ジャコメッティ展

f0030155_16163180.jpg(12月17日夜・記)
12月5日(火)名古屋出張名古屋入国管理局のあと、あおなみ線に乗り名古屋。地下鉄東山線・伏見。鶴舞線に乗る。東京の東西線もそうだったか、やがて地下から地上に。豊田市駅下車。駅員に「豊田市美術館案内図」をもらう。でも歩き始めてようわからん。行けども行けどもって感じ。道で母子に尋ねる。どうも道違ってるみたい。駅に引き返す。途中タクシー発見。「えいやっ」でしょうね^^タクシー奮発。無事、目的の展覧会へ。
ALBERTO GIACOMETTI
Collection Fondation Marguerite et Aime Maeght
ジャコメッティ展

豊田市美術館
~12月24日
国立新美術館でも観てますが、今回の名古屋出張を機にこちらにも。
構成、だいぶ違ってる。入場まもなく裸婦立像、発見。富山県立近代美術館(今は富山県美術館として移転)のコレクションです。やっぱ、こっちに来てたんですね。
鑑賞中ボールペン使用は禁じられましたが(汗)、写真撮影スポットあり。イマドキの展覧会、こうなんでしょうね。アップした写真、それです。マーク財団美術館の中庭でこれと向かい合うジャコメッティの写真、あります。
僕の好きなジャコメッティ、ここまで大規模な展覧会、終生これで観ることはないでしょうね。
それにしても、豊田市美術館、もう少しアクセスとか、考えてほしい。予算もあってこれ以上は無理なんでしょうね。帰りのタクシーで思わず運転手さんに不満を漏らした。ところが彼、僕が富山からって聞いて、家族での氷見旅行の思い出を。あと加賀屋旅館で泊まったことも。すっごいですね。あそこ、自分、ロビーだけ入ったことがあります。旅館の前で記念撮影もしたかも^^。

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-05 16:16 | 美術 | Comments(0)


<< おぼんdeごはんで夕食 昔ながらのきしめんを食す >>