富山国際学院ブルース(富山国際学院の歌:男バージョン)

富山国際学院ブルース(富山国際学院の歌:男バージョン)
作曲:不詳 作詞:奥村隆信

ヒコーキ乗せられ 着いた国
へんな所に入れられた
その名も高き富山市の
富山国際学院

宿題 バイトに 涙ぐむ
母ちゃん 友だち 思い出す
なんで日本語わからない
こんなおいらがバカなのか

こんな俺にも夢がある
日本語使えるようになり
結婚 金持ち 大成功
こんなくらいじゃ負けはせぬ

雪は降る降る 夏暑い
電車もバスも少ないし
「遅刻するな」と言われても
どうやって通えばいいのだろう

ひらがなやっと覚えたら
次にカタカナ待っていた
やれやれこれで終わりかよ
ところが続いた漢字地獄

「休みたいです」 なぜダメよ
「休ませていただけませんか」 長すぎるし
言うのがメンドーでサボったら
翌日出勤 「お前、クビ」

先生! いろいろありがとう
先生もおいらもビンボー人
お金にゃお互い苦労でも
いつか行こうね桜木町

(10月28日夜・追記)
数日前、ビールを飲みながら^^ふと「富山国際学院って歌がないなあ」と思った。学校っちゅうとこは、たいがい「校歌」ってありますよね。でも、ちゃんとした校歌を作る能力、自分にはない。で、とりあえずってことで作ったのが上掲歌。「ネリカンブルース」ってご記憶ですか。あれのメロディー借りました。あれ、元歌は「可愛いスウちゃん」。軍隊関係の歌。渥美清も歌ってる。「ネリカンブルース」はYouTubeで、藤圭子らの歌が聞けます。
担当のA組で歌ってみたら^^けっこう好評。日を置いて別のメロディで女性バージョンも作りました。ブログでは先に紹介してあります。これもA組で歌って、けっこう喝采を浴びました^^。
近い将来、学生の作曲、教師作詞で、ちゃんとした?校歌が作りたい。作ったらYouTubeにアップします。

[PR]
by tiaokumura | 2017-10-28 14:42 | 僕は学院長9年生 | Comments(0)


<< 著作権講座@富山県民生涯学習カレッジ サム・ペキンパー監督『戦争のは... >>