兄と違って彼、国内志向ですって。兄弟で東京五輪なんて、ないんでしょうか。
こないだ同僚と飲食してて、「奥村さんって、話題豊富」みたいなこと言われた。自分、そういう印象あるんだ、意外。話下手なもんで聞き上手になろうとしてます。相手に応じて相手の世界に入って会話するようにしてます。もちろん興味ない相手とは当たらず触らずな会話ですが(でもときどき地雷踏むことも^^)。どんな切り口で相手と話し合うか、割と自分、うまくなってるんかも。想像力・好奇心の両翼で人生生きてきとるワシかも。でも日本語教師としては話し下手(他に字がひどい、送り仮名が苦手、絵が描けない、など)、致命的でしょうね。
今日本屋に行って、週刊文春1月4日・11日号買った。「貴乃花激白」。棚を見たらカズオ・イシグロがずいぶんあって、『忘れられた巨人』を買った。これ、今教えてるイギリス人が読んでた(もちろん英語で)。
一昨日出勤前に餅つき、昨日餅切り。餅を切ってて足・指がつった^^。からすがい、とかこっちじゃ言う。
今日、年賀状書いて投函。今年は早めに(っても自分の場合、有馬記念の頃ですが)、年賀状文面作成し印刷も完成してた。で、本日。僕は、宛名だけでも手書きにしてる。書きながら相手に語り掛けられますもんね。「一言」は今年は省略させていただいた。相手先も去年より10件くらい減らした。喪中と合わせて、年賀状、今年は例年より大幅減。100を切ったような。

71歳-年を感じた今年でした。oilならぬ老いる(激爆)。老い一筋、まっしぐら。
忘れる・キレる・後悔する
①出張時の途中、サービスエリアトイレで財布を忘れた。外に出て気づいて真っ青。トイレに取って返すも小便のところにない。警察やカード会社にTELと思ってたその時、放送で我が名を呼ばれるではないか。どなたかが届けてくださってたんですね。忘れることが常態化してる。たまに「忘れたふり」することもありますが。レジでつり銭捨てて、レシート手元に置こうとしたことも。あれも「忘れる」に入るか。運転してて目的地をふと失念も。幸い事故にはあってない。
②高齢者がキレるってのよく話題になりますが、自分も思い当たることいくつも。電話してて怒る、話してて怒る、どうでもいいことに怒る、相手が迷惑なのも顧みず怒る、自分が正当に叱られているのに相手に怒る、足元にけつまずいたりよろめいたりで自他に怒る・・・。何様なんじゃ、自分。でも怒ってる自分を見つけられるだけまだマシなんでしょうね。今年は、怒ってて我を忘れてたことが3回もあった。来年、進行するんでしょうね、「キレる」進化・深化。好々爺なんて無理っす。
③そんなわけで(激爆)、後悔も多い年でした。あんなことせんにゃよかったんに、あんなこと言わんにゃよかったんに、あんなとこ見せんにゃよかったんに・・・。パワハラ、セクハラ、オワハラなんかもやっちゃってたかも。人生航海っちゅうもんは後悔の連続なんか(オヤジギャグ^^)。でも、後悔をエネルギーにまた前進できると考えれば、後悔も決して悪いことじゃない。こうして公のブログで公開(オヤジギャグ2^^)することによって、また明るい明日が来るかも(嘘爆)。
「老い」とはまた別のことでしょうが、末期癌になってみてから、死ぬのが怖くなりました。若い頃は漠然とですが死に憧れてた頃もあった。「死ぬのが怖い」って通過儀礼でしょうか。死んだら無に、神仏信ぜず、な考えの僕です。
昔、失神女優っておりましたが、今の自分、失禁老人もたまに(照)。

岩波書店「図書」2018・1、特集『広辞苑』第七版。8500円は買えない。1月に山本義隆、岩波新書。
本日、富山は晴天。大晦日・元旦はどうなんでしょうね。
当ブログ、今日が投稿納め。ここんとこご訪問者、100人切ってて、今日はまだ30人。ま、それは気にせずこれからもこのブログ続けます。
皆さま、どうぞよいお年を
来年も当ブログ、ご贔屓に

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-30 13:33 | このブログのこと | Comments(1)
Commented by kaguragawa at 2018-01-01 19:12
奥村さんよりは十ほども若いのですが、忘れる、切れるは私の方は先輩かと思います。「後悔する」はなくて、気づかずか落ち込むか、どちらかです。今年も寄らせていただきます。よろしくお願いいたします。


<< 謹賀新年 和田とも美訳『越えてくる者、迎... >>