『米軍が最も恐れた男』

f0030155_1020346.jpg(12月10日午後・記)
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名はカメジロー
一握りの砂も、一坪の土地もアメリカのものではない
占領下の沖縄で米軍の圧政と闘った男の生き様を、貴重な映像で描くドキュメンタリー映画
2017年 日本 107分 日本語
監督:佐古忠彦(さこ・ただひこ1964-)
撮影:福田安美
語り:山根基世 大杉漣
テーマ音楽:坂本龍一

1回目^^の大学生時代、鳥取や長野や愛知や福島や秋田や香川など全国各地から進学してて、あれは「内地留学」と言ったか、沖縄出身もいた。沖縄人は「日本」に来るにはパスポートが要り、46都道府県の時代。名前は忘れたが上級生に沖縄の女性がいて、美人。自分の先祖は北方系か朝鮮系だと思うが、南方系の「日本人」、きれいだと思った。もちろん彼女は頭もよかった。当ブログで「沖縄独立」も書いたと思うが、亀次郎の時代の「沖縄を返せ」じゃなく「沖縄に返せ」の時代なんでしょうね、今は。
オンタイムでは見てませんが、2016年8月21日に『報道の魂スペシャル「米軍が最も恐れた男~あなたはカメジローを知っていますか?~』がオンエア。佐古忠彦がディレクター。僕はもちろんオンタイムで瀬長亀次郎(せなが・かめじろう1907-2001)を知っています。
佐古はこの映画の上映を機に富山に。朝日新聞富山版記事で佐古は
沖縄を取材すると、亀次郎の演説会と同じ熱気を今の県民からも感じる
沖縄が抱える不条理を一人の魅力的な政治家を通して見ることで、この国の戦後を考えるきっかけになれば

と話す。
映画には、大学の桐花寮にいた後輩で今は衆議院議員の赤嶺政賢君も登場。

ほとり座、河瀨直美映画でトラブったので^^、この映画は事前にメールで予約。知らずに来て入場を断られたシニアご夫婦も。ボブ・ディランの時は予約しましたがガラガラだった^^。今回は満員。予約しといてよかった。ホトリ座、今年は10回くらい来てるかなあ。来年も何回か来そうです・

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-02 10:20 | 映画 | Comments(0)


<< 寿司正で修業中? 癌日記:2017年11月30日 >>