癌日記:2017年9月28日(木)

f0030155_1232289.jpg9月28日(木)午前、途中コンビニに寄って、9時半過ぎ、病院に到着。駐車場、2台分スペース見っけ。雨風が強く、涼しい(と言うか、車、暖房も^^)この朝、車、入れられなんだら往生したかも。この日持参本は
麿赤兒『麿赤兒自伝 憂き世 戯れて候ふ』(中公文庫)
江戸川乱歩『怪人二十面相・青銅の魔人』(岩波文庫)
の2冊。高齢社会な今、この病院、1時間以上は待ち時間、ありそうですもんね。
麿、父親の関係で三上卓と会ってるんですね。三上が父の軍法会議で弁護してくれた。本書、「昭和維新の歌」(青年日本の歌、とも)の歌詞が載ってる(p192)。これ、土井晩翠や大川周明のパクリと言われますが、曲はどうなんしょうね。詞は
治乱興亡夢に似て 世は一局の碁なりけり
とか
胸裡百万 兵足りて 散るや万朶の桜花
など。若松孝二の映画でも描かれていましたが、三島由紀夫の「唐獅子牡丹」のエピソードも出てきます。この間、四谷シモン、読みましたが、親本は知りませんが、こういう本、文庫で出てたんですね。土方巽のことももちろん出てきます。
岩波文庫に乱歩なんですね。佐野史郎が解説を書いています。僕はどこの本で読んだんでしょうね、明智小五郎VS怪人二十面相。貸本屋、だったんかなあ。11月の岩波文庫では「江戸川乱歩作品集Ⅰ」も出る。

受付。外科受付。中央処置室。少し待って、採血、B12注射、検尿。条件反射、なんでしょうか^^、朝顔の前に立つとおしっこが出てきた、ちゃんと。迸る、ってぇわけにはいかなんだけど(激爆)。頻尿な自分かも。
本を読んでいるうちに名前を呼ばれる。血圧、体重。138-85、脈拍70。体重53.6kg。死ぬまでに55kgになりたいけど、無理かも。
11時半過ぎ、主治医Tドク。予約が10時だったんで、遅れたことを詫びられる。そういうの織り込み済みなんですけどね、自分。ビール飲みすぎなんでしょうね、尿酸が89Hで危険との指摘。プリンタ体ゼロ、ってビールがあるそうです。切り替えたほうがいいんかも。ビール以外ならいいかと思ったけど、アルコールはみな同じなんですってね。あと、赤血球の数が少なく、1つずつが大きい、とご指摘。赤血球数3.80L、MCV105.3H、MCH35,5H。こないだから気になってる、のどのつっかえ&両足のしびれ、を訴えたのですが、癌とはまた違うとのご指摘。のどは胃全摘から来てるとかも。腫瘍マーカーは無難。

会計、3620円。いつもより高かった。昼食、病院内の食堂で、初めての定食。アップした写真。サンマ、ご飯(ごく少量にしてもらった)、味噌汁、野菜(レンコン・ゴボウ・タケノコ・ニンジンなど)、ミニサラダ(キャベツなど)、水ようかん。ラッキョウと福神漬けは自分で勝手にとった(汗)。ラッキョウが食べたかった。やっぱ、量、自分には多すぎたんでしょうね。全体の7割くらいしか食べきれなかった。もちろんサンマは完食。サンマ、中国・台湾などの関係で、漁獲量、減ってるとか。ウナギみたいに食べられなくなっていくんでしょうかねえ。
薬局。薬5種、3200円。
次回は9週間後の11月30日(木)。今年最後になるでしょうね。

病院から富山国際学院へ。仕事。4時過ぎ、退勤。

[PR]
by tiaokumura | 2017-09-28 12:03 | 癌日記 | Comments(0)


<< 『ドリーム』 林忠正と19世紀末パリ・日本 >>