寿司正で昼食

f0030155_12435192.jpg(8月18日午後・記)
自分、実行しきれていませんが、毎年、仕事(日本語教師)を含めて何か新しいことをやってみるようにしている。今年は「ウォーキング」と「とやままち大学」。夏はウォーキングには不向きな季節なんでしょうね。次回のウォーキングは10月以降を予定。とやままち大学の方はこれまでに5講座受講し、9月以降に2つ、申し込み済み。そのうちの一つが「江戸前 寿司正」の山下稔さんって方の
富山の名店 江戸前 寿司正の職人が教える「富山の魚講座」
で、全4回の内最終回の
自分で寿司を握ってみよう!巻いてみよう!
です。
8月17日(木)、中央通りのほとり座で映画を観た後、徒歩で、西町に出、ガラス美術館でトイレを借りて^^、そのまま歩くこと数分、千石町通りに。ここ、なかなかユニークな商店街みたい。入ってまもなく左手に「寿司正」。僕はここ初めてです。
アップした写真、おかみさんの許可を得てます。注文したのはランチの寿司定食(食べ切れる自信がなかったのでシャリ小さめにしてもらいました)。あと、ご主人(稔さんのお父さんか?)に訊いて、満寿泉の冷酒。五勺なんてないんですね、一合。定食にはお味噌汁でしたが、おすましのほうがありがたかったかも。完食完飲。お店の評判を聞いて、でしょうね、僕のあとにシニアカップル来店、「旅の人」でした。
皆さんはどうですか。僕は刺身、しょうゆにワサビを溶かさず、魚につけて食べます。寿司は、シャリではなく、ネタのほうをしょうゆにつけて、手で食する。「あがり」や「おあいそ」って言葉、使わない。「むらさき」とかは気取って言うこともあるけど^^。あと、カウンター好き、料理などあれこれお店の方に聞くのも好きです。苦手なのは、通ぶった客、常連が盛り上がっている店、エラソーな店主の店。自腹で飲み食いするんですもんね、自由に飲食したい。ちなみに、年にほとんどありませんが、「ごちそうされる」の大好きです^^。見返りが要求されないのが条件ですが^^。

[PR]
by tiaokumura | 2017-08-17 12:43 | 美味録2017 | Comments(0)


<< 「アニメーションの神様、その美... 『ハロルドとリリアン』 >>