おわらと林秋路-風の盆の画家@高志の国文学館

f0030155_16483699.jpg(9月24日午前・記)

9月16日()、午前「とやままち探訪」、午後「ラテンフェスティバルin富山」。この日、3つ目は

開館5周年記念企画展

おわらと林秋路-風の盆の画家

高志の国文学館

~9月25日

この日は「朗読と音楽の夕べ」「おわら演奏・踊り」「ギャラリートーク」も。

朗読は日比あゆみ「高橋治『風の盆恋歌』」。日比は地元民放のアナウンサーです。「風の盆恋歌」は石川さゆりの歌もありますよね。

高志の国文学館(こしのくに・ぶんがくかん)は富山が誇るいい文学館なんでしょうが(両陛下もこの前ご訪問されている)、展覧会の展示案内リスト(リーフレット)がないの、なんでなんでしょうね、学芸員の怠慢?、予算の関係?。そんなわけで^^本展、自分のメモで構成を紹介すると、

序章、第1章・美術、芸能、文学への親しみ、第2章・おわら風の盆に生きた秋路、第3章・多彩な作品-風景版画、和紙絵、デザイン、第4章・文人墨客を魅了した秋路

です。「線画 新女踊所作図」「版画『風の盆おわら踊(街流し)』「和紙絵 八尾の曳山」「愛用の笛」など。

林秋路(はやし・あきじ1903-74)って全国区じゃないでしょうから、ご存知ない方の方が多いでしょうね。

この町のとりわけひとり善人の秋路笛吹く月夜あかりに 吉井勇

酒の無いよな極楽よりも落ちて地獄のオワラ鬼と呑も 林秋路

アップした写真富山県民謡越中八尾おわら保存会による「おわら流し」。おわらはいいなあ。ジンワリと目から水も流れた(照)。

綿引香織さんによるギャラリートーク。


[PR]
by tiaokumura | 2017-09-16 16:48 | 美術 | Comments(0)


<< 『母 小林多喜二の母の物語』 第8回ラテンフェスティバルin富山 >>