ゴールデンウィークの読書

f0030155_850937.jpgユヴァル・ノア・ハラリ
サピエンス全史 上
2016年9月30日 初版
河出書房新社
1900円+税
*エド・ダイアモンンド『銃・病原菌・鉄』は、癌で入院中に読みました。本書、彼、「歴史と現代世界の最大の問題に取り組んだ書」との弁。約250ページの、僕には大著で、まだ半分ちょっとしか読んでません。去年買った本なのに。下巻、購入済みです。

向山貴彦(文) たかしまてつを(絵)
ビッグ・ファット・キャットの 世界一簡単な英語の大百科事典
2017年3月30日 第2刷
幻冬舎
1400円+税
*向山貴彦は、その名も、英語関係の著書が売れていることも、知ってましたが、今回初めて購入。書評か宣伝で、aとtheの使い分けのことが出てて、それで興味、持った。日本語の「は」と「が」の使い分けみたいに難しいんでしょうね、aとthe。

ディオン・ン・ジェ・ティン
東大留学生ディオンが見たニッポン
2017年4月20日 第1刷
岩波ジュニア新書(岩波書店)
800円+税
*本人はいやでしょうが「東大留学生」が売りの本でしょうね。他の大学名じゃ売れそうに・読まれそうに、ない^^。あちこち拾い読みしてて、日本語に違和感も。彼女、日本語文章は僕よりはるかにうまいのですが、ときどき、特に一文が長いと、日本語非母語話者だからこう書くのかな、と思うことも。日本語習得の上でも興味深い本書。

長岡亮介
総合的研究 数学Ⅰ+A
(刊行日 不明)
旺文社
1700円+税
*親友の哲ちゃんに薦められて購入。帯に「これ1冊で 本質がつかめる。じっくり読む数学 難関大学受験参考書」。こないだ東京教育大学のことネットで見てたら、あそこは受験段階で専攻を選ぶのですが、国語学国文学は1970年の競争倍率3.0倍だった。「難関大学」ではなかったんでしょうが、自分、よう合格したもんだ^^。文系だったんで社会2科目・理科1科目、数学は数学Ⅰだったんかなあ。

[PR]
by tiaokumura | 2017-05-06 08:50 | | Comments(0)


<< 『僕と世界の方程式』 とやままち大学 >>