日本海食堂で昼食

f0030155_1312931.jpg(9月10日朝・記)
月・金曜日は出稼ぎデー^^。富山県東部の企業での日本語研修で、8号線を往復している。ここ、けっこう混むことも。交通事故や雨風雷で渋滞することがある。通勤時間は片道1時間をみているが、だいたい50分で行けてる。時速*0、***kmで飛ばしとる車、それは僕です(激爆)。
2017年9月5日付の朝日新聞富山版で「日本海食堂」の紹介、あり。
1980年代までの広告やおもちゃがひしめき合い、レトロな雰囲気でお客さんを迎えるドライブイン
という紹介。
9月8日(金)12時授業終了。近くのコンビニの駐車場で引継ぎメール送信。その後8号線に入る。北馬場を過ぎ次の金尾新で右折。高堂の先を右折。ここ、珈琲哲學って店に行くので一度走ったことがある。135号線(旧8号線)。左手に珈琲哲學を見て(駐車場、けっこう混んでた。人気ある店なんでしょうね)、さらに東上。なかなか店が見つからず、あきらめかけようとしたその瞬間^^、左手凹んだところに「日本海食堂」、見っけ。
入店。お店、シニア・労働者など7割くらいの入りでしょうか。フロア、女性一人で切り盛りしてるみたく、大変そう。「初めてなんで」とか言って、彼女に注文を相談する。アップした写真、この日の食事。定食じゃなくアラカルト。
冷奴 タラ 味噌汁 おにぎり
おにぎりは「昆布か海苔か」と聞かれ、昆布に。富山で昆布のおにぎりったら、こういうのです。白もありますが、写真のは黒のとろろ昆布。ビールがないのはしょうがないでしょうね、運転ですもん^^。
朝日新聞記事によると、2代目店主はネパールで青年海外協力隊だったんですって。
県東部での授業のあと、このお店まで時間がかかるので、そんなにしょっちゅうは無理ですが、また来てみたいお店。カレーライス(650円)、親子どんぶり(650円)、中華そば(600円)なども試してみたい。定食もいいでしょうね。

[PR]
by tiaokumura | 2017-09-08 13:12 | 美味録2017 | Comments(0)


<< 利賀で昼食 第8回ラテンフェスティバルin富山 >>