『ナラタージュ』

f0030155_8361848.jpgナラタージュ
壊れるくらい、あなたが好きでした。
2017年 日本 日本語 140分
監督:行定勲(ゆきさだ・いさお1968-。『世界の中心で、愛をさけぶ』『ジムノペディに乱れる』他)
原作:島本理生『ナラタージュ』(角川文庫)
脚本:堀泉杏
主題歌:adieu「ナラタージュ」(作詞・作曲:野田洋次郎)
キャスト:
松本潤(葉山) 有村架純(泉) 坂口健太郎(小野) 市川実日子 他

自分、劇場で見る映画、好きなんでしょうね。あまり見ない時期もありましたが、今年は、『沈黙』『エゴン・シーレ』『グレートウォール』『メッセージ』『海辺のマリア』『母 小林多喜二の母の物語』『ドリーム』など、15本以上、見てる。何もかも忘れて暗闇で映画に没入できるあの時間&空間が好きなんでしょうね(照)。「読書」もそう。どちらも「受け身」。非生産的だけど^^、終生、どちらも人生の一部になるんでしょうね。

前評判が高かった『ナラタージュ』、10月8日(日)、ジェイマックスシアター@総曲輪(そうがわ)で見た。
つまんない映画、見なきゃよかった映画って、あるんでしょうね。ごめんなさい、この映画、ダメだった。途中、おしっこタイムも入れてしまった。スンマソ。イマドキ、140分は長すぎじゃ。
松本も有村も坂口も演技過剰なんでしょうね。行定組じゃこうなるのもしょうがないんかも。あと、3人はそれぞれにカラーができてしまってて(言い換えれば「旬の俳優」)、松本=嵐、坂口=とと姉ちゃんの植物学の帝大生など、有村=あまちゃん・ひよっこ-それが邪魔しとるんかも。まあ、それはあくまでも僕の個人的な印象でしょうね。でも、「高校教師と教え子」って、ありきたりのテーマだし(真田の『高校教師』を超えるのは無理。森田童子「僕たちの失敗」が主題歌だった)、坂口のちょっと危ない男もなんか既視感が。有村、あれじゃ「フタマタ」とどこが違うんじゃ、って突っ込みも^^。あと、最後の方の「ある事件」、ようわからんだ。葉山ー泉、泉―小野のSEXシーンもあります。「大胆な演技」ってやつなんでしょうね^^。有村ってときどきとと姉ちゃんと表情、似てる。
いくつかのシーン、富山ロケだそうです。環水公園で泉と小野のデイト。内川や高岡市電など。フォルツァ総曲輪、富山大学五福キャンパスもあったみたい。
ナラタージュ」はフランス語でしょうか。narration+montage。「ゴジラ」と同じ造語法。ネットによれば「映画などで、ある人物の語りや回想によって過去を再現する手法」だそうです。

映画、次は『ギフテッド』、観たい。今年観た『僕と世界の方程式』『ドリーム』もそうでしたが、数学

[PR]
by tiaokumura | 2017-10-08 08:36 | 映画 | Comments(0)


<< 呉羽丘陵ウオーク 2017年9月・ブログ内ランキング >>