著作権講座@富山県民生涯学習カレッジ

f0030155_130424.jpg(11月3日夜・記)
ブログやってると炎上なんてのも怖いですが、自分が著作権侵害しとらんかも心配。引用、出典明示など気をつけているつもりですが、どうなんでしょうね。うっかり犯罪、やっとらんか。あと、日本語教師として授業・教材での著作権侵害も心配。今回、著作権に関する講座があるってことで、10月29日(日)に受講。富山国際学院の近くにある富山県教育文化会館が教室。
著作権講座「学んで、活かそう!著作権 ~それ、違法です~」
誰もが著作権者になりうる時代。著作権制度を正しく理解し、音楽や映像など創作された著作物を正しく利用することの大切さを学ぶ。
デジタル化・ネットワーク化が急速に進む今 著作権「保護」と「利用」の確かな知識を
講師:赤塩康幸氏(JASRAC北陸支部長)

レジュメあり、パワポ使用。DVD教材「未来から来た兄妹」ってのも鑑賞。1時開始で4時半までだったのですが、都合で途中退席。こないだ「ネリカンブルース」「振り向かないで」で替え歌を作りましたが、これは著作権セーフのようです。
受講中、ちょっと嫌な経験。受講者の中で盛んに咳をする女性あり。隣の男性が講座途中でそれを叱責。確かに彼の気持ち、わからんでもないけど。で、女性、その後、ぴったり咳がやんだ。
生涯学習の時代だとか。本講座、「富山県民生涯学習カレッジ」ってのの一環のようです。

[PR]
by tiaokumura | 2017-10-29 13:00 | 日本語教育 | Comments(0)


<< 2017年10月:ブログ内ランキング 富山国際学院ブルース(富山国際... >>