運慶

f0030155_9494765.jpg(10月22日午後・記)
10月17日(火)東京。外苑前で朝食の後、地下鉄で上野へ。出口間違えたのでしょうね、展覧会会場まで難儀した。よっぽどタクシーででもと思ったがそれも捕まえられず。なんとか上野公園に入り地図などを頼りにようやく見覚えのある場所に着く。そこから会場までは楽勝^^。これ、今年の目玉な展覧会でしょうね。

興福寺中金堂再建記念特別展
運慶
史上最大の運慶展
~11月26日(日)
東京国立博物館 平成館

開館前に行ったのですが、既にけっこうな行列。外国人(欧米系)の姿もちらほら。入場券売り場に並ぶ。9時半、販売開始。購入。園内に入り、ちと重い足取りでしたが、入場待ちの列に。平日でしかも雨模様なのにずいぶんな人、人、人。やっぱシニアが多そうですが、若い親子やカップルも。アップした写真、外で。
入館。この後は30分待ち以上だったかも。
構成は「第1章 運慶を生んだ系譜-康慶から運慶へ」「第2章 運慶の彫刻-その独創性」「第3章 運慶風雨の展開-運慶の息子と周辺の仏師」。こないだ奈良に行った。興福寺は避けたんですが東大寺南大門はもちろん行った。運慶を知ったのは中学美術(あの頃は図画工作だったか)教科書か歴史教科書の金剛力士像でしょうね。その力感、ある種のリアリズム。アルベルト・ジャコメッティと時空は隔てますが、人間存在追求って点では共通点も感じる。
国宝だらけなんで^^これって限定できませんが、観る者それぞれに「私の運慶」ってあるんでしょうね。「矜羯羅童子」「世親菩薩像」「重源像」「大日如来像」「龍燈鬼立像」「毘沙門天立像」「聖観音菩薩立像」など、人気ありそう。現存する運慶作31体の内、22体が出展。

上野の後、及川信之先生(東京三立学院)にお会いするために、京王線八幡山へ。

[PR]
by tiaokumura | 2017-10-17 09:49 | 美術 | Comments(0)


<< 嶋田和子先生と@アクラス タイの朝食@外苑前 >>